仮想通貨の今後

ビットコインが200万円に達するには?2017年の相場などから考察

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインの相場を知りたい方
✔ ビットコイン投資を始めようとしている方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

「ビットコインの価格が200万円まで上がる可能性はあるのかな」
ビットコイン取引をしている方にとって200万円に上昇するか気になりますよね。

今回はビットコインが2017年末になぜ高騰相場となったのか、今後ビットコインが200万円まで上昇する可能性について解説していきます。

ビットコイン取引をしている方は、この記事を参考にしつつ今後の投資戦略を考えることや、長期予測してみるのもいいですよ。

この記事の要約
  • 2017年のビットコイン相場は1BTC=200万円
  • 2018年は反動とコインチェック事件などの要因でレンジ相場で推移
  • ビットコインの市場は拡大傾向今後200万円まで上昇する可能性

2017年末ビットコインが200万円に到達した理由

2017年はビットコインバブルとも呼ばれた年で、その象徴ともいうべき出来事が2017年末頃に起きた、1BTC=200万円の相場です。

2017年1月からビットコインは長期的且つ徐々に上昇していましたが、急騰というほどではありませんでした。むしろ堅実な相場を形成しているといえます。

しかし、2017年12月頃から、ビットコイン相場は様子を変えて急騰相場となり一時200万円を超える高値を記録しました。

理由1 100万円を超えたことによる買い圧力の上昇

ビットコインが200万円を超えた理由は複数ありますが、1つ目は買い圧力の上昇が関係しています。

買い圧力の上昇とは、上昇相場を多くの投資家が見る事によって更に上昇するのではないか、という心理から同時に複数の投資家が買い注文を入れ続けることを指します。

ビットコインは年間を通して上昇基調でしたし、100万円を超えた辺りからバブル相場ともささやかれ、天井前に利益を狙おうと買い注文が増えました。

理由2 様々な企業が取引所開設について情報開示した

ビットコインが200万円を超えた理由2つ目は、多くの有名企業が取引所開設あるいは開設に向けた発表を行ったからです。

一見すると無関係に見えますが、取引所を大手企業が開設するということは、より大きな資本が入ることを表しており、同時に機関投資家も注目するきっかけとなります。

すなわち将来的にビットコインへ大きな資金が流入するのではないか、という期待感から買い注文が増えた可能性があります。

理由3 ビットコイン先物取引商品がアメリカの取引所へ上場

ビットコインが200万円を超えた理由3つ目は、ビットコインの先物取引という商品がアメリカのCBOEやCMEという取引所へ上場する情報が流れたからです。

CBOEは世界でも大手の金融派生商品に関する取引所で、CMEは大手先物取引所です。

仮想通貨取引所以外の、歴史ある大手金融商品取引所へビットコインが上場するとなれば世界的に大きなニュースです。

従って、今後の急騰を予測して買い注文が急増したといえます。

ビットコインが再び200万円に達するためのポイント

2017年はビットコイン上昇の年でしたが、2018年は反動とコインチェック事件など諸々の要因によって、10月時点で1BTC=73万円台で推移しています。

今後の価格変動予測については投資家や、専門家が様々な分析をしていますがこれから投資を行う方にとって、再び200万円に達するかが気になる所です。

ここではビットコインが再び200万円に達するためのポイントを、3つに分けてご紹介します。

ポイント1 適切な規制に関する国際的な枠組み

2018年10月時点でも、ビットコインなどに関する国際的な足並みは揃っていません。日本やアメリカは推進派ですが、中国やインドなどは反対派です。

一方でロシアは全面禁止から国主導による、中央集権方式の独自通貨のみ検討するなど各国で方針が違います。

このような状況ですと、ビットコインに対する信頼感に疑問を抱く方も出てくるので、今後国際的に統一されたルールが定まれば、200万円達成の後押しになるでしょう。

ポイント2 ビットコインがどれだけ社会に貢献できるか

ビットコインが200万円に達するには、それだけビットコインに価値を感じて購入する人が増えなければいけません。

しかし、現状ではリップルやイーサリアムなど決済機能やプラットフォームとしての役割という点で、ビットコインのメリットが薄らいでいます。

ですのでビットコインを使うことによって、社会に役立つ機能や役割が1つでも追加されれば相場に変化が起きる可能性があります。

ポイント3 新興国がビットコイン市場をどれだけ開拓するか

2018年は世界情勢も混迷を深めています。アメリカによるイランへの経済制裁や中国による海洋進出や米中の貿易戦争など、様々な不確定要素の規模が大きくなっています。

そこで新興国が基軸通貨ドルから、ビットコインへ市場を模索する動きを加速させれば各国の資本が下支えとなり、相場の底上げが期待出来ます。

ビットコインは年内に200万円に戻すのか?

ビットコイン取引をしている方にとって、なるべく年内に200万円へ上昇して欲しいところですが、現状では難しい側面があります。

理由の1つは、ビットコインに関する大きな材料がないことが挙げられます。

しかし、2018年6月頃から下落が止まり、レンジ相場で推移していることや三角保ち合いのパターンになっていることから、年内は厳しくとも長期的に200万円へ達することは可能でしょう。

ビットコインの市場は拡大傾向で今後200万円まで上昇する可能性はある

この記事のまとめ
  • 2017年のビットコイン相場は1BTC=200万円
  • 2018年は反動とコインチェック事件などの要因でレンジ相場で推移
  • ビットコインの市場は拡大傾向今後200万円まで上昇する可能性

ここまで2017年のビットコイン相場と、現在の相場状況についてそれぞれ解説してきましたが、ビットコイン自体の人気や市場は維持し続けているといえます。

また、市場全体で見ると、出来高は更新され続けているのでビットコインへの資金流入も長期的に期待できます。

今後200万円の価格帯に達する可能性はあり、ビットコインが他の通貨とは違い社会に貢献できる何かが起こるか、底上げを待つなど複数の考察ができます。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨の今後