最新ニュース・チャート速報

【ビットコイン価格ニュース】前日比(終値)+1.54%。570万円台を中心に推移するが580万円を突破する可能性も否定できない

12月1日  19時台には最高値573万円台まで上昇


出典:Trading Viewビットコイン日本円チャート 1時間足

まずは、ビットコインを取り巻く内外の社会情勢や経済向がどうなっているか、主な話題を拾ってみよう。

暗号資産・デジタル通貨の新しい動き

ETF承認の確率は90%で、大手銀行はビットコイン価格が2024年に10万米ドルに達すると発表

ブルームバーグの有力アナリストは、期待の高いスポットビットコイン上場投資信託(ETF)商品の少なくとも1つが、2024年1月10日までに、アメリカで承認される可能性がまだ90%あることを認めた。

そして、そのような商品に対する投資家の熱意が高まり続ける中、イギリスの多国籍銀行スタンダード・チャータードは、ビットコイン価格がその後10万米ドルに達するだろうとの予測を倍増させた。

スポットビットコインETFが承認される可能性が高まっていることにより、金融機関の価格予測がますます熱心になり、ウォール街の目で、ビットコインが比類のない価値のある資産とみなされていることが明らかになった。
出典:The Street Crypto(2023年11月30日)。詳細はこちらから。

投資家が1月の一括承認に注目する中、ビットコインスポットETFの活動は継続

今週、サッカー選手クリスティアーノ・ロナウド氏が、バイナンスとの関係を理由に訴訟を起こしたというニュースが流れた。

原告らは、同氏がブランドアンバサダーとしてバイナンスと関わったことで、ユーザーが未登録証券や仮想通貨利回り商品に投資するようになったと主張している。BBCによると、原告らは10億米ドル以上の損害賠償を求めている。

2022年、クリスティアーノ・ロナウド氏は、バイナンスと複数年にわたるNFTパートナーシップを締結した。仮想通貨プラットフォームとのつながりを理由に法的措置に直面するのは、ロナウド氏が初めてではない。

トム・ブレイディ氏、ジゼル・ブンチェン氏、ステフィン・カリー氏、大坂なおみ氏といったビッグネームがFTX崩壊に巻き込まれた。重要なのは、FTXを宣伝するスター選手に対する訴訟が、ロナウド氏に対する告訴への扉を開いたということだ。
出典:FXEMPIRE(2023年11月30日12:10)。詳細はこちらから。

北朝鮮が盗んだ仮想通貨の洗浄に使用した財務省制裁ミキサー

本日、アメリカの財務省外国資産管理局 (OFAC) は、OFACが指定した国営企業である Lazarus Group の主要なマネーロンダリング ツールとして機能する仮想通貨ミキサーである Sinbad.io (シンドバッド) を制裁した。

朝鮮民主主義人民共和国 (DPRK) のサイバー ハッキング グループの後援。シンドバッドは、ホライゾン・ブリッジやアクスィー・インフィニティ強盗など、ラザロ・グループ強盗で得た数百万米ドル相当の仮想通貨を処理してきた。

Sinbadは、サイバー犯罪者によって、制裁回避、麻薬密売、児童性的虐待資料の購入、ダークネット市場での追加の違法販売などの、悪意のある活動に関連する取引を難読化するためにも使用される。

「ラザラス・グループのような犯罪者が盗まれた資産を洗浄できるようにする混合サービスは、深刻な結果に直面するだろう」と、財務省のウォーリー・アディエモ副長官は述べた。

「財務省とその米国政府パートナーは、シンドバッドのような仮想通貨ミキサーが違法行為を助長するのを防ぐために、自由に使えるあらゆるツールを導入する用意ができています」

「私たちはデジタル資産エコシステムにおける責任あるイノベーションを奨励する一方で、違法行為者に対しては躊躇なく行動を起こします」
出典:U.S.DEPARTMENT OF THE TREASURY(2023年11月29日)。詳細はこちらから。

MicroStrategyのセイラー氏、過去2年以上で最大のビットコインを購入

MicroStrategy Inc. の会長兼共同創設者である Michael Saylor 氏は、これまでで最大の賭けの1つを賭け、エンタープライズ ソフトウェア メーカーからビットコイン投資ファンドの代理人に転身したこの企業が、最大の仮想通貨を5億9330 万米ドル追加で購入した。

バージニア州タイソンズコーナーに本拠を置く同社は、木曜日の提出文書で、11月に1万6130ビットコインを購入し、保有額が約65億米ドルに達したと発表した。

これは同社にとって、2021年2月に19,452ビットコインを10億米ドル強で購入して以来最大の購入となった。
出典:Bloomberg(2023年12月1日02:44)

ロビンフッドは国際デビューでイギリス市場に衝撃を与えたい

ロビンフッド・マーケッツ社は、英国で手数料無料の株式取引を開始し、新型コロナウイルスのパンデミックによる「ミーム株」の熱狂の恩恵を受けた同社の国際デビューを飾った。

シリコンバレーに本社を置く同社は、6000以上の米国上場株式や、その他の有価証券の取引を英国の個人投資家に展開し始めた。

現時点では、ユーザーは順番待ちリストに参加する必要があるが、このサービスは 2024 年からすぐに利用できるようになる予定である。
出典:Bloomberg(2023年11月30日15:00)

フィリピンの規制当局がバイナンスプラットフォームへのアクセスをブロックする動き

フィリピン証券取引委員会は、国内での仮想通貨取引プラットフォーム「バイナンス」へのアクセスをブロックし、未登録の投資商品に対して国民に警告する。

バイナンスの運営会社は、フィリピンで登録された法人ではなく、世界最大の仮想通貨取引プラットフォームは、フィリピンで証券を販売する権限がないと、SECは水曜日に規制当局が発表した11月28日の勧告で述べた。
出典:Bloomberg(2023年11月30日13:18)

セルシウス・ネットワーク、ビットコイン・マイニングへの軸足で障害に直面

仮想通貨金融会社セルシウス・ネットワークは、ビットコイン・マイニング事業への転換案について、新たな債権者の投票を求める必要があるかもしれないと、米国の破産判事が木曜日の法廷審問で述べた。

セルシウスは先週、計画されている他の事業分野に対する米証券取引委員会(SEC)の懐疑を理由に、破産後の事業計画を縮小して、ビットコインマイニングのみに注力すると発表した。
出典:REUTERS(2023年12月1日04:07)。詳細はこちらから。

イスラエルの過激派資金調達闘争で新たな仮想通貨戦線が浮上

ハマスからヒズボラに至るまで、イランが支援する過激派組織への資金提供に対するイスラエルの戦いに、新たな前線が現れた。それは、トロンと呼ばれる急成長する仮想通貨ネットワークだ。

7人の金融犯罪専門家とブロックチェーン捜査専門家へのインタビューによると、トロンは、より大きなライバルであるビットコインよりも速くて安価である。

イスラエル、米国、その他の国によって、テロ組織に指定されたグループに関連する暗号通貨送金のプラットフォームとしてライバルを追い抜いた。
出典:REUTERS(2023年12月1日03:47)。詳細はこちらから。

暗号通貨における米国: 国内の混乱、世界的な野心

仮想通貨規制という複雑な領域において、米国財務省は国境を越えた権限の拡大を求め、大胆にその範囲を拡大している。

ウォーリー・アデイエモ財務副長官が、特にテザーを対象としたステーブルコインの域外管理を議会に熱烈に訴えたことは、現在進行中の国内規制上の難問にさらなる複雑さを加えている。

Adeyemoは一連の常識的な推奨事項を提示しており、急成長する仮想通貨業界を規制する際に、米国が直面する固有の課題を浮き彫りにしている。国家が国内の複雑さに対処する一方で、この大胆な措置は考えさせられる疑問を投げかけている

国内の暗号通貨の複雑さに囚われている国は、複雑な世界情勢をうまく乗り切ることができるのだろうか? 世界的な暗号通貨への影響力を狙う財務省の試みは、同国の国際舞台での自己主張能力についての憶測を呼んでいる。

同時に、仮想通貨業界は国内の不満と格闘しており、コインベースへのウェルズ通告や、主要人物の起訴など、SECの最近の攻撃的な行動により、物語に新たな層が加わっている。
出典:FINANCE MAGNATES(2023年11月30日11:18)。詳細はこちらから。

クリスティアーノ・ロナウド氏、無価値なNFTを支持したとして10億米ドルの集団訴訟に直面

サッカーのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウド氏が、世界最大の仮想通貨取引所バイナンスのプロモーションを巡って、10億米ドルの集団訴訟に直面している。

火曜日に、フロリダ州の裁判所に起こされたこの訴訟では、ロナウド氏が自身の非代替トークン(NFT)の販売を含め、「バイナンスと連携して未登録証券の募集や販売を促進、支援、および/または積極的に参加した」と述べられている。

それは投資家に多大な経済的損失をもたらした。バイナンスは、CNNのコメント要請にすぐには応じなかった。 ロナウド氏の代理人はコメントを控えた。
出典:CNN BUSINESS(2023年11月30日11:20)。詳細はこちらから。

C-CorpがCrypto Futur ETF投資家の税制優遇を意味する理由

ビットコインとイーサリアムは、その短い歴史の中で、価格が劇的に上昇しただけでなく、そのボラティリティと価格変動の大きさでも知られている。こうした動きを踏まえると、投資家は税金の影響に特に注意を払う必要がある。

投資家が現在市場で利用可能なBitcoinとEtherの先物ETFを検討する際には、税引き後リターンの比較が重要だと考えている。

税引き後ベースでは、C-Corpとして組成されたファンドは、規制投資会社 (RICs) として組成されたファンドよりも税引き後リターンが高くなる可能性がある。これは特に、より長い時間軸やボラティリティの高い期間に投資する富裕層や企業に当てはまる。

免税投資家や税繰延口座を通じて投資する個人は、Cコープ構造の恩恵を受ける可能性が低い。Cコープ構造では、収益と利益に対する全体的な税負担の一部はファンド発行者が支払い、一部はファンド外の最終投資家が支払う。

RIC構造では、所得と利益に対する税負担の全額が最終投資家によって支払われる。法人税と個人税の相対税率、および税損失の繰越控除と繰越控除の規定により、C-Corpの内外で支払われる税負担全体は、RICストラクチャーの投資家がファンドの外で支払う税負担全体よりも少なくなる可能性がある。

さらに、長期投資家にとっては、Cコープへの投資で利益の認識をコントロールし、税金の支払いを先送りできる可能性がある。

これは、Cコープが毎年すべての利益を分配する必要がないのに対し、RICはRICの地位を維持するために分配する必要があるためである。
出典:VanEck(2023年11月30日)。詳細はこちらから。

専門家によると、スポットビットコインETFの期限は1月3日から10年の間に設定、SECがルール変更案を公表

スポットビットコインの上場投資信託 (ETF) は、BTC市場から溢れた資本がアルトコインに流れる中、ビットコイン価格と市場の他の部分のトーンを設定し、市場を牽引する重要な触媒となってきた。

いずれにしても、専門家たちは、承認が何度も遅れているにもかかわらず、まだ来ていると楽観視している。スポットBTC ETFの承認期限は、11月17日と厳しく設定されていたが、SECは何も言わずにそれを突破した。

ETF専門家のJames Seyffart氏が最近明らかにしたところによると、来年1月5日から10年の間に、新たな厳しい期限が設定される可能性がある。注目すべきは、これが3週間から6週間の間でプレスタイムを開始していることである。

ブルームバーグ・インテリジェンスのETF専門家であるセイファート氏は、HashdexとFranklin Templetonの期限が1月5日と8日のどこかにあると判断し、12のスポットBTC ETF申請がすべて承認される可能性のある期間を1月5日と10に設定した上で、この結論に達した。

これは、Seyffart氏と同僚のEric Balchunas氏が数ヶ月前から予測していた1月10日と一致する。また、今週のSECの動きでオッズが2024になり、セイファートとバルチュナスはまだ90%の賭けにしがみついているため、12月に承認される可能性はないとしている。
出典:FXSTREET(2023年12月1日02:00)。詳細はこちらから。

SEC、ビットコインETFの可能性についてグレースケール、ブラックロックと会談

今週公開されたメモによると、米証券取引委員会は、ビットコインの上場投資信託を承認するかどうかの決定を前に、資産運用会社と正式に協議している。

規制当局はメモの中で、グレースケールのビットコイン信託の転換の可能性について木曜日にグレースケールと会ったと述べた。 ETFに。SECは以前、この動きを阻止していたが、グレースケールは法廷でこの決定に異議を唱え、勝利した。

SEC当局者はブラックロックの代表者とも会った。水曜日に別のメモによると、BlackRockは6月にビットコインETFを申請し、その後すぐに他の資産運用会社数社も申請した。
出典:CNBC(2023年11月30日18:12)。詳細はこちらから。

各国の経済指標を見る

アジア地域

10月の日本の失業率は2.5%

日本の10月の失業率は、予想外に2.5%となり、市場コンセンサス(2.6%)と9月(2.6%)を上回った。失業者数は2万人減の175万人、雇用数は7万人減の6749万人となったため、失業率は6月以来の低水準となった。

労働力人口は6万人減少して6925万人となったが、労働力から離脱した人口は4万人増加して4079万人となった。季節調整前の労働参加率は、10月に63.1%と、前年同月(62.8%)から上昇した。

一方、求人倍率は9月の1.29倍に対し、10月は1.3倍となった。
出典:総務省(2023年12月1日08:30)

11月の韓国の輸出は前年同月比7.8%増

速報版によると、韓国からの11月の輸出は、前年同月比7.8%増の558億米ドルとなり、14カ月ぶりの高水準となり、10月(同5.1%増)を上回り、市場コンセンサス(同4.7%増)を上回った。

半導体の輸出が16カ月ぶりに増加するなど、世界的なチップ売上高の改善を背景に、2カ月連続の輸出拡大となり、2022年7月以来の高い伸びを記録した。

半導体(12.9%)、自動車(21.5%)、二次電池(23.4%)、機械(14.1%)、石油化学(5.9%)、バイオヘルス(18.8%)、船舶(38.5%)、ディスプレイ(5.9%)の売上が増加した 。

米国(24.7%)、ASEAN諸国(8.7%)、EU、日本、インド、中南米諸国への出荷が増加した。 逆に、韓国の最大の貿易相手国である中国への売上高は引き続き減少した(-0.2%)。
出典:産業通商資源部(2023年12月1日09:00)

11月のインドネシアの消費者物価上昇率は前年同月比2.86%増

インドネシアの11月の消費者物価上昇率は、10月(前年同月比2.56%増)を上回り、同2.86%増となり、市場コンセンサス(同2.7%増)を上回り、中央銀行の目標である2%~4%の範囲内に7カ月連続で収まった。

これは8月以来最高のインフレ率であり、主に輸送価格(1.27%対10月は1.20%)と食品・飲料の上昇ペースが加速したことによるもので、食品価格は9カ月で最大の上昇となった(6.71%対5.41%)。

住宅(1.12%vs1.16%)、衣料品(0.69%vs0.85%)、レクリエーション、スポーツおよび文化(1.38%vs1.50%)、家具(1.63%vs1.89%)、宿泊施設/レストラン(2.18%vs 2.21%)の価格は引き続き上昇した。

健康 (2.04% vs 2.04%)、教育(1.98%vs1.99%)、情報、通信、財務(0.07%vs0.11%)。11月のコアインフレ率は予想の1.9%に対し、22カ月ぶりの低水準となる1.87%に鈍化した。

前月比では、0.38%増となり、10月の0.17%上昇に続き11カ月ぶりの高水準となり、市場コンセンサスの0.22%上昇を上回った。
出典:統計局(2023年12月1日11:15)

ヨーロッパ地域

11月のイギリスの全国住宅価格指数は前年同月比2.0%減

英国の11月の全国住宅価格指数は、前年同月比2.0%減となり、市場コンセンサス(同 2.3%減)を上回り、 10年連続の下落となった。住宅価格の下落率としては、2月以来の大きさとなった。

10月と比較すると、住宅価格は0.9%上昇の後0.2%上昇した。金利期待が低下し、固定金利住宅ローンの価格設定を支える長期金利の低下につながった。

ネーションワイドの首席エコノミスト、ロバート・ガードナー氏は「これが持続すれば、ここ数四半期住宅市場活動を抑制してきた手頃な価格への圧力を緩和するのに役立つだろう」と述べた。
出典:全国住宅金融共済組合(2023年12月1日16:00)

第3四半期のイタリアの国内総生産は前期比0.1%増

最終統計によると、イタリアの第3四半期の国内総生産は、前期比0.1%増となり、速報値(同0.0%)をわずかに上回り、第2四半期(0.4%減)を上回った。堅調な純外需(1%対-0.7%)と堅調な家計消費(0.4%対0%)に関連している。

固定投資 (0% vs -0.4%) と政府支出 (0% vs -0.2%) はどちらも変化なかった。一方で、在庫の減少はGDPに1.3%のマイナス寄与となった。

生産面では、工業(0.3%)とサービス(0.1%)が緩やかな増加を記録した一方、第一次農業部門は1.2%減少した。GDPは年率0.1%増加し、前回予想の0%と比較し、第2四半期には0.3%拡大した。
出典: 国立統計研究所(2023年12月1日18:00)

北米地域

11月のメキシコの景況感指数は54

メキシコの11月の景況感指数は、54となり、10月と変わらず、9年間で見られない高水準を維持した。投資性向(46.1対45.2)と企業への期待(59.1対58.9)が改善した一方、国の経済見通しはわずかに悪化した(55.6対56.2)。
出典:国立地理地理研究所(2023年12月1日21:00)

11月のカナダの失業率は5.8%

カナダの11月の失業率は、市場コンセンサスと一致し、10月(5.7%)を上回り、5.8%となった。失業者数は1万1000人増の124万人となり、2022年1月以来の最高率となった。

同時に、雇用水準は2万4900人増の2031万人となり、市場コンセンサスである1万5000人増を上回り、労働力人口は3万6000人増の2155万人へと急速に増加した。

最近の失業率の上昇により、2023 年4月以降の累積失業率は 0.8%増加し、特に若年層に影響を及ぼしている。4月から11月にかけて、15歳から24歳の若者の失業率は2.0%大幅に上昇し、11.6%に達した。

対照的に、25 歳から 54 歳までの個人では、同じ期間に 0.6%のわずかな増加 (4.9% に達) が見られ、55歳以上の個人では0.7%の増加(4.6% )が見られた。
出典:統計局(2023年12月1日22:30)

11月のカナダの雇用者数は2万4900人増

カナダの11月の雇用者数は、10月(1万7500人増)を上回り、2万4900人増となり、市場コンセンサス(1万5000人増)を上回った。雇用は製造業 (2万8000人増) と建設業 (1万6000人増) で増加した。

一方で、卸売業、小売業(-27,000)、金融、保険、不動産、レンタル・リース業(1万8000人減)が減少した。

11月は4カ月連続の雇用増加となるが、カナダ銀行は10月の会合で「最近の雇用増加は労働力の伸びを下回っており、求人は引き続き緩和している」と述べ、労働需要の鈍化を示唆している。

今年、これまでの月間雇用増加数は平均3万9000人、月間雇用者増加数は平均8万8000人となっている。
出典:統計局(2023年12月1日22:30)

南米地域

11月のブラジルの貿易収支は87億7600万米ドルの黒字

ブラジルの11月の貿易収支は、87億7600万米ドルの黒字となり、前年同月比30.74%増加し、市場コンセンサス(90億米ドルの黒字)には及ばなかった。

輸出は前年同月比0.6%増の278億2000万米ドルとなり、特に農産物輸出が22.3%増加して総額60億7000万米ドルとなったことと、採取産業の売上高が3.2%増加して72億6000万米ドルとなったことに後押しされた。

一方、製造業の出荷額は7.2%減の143億5000万米ドルとなった。 一方、輸入は11.2%減少し、190億4000万米ドルに達した。

これは主に農産物(-13.8%で3.5億米ドル)、採取産業(-28.4%で11.8億米ドル)、製造業(-9.1%で174億6000万米ドル)からの購入の大幅な減少によるものである。 。
出典: 開発・産業・対外貿易省(2023年12月2日03:00)

製造業購買担当者景況指数(PMI)

オーストラリア(Judo銀行)47.7、インドネシア(S&Pグローバル)は48.3、韓国(S&Pグローバル)は50.0、日本(じぶん銀行)48.3、中国(Caixin)は50.7、インド(S&Pグリーバル)56.0、ロシア(S&Pグローバル)53.8、スペイン(HCOB)は46.3、

イタリア(HCOB)44.4、フランス(HCOB)は42.9、ドイツ(HCOB)は42.6、ユーロ圏(HCOB)は44.2、イギリス(S&Pグローバル/CIPS)は47.2、ブラジル(S&Pグローバル)49.4、カナダ(S&Pグローバル)47.7、アメリカ(S&Pグローバル)は49.4、

メキシコ(S&Pグローバル)52.5、アメリカ(ISM)は46.7。

要人発言

(ニューヨーク地区連邦準備銀行総裁)政策はしばらく抑制的になると予想

アメリカのニューヨーク地区連邦準備銀行総裁のジョン・ウィリアムズ氏は、FRBの政策金利がピーク水準かそれに近い水準にあることを改めて強調し、金融政策は 「非常に制限的」 だと述べた。

ウィリアムズ総裁はニューヨーク地区連銀で開かれたブレトン・ウッズ委員会の会合で、金利は 「過去25年間で最も厳しい水準になると推定される」 と述べた。

「バランスを完全に回復させ、インフレ率を持続的に長期目標の2%に戻すためには、かなりの期間、制限的なスタンスを維持することが適切だと予想している」と述べた。
出典:Bloomberg(2023年12月1日00:26)

(サンフランシスコ地区連邦準備銀行総裁)利下げは考慮せず「非常に良い状況」と指摘

アメリカのサンフランシスコ地区連邦準備銀行総裁のメアリー・デーリー氏は、金利はインフレ抑制に「非常に良い位置」にあるが、利下げは考えておらず、利上げが終了するかどうかを判断するのは時期尚早だと述べた。

今月初めに行われ、木曜日に発行されたドイツのBörsen-Zeitung紙とのインタビューで、彼女の発言は、金利据え置きを主張してきた他の政策当局者と同じだった。
出典:Bloomberg(2023年11月30日23:00)

(アメリカの財務長官)バイデンミクス宣伝で中国の過度な依存を警告

アメリカの財務長官であるジャネット・イエレン氏は、木曜日、バイデンノミクスの売り込みで米国の生産能力への大規模投資を宣伝しながら、米国は主要サプライチェーンにおける中国への過度の依存を減らす必要があると繰り返した。

イエレン氏はノースカロライナ州リベント社のリチウム工場での講演で、「クリーンエネルギーなどの分野の主要なサプライチェーンは、数十年にわたる不公平な非市場慣行が一因で、中国に過度に集中している」と述べた。
出典:Bloomberg(2023年12月1日02:04)

政治・経済・産業・金融・技術

中国とUAEのAI企業G42の関係がCIAの注目を集める

先月、マイクロソフトを拠点とするOpenAIと提携を結んだアブダビに本拠を置く人工知能(AI)企業が、米国中央情報局の注目を集めている。

2018年にアラブ首長国連邦で設立されたG42は、米国が認可した華為技術(ファーウェイ)を含む中国大手企業との協力を巡り、CIAや他の米国スパイ機関から捜査を受けているとニューヨーク・タイムズ紙が月曜日に報じた。

同社は、UAE建国者ザヘダン・ビン・スルタン・アル・ナヒヤーン氏の息子で、UAE国家安全保障問題担当補佐官タハヌーン・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン氏が所有している。 彭暁最高経営責任者(CEO)が経営する。

CIAはシャオ氏を調査するためのファイルを公開した。シャオ氏は米国で教育を受けたが、その後アメリカ国籍を放棄して首長国連邦の市民権を取得した。米当局者らは、G42が数百万人の米国人の遺伝子データを中国に渡していた可能性があると警告した。
出典:ASIA TIMES(2203年11月30日)。詳細はこちらから。

FRBと主要中央銀行は危機対応を再考すべき、G30が発言

連邦準備制度理事会やその他の主要中央銀行は、放蕩政府や熱狂的な投資家のために資金を容易に保つという罠に陥ることを避けるために、景気低迷や金融危機にどのように対応するかを再考する必要がある。

これは、イングランド銀行総裁のアンドリュー・ベイリー氏やニューヨーク連銀総裁のジョン・ウィリアムズ氏を含む、現・元政策立案者や学者で構成する影響力のあるフォーラム「グループ30」の専門家パネルによる新たな報告書によるもの。
出典:Bloomberg(2023年11月30日23:30)

インフレ鈍化を受けてトレーダーらはECBの早期かつ大幅な利下げに賭ける

域内主要国で驚くほど低いインフレ率が相次いでいることを受け、トレーダーらは来年の欧州中央銀行の利下げ開始の早期開始と緩和サイクルの深化に賭けている。

中銀の会合日に連動したスワップによると、ECBの預金金利の4分の1ポイント引き下げは現在4月までに完全に織り込まれており、早ければ3月にもほぼ50%の確率で引き下げが行われると見込まれている。

わずか1カ月ほど前には、6月に最初の利下げが予想されていた。
出典:Bloomberg(2023年11月30日19:31)

OPEC+の減産は石油トレーダーを納得させられない

OPECプラスは日量約90万バレルの新規原油供給削減でサプライズ合意したが、トレーダーらが完全に実施されるかどうかについて依然として懐疑的なため、原油価格は下落した。

同団体はウェブサイト上の声明で、ロシア、アラブ首長国連邦、クウェート、イラクを含む加盟国がオンライン会議後、追加削減を約束したと述べた。 サウジアラビアは、第1四半期まで一方的な日量100万バレルの減産を継続すると約束した。
出典:Bloomberg(2023年12月1日03:46)

FRBの今年最後の会合を前に主要なインフレ指標が引き下げられる

米連邦準備制度理事会(FRB)が推奨するインフレ指標は、過去2年半ぶりの最低水準に低下し、年内にさらに4分の1ポイントの利上げを行うよう中央銀行からの圧力がさらに強まった。

個人消費支出(PCE)価格指数は、当月は横ばいを維持したが、10月には年率3%上昇と、過去3か月の3.4%上昇から低下した。これは2021年3月以来最低の数字だ。個人所得は前月比0.2%増と、9月の0.4%増、10月の0.5%増から鈍化した。

市場はすでに来年の利下げを織り込み始めており、FRBは次回12月12日─13日の金利設定委員会で金利を据え置くと予想している。
出典:THE HILL(2023年11月30日11:07)。詳細はこちらから。

国境を越えた即時決済により、世界的な金融相互運用性の新たな段階が到来

欧州決済評議会 (EPC) の One-Leg-Out Instant Credit Transfer スキーム (OCT Inst) が稼働し、ヨーロッパとの間の支払いが 24 時間、年中無休で処理できるようになった。

市場インフラを統合することで、この制度が実現したことは、スピード、透明性、コスト、アクセスしやすさを重視した国境を越えた支払いに関するG20の目標を達成するために極めて重要である。

この取り組みは、国境を越えて即時決済スキームを結び付け、24時間体制の処理を提供し、グローバルな金融接続の新たな段階をもたらす。

ヨーロッパ向けの国境を越えた支払いは、完全な透明性を備えた国内即時支払いシステムへのシームレスな接続と、Swiftネットワークによるエンドツーエンドの追跡を通じて、数秒で受取人に届けられるようになった。
出典:Swift(2023年11月30日)。詳細はこちらから。

東京株式市場

日経平均株価は前日比55円38銭安

12月1日、東京株式市場の日経平均株価は、対前日比55円38銭安の3万3431円51銭で取引を引けた。

プライム市場の売買高概算は13億6318万株。売買代金概算は3兆4666億円。値上がりした銘柄数は761銘柄、値下がりした銘柄数は844銘柄、株価が変わらなかった銘柄数は53銘柄であった。
出典;MINKABU(2023年12月1日15:38)

ニューヨーク株式市場

12月1日、ニューヨーク株式市場は、ダウ工業株30種平均株価は35,914米ドル45セント、S&P500総合4,559.43ポイント、ナスダック総合14,181.35ポイントで、それぞれの取引が始まった。

終値は、ダウ工業株30種平均株価は36,245米ドル17セント、S&P500総合4,594.63ポイント、ナスダック総合14,305.03ポイントで、それぞれの取引を引けた。

このような状況がビットコインの値動きにどんな影響を及ぼしたのだろうか。以下は、12月1日のビットコインの値動きを時系列(1時間足)に沿って説明したものである。

ビットコインの12月1日の値動き

ビットコイン価格
始値5,587,997円
高値5,737,800円
安値5,555,003円
終値
5,673,362円

始値5,587,997円で寄りついた後、5,595,903円まで上昇したが、5,562,926円まで押し戻されて下落し、1時台には最安値5,555,003円まで下落したが、5,574,143円まで買い戻されて上昇した。

5時台には5,602,472円まで上昇したが、5,597,034円まで押し戻されて下落し、9時台には5,566,308円まで得下落したが、5,574,763円まで買い戻されて上昇し、13時台には5,660,000円まで上昇したが、5,653,951円まで押し戻されて下落した。

15時台には5,635,200円まで下落したが、5,660,513円まで買い戻されて上昇し、19時台には最高値5,737,800円まで上昇したが、5,703,103円まで押し戻されて下落した。

23時台には5,664,210円まで下落したが、買い戻されて、23時59分59秒には終値5,673,362円をつけ、12月1日の取引を引けた。

この日一日のびっとコインの値動きは最安値最高値ベースで、182,797円であった。

12月2日の価格予想及び、注目のイベント

ビットコイン価格予想:5,800,000円~5,700,000円

経済指標 時間
特筆すべきものはなし
政治・経済イベント(日本)時間
2023 国際ロボット展(iREX 2023)(東京都)10:00~17:00
政治・経済イベント(海外)時間
インドネシア・大統領選 選挙運動期間(~2024年2月10日)
インドネシア・Indonesia Building Technology Expo(ジャカルタ)
ベトナム・VIETBUILD HA NOI 2023 (Phase 3)INTERNATIONAL EXHIBITION(~3日)(ハノイ)
マレーシア・Malaysia International Branding Showcase 2023(~3日)
台湾・NFT Taipei(~3日)(タイペイ)08:00~20:00
インドネシア・Indonesia International Senior Health and Wellness Exhibition(高齢者の健康エキスポ)(ジャカルタ)
アラブ首長国連邦・国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)第28回締約国会議(COP28)(~12日)(ドバイ)
ガーナ・Africa Bitcoin Conference(~3日)(アクラ)
要人発言時間
特筆すべきものはなし

12月2日のビットコインは、始値5,673,996円で寄りついた後、5,649,001円まで下落したが、5,680,301円まで買い戻されて上昇し、1時台には5,731,621円まで上昇したが、5,704,536円まで押し戻された。

2時台には5,715,497円まで上昇したが、5,701,015円まで押し戻された。3時台には5,713,445円まで上昇したが、5,685,000円まで押し戻されて下落し、4時台には5,675,546円まで下落したが、5,696,961円まで買い戻されて上昇した。

5時台には5,710,735円まで上昇したが、5,697,241円まで押し戻された。6時台には始値5,698,118円で寄りついた後、上昇している。

今日のポイント
12月1日のビットコインは前日比(終値)で4日間連続プラスの値動きとなった。19時台には最高値573万円台まで上昇したが、その後は伸びを欠いて押し戻され、終値は万円台をつけ、取引を引けた。

ローソク足の動きを一目均衡表で見ると、ローソク足は雲の上にあり、基準線、転換線は右肩あがりから水平に転じている。また、雲を形成している先行スパンは、先行スパン1が雲の下部を形成している。

しかし、14時移行は先行スパン1は雲の上部を形成する。さらに、遅行スパンはローソク足の上に位置している。先行スパンと雲の関係、遅行スパンの動きを見ると、価格は上昇する可能性が高いことを示唆している。

したがって、570万円台で推移している価格は、580万円突破を目指す展開となるだろう。

▼ビットコインの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら
ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴と今後の将来性・価格予想

最新ニュース・チャート速報
米国株投資の銘柄分析はTipRanks
最新記事