最新ニュース・チャート速報

【チャート速報】ビットコインはどこまで上がる?直近の焦点を整理

btc-dokomade-chart-title

2020年11月21日時点で、ビットコインは日本円建てで190万円を突破。2年ぶりの高値水準で推移している。

多くの仮想通貨ホルダーは、想像以上の急騰に「どこまで上がる?」のか注目するはずだ。

本記事では、ビットフライヤーのBTC/JPYチャートで直近の値動きを解説する。
どこまで上がるのか?ヒントは過去のチャートから予想できそうだ。

ビットコインは、史上最高値の可能性はある

ビットコインはどこまで上がる?BTC/JPY 日足

ビットコインは日足ベースで見ても、明らかな急騰相場を描いている。

連日の続伸相場は、どこまで上がるのか?やはり多くの投資家・トレーダーが気になるはずだ。

続伸の仕方も細かく見ると、安値をほとんど作らず上昇しているのが分かる。
イメージとしては、少し下がればレンジ→急騰の展開だ。あるいは、一時的に下げて即座に急騰。とにかく強い相場な印象を受ける。

当然、2年ぶりの高値水準でビットコインの強さは維持しており、史上最高値までは想定しておくべきだ。

どこまで上がるのか?根本的に過去数回しか到達していない高値なので、史上最高値が上限として予想される。

どこまで上がるか?と同時にビットコインのサポート水準に注意

ビットコインのサポート候補BTC/JPY 日足

ビットコインがどこまで上がるか?それ以上に注意しておきたいのは今の状況だ。

続伸に次ぐ、続伸のためサポートラインから遠のいている事実に目を向けたい。

日足レベルで、サポートラインとなりそうな水準は130万円台から比較的増える。現在価格は190万円台。

つまり、今から焦って買いを追撃するなら、下がった場合のリスクが高いという目線が持てる。

2年間のガチホをしていないなら、短期戦略を検討するべきというのが個人的な考えだ。

直近では200万円が節目、直近は1時間足に注意

ビットコインの直近BTC/JPY 日足

どこまで上がるか?は史上最高値を目安に、そして今から買うのはリスクが伴う事を解説した。直近のビットコイン相場で重要なポイントが予想される。

上値は、やはり2017年にも市場が注目した1BTC=200万円の価格。

しかし、1時間足チャートでは、ヘッド&ショルダーに近い価格が見られている状態だ。
ビットコインが続伸する場合、早い段階でヘッド&ショルダーを否定する急騰が必要になる。

逆に、否定できなかった場合、少なくとも1時間足レベルでは大きな調整局面は予想できそうだ。過熱した急騰相場に小休止がくる可能性に注意しておきたい。

最新ニュース・チャート速報
今、仮想通貨(暗号資産)投資を始めるならコインチェック

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

coincheck

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト

最新記事