仮想通貨の仕組み

【2020年最新版】暗号資産(仮想通貨)でおすすめ長期保有(ガチホ)銘柄と投資戦略

この記事を読んでほしい人
✔ おすすめの暗号資産(仮想通貨)長期保有の戦略が知りたい方
✔ どの暗号資産(仮想通貨)が長期保有に向いているのかと悩んでいる方
✔ おすすめの長期保有(ガチホ)銘柄が知りたい方

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)で利益を狙う際には、どのような暗号資産(仮想通貨)の銘柄に投資をすればいいのでしょうか。

暗号資産(仮想通貨)投資が初心者であるという人は、日々の値動きに左右されない長期保有の戦略がおすすめです。

長期保有の戦略では、対象の暗号資産(仮想通貨)を一気に購入する方法もあれば、定期的に積み立てていくような手法もあります。

今回は、暗号資産(仮想通貨)の長期保有に適した暗号資産(仮想通貨)の銘柄の紹介や、長期保有の投資戦略について解説していきます。

この記事の要約
  • 暗号資産(仮想通貨)長期保有(ガチホ)がおすすめされる理由は初心者でも気軽に始めやすいから
  • 2020年主要通貨でガチホおすすめ銘柄は「ライトコイン」「ビットコイン」「リップル」「イーサリアム」
  • 2020年マイナー通貨でガチホおすすめ銘柄は「トロン」「ステラ」「シールド」
  • おすすめの暗号資産(仮想通貨)長期保有の戦略は、今から積立投資して、2021年に売却

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略とは

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略とは、長期間暗号資産(仮想通貨)を保有する事により、利益を狙う投資戦略です。

特に、暗号資産(仮想通貨)投資が初心者であるという人におすすめの方法となります。

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略がおすすめである理由を次に紹介していきます。

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略がおすすめの理由

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略がおすすめの理由として、初心者の人でも戦略が練りやすいという点が挙げられます。

暗号資産(仮想通貨)投資で利益を上げるためには、安い所で買って高い所で売る必要があります。

長期保有では、初心者の人でも、この基本をしっかりと実践しやすくなります。また長期保有では、日々の値動きを気にする必要が無くなるというメリットもあります。

これは暗号資産(仮想通貨)投資に限った話ではなく、投資が初心者であるという人は、長期保有がおすすめです。

いつまで暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)する?期間の目安

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)の期間の目安は、どの程度となってくるでしょうか。

長期保有期間に明確な定義はありませんが、1年から5年程度となってくるでしょう。

また、保有期間だけではなく目標金額が達成された段階で売却するという戦略も考えられます。

暗号資産(仮想通貨)を長期保有する際には、適切なポートフォリオを組んで、暗号資産(仮想通貨)の価格を把握しておく事も重要です。

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)のメリット

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略のメリットは、どのようなものが挙げられるでしょうか。

  • 暗号資産(仮想通貨)の日々の価格変動を気にする必要が無い
  • 取引の手間がほとんど無い
  • 取引手数料を抑えることができる
  • 小額からでも大きな利益を狙う事ができる

暗号資産(仮想通貨)市場は、非常に値動きが激しい市場になります。

しかし、暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略の場合は、日々の値動きを気にする必要が無くなるため、取引の精神的な負担が軽減されます。

頻繁に取引する事がありませんので、取引の手間もほとんどありません。

取引毎にかかる取引手数料も抑えることができます。また、長期的に保有する事で、小額からでも大きな利益を狙う事ができます

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)のデメリット

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略のデメリットについても紹介していきます。

  • 長期保有の結果が出るまでにかなりの時間を要する
  • 売却のタイミングが難しい
  • ハッキングのリスクがある

長期保有を行うため、結果が出るまでに時間を要する事になりますが、その期間中に着実に暗号資産(仮想通貨)を積み立てていく事ができるようになります。

長期保有では、売却のタイミングが難しくなるという面もあります。さらなる上昇を期待したり、価格の天井を見誤ってしまう等、心理的な要因が大きく影響してきます。

また、長期間暗号資産(仮想通貨)を保有する場合は、ハッキングのリスクについても考慮していかなければなりません。

ハッキングリスクについては、各取引所でもハッキング対策に力を入れており、セキュリティレベルは向上してきています。

しかし、投資家自身も暗号資産(仮想通貨)のハッキング被害に合うリスクを最小限に抑える努力をしていく必要があるでしょう。

ハードウォレットやモバイルウォレット等に暗号資産(仮想通貨)を移しておく等の対策が重要となってきます。暗号資産(仮想通貨)の投資家には、徹底したリスク管理も求められてきます。

2020年長期保有(ガチホ)がおすすめの暗号資産(仮想通貨)銘柄(主要通貨編)

2020年の長期保有でおすすめの主要暗号資産(仮想通貨)銘柄を紹介していきます。

主要暗号資産(仮想通貨)とは、暗号資産(仮想通貨)の時価総額ランキングで上位に位置している通貨であり、日本国内の暗号資産(仮想通貨)取引所でも広く取り扱われている銘柄の事を指しています。

流動性が高く売却しやすいため、長期保有に関しても安心感がある銘柄と言う事ができるでしょう。

【イチオシ】ライトコイン(LTC)

ライトコインは、暗号資産(仮想通貨)の時価総額ランキングでも常に上位に位置しており、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所でも取り扱われています。

海外の取引所では、基軸通貨として利用されているケースもあります。
ライトコインには、「Segwit(セグウィット)」と呼ばれるデータサイズを縮小させる技術が搭載されており、技術的に注目されています。

ライトコインは、長期保有銘柄としておすすめです。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)の王様と呼ばれており、最もメジャーな暗号資産(仮想通貨)です。

ビットコインが長期保有におすすめの理由として、2020年に半減期が訪れるという点が挙げられます。

2020年には東京オリンピックが開催され、日本でも投資熱が上昇し、ビットコインのブームが再来するという期待もあります。

リップル(XRP)

リップルは金融機関に向けた国際送金に特化した暗号資産(仮想通貨)で、暗号資産(仮想通貨)の時価総額ランキングでも常に上位に位置しています。

リップルは、550億XRP保有しているリップル社が毎年10億XRPを供給する事で、リップルの価格安定を図っています

そのため、リップルは価格暴落リスクが低く、長期保有に向いている暗号資産(仮想通貨)であるという事ができるでしょう。

ボラティリティが低い暗号資産(仮想通貨)であるという点で、長期保有に向いているのです。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、スマートコントラクトという機能が実装された暗号資産(仮想通貨)で、時価総額ランキングでは、ビットコインに次いで2位の地位をキープしています。

イーサリアムは、2019年10月に大型アップデート「イスタンブール」が予定されており、性能の向上が期待されています。

イーサリアムの機能が進化する事により、価格がさらに上昇する可能性が高いという事ができるでしょう。

2020年長期保有(ガチホ)がおすすめの暗号資産(仮想通貨)銘柄(マイナー通貨編)

次に、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所では取り扱われていないマイナー暗号資産(仮想通貨)の中で、長期保有におすすめの銘柄を紹介していきます。

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略がおすすめの暗号資産(仮想通貨)銘柄を探す際には、将来性に注目する必要があります。

今回紹介するのは、CoinMarketCapで紹介されており、比較的時価総額も高い銘柄が中心となります。

トロン

トロンは、海外だけではなく日本国内の投資家にも人気がある暗号資産(仮想通貨)です。

日本国内の暗号資産(仮想通貨)取引所でも取り扱いが行われるのではないかという噂もあり、実現すると価格の高騰が期待できます。

このように、メジャー通貨になろうとしているという点が大きな注目点となってくるでしょう。

トロンはBinance等、多くの海外暗号資産(仮想通貨)取引所で取引することができます。

ステラ

ステラ stellar ロゴステラは、リップルと同様に国際送金に特化した暗号資産(仮想通貨)となります。

リップルと比較すると価格変動が激しくなりますが、今後の経済圏の拡大が期待できるため、長期保有にも向いています。

ステラは、国際送金に特化した暗号資産(仮想通貨)ですが、対象となるのは法人ではなく個人向けとなります。

様々な個人が、国境の壁を気にする事なく、モノやサービスの決済に利用する事を目的として開発されています。

法人向けの国際送金を手掛けるリップルとは異なる特徴を持っています。国内の取引所でも取扱が始まりました。

イオス

イオスは、国内取引所で取り扱いのない暗号資産(仮想通貨)ですが、暗号資産(仮想通貨)の時価総額ランキングで上位に位置している暗号資産(仮想通貨)です。

イオスは、2017年のICOの際に、約4400臆円の資金調達に成功した事でも話題となりました。

スマートコントラクトの機能によって、あらゆる決済シーンでの利用を目的として開発されています。

米国の格付け会社や中国の政府機関等から高い評価を得ており、その将来性が注目されています。

シールド

シールドは、比較的時価総額が低めのマイナーな通貨となりますが、実装されている機能の面が注目されており、長期保有も検討できる暗号資産(仮想通貨)です。

その機能とは、量子コンピューター対策機能です。

量子コンピューターとは、次世代型のコンピューターで暗号資産(仮想通貨)の根幹技術であるブロックチェーンを凌駕する可能性を秘めています。

そのため、量子コンピューターによるハッキングに対応できないリスクも考えられます。

シールドでは、量子コンピューターによるハッキングに対応した技術を持っているのです。

量子コンピューターの実用化は、まだなされておらず、シールドの実力は発揮されていないのですが、いずれ実用化された際に注目を集める可能性があります

暗号資産(仮想通貨)投資の長期保有(ガチホ)のやり方

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略のメリット等について紹介していきましたが、手法についても気になっているという人もいるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略のおすすめの手法について解説していきます。

ドルコスト平均法(積立投資)

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略では、ドルコスト平均法(積立投資)がおすすめです。

ドルコスト平均法とは、定期的に決められた金額の投資を行う手法となります。

ドルコスト平均法では、安い時にたくさん買えて、高い時にはあまり買えなくなるため、平均取得価格が平準化していきます

そのため、高値掴みをしてしまうリスクを排除する事ができるようになるのです。

分散投資

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略を行う際には、分散投資も検討していきましょう。

分散投資とは、様々な種類の暗号資産(仮想通貨)に投資を行っていく手法を指します。

分散投資をする事で、リスクの分散を行う事ができるようになります。

また、主要暗号資産(仮想通貨)とマイナー暗号資産(仮想通貨)を混合して保有する事で、お互いの長所と短所を打ち消し合い、バランスの取れたポートフォリオを構築する事ができます

長期保有は余剰資金で

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略では、投資期間中に換金する事ができません

そのため、暗号資産(仮想通貨)の長期保有をする場合、余剰資金で投資をしていく事が重要となります。

長期間、使う予定の無い資金を投資に回す事で、腰を据えて投資をしていく事ができるようになります。暗号資産(仮想通貨)の長期保有を始める前に、必要資金と余剰資金を分けておく事が重要です。

長期保有(ガチホ)のできる取引所・方法

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略を考える場合は、できるだけ金融庁の認可を受けた国内取引所から選んでいきましょう。

これらの取引所は、日本の金融庁が定めた規制や法律に則った運営がなされており、透明性が高いからです。

また、日本円に換金する事ができるという点も重要です。

日本円にいつでも換金できる体制を整えておく事によって、売却時のハードルを下げる事ができるようになります。

暗号資産(仮想通貨)取引に慣れた後は、ハードウェアウォレット等を購入して、取引所からウォレットに送金し、インターネットから隔離されたオフライン状態で保管しておきましょう。

長期保有(ガチホ)でかかる手数料

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略では、どれくらいの手数料が発生するのでしょうか。

今回は、現物取引とレバレッジ取引の2つの方法について解説していきます。

現物取引の場合

暗号資産(仮想通貨)の現物取引では、取引の際に手数料が発生します。

保有する事による手数料は発生しません。

取引手数料は、取引量によって決まる事が多いため、小額投資の場合は手数料も安くなってきます。

レバレッジ取引の場合

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引では、取引毎に手数料が発生します。

長期保有を考えている場合、レバレッジ取引はあまりおすすめではありません。

レバレッジ取引は、短期売買に向いているからです。

レバレッジ取引で、長期保有をする事もできますが、暴落時の損失が大きくなるリスクがあり、ロスカットによる強制決済となるケースも出てきてしまいます。

FX(外国為替証拠金取引)と違って、スワップ金利等の利益を狙うこともできません。

暗号資産(仮想通貨)の長期保有を考える場合は、特に理由が無い限りレバレッジ取引での取引はおすすめできません。

長期保有(ガチホ)で税金は発生するか

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略において、税金の支払い義務が発生するのは、売却によって利益を出した時だけです。

保有する事自体に税金が発生する事はありませんし、決済前の含み益に課税されるという事もありません。

株やFXの金融商品と同様です。

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略

今、おすすめの暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略として、2021年に売却することを想定した積み立て投資があります。

その理由としては、2020年には東京オリンピックが開催され、投資熱の盛り上がりから暗号資産(仮想通貨)にも資金が流れてくる可能性があるという点やビットコインの半減期と重なっているという点が挙げられます。

ビットコインアナリストの分析によると、半減期の翌年に大幅に成長するという周期を確認しており、半減期の2020年に強気相場が再開して、2021年にピークを付けるという予想を立てています。

ただ、いつが売り時か判断するのは難しい部分もあります。売却のタイミングとして、あらかじめ暗号資産(仮想通貨)の目標価格設定を行いましょう。

一部はガチホを維持するなど柔軟に調整をする

保有している暗号資産(仮想通貨)が目標価格を達成した際に、一部を残して売却するか全部の売却を検討します。

暗号資産(仮想通貨)が今後も上昇しそうな感じがある時は、一部を残して売却し、さらなる上昇に備えておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)の売買では、リスク管理と堅実的な運用の両面が必要となってきます。臨機応変な対応を心掛けていきましょう。

おすすめの暗号資産(仮想通貨)長期保有(ガチホ)の戦略

この記事のまとめ
  • 暗号資産(仮想通貨)長期保有(ガチホ)がおすすめされる理由は初心者でも気軽に始めやすいから
  • 2020年主要通貨でガチホおすすめ銘柄は「ライトコイン」「ビットコイン」「リップル」「イーサリアム」
  • 2020年マイナー通貨でガチホおすすめ銘柄は「トロン」「ステラ」「シールド」
  • おすすめの暗号資産(仮想通貨)長期保有の戦略は、今から積立投資して、2021年に売却

以上、今回は暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略について解説していきました。

暗号資産(仮想通貨)の長期保有(ガチホ)戦略は、小額からでも始める事ができるため、初心者の人にもおすすめの戦略です。

ドルコスト平均法を活用することで、取得の際に発生するリスクを低減することもできます。

また、2020年は東京オリンピックやビットコインの半減期等、暗号資産(仮想通貨)市場にとっても重要なイベントが控えていますので、しっかりとリサーチを行い暗号資産(仮想通貨)を始めていきましょう。

仮想通貨の仕組み
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

最新記事