最新ニュース・チャート速報

【リップル価格ニュース】12日未明から31円に向かって上昇

リップル速報2月12日アイキャッチ

2月11日 13時台からゆるやかな上昇トレンドが継続

rippleチャート0212出典:Trading Viewリップル米ドルチャート

2020年2月12日(水)5時06分現在、リップルは始年0.2818米ドル(30.95円)、高値0.2819米ドル(30.96円)、安値0.2816米ドル(30.92円)、終値0.2816米ドル(30.92円)。

前日11日(火)のリップルは、始値0.2747米ドル(30.17円)で寄りついた後、最高値0.2765米ドル(30.36円)をつけてから下落し、8時台まではレンジで推移をしていたが、9時台に再び下落に転じて、13時台には最安値0.2670米ドル(29.32円)をつけた。

13時台に最安値をつけたあとは上昇に転じ、23時59分59秒には終値0.2726米ドル(29.93円)をつけて11日の取引を終えた。

2月12日の価格予想および、注目のイベント

0.2860米ドル(31.41円)~0.2720米ドル(29.87円)

※1米ドル109.83円で計算

イベント名時間
オアRBNZ総裁、記者会見11:00
スウェーデン中銀、政策金利発表17:30
12月ユーロ圏鉱工業生産19:00
12月ブラジル小売売上高指数21:00
11月インド鉱工業生産21:00
ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演22:30
米財務省、10年債入札13日03:00
1月米月次財政収支13日04:00

12日のリップルは、始値0.2725米ドル(29.92円)で寄りついたあと、上昇トレンドに転じ、1時台には0.2845米ドル(31.24円)をつけてから若干、上昇の勢いは衰えたが、依然、上昇傾向にある。

不思議なことに、リップルは11日から12日未明にかけて、イーサリアムやビットコインと同じような動きをしている。

12日未明からの急激な上昇の要因は定かではないが、あげるとすれば、米下院で金融サービス委員会でFRB議長のジェローム・パウェル氏が日本時間12日午前0時に演説を行い、労働環境を含めたアメリカ経済の好調さと金融政策がうまくいっていることを述べた内容に反応したのかもしれない。

▼リップルの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら

リップル(XRP/Ripple)とは?特徴と仕組み、ビットコインとの違いを解説

最新ニュース・チャート速報
今、仮想通貨(暗号資産)投資を始めるならコインチェック

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

coincheck

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト

最新記事