アルトコイン

【年利8%の運用】仮想通貨Nexoとは?基本情報・評判・チャート分析をお届け

nexo-review-title

仮想通貨Nexoは、注目の「レンディング」の中で評判の高い銘柄です。年利8%の利息や、30%の配当還元など、魅力的な言葉が飛び込んできます。

とは言え、まずは「基本情報」を抑えておきましょう。

今回は、Nexoがレンディング系の仮想通貨で評判を集める理由、裏付けを具体的にまとめました。

基本情報を知った上で、最も手軽なNEXOトークンの購入方法まで紹介しています。

当記事で用いるチャートは高機能分析プラットフォーム「TradingView(トレーディングビュー)」の提供するHuobiのNEXO/USDTチャート・を用いて分析をしております。仮想通貨は1年365日を通して動く市場の為、執筆時点(2021年4月)での個人的予想となります。仮想通貨(暗号資産)取引に関しては余裕資金・自己判断で行いましょう。

【基本情報】仮想通貨Nexo(ネクソ)とは?

Nexo/NEXOの基本情報
Nexo/NEXOの価格¥387.21
一日の出来高¥1,567,346,502.74
マーケットドミナンス0.10%
市場ランキング第57位
時価総額¥215,905,169,579.82
直近1年間の高安値9.80円/415.17

発行枚数1,000,000,000NEXO

※2021年4月27日時点のCoinmarketcapによる

仮想通貨Nexo(ネクソ)とは、暗号資産(仮想通貨)を担保にローンを組めるブロックチェーン技術を使ったレンディングプラットフォームです。今、暗号資産分野において、最も関心を集めている「分散型金融(DeFi)」に関連したプロジェクトになります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ラインコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

上記の代表的な仮想通貨に加えて、Nexoの独自NEXOトークンを担保として融資が可能です。

これらのレンディング(融資)は、仮想通貨を借りられるのが一般的ですが、Nexoのレンディングプラットフォームは、法定通貨も借りられます。

2021年4月時点では、融資可能な法定通貨は米ドル・ユーロの2つ、日本円には対応していませんが、今後は他の法定通貨にも対応する予定です。

独自トークン「NEXO」

Nexoは、独自トークンでる「NEXO」を発行しています。

NEXOトークンの役割は、前述した担保に加え、利息の割引、あるいは預け資産の利息支払いなど、レンディングに欠かせない存在です。

また、NEXOトークン保有者はNexo社の利益を配当として受け取れます。NEXOトークンの保有量に応じて、30%の配当が分配され、株式と似た仕組みです。

レンディング系の仮想通貨でNexoが評判な理由

仮想通貨のレンディングは、一大ブームを起こしています。Panke swapやCommpundなど、「レンディングによって利息を儲けよう」と多くの投資家から人気です。

これらの競合プロジェクトと比較して、Nexoが評判となった理由は3つあります。

  • 金融のプロが創立し、100万人の顧客を抱えるNexo社
  • SECの基準を遵守、登録済み
  • TRON財団と提携、マーケティングへの好材料

上記3つが、Nexoのレンディングプラットフォームの評判を底上げしている大きな要因です。まとめると、母体・信頼性・発信力の3本柱が今のNexoを支えています。

Nexoの開発元は100万人の顧客を抱える

Nexoの開発元は、Nexo Capital(以下Nexo社)です。2018年にNexoの分散型レンディングプラットフォームを公開。

開発チームは、投資銀行・M&A・ヘッジファンドなど金融業界で、合計30年を超えるキャリアがあります。

暗号資産のレンディングは、技術的な側面が強く、開発者には専門家が多い印象です。しかし、根本的な「金融業界」に精通する開発チームは、Nexo社の特徴と言えるでしょう。

現時点で、100万人以上のユーザーにサービスを提供し、40億ドル以上の資産を管理する規模感に驚きです。

Nexo社の経営陣は、拠点をロンドンにおいているのが個人的に好印象です。イギリスの金融規制、FCA(英国金融行為規制機構)は、世界で最も厳しい監査基準と言われています。実は、日本の金融庁もFCAを参考にしているのは業界で有名な話です

NexoはSEC登録済み

金融業界に精通している開発チームは、すでに効果を発揮しています。なぜなら、NEXOトークンは、米国証券取引委員会SECの規制を遵守しており、登録まで済んでいるからです。

つまり、Nexoのレンディングプラットフォームは真っ当な金融構造として、第三者から認められていることになります。「XRPのSEC訴訟問題」といった事例もありますから、既に登録を経ているのは大きなポテンシャルです。

TRON財団と提携、マーケティングへの好材料

2018年にTRON財団とNexo社の提携は行われました。評判を上げるには、やはり上手なマーケティングが必要ですから、TRON財団との提携は好材料だと言えます。

なぜなら、TRON財団(仮想通貨TRON)のCEO兼創設者のJustin Sun氏は優秀なマーケターとして有名だからです。

例えば、投資の神様であるバフェット氏とのディナー権を5億円で落札し、2020年には実際に会食したのは大きな話題となりました。同じレンディング関連の仮想通貨Compundは、マーケティングに課題が見られることもあり、Nexoが一歩リードです。

【3.5倍】DeFiの火付け役!仮想通貨Compoundとは?基本情報と将来性

NEXOトークンの購入方法と最新チャート分析

NEXOトークンの購入方法は、少し初心者には敷居が高いかも知れません。

なぜなら、NEXOトークンの主な取引は、分散型取引所(DEX)で行われているからです。とは言え、一番簡単な方法を使えば、さほど難しくはありません。

  1. 国内取引所BitFlyerでビットコインを購入
  2. 海外取引所Binanceへビットコインを送金
  3. 海外取引所BinanceでBTC/BNBを購入
  4. 分散型取引所Binance DEXへBNBトークンを送金
  5. 分散型取引所で「NEXOトークン」を購入

具体例としては上記の流れになります。難しそうに見えますが、実際には「NEXOトークンが購入できる取引所に送金する」といった手順が増えるだけ。

重要なポイントは、信頼できる取引所を使うことです。

分散型取引所は、高セキュリティな取引環境を、簡単な手続きで利用できます。しかしながなら、情報量が少ないため、情報の出揃っている分散型取引所を使うのがオススメです。

上記3つのアカウントを先に用意しておくとスムーズです。海外取引所ですが、使い方はBitFlyerの取引画面と変わりません。

送金については、ビットコインを使えば、アドレスのコピペと枚数指定で完了します。おそらく、BitFlyerのアカウント認証が最も時間がかかるので、上から順に手続きを済ませるのが良いでしょう。

NEXO/USDTチャートから最新分析

nexo-chart-analyticsNEXOトークンを購入する準備が出来たら、「割安で仕込む戦略」が良いかも知れません。

上記の画像は、NEXOトークンと米ドルのペッグ通貨USDT(テザー)の価格推移を示しています。右肩上がりに、価格を押し上げているNEXOトークン。

しかしなら、気になるのは出来高の現象です。「価格は上がっているのに、取引量は減少している」ことから、やはり長期保有をして、利息で儲ける人が多くいる可能性が示唆されます。

したがって、短期的に値下がった場合は、少額でコツコツ買っていくのが良いでしょう。

NEXOトークンの魅力は、30%配当の山分け、レンディングによる利息になりますから、気長な長期投資と相性が良いです。

また、よりチャート分析を重視して、値幅を取るトレード戦略なら、同じレンディング銘柄でもCompundなどチャート情報が充実している銘柄の方が良いでしょう。

仮想通貨NEXO(ネクソ) まとめ

今回は「【年利8%の運用】仮想通貨Nexoとは?基本情報・評判・チャート分析をお届け」のテーマでした。

この記事をまとめると以下の通りです。

  • Nexoは暗号資産を担保に法定通貨・仮想通貨を取り扱うレンディングプラットフォーム
  • 「100万人の顧客を抱えるNexo社」「SEC認証」など好材料が多く、評判が良い
  • 最新チャートは右肩上がりで推移、長期保有者が多く、少額から積み立てが◎

SNSで、仮想通貨界隈のインフルエンサーを見ると、やはり「レンディング」が人気なようです。暗号資産レンディングはバブルといった見方もできますが、値下げはむしろ嬉しいサプライズかも知れません。今から、NEXOトークンを購入する場合は、少額資金から始め、価格が下がったタイミングで積み上げる立ち回りが良いでしょう。徹底したリスク管理が重要です。

アルトコイン
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事