仮想通貨の今後

【2019年最新】リスク(Lisk/LSK)の年末予想!上がる?上がらない?

liskロゴ

これまで、仮想通貨市場は年末に大きく動いてきました。

リスクも、2017年末には大きく価値を上げ注目を集めた仮想通貨の一つです。価格の上昇率はリップルやイーサリアムなどの主要アルトコインから群を抜いています。

ミートアップなど日本での活動も盛んなリスクの年末の動向に注目してみましょう。

リスク2017年末の価格上昇

2017年12月リスクは一時2500円を突破しました。他の通貨も大きな値上がりを見せました。

リスクは2017年末にアップデート(Lisk Core 1.0へ)を控えていたことが当時の高騰の要因となりました。

リスクはいくらくらい上昇したか

2017年1月1日約17円で取引が開始されたリスクですが、同年12月1日は約908円で取引が開始され、12月27日には2700円まで価格が上昇しました。

2017年1月1日 17円
2108年1月1日 908円

リスクの伸びは一年で150倍と凄まじいものでした。ビットコインが約17倍、イーサリアムが約84倍の上昇であることから、リスクの上昇がいかに大きかったかがわかりますね。

リスクの当時の上昇要因はアップデート?

すでに述べたように、12月31日リスクはLisk Core 1.0へのアップデートが予定されていました。(最終的に再々延期の末、2018年4月にアップデートされました。)

このアップデートの目標はサイドチェーンの強化と規模の拡大でした。

サイドチェーンとはブロックチェーンから派生したいわばもう一つのブロックチェーンのような存在です。ブロックチェーン一つでは間に合わなかった処理などを改善し、機能の拡大や取引処理スピードの改善に役立ちます。

このアップデートでリスクは本格始動するというのが開発者・保有者の共通の考えであったため、ユーザーの期待度もかなり高まっていました。

2018年始のリスクの価格下落

仮想通貨は年始に下落しやすいという傾向があります。
2018年1月も仮想通貨は全体的に下落しました。

リスクはいくらくらい下落したか

2018年2月20日に行われたリブランディングによって2月上旬から中旬にかけて3500円を超えていたリスクが、1000円ほど下落し2月末には約2290円で取引されていました。

2018年2月上旬〜中旬 3500円
2018年2月下旬 2290円

リスクリブランディング後の下落要因

前述の通り2018年2月20日にリスクはリブランディングを行いました。

過去にはNEOやDASHはリブランディングで名前を変え、事後に大きく上昇していることから、リスクにおけるリブランディングの期待はとても高かったとみられます。

しかし、リスクのリブランディングでの変更点はロゴのみ。それに加えてこれまでも延期されていたLisk Coreのアップデートが4~6週間後と発表されました。

 

  1. リスクは2018年2月20日にリブランディング実施
  2. 変更点はロゴのみ
  3. 保有者はがっかり
これにより多くのがっかりした保有者がリスクを手放したのです。

2018年のリスク価格予想

リスクは過去に開発者向けのツールSDKを配布しました。

リスク開発のツールが開発者向けに配布されたことで、リスク上のアプリケーション開発の速度が向上し、より多くの利用者が利用することで取引スピードが速くなると期待されています。

もし取引スピードの短縮が実現されれば、利用者も増加し価値が高まること間違いありません。

今後のリスク開発に注目が集まっています。

▶︎リスクを買うなら、bitflyerがオススメ!

予想1:「2019年5月までに1248円」

これはTRADINGBEASTSというサイトによる分析です。過去のデータからの分析によるもので、現在の価格が160円前後ですので半年後には約8倍に伸びるということでしょうか。

予想2:「2019年1月末までに約1800円」

これはwalletinvestorというサイトによる分析で、このサイトは多くの仮想通貨の価格データを保有し、そこから今後の価格予測を行なっています。

現在の価格から見ると約11倍の価格ですね。

予想3:「2019年末までに最大約5110円」

これはCoinfanという投資家同士のコミュニティで情報を共有することを目的に作られたサイトです。ここでは来年2019年の年末にはリスクは5000円を超えるとの予想です。今から約一年後には30倍に伸びるということですね。

今後のリスクの価格について、ほとんどのサイトが上昇すると予想しています。

2019年の価格上昇が確実と言われているリスク、購入するなら今なのではないでしょうか。

▶︎bitflyerの本人確認にかかる時間・審査・手続き・必要書類を解説

まとめ

 

この記事のまとめ

  • 2017年末のリスクの高騰は年末に予定されていたコアアップデートへの期待感が要因
  • 2019年は今の価格から8倍~30倍に伸びるとの予想
  • さらなるアップデートが見込まれるリスクは、より有名になり価格も急上昇する可能性がある

これからLISKの購入をする方は、「bitFLyer(ビットフライヤー)」がおすすめです。

年末の価格上昇を期待して、とりあえずリスクを買っておきたい方はここから「bitflyer」で口座開設しましょう。(現在リスクを購入できるのはbitflyerのみです)

bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

 

初心者におすすめの取引所はBITPoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、BITPoint以外の取引所に登録してしまった人は、BITPointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のBITPointを見てみる

仮想通貨の今後