レバレッジ取引入門

【10分でわかる!】ビットコインFXで使える「上昇ウェッジ・下降ウェッジ」

bitcoinfx-wedge-title
この記事を読んでほしい人
✔ すでに仮想通貨を持っている方
✔ より戦略的に仮想通貨投資をしたい方
✔ 取引所に登録している方

もしまだ取引所をお持ちでない方は、まずはこちらの「取引所の選び方」を参考にしてみてください。

上昇ウェッジ・下降ウェッジは出現頻度の高いチャートパターンです。

「上げ過ぎ・下げ過ぎ」と関連するウェッジは、適正価格のないビットコインFXで役立ちます。

とは言え、よく見るのに上昇ウェッジ・下降ウェッジを上手く取引するのは難しいですよね?

基礎~ビットコインFXの活用例まで、今回は「上昇ウェッジ・下降ウェッジ」を分かりやすく解説します。

当記事で用いるチャートは高機能分析プラットフォーム「TradingView(トレーディングビュー)」の提供するビットフライヤーのFXBTC/JPYチャートを用いて解説しています。解説と同じチャートで学習したい方は参考にしてください。仮想通貨取引に関しては余裕資金・自己判断で行いましょう。

上昇ウェッジ・下降ウェッジとは?

まずは、上昇ウェッジと下降ウェッジの基礎を解説します。

「どんな形をしているのか?」
「どのような相場で見られるのか?」
「買い・売りどちらを考えるべきか?」

上記の内容が分かります。
チャートパターンは、チャートの形をパターン化した知識なので覚えるのは簡単です。

上昇ウェッジ・下降ウェッジはビットコインFXはもちろん、あらゆるトレードで使えます。(ビットコインFX独自のウェッジなどはありません。)

上昇ウェッジとは?

bitcoinfx-wedge-1
上昇ウェッジとは?
  1. 価格は上がるも高値更新幅が狭い
  2. 高値と安値にトレンドラインが引け、変動幅縮小
  3. 安値のトレンドラインを下抜けると成立

上昇ウェッジは、価格が上がっている最中に、ボラティリティを縮小させながら作られるチャートパターンです。

高値と安値、それぞれのトレンドラインが右肩上がりに推移しつつ、先端へ向けてとがっていく様な形をしています。

安値のトレンドラインを割り、下降局面を作ると上昇ウェッジの成立です。
ですから「上昇ウェッジ=売りシグナル」になります。

下降ウェッジとは?

bitcoinfx-wedge-2
下降ウェッジとは?
  1. 価格は下がる安値更新幅が狭い
  2. 高値と安値にトレンドラインが引け、変動幅縮小
  3. 高値のトレンドラインを下抜けると成立

下降ウェッジは、価格が下がっている最中に、ボラティリティを縮小させながら作られるチャートパターンです。

高値と安値、それぞれのトレンドラインが右肩下がりに推移しつつ、先端へ向けてとがっていく様な形をしています。

高値のトレンドラインを割り、上昇局面を作ると下降ウェッジの成立です。
ですから「下降ウェッジ=買いシグナル」になります。

【ビットコインFXで多い】上昇ウェッジ・下降ウェッジの「だまし」

bitcoinfx-wedge-7上昇ウェッジ・下降ウェッジの基礎を解説しました。

とは言え、画像のような「上昇ウェッジなのに下がらず、もう一段の上昇をした」といった展開に悩まされます。

いわゆる「上昇ウェッジのだまし」と言われる展開です。

ビットコインFXの場合、上昇ウェッジのだましは、下降ウェッジのだましより頻繁に見られやすい傾向があります。

頻繁に見られる上昇ウェッジのだまし、あらかじめ予想はできないだろうか?
このように考えるはず。

bitcoinfx-wedge-8ビットコインFXの特性を理解すれば、上昇ウェッジのだましを予想できます。
判断基準は上昇ウェッジ形成前のチャートです。

例えば、画像のビットコインFXチャートでは、上昇ウェッジ直前に「逆三尊」のチャートパターンが見られていました。

ビットコインFX(ビットコインも)逆三尊のチャートパターンが意識されやすく、小さな上昇ウェッジはだましとなり急騰しやすいです。

【10分で分かる】ビットコインFXで使える「逆三尊(ぎゃくさんぞん)」解説

重要なのは、逆三尊だけでなく、上昇ウェッジ前後に強い買いがあった事。
ビットコインは一旦上がると、継続して高値を更新しやすい特性があります。

強気の相場な時は、下手に売らないのが鉄則です。

優位性の高い「ウェッジ」

ウェッジのだましについて解説しました。

逆に、だましの起きづらい「優位性の高いウェッジ」はどのように判断するのでしょうか?

やはり、ビットコインFXのチャートを見つつ、自分で優位性の高い上昇ウェッジを判断するのがベストです。

bitcoinfx-wedge-3過去のビットコインFXチャートを振り返ると、参考までに優位性の高い下降ウェッジには以下の傾向が見られています。

優位性の高い「下降ウェッジ」の条件
①(長期足などの)反発・支持帯まで下げている
②下降ウェッジの直前に急騰相場
③ボラティリティの縮小が確認できる

下降ウェッジの場合、直前に急騰相場が見られており、売り手が迷う強い買いが見られているのが重要です。

また、急騰を見せた安値が長期足の安値など反発しやすいポイントになっているのがベストになります。

下降ウェッジの形が見えてきたら、キチンとボラティリティの縮小が確認できると優位性は高いと言えるでしょう。

下降ウェッジ無いで多くのローソク足、時間を掛けてボラティリティを縮小できていると◎力

ビットコインFXの「上昇ウェッジ」活用例

ここまで、上昇ウェッジ・下降ウェッジの基礎&だまし対策を解説しました。
とは言え、最重要は「ビットコインFXのトレードで使えるか?」ですよね。

bitcoinfx-wedge-4ビットコインFXのリアルチャートを使って「上昇ウェッジを使ったトレード」の具体例を解説します。

上記のFXBTC/JPY5分足チャートでは、大幅下落の後に上昇ウェッジが見られています。

bitcoinfx-wedge-5直近では、上昇トレンドも確認できるため、売り目線・買い目線が混ざり、上昇ウェッジを形成しました。

上記に5分足チャートでは、上昇ウェッジが成立していますが、本来は直近の高値まで上がっていない為、売りのタイミングに迷うと思います。

したがって、上昇ウェッジの成立後に売りエントリーを検討します。

bitcoinfx-wedge-6前述した、優位性の高い下降ウェッジの条件に合わせて、売るべきなのか判断しましょう。
①(長期足などの)反発・支持帯まで下げている→高値付近まで上げている
②下降ウェッジの直前に急騰相場→上昇ウェッジの直前に急落相場
③ボラティリティの縮小が確認できる

いずれも、キチンと優位性が確認できる為、売りのタイミングを検討すべきです。

bitcoinfx-wedge-9無難なエントリーポイントは、上昇ウェッジを成立後に再び上昇(安値のトレンドラインと交差)したタイミングでしょう。

損切は、上昇ウェッジがだましになった場合がシナリオ否定ですから、ウェッジ上限に。
利食いは、ウェッジの下限に設定します。

上昇ウェッジは、セオリーとしてウェッジの下限までが下落幅と予想できます。

上記のチャートは5分足ですから、数時間で2万円幅の利益です。
1BTCをショート(空売りしていれば)、数時間で2万円の十分な利益が得られます。

ビットコインFXで使える「上昇ウェッジ・下降ウェッジ」 まとめ

今回は「【10分でわかる!】ビットコインFXで使える「上昇ウェッジ・下降ウェッジ」」のテーマでした。

この記事の重要ポイント
  • 上昇ウェッジ・下降ウェッジは買われ過ぎ・売られ過ぎのパターン
  • ビットコインFXは上昇ウェッジのだましが多い
  • 直前のチャート確認でだまし回避、優位性の高いウェッジだ勝つ 

上昇ウェッジ・下降ウェッジはいずれも、チャートに出現しやすいパターンです。

とは言え、基礎やだましの回避予想ができないと、出現しやすいからこそ負けの原因になります。

今回の内容を実際にビットコインFXで使ってみて、自分なりの方法で精度を高めていきましょう。

レバレッジ取引入門
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事