仮想通貨比較

仮想通貨の買い方を初心者向けに解説!購入方法はたったの4ステップ

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨を購入しようとしている方
✔ 仮想通貨の買い方がよくわからない方
✔ まず何をすれば仮想通貨が買えるか知りたい方

仮想通貨の買い方で迷っていませんか?仮想通貨に興味をもって購入しようと思っても、イメージが掴めず、面倒になって諦めてしまう人は多いです。

しかし、難しそうなイメージとは違い、仮想通貨の購入は非常に簡単にできます。口座開設までは3日程度時間がかかりますが、開設してしまえばワンクリックで購入できてしまいます。

ここでは、仮想通貨の購入の手順を詳しく解説しています。

仮想通貨の買い方がよくわからない方は必見です!

この記事の要約
  • 仮想通貨を買うには、取引所で口座開設する必要がある
  • 口座開設から、長くても1週間以内には取引できるようになる
  • 開設した口座に購入資金を入金し仮想通貨を買う
  • 仮想通貨を買った後は、購入した価格よりも高く売り利益を出す

仮想通貨の買い方は難しくない

仮想通貨の買い方は、難しくありません

初めは戸惑うかもしれませんが、慣れると簡単です。

ここでは、仮想通貨の買い方を順をおって説明します。

購入の手続きは非常に簡単

購入までの手順は、大きくわけて次の通りです。

  1. 口座開設
  2. 口座に購入資金を入金
  3. 仮想通貨の購入

これだけです。

まずは、仮想通貨を扱っている取引所に口座を開設しなければ購入できません。

口座開設できたら、その口座に資金を入金します。

入金が口座に反映された時点で、いよいよ仮想通貨が購入できるようになります。

3日程度で購入まで可能

仮想通貨の購入までは最短で3日程度で購入できるようになります。

口座開設時に、本人確認書類と個人情報を登録した後に審査が行われます。審査が完了しだい、自宅に簡易書類が到着します。

多くは2~3日程度で審査が終わります。入金も即日反映されるサービスもあるので、活用すると購入するまで3日程度で購入できるようになります。

事業者によっては、口座開設時の審査に時間がかかるケースもありますが、長くても1週間程度ですみます。

仮想通貨を買うなら今すぐがいい理由

2019年の仮想通貨市場は、それほど割高感もなく、落ち着いている状態です

2017年12月の仮想通貨市場はバブル状態になり、気軽に手をだせないぐらい価格が高騰しました。

しかし、2018年にはバブルが崩壊し、2019年になってようやく、購入しやすい価格で落ち着くようになりました。

そのため、今が一番購入しやすい時期といえます。

仮想通貨の中では、大企業が目を付けて、ビジネスに活用するといった通貨もでてきています。

そのような通貨も今は軒並み安くなっているので、将来の価格高騰に備えて絶好の仕込み時であるといえます。

仮想通貨の買い方を4つの手順で解説

では、簡単にですが買い方を解説していきます。

取引所に口座を開設する

口座開設時に必要になるのは、

  • メールアドレス
  • 本人確認書類(運転免許証)
  • 個人情報

です。

まずは希望の取引所にアクセスします。画像はBitpoint(ビットポイント)という取引所のトップページです。

トップページの右上にある「かんたん口座開設」をクリックすると口座開設の手順に進みます。

次の画面でメールアドレスを入力し送信しましょう。続いて、個人情報(住所など)を入力し、本人確認書類を提出します。

本人確認書類の提出は、アップロードによるものなので、事前に画像をPCに保存しておくとやりやすいです。

提出が終われば、審査が始まります。

登録した住所に簡易書類が到着した時点で口座開設完了です。

審査は長くても3日営業日で完了するので、長くても1週間以内には取引できるようになります。

多くの取引所の口座開設手順は、このような感じで行われます。

入金する

口座開設が完了したら、次は開設した口座に購入資金を入金しましょう。

多くの取引所は、個人ごとに専用の銀行口座を設けているので、そちらに振り込むことで入金となります。

BITPointの入金方法は、ログイン後の上部メニュー「入出金・振替」をクリックします。

「入金先口座情報」から上記の画像のような振込先が表示されます。そちらの口座に振り込みましょう。

注意点としては、

  • 振込手数料はこちらで負担するという点
  • 口座にすぐに反映されない場合がある点

込んだ時の時間帯によっては、口座にすぐに反映されない場合があります。

15時以降に振り込んだ場合は翌日反映となります。また、土日に振り込んだ場合も月曜日に反映となるので注意が必要です。

取引所によっては即時入金サービスを導入しています。
入金操作を行った後にすぐに口座反映されるという便利な入金方法です。

買いたい銘柄を選ぶ

口座に入金した金額が、口座に反映されたら、いよいよ購入です!

まずは欲しい仮想通貨を選択しましょう。取引所によっては、扱っていない銘柄もあるので注意しましょう。

BITPointでは、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ

の5銘柄が取引できます。

購入画面の通貨選択メニュー一覧から、取引したい銘柄を選択します。

注文方法を選ぶ

取引したい銘柄を選択した後は注文方法を選びます。

オーソドックスな注文方法として、「成行注文」「指値注文」があります。どの取引所でも、この2つの注文方法が最も多く使用します。

成行注文を使って購入

成行注文は、現在の価格から最も近い注文で成立させる注文のことです。

「いくらでもいいから売ってくれ!」みたいな感じの注文で、多少価格が高めになってしまう注文でもあります。すぐに購入したい時によく使用する注文です。

指値注文を使って購入

指値注文は、希望の価格を提示して購入する注文です。

デメリットして、こちらが提示した価格で相手売ってくれないと、いつまでも購入できないという点です。その場合は再度提示する価格を変更する必要があります。

希望の価格で購入できるので、自分の思惑通りに購入できるのがメリットです。

どちらも一長一短ありますが、状況に応じて使い分けるのがベストです。

BITPointでは、右側の発注パネルから注文します。

矢印の箇所で成行と指値注文を切り替えることができます。

注文方法を選び、数量を入力します。あとは「注文」をクリックで購入完了です!

仮想通貨を買った後の利益の出し方と注意点

仮想通貨を買った後はどうすればいいのでしょうか?利益の出し方と注意点について解説します。

1:安く買って、高く売る

購入した価格よりも高く売ることができれば、その差額分の利益を得ることができます。

保有しているだけでは利益にならず、売らなければ、差額分の利益が手元に入ってきません。

売って得た利益をまた購入資金に充てて、高値で売る…。売買を繰り返して資産を増やしていきます。

2:急騰のタイミングを待って売る

購入したい人が一気に増えると価格が急騰します。

この急騰を予測して、事前に安く買っておき、急騰のタイミングで売るというのがベストといえます。

3:損切りの必要性

時には、予想に反して価格が下落してしまうケースもあります。

保有していても、価値がなくなってしまう可能性がある場合は「損切り」をしなくてはいけません。損切りとは、損失を確定することです。

値下がりしてしまった場合、もとの価格にもどる保証はありません。そのまま、ずるずると値下がりを続けていくことだってあるんです。

そうなると、購入資金は元本割れどころか、資金を完全に失ってしまい、投資を続けれなくなってしまう場合があります。そのような事態を避けるために、損切は必要です。

損切りの基準

もちろん、ちょっと価格が下落したら損切をするのではなく、ある程度幅をもたせておくのがいいです。

例えば、「100円で購入した仮想通貨が80円になったら撤退する」といったようにある程度幅をもたせましょう。

損切りの基準は、投資した時の根拠が崩れた場合に行うといいです。

仮想通貨を買うタイミング。急騰が予測されるタイミング

仮想通貨の急騰が起こりやすい要因を解説します。

アップデートなどの告知

アップデートといった告知がでると、急騰しやすいです。

アップデートは、現在の性能よりも優れた性能になるケースが多いので、その後の値上がりに期待して購入する人が殺到します。

アップデートの告知は多いので、見逃さないようにしたいところです。

実用化のニュース

仮想通貨が現実で使用されるようになると、通貨の需要が高まり価格が上昇しやすいです。

主に店舗での決済主流ですね。店舗でビットコインの決済を導入するといった流れになっていけば、急騰の可能性は十分にあるといえます。

リップルでは国際送金の手段として期待されているので、実用化できれば急騰が期待できます。

世界情勢の変化

仮想通貨は全世界で取引されているので、世界の情勢の変化は注意しておきましょう。

2018年の韓国では取引所の規制が強化されて、閉鎖される取引所も増えました。

このように、仮想通貨を取り巻く環境は刻一刻と変化します。

世界情勢には注意しましょう。

仮想通貨を購入してみよう!

この記事のまとめ
  • 仮想通貨を買うには、取引所で口座開設する必要がある
  • 口座開設から、長くても1週間以内には取引できるようになる
  • 開設した口座に購入資金を入金し仮想通貨を買う
  • 仮想通貨を買った後は、購入した価格よりも高く売り利益を出す

いかがでしたでしょうか?仮想通貨の購入は、

  1. 口座開設
  2. 入金
  3. 購入

3つ手順で行います。

最短で3日程度、長くても1週間程度で購入できるので、まずは購入してみましょう!

仮想通貨比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト