TAOTAO

TAOTAO(タオタオ)の本人確認は遅い?必要書類とかかる時間は

この記事を読んでほしい人
✔ TAOTAOの本人確認について知りたい方
✔ TAOTAOでの口座開設の方法が知りたい方
✔ 暗号資産(仮想通貨)取引を始めたい方

暗号資産(仮想通貨)取引をしようと思ったら、まずは暗号資産(仮想通貨)取引所に口座を開設しなければなりません。

そして、その際には、取引所側は口座開設申請者の本人確認をしっかりするように決められています。新しく誕生した取引所であるTAOTAO(タオタオ)でもそれは同じです。

今回は、TAOTAO(タオタオ)での口座開設の方法を解説します。

この記事の要約
  • TAOTAOの本人確認に要する日数は最短で2日で完了する
  • TAOTAOの本人確認に利用できる書類は顔写真ありなら1通のみで可
  • TAOTAOは20歳未満の口座開設はできない
  • TAOTAOの本人確認に時間がかかっているときは、複数の取引所で同時に口座開設手続きを進めていくことをおすすめ

TAOTAO(タオタオ)に口座開設する方はこちら

TAOTAO(タオタオ)の本人確認と口座開設の流れ

TAOTAO(タオタオ)では、次の手順で口座開設を進めます。

  1. 仮登録
  2. 口座開設申込
  3. 審査
  4. 開設審査完了
  5. 郵送物送付
  6. 受取

新規登録の方法

まずは新規登録です。TAOTAO(タオタオ)では、仮登録とよんでいます。

TAOTAO(タオタオ)のホームページにアクセスして、『個人』か『法人』かを選び、メールアドレスを登録しましょう。

このアドレスにURLが添付されたメールが届きますので、これを開いてパスワードを設定するなどして、仮登録を完了させます。

基本情報の入力

口座開設に必要な氏名や住所、生年月日などの基本情報を入力します。

特に電話番号は認証に必要なので間違えないように入力してください。

本人確認書類のアップロード

基本情報の入力が済んだら、内容について詳しくは後述しますが、本人確認書類をアップロードしましょう。

郵送はがきの受け取り

インターネット上での口座開設手続きが完了すれば、今度はTAOTAO(タオタオ)側での開設審査が始まります。

この時点では、まだ利用制限がかかっており、取引できません

審査に無事合格できたら、本人確認コードが記載された簡易書留がTAOTAO(タオタオ)から送られてきますので、これを入力して利用制限を解除すれば、開設手続きが完了します。

参照:https://support.taotao-ex.com/hc/ja/sections/360003395433

TAOTAO(タオタオ)の本人確認で利用できる本人確認書類は?

TAOTAO(タオタオ)での口座開設時に本人確認に利用できる書類は、TAOTAO (タオタオ)のホームページに記載してあります。

顔写真の有無書類
顔写真あり(1通のみで可)運転免許証
パスポート(顔写真ページと住所記載ページ)
個人番号カード(表面のみ)
住民基本台帳カード
特別永住者証明書
顔写真なし(2通必要)住民票
各種保険証
印鑑登録証明書
官公庁が認めた証明書

本人確認書類に関するよくある質問

本人確認書類に関わる質問を紹介します。

*有効期限はありますか?

有効期限が定められている書類なら有効期限内の書類を、発行日が記載されている書類なら発行から3ヶ月以内の書類を提出してください。

*他の書類は使えませんか?

TAOTAO(タオタオ)が指定する本人確認書類以外は、本人確認に使うことはできません。

本人確認にかかる時間や日数

本人確認に要する日数ですが、提出した時間帯によっては本人確認書類を提出した日のうちに終わることもあります。

その場合は、その日のうちに本人確認コードが発送されます。

郵便物は最短で発送日の翌日に届きますので、早ければ2日で口座開設手続きを完了できます。

参照:https://taotao-ex.com https://support.taotao-ex.com/hc/ja/sections/360003395433

未成年の場合の本人確認は?

TAOTAO(タオタオ)では20歳未満の口座開設を認めていません

ですから、未成年の本人確認はできないのです。

本人確認に関する口コミ

TAOTAO(タオタオ) での口座開設手続きの際の本人確認についての口コミを、ツイッターから紹介します。

①吉田啓太@keitayoshidaさんのツイート

TAOTAO(タオタオ)から送られてくる郵便を受け取らなければ、口座開設の手続きが完了しないので、このままでは吉田啓太さんは口座開設できないですね。

②DSK_Cryptoだいすけ@dskdogsさんのツイート

DSK_Cryptoだいすけさんは、本人確認を面倒に思っているようですが、これをしっかりとしてくれる取引所の方が安心感がありますから、その点でTAOTAO(タオタオ)はいいですね。

③たまごむすめ@Tamagomusume3さんのツイート

TAOTAO(タオタオ)は、本人確認をしっかり行なっていますので、日本にいないと受け取ることができないのです。それがよくわかるツイートですね。

別の取引所での口座開設、本人確認もおすすめ

TAOTAO(タオタオ)で本人確認が順調に進まない、もしくは時間がかかっているという方は、他の暗号資産(仮想通貨)取引所でも口座開設手続きを行っておく方がいいかもしれません。

暗号資産(仮想通貨)取引所でも口座開設時に必ず本人確認を行いますが、審査基準はそれぞれ異なります。

ですからTAOTAO(タオタオ)がダメでも、他のところでうまく開設できる可能性があるのです。

実際にTAOTAO(タオタオ)で口座開設をしてもらえなかったとしても大丈夫なのように、複数の取引所で同時に口座開設手続きを進めていくことをおすすめします。

TAOTAO(タオタオ)で口座開設を進めることをおすすめ

TAOTAO(タオタオ)は、取引手数料が無料である点、セキュリティ対策がしっかりと行われている点など、なかなか魅力的な取引所です。

どの取引所にしようか迷っている方は、TAOTAO(タオタオ)で口座開設手続きを行うことをおすすめします。

タオタオ(TaoTao)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップル(レバレッジのみ)ライトコイン(レバレッジのみ)ビットコインキャッシュ(レバレッジのみ)
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(販売所のため高め)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

TAOTAOの本人確認はシンプル

この記事のまとめ
  • TAOTAOの本人確認に要する日数は最短で2日で完了する
  • TAOTAOの本人確認に利用できる書類は顔写真ありなら1通のみで可
  • TAOTAOは20歳未満の口座開設はできない
  • TAOTAOの本人確認に時間がかかっているときは、複数の取引所で同時に口座開設手続きを進めていくことをおすすめ

TAOTAO(タオタオ)に口座開設する方はこちら

今回は、TAOTAO(タオタオ)の本人確認方法について解説しました。

TAOTAO(タオタオ)の口座開設は、仮登録→口座開設申込→審査→開設審査完了→郵送物送付→受取という流れで行われ、最短で2日で完了することもあります。

これからTAOTAO(タオタオ)で口座開設しようと考えている方は、今回の記事をぜひ参考にしてください。

TAOTAO
今、仮想通貨(暗号資産)投資を始めるならコインチェック

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

coincheck

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト

最新記事