仮想通貨取引所比較

ADKの買い方と購入方法。おすすめの取引所と特徴を解説

adkコイン

草コインの中でも期待の大きいAidos Kuneenと呼ばれる暗号資産(仮想通貨)は知っているでしょうか?

この記事では、Aidos KuneenことADKがどのような暗号資産(仮想通貨)なのか、ADKを購入できる取引所・買い方、そして特徴や将来性を紹介していきます。

ADKが購入できる取引所

取引所名対応通貨日本語対応
Aidos marketADK, BTC×

ADKは、ADKの運営が管理しているAidos Market取り扱われています。

昔はCryptoDAOと呼ばれる取引所に上場していましたが、取引所側にトラブルがあったことにより、上場廃止となっています。

Aidos marketとは?

Aidos marketとは、Aidos Kuneenの運営が用意した取引所であり、ADKとビットコインのみ扱っています。

ADKが発行された当時は、取引所を自前で用意する予定はなかったですが、CryptoDAOで詐欺トラブルが発生し、それに合わせて取引所の運営が音信不通になったことがありました。

その後、投資家を守るために作られたのがAidos marketです。

ADKの購入方法

ADKは紹介したとおり、Aidos Marketでのみ扱われています。

Aidos MarketでADKを購入できる通貨はビットコインのみ。外部の取引所から送金し、入金することで、ADKを購入することができます。

ADKの購入方法とは?

ここからはADKを購入する簡単な流れを紹介します。難しいことはないので初心者もゆっくり落ち着いて対応してください。

あえて、注意点をあげるとすると、入金時のアドレス間違いについて注意するようにしましょう。

国内取引所でビットコイン購入

ADKは現在はビットコインのみで購入することができます。

そのため、ビットコインを持っていない方はまず、国内取引所で日本円を使ってビットコインを購入しておいてください。

ビットコイン購入後、Aidos Marketで取得できる入金アドレス宛に送金します。

Anidos MarketでADK購入

Aidos Marketで取引するにはアカウントを作成する必要があるので、アカウント作成を済ませておいてください。

本人確認は必要ない為メールアドレスだけで登録できます。

アカウント作成後ビットコインを入金して、[TRADE-NOW]からADKを購入してください。

日本でADKの取引所は?

ADKは今のところ日本の取引所に上場するような話は出てきていません。

日本はADKに限らず法規制などの関係で新規上場が難しい状況であるため、もし上場するとしてもかなり先になるでしょう。

ADKの特徴として匿名性がありますが、匿名性を持つ暗号資産(仮想通貨)に対して日本はかなり厳しく対応しています。

他の暗号資産(仮想通貨)が上場することはあっても匿名性を持つADK系は上場できない可能性が高いです。

そのため国内での上場を待たずに、Anidos Marketでの購入を進めましょう。

ADKの特徴、将来性

次にADKの特徴やどういった将来性があるのか紹介していきます。

ADKはADKならではの特徴を活かして事業を活発に進めているので注目しておくといいでしょう。

特徴①:「高い匿名性」

ADKは先ほども少し触れましたが高い匿名性を持っています。

そのためADKの送金を不特定多数の第三者に見られることなく、二者間で非公開取引を行うことができます。その匿名性を活かしてADKの運営は事業を着々と進めています。

特徴②:「DAG技術で実装」

ADKはブロックチェーンではなくDAG技術が使われています。

DAG技術が使われている暗号資産(仮想通貨)は、送金の際に必要な手数料が不要であり、送金手数料による損失がでない仕組みになっています。

特徴③:「オフショア銀行を買収」

ADKの最大の目的は、オフショア地域の銀行を買収してオフショアバンキングを構築するということです。

アフリカの銀行をすでに2つ買収しているとの話があります。銀行の買収も完了すれば、ADKを使ったオフショアバンキングは現実味を増してきています。

実現すれば世界の富裕層から租税回避などの目的で利用されるようになります。

ADKは買っておいて損はない暗号資産(仮想通貨)の一つ

銀行の買収も完了しスムーズに進んでいるADKのプロジェクトです。

去年までは、「銀行の買収は不可能だ」「全然他所に上場しない暗号資産(仮想通貨)は詐欺だ!危ない!」という声も多くありました。

しかし蓋を開ければかなりスムーズに開発が進んでいるプロジェクトであり、先行きが明るい。

今後のADKに期待するなら少量でも保有しておくと、今後大きな利益となって返ってくる可能性があります。

絶対はないですが、少額を張っておいて大きなリターンを期待出来る通貨の一つです。

仮想通貨取引所比較
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事