仮想通貨取引所比較

ディーカレット(DeCurret)で大学生は取引できる?注意点、オススメ点をチェック

この記事を読んでほしい人
✔ ディーカレット(DeCurret)で仮想通貨取引をしたい大学生の方
✔ ディーカレット(DeCurret)の口座開設の手順を知りたい大学生の方
✔ ディーカレット(DeCurret)で本人確認に必要なものを知りたい大学生の方

社会人になると忙しくなかなか時間が確保できないので、多少なりとも時間のある大学生の時代に仮想通貨取引にチャレンジしたいという方も多いことでしょう。

大学生の方が仮想通貨取引をしたいと思った時、どの仮想通貨取引所が適しているのでしょうか。そんな方に知っておいてほしい仮想通貨取引所が「ディーカレット(DeCurret)」。

そこで今回は、ディーカレット(DeCurret)での大学生の口座開設について解説していきます。

この記事の要約

  • ディーカレット(DeCurret)で必要な本人確認書類は「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」などの顔写真付きの書類のみ
  • ディーカレット(DeCurret)は未成年の方は口座開設ができない
  • ディーカレット(DeCurret)のメリットは「取引手数料が無料」「専用アプリが使いやすい」「安全性が高い」などがあげられる
  • ディーカレット(DeCurret)ではすでに多くの大学生が口座開設をしている

ディーカレット(DeCurret)は大学生でも取引できる?

ディーカレット(DeCurret)では、社会人でなくても、例えば大学生でも口座開設できるのでしょうか。

本人確認方法 – 大学生(20歳以上)

20歳以上の大学生の方の本人確認の方法を紹介します。

確認書類は有効期限内であることを確認するのを忘れないようにしてください。

顔写真付きの書類

ディーカレット(DeCurret)では、次にあげる顔写真付きの本人確認書類のみ有効としています。

  • 運転免許証(両面)
  • 日本国パスポート(顔写真のページと住所・氏名の掲載されたページ)
  • マイナンバーカード(顔写真が掲載されている表面のみ)
  • 住民基本台帳カード(両面)
  • 在留カード(両面)
  • 特別永住者台帳カード(両面)

なお、スキャナーで取り込んだ画像や、印刷したものを撮影した画像など書類不備とされる条件がありますので注意が必要です。

顔写真なしの書類

ディーカレット(DeCurret)では、顔写真のない本人確認書類での審査は受け付けていません。

本人確認方法 – 大学生(未成年)

ディーカレット(DeCurret)で口座開設できるのは、満20歳以上75歳未満に限られています。

未成年の大学生の方は、ディーカレット(DeCurret)に口座開設できません。20歳の誕生日が来るのを待ってください。

大学生にディーカレット(DeCurret)がおすすめの理由

大学生の方が仮想通貨取引をしたいと思った時に、ディーカレット(DeCurret)が適している理由は3つあります。それぞれをわかりやすく説明していきましょう。

おすすめ理由1:手数料が安い

ディーカレット(DeCurret)は仮想通貨の「販売所」です。仮想通貨の売買価格はディーカレット(DeCurret)によって決められています。

ディーカレット(DeCurret)では、仮想通貨の売買時にかかる取引手数料が無料

安く取引できるのがディーカレット(DeCurret)の利点です。

おすすめ理由2:専用アプリ

今や、スマートフォンを持っていない大学生の方が少ないことでしょう。ディーカレット(DeCurret)では専用のスマホアプリを開発し、提供しています。

この専用アプリの特徴はシンプルなデザインで見やすいうえに、非常に使い勝手に優れているという点。

パソコンがなくてもスマホを使って、簡単に取引できるのがディーカレット(DeCurret)の専用アプリなのです。

おすすめ理由3:安全性

仮想通貨取引所が不正アクセスを受けた事件を聞いたことはないでしょうか。せっかく仮想通貨取引に成功して利益を出しても、不正アクセスを受けて横取りされてしまったら元も子もありません。

そこでディーカレット(DeCurret)では、セキュリティ対策にもしっかりと取り組んでいます

  • ディーカレット(DeCurret)の資産とユーザーの資産を分離して信託銀行に保管
  • コールドウォレットや二段階認証、マルチシグなど基本的なセキュリティも完備

安心して取引に取りかかれるのも、ディーカレット(DeCurret)のメリットです。

ディーカレット(DeCurret)で取引する大学生の口コミ

ディーカレット(DeCurret)に関する大学生の口コミを、ツイッターから紹介します。

なっこ@gyudon0831さんのツイート

「実はディーカレット(DeCurret)は開設済みです! ありがとうございます。ただで貰えるものはもらっとくしかないですよねw」

なっこさんは、投資歴6年の大学3年生です。

ベテランのなっこさんも、ディーカレット(DeCurret)に口座を開設したようですね。

たかてぃん@takatexinさんのツイート

たかてぃんさんも仮想通貨取引をしている方ですが、たかてぃんさんの後輩もディーカレット(DeCurret)に登録したようですね。

ディーカレット(DeCurret)は20歳以上の大学生が利用可能

この記事のまとめ

  • ディーカレット(DeCurret)で必要な本人確認書類は「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」などの顔写真付きの書類のみ
  • ディーカレット(DeCurret)は未成年の方は口座開設ができない
  • ディーカレット(DeCurret)のメリットは「取引手数料が無料」「専用アプリが使いやすい」「安全性が高い」などがあげられる
  • ディーカレット(DeCurret)ではすでに多くの大学生が口座開設をしている

さて、ディーカレット(DeCurret)での大学生の口座開設についてお伝えしてきました。

取引手数料の安さ、セキュリティの高さ、専用アプリの使いやすさから、ディーカレット(DeCurret)は大学生の方にもじゅうぶんおすすめできる仮想通貨取引所です。

20歳以上の方に限られますが、これからどの取引所で口座を開設しようかと迷っている方は、ディーカレット(DeCurret)がおすすめですよ。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト