仮想通貨の今後

ビットコインが値上がりする理由と仕組み|著名人3人は2020年も高騰と予想!

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインが値上がりする理由を知りたい方
✔ ビットコインが今後、いつ値上がりするのか知りたい方
✔ ビットコイン投資を始めようと思っている方

ビットコイン取引を行っている人の中には、今後の値上がりについて気になっている方も多いのではないでしょうか。

また、初心者の方の中にはビットコインが値上がりする仕組みについて知りたいと思っている人もいるでしょう。

そこで今回は、ビットコインの値上がりする仕組みをおさらいしていきながら、ビットコインが値上がりした事例を確認していきます。

また、最後に2020年のビットコイン相場の行方を占いながら、著名人の見解等も紹介していきます。

この記事の要約
  • ビットコインが値上がりする理由は「通貨としての価値」「決済・送金手段」「ブロックチェーン技術」などへの期待が大きい
  • 「投資参加者の増加」「資産管理手段としてのニーズ」「ビットコインの通貨としての信用性」がビットコインが値上がりする仕組み
  • これまでビットコインは、何度も大きな値上がりを繰り返してきた
  • これからもビットコインは「半減期」「東京オリンピック」「新興国の通貨不安」「機関投資家の参入」など、値上がりする期待が持てる

これから投資を始めるならCoincheck(コインチェック)でまずは登録しましょう。

ビットコインが値上がりする仕組み、理由をおさらい

ビットコインが値上がりする仕組みや理由にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

既にビットコインを取引しているという方はご存知かもしれませんが、ここでもう一度おさらいしておきましょう。

以下に、全部で7つ紹介していきます。

その1:暗号資産(仮想通貨)市場全体への投資参加者が増えている

暗号資産(仮想通貨)市場全体への投資参加者が増えるとビットコインの価格も上がっていきます。

ビットコインは、暗号資産(仮想通貨)の基軸通貨と呼ばれ暗号資産(仮想通貨)市場をけん引している存在です。

そのため、暗号資産(仮想通貨)市場に投資参加者が集まり、投資マネーが流入すると基軸通貨であるビットコインの価格が上がっていくのです。

暗号資産(仮想通貨)は世界中で広がってきており、今後も投資参加者が増えていく事が予想されています。

その2:不安定な法定通貨に代わる資産管理手段

ビットコインは、不安定な法定通貨に代わる資産管理手段としても注目されています。

法定通貨の価値は、その通貨を発行している中央銀行や政府の政策等に依存しており、必ずしも安定しているとは言えません。

国によっては、ハイパーインフレーションを起こし通貨価値が大きく毀損されたような例もあります。

最近では、世界各国の中央銀行がマネタリーベースを増やす金融政策を行っており、現物資産である金の価格が上昇してきています。

このように、ビットコインを持つという事は、法定通貨の価値が下がる事に対するリスクヘッジにもなるのです。

その3:参加者の増加が通貨の価値を向上させる

暗号資産(仮想通貨)市場の参加者が増える事は、暗号資産(仮想通貨)の価値を向上させる事になります。

まず、市場に参加者が増える事によって流動性が供給され、価値の安定化が進んでいきます。

また、参加者が増えるという事は、その分投資されるお金も増えるという事になりますので、ビットコインの価値は上がっていきます。

ビットコインは、発行上限が定められているため、投資マネーが集まれば集まる程、値上がりする仕組みとなっているのです。

その4:大企業がビットコイン業界に参入し始めている

ビットコインのシステムを支えているブロックチェーンの技術は、様々な企業から注目されており、大手企業も続々とビットコイン業界に参入し始めています。

この事は、ビットコインの価値を押し上げる事にも十分に寄与します。

大手企業が参入する事で、ビットコインの利用者が増えたり、経済圏が拡大することによって、ビットコインの価値も上昇していきます。

ビットコインの経済圏が拡大していけばしていく程、時価総額が増大し、結果的に1BTCあたりの価格も上がっていくのです。

大企業のビットコイン業界への参入事例

大手企業のビットコイン業界の参入事例について簡単に紹介していきます。

  • グーグル:独自のブロックチェーン技術の開発に力を入れており、有力なアルトコインの一つであるリップルにも出資
  • フェイスブック:独自の暗号資産(仮想通貨)であるリブラの開発
  • 三菱UFJ銀行:独自暗号資産(仮想通貨)の整備
  • NTT:ブロックチェーン技術を利用したデータ管理システムの開発
  • ソフトバンク:暗号資産(仮想通貨)ウォレット付きカードサービス

今後もますます大企業による参入や新しいサービスの導入が加速していく事が予想されていますので注目していきましょう。

その5:通貨価値への期待値上昇

ビットコインのシステムは、大企業や著名人、金融機関等から大きな期待を寄せられています。

そのため、今後も通貨価値が上昇していくだろうと考えている投資家も多いです。

このように、ビットコインそのものに対する期待値の上昇がビットコインの価値の上昇にもつながっていきます。

また、一般の消費者がビットコインの利便性に気が付き、日常的にビットコインを利用するようになると、その経済圏はさらに広がる事になるでしょう。

発行量が限られていて、希少性が高い

ビットコインは発行上限枚数が定められており、希少性が高くなります。

ビットコインは、ブロックチェーンの技術を用いた非中央集権的な通貨であるため、発行枚数が恣意的に増やされるような事はあり得ません。

そのため、ビットコインに投資をしたいという人や投資マネーが集まると、1BTCあたりの価値が高まります。

これは、現物資産である金が上昇している仕組みと同じです。

FRBや日銀の量的緩和政策によって、市中のマネタリーベースが増加しており、その資金が金に向かう事で金の価格が上昇しているのです。

ビットコインが新しいアセットクラスとして認められ、市場に流通しているマネーが集まる事で価格の上昇を後押しする事になるでしょう。

その6:ブロックチェーンの将来性への期待

ブロックチェーン技術の将来性への期待もビットコインの価格を押し上げる大きな要因となります。

ビットコインの基本システムであるブロックチェーンの技術は、非中央集権的で管理者を持たない独立分散型のネットワークを構築しています。

このブロックチェーンの技術のメリットとして、コストメリットとセキュリティメリットが挙げられます。

  • コストメリット:管理者に対する手数料や送金に関する手数料等が安くなる事
  • セキュリティメリット:データを分散して管理する事による優れた改ざん防止機能があるという事

ブロックチェーンの技術は、従来の金融システムを大きく変える可能性を秘めているのです。

その7:新たな決済・送金手段としての期待

ビットコインは、新たな決済や送金手段としても期待されています。

特に国際間での送金業務に関して、従来の銀行システムでは多額の手数料と時間を要していました。

しかしビットコインでは、インターネットを利用して安価かつ迅速な送金を可能としています。

また、銀行口座等も必要としないため、銀行システムが脆弱な国でもビットコインの価値は期待されています。

オンライン上ですべての金融サービスを完結できるため、従来の金融システムに頼らない新しい金融システムを構築する事ができるのです。

日本でも進む「キャッシュレス化」

日本でも様々な店舗やサービスでキャッシュレス化が進んでいます。

クレジットカードやプリペイドカード等に加え、アプリやQRコードでの決済に対応している店舗やサービスも増えてきています。

また、その中にはビットコインでの決済を導入している所もあります。

キャッシュレス化が進む事でビットコイン決済導入へのハードルは一段と低くなってくるといえるでしょう。

キャッシュレス化が進む事で、将来的にもビットコインが使えるお店やサービスが増えていく事が予想されます。

世界の共通通貨になる可能性がある

ビットコインは非中央集権的な通貨で、世界中に分散されているシステムによって管理されており、世界共通の通貨になる可能性があります。

従来の法定通貨の場合、国境を超えた決済をする場合は両替が必要になります。

しかし、暗号資産(仮想通貨)に国境はありませんので、ビットコインを持っていれば世界中のどこでも同じ価値で使用する事ができます。

ビットコインでの決済が普及すると、両替の手数料や為替レートを気にする必要が無くなるのです。

利用されて初めて価値が出る

通貨とは、価値交換のための手段となりますので、便益を生み出す様々なものと交換をして初めて価値を見出します。

それは、通貨に価値があるという共通認識のもとで発生する信用に基づくものです。

この通貨が持つ信用性は、暗号資産(仮想通貨)にも存在します。

この信用に基づく価値をブロックチェーンの技術が支えているのです。

暗号資産(仮想通貨)は多くの人が利用することが大事

暗号資産(仮想通貨)は中央集権的な管理が行われておらず、政府や中央銀行等の主体が価値を担保している訳ではありません。

暗号資産(仮想通貨)の価値を担保しているのは、世界中に分散しているネットワークと利用者との間の仕組みです。

そのため、ビットコインの利用者が増えれば増える程、通貨としての信用性も増していく事になります。

ビットコインを信用して購入する人が増えている状態では、その価値も上昇していくという事になるのです。

ビットコインが過去に値上がりした事例

では、ここでビットコインが過去に値上がりした事例を見ていきましょう。

今回は、4つの事例を紹介していきます。

ビットコインが値上がりするパターンを覚えておけば、今後のビットコイン投資の値動きの予想に役立つ事になるでしょう。

事例1:2017年9月の爆上げ

ビットコインは、2017年の9月頃から2017円の12月頃まで大きな上昇を見せました。

この上昇は、ビットコイン投資が初心者であるという人も見た事があるかもしれません。

いわゆる「億り人」が増えたのもこの時期で、ビットコインは一時1BTC=200万円を超える価格を記録しました。

背景としては、ビットコインに新たな投資先としての注目が集まり、投機的な買いや主婦、学生等の幅広い層がビットコイン市場に参入したことが挙げられます。

事例2:2018年2月の反発

2018年の2月の初めから3月の初めの約1か月間でビットコインは値上がりしました。

この値動きは、ビットコインが高値から下落基調になっていく中での反発という動きです。

テクニカル的な要因で売り圧力が弱まり、一時的に買い圧力が高まったことが挙げられます。

ファンダメンタル的な要素はあまりありませんでした。

事例3:2018年4月の価格上昇

2018年の4月初めごろから5月の1週目までの相場でも価格上昇を見せました。

こちらの上昇は、実需とファンダメンタル的な要素が要因となっています。

この時期には、確定申告期間が一区切りついた事による投資家の投資マネーの流入や企業の暗号資産(仮想通貨)事業への参入の発表が相次ぎ、暗号資産(仮想通貨)市場をサポートしました。

事例4:2019年4月の価格上昇

2019年の初めごろは、ビットコインの価格は30万円から40万円程度の間で推移していました。

しかし、2019年の4月頃になると一気に上昇し60万円を超えるような値動きとなりました。

背景には大手の取引所が暗号資産(仮想通貨)事業に参入した事が挙げられます。

大手取引所が暗号資産(仮想通貨)事業に参入

この時期は、大手取引所が暗号資産(仮想通貨)事業に続々と参入した時期と重なりました。

大手取引所の参入はビットコイン市場にも大きな流動性をもたらします。

流動性が高まる事で、ビットコイン価値の安定化と信頼性の向上等が期待され、ビットコインの価格をサポートしました。

事例5:2019年6月の急騰

ビットコインは、2019年の6月に入ると圧巻の動きを見せ、一気に150万円に迫る値動きを記録しました。

この時期には、

  • フェイスブックが暗号資産(仮想通貨)のリブラの構想を発表
  • 米国市場のナスダックがビットコイン先物を取り扱う予定の発表

等、ファンダメンタル的にポジティブなニュースがたくさんありました。

また、世界で金融緩和姿勢が継続した事もビットコイン相場を後押ししています。

2017年のビットコイン相場はバブルのような値動きとなってしまいましたが、2019年6月にはファンダメンタル的な要因が重なり、ビットコインの価値を再認識したような値動きになりました。

米CFTCがLedgerX社を指定契約市場 (DCM) に公式認定

この時期に、もう一つ重要な事柄として、米国のCFTCがLedgerX社を指定契約市場 (DCM) に公式認定した事が挙げられます。

CFTCとは、米商品先物取引委員会の事を指しており、米国大統領の直轄の政府機関です。

LedgerX社は、ビットコインの現物決済スワップやオプション取引を提供している企業です。

この認可を機に、新たに現物決済のビットコイン先物取引を提供する可能性が見えてきました。

ビットコイン先物市場が整備されれば機関投資家の新規参入も期待されるため、ビットコインの価格にもポジティブな影響を与える事になるでしょう。

2020年、ビットコインの値上がりが期待されている主な要因

2020年は、ビットコインの値上がりが期待されているいくつかの要因が存在します。

今回は、その中でも特に影響力が大きいと思われている上昇予想要因を5つ紹介していきます。

ビットコイン値上がりの理由(1)半減期

ビットコインには、半減期というイベントが発生する仕組みとなっています。

ビットコインの半減期とは、ビットコインのマイニング報酬が半減する時期の事を指しています。

半減期の目的は、進化していくマイニング技術を抑えていくためにあります。

ビットコインの価値を安定させるためにも、安定したスピードでマイニングが進んでいく事が望ましいのです。

ビットコインの半減期を迎えると、マイニング効率が落ちてビットコインの希少価値が上がっていきます。

そのため、ビットコインの価格が相対的に高くなってくるのです。

過去に、ビットコインは3度の半減期を迎えていますが、いずれの時期にも価格の上昇がありました。

次回の半減期は2020年の7月頃と言われており、価格の上昇が期待されています。

ビットコイン値上がりの理由(2)東京オリンピック

2020年に開催される予定である東京オリンピックもビットコインの値上がりが期待できるポイントです。

オリンピックによって多くの外国人が来日し、買い物やレジャーを楽しむ事が予想されています。

海外では、日本以上にビットコインが浸透している国もあり、ビットコインでの決済が増えていく事になるでしょう。

決済手段としてのビットコインの価値が上昇するという事も期待されています。

ビットコイン値上がりの理由(3)新興国の通貨不安

アメリカや日本等の先進国では通貨価値は安定していますが、通貨価値が不安定な新興国も世界にはたくさんあります。

このような新興国では、自国の通貨よりも安全な資産を求めていく傾向があります。

ビットコインはデジタルゴールドとも呼ばれ、世界共通の暗号資産(仮想通貨)として認識されており、新興国を中心にビットコインに対する関心が高まっています。

今後、新興国で通貨不安等が起これば、ビットコインに資金が集まる可能性があります。

ビットコイン値上がりの理由(4)機関投資家の参入

現在のビットコイン市場では、個人投資家が多く参加しており、機関投資家の参入は限定的です。

しかし、米国等を中心に機関投資家向けの市場が整備される等、ビットコイン市場に機関投資家が参入しやすくなる環境が整ってきています。

今後、莫大な資産を持つ機関投資家がビットコイン市場に参入すると、ビットコインの価格も上がっていく事になるでしょう。

ビットコイン値上がりの理由(5)各国による金融緩和

世界各国の中央銀行では、先進国を中心に金融緩和政策が続いています。

金融緩和政策により、政策金利の低下や市場での資産の買い入れ等が行われており、市中のマネタリーベースが増加してきています。

市場に流通する資金が増える事で、このような資金がビットコイン市場にも流れてくる可能性があります。

こうした資金が流入する事によって、ビットコイン価格も上昇していく事になるでしょう。

今後のビットコインの値上がりに対する著名人の見解

ビットコインの価格に対して著名人はどのように考えているのでしょうか。

今後のビットコインの値上がりに対する著名人の見解を見ていきましょう。

アーサーヘイズ『2020年末に最大20000ドルに』

世界有数の暗号資産(仮想通貨)取引所のCEOであるアーサーヘイズ氏は、「ビットコイン価格は2020年末に最大20,000ドルに到達する」と予想しています。

この予想の根拠には、世界で起こるインフレ圧力と価値保存手段としての強い認識があると述べています。

実際、2020年に入った頃のイランと米国の騒動の最中に、ビットコイン価格は上昇しました。

インフレ時に価値保存手段としての認識が強まれば強まる程、ビットコインを買う向きも出てくるかもしれません。

ジョン・マカフィー『2020年までに100万ドルを超える』

セキュリティソフト最大手の米マカフィー社の創業者であるジョン・マカフィー氏は、「2020年までにビットコインの価格は100万ドルを超える」と発言しています。

この発言は、2017年の暗号資産(仮想通貨)バブル時にされたものですが、同氏がビットコインに対して非常に高い評価を与えている事を表しています。

2020年現在から見ると、この予想は非現実的なものとなりつつありますが、長期的な上昇トレンドが続いていけば、将来的に100万ドルの価格を記録する日も来るかもしれません。

ティム・ドレイパー『2022年までに250,000ドル』

米国で有名なベンチャーキャピタル投資家であるティム・ドレイパー氏は、「ビットコインの価格は2022年までに250,000ドルに到達する」と予想しています。

現在のビットコイン相場から考えると、今後2年で30倍以上もの値上がりするという事になります。

ちなみに、同氏はビットコインが500ドル足らずであった2014年に「ゆくゆくは10,000ドルになるだろう」と予想して話題になりました。

その後、ビットコインは同氏の予想をはるかに超えた値上がりを見せる事になります。

ビットコインを買うのにおすすめの取引所

最後に、ビットコインを買うのにおすすめの取引所を紹介していきます。

これから暗号資産(仮想通貨)取引を始めていきたいという人は、メジャーな暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、日本語でのサポートが充実している国内取引所をおすすめしています。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)は、国内最多となる14種類もの通貨を取り扱っている取引所です。ほとんどが販売所形式での購入ですが、ビットコインだけは取引所形式での取引ができます。

  • 国内最大14種類の通貨の取引ができる
  • サイトやアプリが見やすく初心者でも使いやすい

過去の流出事件を二度と起こさないよう、セキュリティに関する意識が高いのも大きな特徴。金融会社大手の「マネックスグループ」に入ったことで、さらに安心と信頼が増しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは国内の暗号資産(仮想通貨)取引所の中でも老舗で、安全性や流動性の高い取引所となっています。

  • 国内のメガバンクやリクルート、電通等の大手企業からも出資を受けている
  • 資金力や安定性が高い

セキュリティシステムにも力を入れており、500万円までの盗難補償も付いているため、安心して暗号資産(仮想通貨)の取引を行っていきたいという人におすすめです。

GMOコイン

GMOコインは、東証一部上場企業グループであるGMOインターネットグループが運営している暗号資産(仮想通貨)取引所です。

  • 取引手数料が安くスプレッドが狭いと
  • レバレッジを利用したレバレッジ取引も行う事ができる
  • 取引システムもユーザビリティに優れており、様々な取引手法に対応している

暗号資産(仮想通貨)のトレードを頻繁に行っていきたいという人やレバレッジ取引に挑戦してみたいという人におすすめです。

ビットバンク(bitbank)

ビットバンクは、暗号資産(仮想通貨)取引量が国内で最も多い取引所です。

  • 取引所で取引する際のアルトコインの手数料が非常に安くなっている
  • スマートフォンアプリが使いやすいと評判で、高度なテクニカル機能もスマートフォンで簡単に利用する事ができる

アルトコインへの投資を考えている人やスマートフォンでの取引が中心になりそうな人におすすめです。

ビットコインの値上がりは人々の期待度を表している

この記事のまとめ
  • ビットコインが値上がりする理由は「通貨としての価値」「決済・送金手段」「ブロックチェーン技術」などへの期待が大きい
  • 「投資参加者の増加」「資産管理手段としてのニーズ」「ビットコインの通貨としての信用性」がビットコインが値上がりする仕組み
  • これまでビットコインは、何度も大きな値上がりを繰り返してきた
  • これからもビットコインは「半減期」「東京オリンピック」「新興国の通貨不安」「機関投資家の参入」など、値上がりする期待が持てる

これから投資を始めるならCoincheck(コインチェック)でまずは登録しましょう。

以上、今回はビットコインが値上がりする仕組みについて、過去の事例や今後の予想、著名人の発言等を交えていきながら解説していきました。

ビットコインの価格が値上がりする要因には様々なものが挙げられます。

その中でも最も大きな要因は、

  • 通貨としての価値
  • 決済・送金手段としての利便性
  • ブロックチェーンの技術等
  • ビットコインに関する大きな期待感

今後、ビットコインの経済圏が拡大していけばしていくほど、その価値を高めていく事になるでしょう。

コインチェック(Coincheck
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインステラルーメンクアンタム
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

仮想通貨の今後
最新記事