ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitFlyer)で大学生は取引できる?注意点、オススメ点をチェック

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨取引を始めたい大学生の方
✔ ビットフライヤー(bitFlyer)は大学生でも仮想通貨取引ができるのか知りたい方
✔ ビットフライヤー(bitFlyer)がどのような仮想通貨取引所なのか知りたい方

仮想通貨は市場としてまだ若く、ボラティリティもあるので将来性も高く利益が狙いやすいです。過去の最高値を見ても、今後価格が上がることも十分考えられるため、仮想通貨取引にチャレンジしようという大学生の方も増えています。

そこで気になるのが、はたして大学生でも仮想通貨取引所にアカウントを作成できるのかという点。

そこで今回は、大手仮想通貨取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)の、大学生への対応についてお伝えしていきましょう。

この記事の要約
  • ビットフライヤー(bitFlyer)では大学生でも仮想通貨取引ができる(ただし20歳未満は不可)
  • ビットフライヤーで口座開設するときは本人確認書類が必要
  • ビットフライヤー(bitFlyer)は「アプリが使いやすい」「経営基盤がしっかりしている」「セキュリティが充実している」という点でおすすめ
  • ビットフライヤー(bitFlyer)では、すでに多くの大学生が仮想通貨取引を始めている

これから投資を始めるならビットフライヤーでまずは登録しましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)は大学生でも取引できる?

ビットフライヤー(bitFlyer)では、取引内容に年齢による制限があります。

  • 20歳以上(大学生も含む):通常の取引が可能
  • 20歳未満は口座開設不可
  • ウォレットアカウントは未成年でも可能

残念ながらビットフライヤー(bitFlyer)では未成年の場合、仮想通貨の売買はできません。ただし、20歳以上であれば大学生でも取引することが可能です。

本人確認方法 – 大学生(20歳以上)

ビットフライヤー(bitFlyer)の本人確認では、下記に示す書類をデータ化して提出する必要があります。

ピントが合っていない、指で隠れたところがあるなどの理由で、再度やり直しになることもありますので注意して下さい。スマホを利用すると、写真撮影機能を使って簡単にアップロードできますよ。

参考:bitFlyer口座開設の本人確認資料

顔写真付きの書類

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • 日本国パスポート(顔写真面と住所記載ページ)
  • 個人番号カード(マイナンバー通知カードは不可)
  • 各種福祉手帳
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 健康保険(カード型)
  • 健康保険(紙型)
  • 年金手帳
  • 印鑑証明登録証
  • 住民票の写し

顔写真なしの書類

  • 各種健康保険証・共済組合会員証(表面と裏面)
  • 各種年金手帳
  • 印鑑登録証明書(発行日から6ヶ月以内)
  • 住民票の写し(発行日から6ヶ月以内)

本人確認方法 – 大学生

ビットフライヤー(bitFlyer)では未成年者の場合、取引をすることはできません。ただし、20歳以上であれば大学生でも取引することが可能です。

大学生にビットフライヤー(bitFlyer)がおすすめの理由

ビットフライヤー(bitFlyer)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
ベーシックアテンショントークン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

大学生の方に、ビットフライヤー(bitFlyer)がおすすめな理由を3つ紹介します。

おすすめ理由1:アプリが使いやすい

今や、スマートフォンを持っていない大学生を探すほうが難しい時代。ビットフライヤー(bitFlyer)でも、スマートフォン用に専用アプリを無料で提供しています。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアプリはシンプルな構成になっており、直感的に操作ができるよう設計されていますので、はじめての方でも使いやすいですよ。

おすすめ理由2:経営基盤がしっかりしている

ビットフライヤー(bitFlyer)の資本金は、41億238万円

資本金が潤沢なので、取引所の運営は安定していますし、倒産のリスクも小さいといえます。また、国内の取引所での最も利用者の多い仮想通貨投資プラットフォームです。まずは定番から始めることがオススメです。

おすすめ理由3:セキュリティ体制が充実している

ビットフライヤー(bitFlyer)はコールドウォレットやマルチシグといった、仮想通貨を不正アクセスから守るための基本ともいえるセキュリティをしっかりと構築しています。

安心して取引できるのも、ビットフライヤー(bitFlyer)の魅力の一つですね。

これから投資を始めるならビットフライヤー(bitFlyer)でまずは登録しましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)で取引する大学生の口コミ

ビットフライヤー(bitFlyer)に関する大学生の口コミを、ツイッターから紹介します。

① ありうむ @allium_normalさんのツイート

 

ありうむさんは、1か月に満たない間に、ビットフライヤー(bitFlyer)で2割ほどの利益を上げたようです。

② ガウス @_okusenman_さんのツイート

ガウスさんは、ビットフライヤー(bitFlyer)の使い勝手のよさを評価しているようですね。

③ うめ @umephotさんのツイート

うめさんの弟さんは学生さんのようですが、ビットフライヤー(bitFlyer)の審査に合格したことがわかるツイートです。

④ kurocraft7522(クロ) @kurocraft7522さんのツイート

学生証では本人確認書類として認めてもらえません。やはり、ビットフライヤーが指定する書類を提出する必要があるようですね。

2020年現在、国内取引所では未成年者の利用はほぼできない

仮想通貨取引についてのガイドライン

ハッキングや投資リスクを防ぐため、日本仮想通貨交換業協会では自主規制を強化しています。

以前では、未成年者でも「同意書」を提出すれば取引をすることができましたが、2020年3月現在、ほとんどの国内取引所で取引することができません。(BITBOXは可)

ただし、20歳以上の方なら大学生でも取引することは可能です。

登録する際、学生証では本人確認書類として認められていないので、ビットフライヤー(bitFlyer)が指定する書類を提出しましょう。

ビットフライヤーでの大学生の投資まとめ

この記事のまとめ
  • ビットフライヤー(bitFlyer)では大学生でも仮想通貨取引ができる(ただし20歳未満は不可)
  • ビットフライヤーで口座開設するときは本人確認書類が必要
  • ビットフライヤー(bitFlyer)は「アプリが使いやすい」「経営基盤がしっかりしている」「セキュリティが充実している」という点でおすすめ
  • ビットフライヤー(bitFlyer)では、すでに多くの大学生が仮想通貨取引を始めている

これから投資を始めるならビットフライヤーでまずは登録しましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)は経営基盤が安定しているうえ、セキュリティが充実しており、専用アプリも使いやすいので、安心して使える仮想通貨取引所です。

これから仮想通貨取引を始めようという大学生の方に、おすすめの仮想通貨取引所といえますね。

どこに口座を開設しようかと迷っている大学生の方は、ぜひビットフライヤー(bitFlyer)を検討してみてはいかがでしょうか。

ビットフライヤー
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

最新記事