ビットフライヤー

ビットフライヤー(bitflyer)に登録できる年齢は?年齢制限や登録方法を解説

bitFlyerロゴ
この記事を読んでほしい人
✔ ビットフライヤーで仮想通貨取引を始めたい未成年の方
✔ 未成年でも口座開設できる仮想通貨取引所を知りたい方
✔ ビットフライヤーという仮想通貨取引所について知りたい方

仮想通貨取引を始める場合、口座開設が第一歩となりますが、口座開設に年齢制限を設けている仮想通貨取引所があります。

国内トップクラスの取引量を誇るビットフライヤーでも、年齢制限はあるのでしょうか。

そこで今回は、ビットフライヤーの年齢制限について、わかりやすく解説していきます。

この記事の要約
  • ビットフライヤーで仮想通貨取引ができるのは、20歳から85歳まで
  • ビットフライヤーでは未成年でも「ウォレットクラス」のアカウントは作成可能であり、仮想通貨の受け取りや送金ができる
  • 未成年の口座開設には、本人確認書類のほかに「親権者の同意書」「親権者との続柄がわかる証明書」を提出する必要がある
  • ビットフライヤーは「手数料が安い」「盗難補償がある」「資本金が大きく、運営が安定している」といったメリットがある

ビットフライヤーで年齢制限はあるのか?

ビットフライヤーでは、現物取引開始基準・証拠金取引開始基準を定めています。それによると、20歳以上であることが現物取引開始基準の第一条件。

証拠金取引でも、現物取引開始基準を満たしていることが最低条件になっているので、20歳以上でなければ取引できません。そのうえ年齢の上限も定められており、こちらは80歳までとなっています。

ビットフライヤーは、取引に年齢制限を設けているわけですね。

参考:https://bitflyer.com/ja-jp/trading-requirements

ビットフライヤー(bitFlyer
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

ビットフライヤーは未成年で口座開設は可能か

ビットフライヤーでは、未成年でもウォレットクラスのアカウントの作成だけは可能

取引はできませんが、仮想通貨の受け取りや送金はできるというわけです。

参考:https://bitflyer.com/ja-jp/trading-requirements

ビットフライヤー(bitFlyer
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ビットフライヤー以外の取引所で口座開設をする場合

ビットフライヤーでは未成年の方は取引できませんので、未成年の方が仮想通貨取引をする場合は、他の取引所で口座を開設しなければなりません

未成年でも取引できるFISCOを例として、未成年の方が口座開設する場合の注意点について説明しています。

参考:https://fcce.jp/faq#doc_certify_7

未成年の本人確認の方法

口座開設時、20歳以上の方であれば学生証や運転免許証など、ご自身の本人確認書類の提出だけでいいのですが、未成年の方はさらにいくつかの書類を追加で提出する必要があります。

つまり、本人確認の方法が少し異なるわけです。

未成年が投資を始めるのに必要なもの

FISCOでは本人確認書類に加えて親権者の同意書や、同意した親権者との関係性を証明する書類の提出も必要としています。

本人確認書類

FICSOでは、運転免許証やマイナンバーカード、日本国パスポートなどの代表的な本人確認書類だけでなく、

  • 学生証
  • 健康保険証
  • 住民票

などの公的証明書も、本人確認書類として認めています。学生さんでは運転免許証を持っていないという人も多いですから、学生証が使えるのは便利ですね。

親権者の同意書

親権者の同意書は、FISCOが雛形を作ってPDFファイルで添付しています。これを利用して記入すれば、簡単に作成できますね。

親権者との関係がわかる書類

親権者との関係、つまり続柄を証明する書類についても、FISCOは具体的に提示しています。

  • 住民票
  • 戸籍抄本
  • 続柄が記入してある健康保険証
  • 母子手帳

これらから、1点を提出すればいいのです。

ビットフライヤー(bitFlyer)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

ビットフライヤーの口コミを確認

ビットフライヤーの年齢に関する口コミをツイッターから紹介します。

にゃか @Stay_true_0911さんのツイート

ビットフライヤーは、未成年にはウォレットクラスのアカウントしか認めていないので、厳しいと感じているようですね。

悟飯ちゃん@仮想通貨 @fffohanchanさんのツイート

ビットフライヤーでは顔写真がない証明書類も組み合わせによっては可としているので、悟飯ちゃんさんは未成年のようですが、口座開設できた模様です。

ビットフライヤーについて知ろう

ビットフライヤーとは、どのような取引所なのでしょうか。

特徴1:手数料が安い

  • ビットコインやアルトコインの販売所手数料が無料
  • ビットコイン簡単取引所では、手数料が約定数量の0.01〜0.15%
  • アカウント作成手数料や維持手数料が無料
  • 住信SBIネット銀行からのクイック入金手数料が無料

このように、手数料が安いのがビットフライヤーの利点ですね。

特徴2:盗難補償

仮想通貨取引所に不正アクセスが行われ、仮想通貨が盗難に遭う事件が過去に起こっていますが、ビットフライヤーでは盗難補償制度があります。

2段階認証を登録しているユーザーであれば、最大500万円まで補償されるのです。

特徴3:資本金が大きい

ビットフライヤーの資本金は、およそ50億円です。資本金が多いということは、取引所運営が安定しているだけでなく、倒産のリスクも低くなるということ。

ユーザーにとっても、とてもメリットが大きいことなのです。

ビットフライヤー(bitFlyer)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

まとめ

この記事のまとめ
  • ビットフライヤーで仮想通貨取引ができるのは、20歳から85歳まで
  • ビットフライヤーでは未成年でも「ウォレットクラス」のアカウントは作成可能であり、仮想通貨の受け取りや送金ができる
  • 未成年の口座開設には、本人確認書類のほかに「親権者の同意書」「親権者との続柄がわかる証明書」を提出する必要がある
  • ビットフライヤーは「手数料が安い」「盗難補償がある」「資本金が大きく、運営が安定している」といったメリットがある

さて、ビットフライヤーの年齢制限について説明しました。

未成年の方はビットフライヤーでの仮想通貨の取引はできませんが、ウォレットクラスのアカウントの作成はできます。

ビットフライヤーは手数料が安く資本金も潤沢な取引所ですから、20歳なるまで待てるなら、ビットフライヤーに口座開設するのがおすすめですよ。

ビットフライヤー
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト