仮想通貨取引所比較

GMOコインの登録方法・20,000Satoshiがもらえる!?

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨取引所を探している方
✔ 親しみやすいサイトを探している方
✔ スマートフォンで取引をしたい方

仮想通貨取引をしたいけど難しいのではと考えていえる方へ、親しみやすい取引所を探しました。それがGMOコインです。スマートフォン用のアプリも使いやすい設計になっています。

この記事の要約

  • GMOコインの登録方法紹介
  • GMOは東証一部上場企業
  • スマートフォンアプリが親しみやすい
  • 初心者の方も簡単!

初心者にとってもっとも安心できる取引所GMOコインで無料登録

GMOコインとは

GMOコインとは、東証一部上場企業であるGMOインターネットが提供する仮想通貨取引所のことです。

 インターネットホームページサービスなどを手掛けるGMOでは、スマートフォンアプリもできており、仮想通貨取引に入り込みやすい環境を提供しています。

▼GMOコインの評判やメリット・デメリットについてはコチラ▼

あわせて読みたい
GMOコイン評判
GMOコインの評判、メリットとデメリット【良い、悪い口コミも!】 本記事は、仮想通貨取引所のGMOコインの「メリット」と「意外と知られていないデメリット」について説明します。 GMOコイン...

登録で20,000Satoshiがもらえるキャンペーン中

GMOコインでは、2017年8月9日から終了時期は未定のまま、もれなく20,000Satoshiがもらえるキャンペーンを行なっています。

このキャンペーンはGMOコインの口座開設書類発送後7日以内に、口座開設を完了(=ログイン後に口座開設コードの入力および2段階認証設定を完了)すると、ビットコイン 20,000Satoshiがプレゼントしてもらえるという内容です。

プレゼントされたビットコインは、自分の口座開設が完了した翌日にGMOコイン内の口座へ反映されます。

 登録手順の紹介

 GMOコインに登録する手順としては

  • サイトへアクセス
  • メールアドレスの登録
  • パスワードの設定
  • SNS認証設定
  • お客様情報の入力
  • 本人確認書類の提出

6STEPとなっています。

サイト登録編

GMOコインにアクセスをして、サイトのトップから口座開設手続きを進めていきます。

▼GMOコインに登録できる年齢についてはこちら▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインに登録できる年齢は?年齢制限や登録方法を解説 仮想通貨を取引しようと思ったとき、まず仮想通貨販売所や取引所に登録しなければなりません。 仮想通貨販売所や取引所はいろいろ...

▼GMOコインに登録したい大学生の方はこちら▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインで大学生は取引できる?注意点、オススメ点をチェック 仮想通貨の取引も広く広がってきている現在、仮想通貨を取引する大学生も多くいらっしゃいますよね。 ではGMOコインで、大学生...

 サイトへアクセスし登録

GMOコインのサイトが開いたら、「口座開設はこちら」のボタンを押します。その後メールアドレス登録のフォームが出てきますので正しく登録してください。

 メール認証

 

登録するメールアドレスを記入した後、ロボットではありませんのチェックを選択し、チェックマークがつくまで待ちます。その後、送信ボタンを押します。

 パスワード設定

 登録したメールアドレスにパスワード設定用のURLが表示されてますので、そのURLをクリックします。

 メールの有効期限は1週間です。メールが届いていな場合は迷惑フォルダーなどを確認してください。

GMOコイン登録 基本情報入力編

メールアドレスとパスワードを設定すると、アカウント作成完了です。

アカウント作成ができてログイン ができるようになっても口座開設手続きが完了しているわけではありません。

これに続いて基本情報の入力を行います。

GMOコインの基本情報入力

パスワードを設定すると基本情報入力の前にSMS認証の設定が出てきます。必須なので必ず登録してください。

 SMSに認証コードが送られてきますので、そちらの番号を入力してください。その次に口座開設ボタンにて基本情報の入力となります。

 基本情報入力の注意事項

GMOコインでは規約や注意事項のある場所は基本情報入力画面の最下部です。忘れずに読んで理解納得してから基本情報の入力をおこなってください。

 本人確認書類のアップロード

 

GMOコインでは本人確認書類提出は2種類です。

  • アップロード
  • 書類受け取り時本人確認

 都合の良い方で選択しましょう。

本人確認書類提出後、GMOでの審査を経て承認されてから取引開始です。

▼GMOコインの本人確認について詳しくはこちら▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインの本人確認にかかる時間・審査・手続き・必要書類を解説 GMOコインは、東証一部上場企業GMOインターネットグループの運営する仮想通貨取引所です。 もしGMOコインに口座を開設す...

アップロードで行う場合

これは、オンラインで本人確認を行う方法です。アップロードを選択すると、書類の画像をアップロードする画面が表示されるので、指示に従ってアップロードを行います。

申し込み完了後、一ヶ月ほどで口座開設書類が届くので、そこに記されている口座開設コードを、会員ホームの画面で入力し本登録が完了するという流れです。

以下にオンライン本人確認でアップロードして使用できる書類リストを載せておきます。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 各種健康保険証
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明証

書類受け取り時本人確認の場合

GMOコインは、本人確認をオフラインで行うことができます。このやり方で本人確認を行う場合は、オンラインで本人確認を行う場合よりも使用できる書類が少なくなっているので注意してください。

「書類受取時本人確認」を選択した場合は、オンラインで書類を提出する必要はなく、「本人確認画面」で「受取時本人確認」を選択するだけで口座申し込みが完了します。

後日、「口座開設のお知らせ」を受け取る際、配達員に本人確認書類を提示します。

以下に、オフライン口座開設で配達員に提示できる本人確認書類リストを載せておきます。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明証

▼GMOコインの審査について詳しく知りたい方はこちら▼

あわせて読みたい
GMOコインの審査に落ちた?遅いだけ?審査の厳しさと対策 GMOコインのサイトで会員登録をしたものの、なかなか審査結果が戻って来ないために不安に感じてはいないでしょうか。 このペー...

 認証設定編

 

GMOコインではセキュリティのため、特に設定をいじらなければ2段階認証となっています。SMS認証は必須です。

他の認証設定に関しても、ログインや取引に関するセキュリティを高めてリスクを軽減してくれるので、ぜひ設定をすすめてください。

 2段階認証

 ログアウトしたのち、再度ログインすると2段階認証が行われます。登録したメールアドレスにパスコードが送られてきますのでそちらを入力してください。

 SMS認証

基本情報入力の前に、必須で電話番号登録があります。

▼GMOコインの使い方、入金方法も詳しくチェック▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインの使い方・登録方法を徹底解説! 入金・出金・取引方法からアプリまで!! GMOコインは大手企業が母体という安定感や規模の大きさから、とても人気のある仮想通貨取引所。 そこで今回は、GMOコインの...

 

一部上場企業なので安心できるGMOコイン

GMOコインのセールスポイントは親会社のGMOが東証1部上場企業であるということです。規模が全てではありませんが安心感はあります。

また、長らくインターネットコンテンツを手掛けてきたGMOですので、初心者の方でもアプリが親しみやすいです

この記事の要約

  • GMOコインの登録方法紹介
  • GMOは東証一部上場企業
  • スマートフォンアプリが親しみやすい
  • 初心者の方も簡単!

初心者にとってもっとも安心できる取引所GMOコインで無料登録

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト