仮想通貨の今後

ビットコインブームは終わり?理由とタイミングについて紹介

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインのブーム終了が気になる方
✔ ビットコイン投資を始めようとしている方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

仮想通貨ビットコインブームは終わりなのかな・・でも始めてみたいな」、このように仮想通貨やビットコインに興味がありつつも、なかなか手が出せない方もいるでしょう。

そこで今回は、仮想通貨ビットコインブームは終わりなのか、どのような理由から言われているのか解説していきます。

これから仮想通貨を始める方は、今回の記事を参考にして改めて判断してみてください。

この記事の要約

  • 2017年から始まったブームは終わった
  • 2018年からは新たにブームが発生している
  • 2018年時点で80%程度の通貨発行が完了
  • 適正な価格で取引ができる市場となりつつある

ビットコインブームはもう終わりか?

仮想通貨ビットコインブームは終わりといえますし、終わりでないともいえます。なぜかといいますと、どの時点のブームについて説明するかによって変わるからです。

黎明期といえるマウントゴッグスで盛り上がっていた時期は、完全にブームが終わったといえるかもしれません。しかし、2018年から新たに発生しているブームは継続中です。

そこで2017年から始まったビットコインブームが、終わりといわれる理由について解説していきます。

  1. コインチェック事件からの下げ相場
  2. レンジ相場で価格変動があまりない
  3. アルトコインの台頭

 終わりの理由1:コインチェック事件からの下げ相場

ビットコインが終わりと言われれる理由1は、コインチェック事件をきっかけに下落相場となったからです。2017年から始まった長期上昇相場は、2017年12月のピークとして下落していきました。

しかし、更に下落を加速させた原因の1つが、コインチェック事件です。この事件はテレビでも大々的に報道されたことから、一気に市場撤退する投資家が増えました。

終わりの理由2:レンジ相場で価格変動があまりない

ビットコインが終わりと言われれる理由2は、4月頃からレンジ相場で推移していることです。仮想通貨ビットコインのブームは終わりではないと仮定した場合、2018年11月現在でも上昇相場になっていない理由を説明できません。

今回のレンジ相場は、長期的に見て相場が動いていませんから、出来高が大幅に急増していないといえます。

ただし2019年以降に上昇傾向となれば、新たなブームが到来したと考えることができます。

終わりの理由3:アルトコインの台頭

ビットコインが終わりと言われれる理由3は、イーサリアムなどアルトコインの人気と性能が上がっているからです。

黎明期の時代は、ビットコインの機能が優れていたため、決済や送金に用いられていました。しかし、今や送金はリップル、プラットフォームの開発はイーサリアムと様々なアルトコインが台頭してきています。

仮想通貨自体のブームは終わりではありませんが、ビットコイン以外がブームを作る時代となりつつあります。

ビットコインのマイニングの終わるタイミングは

続いては、ビットコインのマイニングについて解説していきましょう。

ビットコインの発行枚数は、2018年4月時点で1700万枚とされています。ビットコインは、上限枚数2100万枚中1700万枚がマイニングされたということです。

しかし、マイニング自体が終わりとなる訳ではありません。あくまで新規発行されるビットコインを受取れなくなるだけです。取引承認として手数料報酬は受取ることができます。

  • 2018年時点で80%程度の発行が完了
  • 予想では、2030年頃には99%が発行完了

いつ終わるのか

ビットコイン報酬のマイニングが終わりとなる時期は、発行当初で2140年頃と考えられていました。しかし、2018年時点で既に80%程のビットコインの発行が完了していることから、より早い時期にマイニングが完了するといえます。

また、2030年頃には、99%のビットコインが発行されると言われています。その場合は、マイニングも同じく99%程が完了しますから、更に計算処理機能を上げる必要がでてくるでしょう。

価格はどうなるか

仮にマイニングが終わりとなった後も、ビットコイン取引は継続できます。また、価格についての予測は2018年時点で難しい所です。新規発行されないのですから、希少価値という点で価格が上昇する可能性はあるでしょう。

仮想通貨ビットコインは、基軸通貨としての機能も果たしていますから、今後も注目されることが期待できます。

ビットコインブームは終わりといえるが適正価格になりつつある

この記事のまとめ

  • 2017年から始まったブームは終わった
  • 2018年からは新たにブームが発生している
  • 2018年時点で80%程度の通貨発行が完了
  • 適正な価格で取引ができる市場となりつつある

2017年初頭から同年の末頃まで起きたビットコインブームは、コインチェック事件などで終わりました。しかし、これらのブームは一過性に過ぎず、ビットコインをギャンブル的な要素として取引していた人も多い現状でした。

それが終わりとなった現在は、むしろ価格予測や分析がしやすい適正な取引ができる市場といえるでしょう。

仮想通貨ブームに惑わされず、自分のスタンスを守りながら取引を進めることが大切です。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨の今後