仮想通貨のマイニングとは?儲かる?【初心者でもわかりやすく解説】

仮想通貨マイニングしてみたいけど儲かるのかな・・」、などのように仮想通貨マイニングについて興味があるものの、一歩踏み出せない方もいることでしょう。

この記事では仮想通貨マイニングの仕組みから、マイニングのメリットややり方についてご紹介していきます。

仮想通貨マイニングは投資と異なる特徴があるので、仮想通貨について更に深く知りたい方も今回の記事を是非参考にしてみてください。

仮想通貨のマイニングとは何か

仮想通貨マイニングについて、多くの一般の方は分からないところです。
また、仮想通貨マイニングで稼ぐためには、意味から知らなければ手順を覚えても作業途中でよく分からない状態になります。

ですので、まずは仮想通貨マイニングの意味と仕組みから理解することをおすすめです。

それでは意味と仕組みについて解説します。

マイニングの意味

マイニングとは日本語で採掘という意味の言葉です。
つまり、仮想通貨を採掘して得るということになりますが、実際に採掘する訳ではありません。

あくまで採掘のように、新たに発行される仮想通貨を得るために作業を行うことを指します。

つまり、仮想通貨を採掘するイメージで、通貨を得る作業全般のことです。

マイニングの仕組み

マイニングとは分散型取引台帳に取引承認する計算処理を、マイニングユーザーの端末に分散処理してもらう作業でもあります。

そしてビットコインなどPoW方式のマイニングでは、計算処理が最も早いユーザーの端末に、新規発行した仮想通貨を報酬としてもらうことが可能です。

マイニングの方式は他にもPoSやPoLなど様々なタイプがあり、報酬が貰える仕組みが異なります。

マイニングは誰がやるのか?

マイニングをやる方は、一定の計算処理ができるパソコンとウォレットのあるユーザーであれば、誰でもできます。

また、マイニングは常に端末を稼働させておく必要があるので、24時間電気を供給できる環境も必要です。

ただし、PoWマイニングで稼ぐためには、他のユーザーよりも計算処理の優れた端末を用意する必要があるため、誰でも稼げるかどうかという点においては話が変わります。

マイニングをする理由

仮想通貨マイニングについて疑問を感じている方の中には、マイニングを行う理由があるのか考えているのではないでしょうか。

また、マイニングは稼ぐために必要な作業と考える方もいますが、他にも役割があるので始める方はそちらも理解するのが大切です。

マイニングをするメリット

マイニングを行わないと、仮想通貨の取引承認に伴う処理や容量が不足してしまいます。
つまり、計算処理を各ユーザーが手伝う必要があるということです。

従って、マイニングを手伝ってくれた報酬としての仮想通貨であり、マイニング自体は報酬を出すことが目的ではありません。

ただマイナーにとってのメリットは、利益を得られることですので比較的シンプルです。

マイニングのやり方

仮想通貨マイニングには様々なやり方がありますが、一般的には以下の方法になります。

  1. パソコンや電源供給など機材関係の準備
  2. マイニングを行うソフトのダウンロード
  3. ソフトの環境設定
  4. ウォレットの入手
  5. マイニング開始
  6. 場合によってはマイニングで得た仮想通貨を他の通貨へ換金

ここではマイニングに必要な準備と費用をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

なにを使うか

今回はソロマイニングに必要な機材をご紹介します。

必要な機材と環境は以下になります。

・CPU

・マザーボード

・メモリ

・ライザーカード

・電源

・HDD

・OS

・キーボード

・モニター

また、他にも必要に応じて機材を用意しますが、ASICと呼ばれるマイニング専用マシンを購入する方法もあります。

そして、インターネット環境と24時間電源供給できる状態に整えておきましょう。

かかる費用

マイニングの機材や環境を準備するために必要な費用ですが、パソコンやパーツのスペックによって大きく異なります。

一般的なマイニングマシンの場合は、30万円前後で購入・組み立てることが可能です。

また、マイニングで数100万円といった収益を得るためには、1000万円以上の機材コストが必要になります。

利益目標との兼ね合いを考えた上で、マイニングに掛かる費用を計算しましょう。

マイニングの注意点

マイニングはメリットだけではありません。
PoW方式であれば、計算処理で上位に入らなければ報酬を得ることが難しいです。

また、他にも仮想通貨の発行上限枚数に関する注意点もあるので、ここでは発行枚数に焦点を当てて解説していきます。

コインには発行上限がある(上限に達したら既に発行されている通貨から報酬など)

基本的に仮想通貨の発行枚数は、上限が設定されているので新規発行通貨を法主として受け取ることはできないことになります。

しかし、その場合は既に発行されている通貨から、報酬を受け取ることになる可能性もあるので、マイニングメリットが消える訳ではありません。

それでは以下に各通貨の発行上限枚数をご紹介します。

ビットコイン 2100万BTC
イーサリアム 上限無し
リップル 1000億XRP
ライトコイン 8400万LTC
ネム 89億9999万9999NEM
ビットコインキャッシュ 2100万BCH
カルダノ 450億ADA
アイオタ 27億7953万0283 MIOTA

仮想通貨マイニングで稼ぐためには方式と端末のスペックがポイント


仮想通貨マイニングには自身で全て準備する方法と、企業のマイニング事業に参加する方法などがあり、どれを選ぶかは自由です。

ソロマイニングを始める場合は、マイニングマシンに力を入れ、他のユーザーよりも計算処理性能を上げて、報酬を得られるよう日々調整が必須になります。

また、仮想通貨によってマイニング方式や難易度、報酬額が異なるので始める前にどの仮想通貨でマイニングを行うか決めておくのがポイントです。