TAOTAO

TAOTAO(タオタオ)に年齢制限はある?未成年でも登録できる?

この記事を読んでほしい人
✔ TAOTAOに口座開設できる年齢が知りたい方
✔ 未成年で仮想通貨取引を始めたい方
✔ 未成年でもアカウントが作成できる取引所が知りたい方

TAOTAO(タオタオ)は、Yahoo!が出資をする企業が開設した新しい仮想通貨取引所です。

TAOTAO(タオタオ)で取引するなら、まず最初に行わなければならないのが、口座開設です。TAOTAO(タオタオ)の口座開設には年齢制限があるのでしょうか

今回は、TAOTAO(タオタオ)の口座開設に関する年齢制限について解説します。

この記事の要約
  • TAOTAO(タオタオ)はインターネット業界の超大手企業が資本参加している
  • TAOTAO(タオタオ)は、販売所形式の仮想通貨取引所
  • TAOTAO(タオタオ)は20歳未満の口座開設は受け付けていない
  • 未成年でもFISCOのように未成年でも口座開設できる取引所がある

TAOTAOの登録に年齢制限はあるのか?

TAOTAO(タオタオ)の口座開設には年齢制限があります

TAOTAO(タオタオ)のホームページのFAQ・お問い合わせ>口座開設に記載があります。

参照:https://support.taotao-ex.com/hc/ja/sections/360003395433-口座開設-郵送物

TAOTAO(タオタオ)未成年でもアカウントは作成できる?

実は、TAOTAO(タオタオ)では20歳未満の口座開設は受け付けていない、つまりアカウントの作成はできません。

TAOTAO(タオタオ)で取引したいなら、20歳になるのを待つ必要があります。

TAOTAO(タオタオ)以外の取引所で口座開設をする場合

未成年の方で、成人になるまで口座開設を待てないという方の場合は、TAOTAO(タオタオ)以外での仮想通貨取引所で口座を開設しなければなりません。

本人確認の方法が違う

TAOTAO(タオタオ)では未成年の口座開設はできませんが、全ての仮想通貨取引所で未成年の口座開設ができないわけではありません。

FISCOのように未成年でも口座開設できる取引所はあります。

ここでは、FISCOを例にとって未成年が口座開設するのに際して必要な書類を解説します。

未成年が投資を始めるのに必要なもの

成人の方の口座開設なら仮想通貨取引所から指定された本人確認書類の提出だけで済みます。

未成年の場合は、それに加えて

  • 親権者の口座開設同意書
  • 親権者との関係性を証明する書類の提出

も必要となります。

本人確認書類

本人確認書類は年齢に関係なく必要です。

多くは、成人の場合と同じ本人確認書類で大丈夫となっています。
なお、FISCOでは写真付きなら学生証でも本人確認書類として利用可としています。

親権者の同意書

未成年の場合は、親権者が口座開設に同意した旨を証明する書類が必要です。

同意書の雛形を提供している取引所もあれば、そうでないところもあります。
FISCOは雛形をPDFファイルで提供していますので、これを利用すれば簡単に作成できます。

もし提供していない取引所で口座開設時の同意書の書式や書き方に困ったときは、FISCOなどの雛形を参考にすればいいでしょう。

親権者との関係がわかる書類

口座開設者と親権者との関係性がわかる書類も必要です。

FOSCOでは、住民票や戸籍抄本、母子手帳、健康保険証などのコピーを提出するように求めています。

TAOTAO(タオタオ)の口コミを確認

TAOTAO(タオタオ)の口コミをツイッターから紹介します。

①サルパチーノ@saruPacinoさんのツイート

取引手数料の安さに喜んでいる様子がわかりますね。

②りょー@うどんは友達 @UDON365dayさんのツイート

キャンペーンでいただいた原資1000円が3割増になれば笑いが止まりませんね。

TAOTAO(タオタオ)の特徴について知ろう

タオタオ(TaoTao)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップル(レバレッジのみ)ライトコイン(レバレッジのみ)ビットコインキャッシュ(レバレッジのみ)
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(販売所のため高め)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. WAF・オフライン管理・二段階認証による最先端で安全なセキュリティ
  2. 圧倒的使いやすさを追求した操作画面
  3. Yahooが出資している安心感と、今後のサービス拡大への期待感

{description}

TAOTAO(タオタオ)とは、どのような仮想通貨取引所なのでしょうか。

特徴1:超大手が資本参画

TAOTAO(タオタオ)は、Yahoo!の100%子会社であるZコーポレーション株式会社が40%出資している仮想通貨取引所です。

Yahoo!というインターネット業界の超大手企業が資本参加しているわけですから、その点に基づく安心感は大きいです。

特徴2:取引手数料無料(販売所方式)

TAOTAO(タオタオ)は、販売所形式の仮想通貨取引所です。

現物取引・レバレッジ取引ともに、取引手数料無料となっていますので、お得に取引できる取引所と言えます。もちろん、口座開設費用も口座維持費用もかかりません。

ただし、販売所形式ではスプレッドには注意が必要です。

参照:https://taotao-ex.com/cost

特徴3:セキュリティが高い

TAOTAO(タオタオ)では、24時間365日に及び自社のシステムを監視しています。その上、ファイヤーウォールを導入して、不正アクセスを防いでいます。

もちろん、コールドウォレットやマルチシグといった基本とも言える仮想通貨セキュリティにも取り組んでいます。

TAOTAO(タオタオ)の資産とユーザーの資産を分割して管理していますので、TAOTAO(タオタオ)の経営が万が一の時のも安心です。

TAOTAOは年齢制限がある

 

この記事のまとめ
  • TAOTAO(タオタオ)はインターネット業界の超大手企業が資本参加している
  • TAOTAO(タオタオ)は、販売所形式の仮想通貨取引所
  • TAOTAO(タオタオ)は20歳未満の口座開設は受け付けていない
  • 未成年でもFISCOのように未成年でも口座開設できる取引所がある

今回は、TAOTAO(タオタオ)の口座開設時の年齢制限について解説しました。

TAOTAO(タオタオ)では、20歳未満の口座開設は受け付けておりません。

もし、20歳未満の方が仮想通貨取引をTAOTAO(タオタオ)でしたいと考えているのなら、20歳になるのを待つ必要があります。

待てないのなら、FISCOなどの未成年でも口座開設できる取引所に変更して口座を開設しましょう。

TAOTAO
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト