情報収集・分析

ビットコイン価格はいくらまで上がる?下がる?アナリストによる予想まとめ

ビットコインいくらまで上がるのか、下がるのか
この記事を読んでほしい人
✔ すでに仮想通貨を持っている方
✔ より戦略的に仮想通貨投資をしたい方
✔ 取引所に登録している方

もしまだ取引所をお持ちでない方は、まずはこちらの「取引所の選び方」を参考にしてみてください。

2017年11月から12月にかけてビットコインの価格は高騰し、当時、価格を予想していたアナリスト達は3年で3,000万まで価格が上がるなどそれぞれに価格が高くなる予想を出していました。

しかしその後、価格は暴落して当時までの価格には及びませんが、乱高下が続いています。このまま価格は上がるのか下がるのか、現在のアナリスト達の予想について詳しく解説します。

ビットコインはいくらまで変動するのか

下の画像は2018年2月2日〜8日の時価総額ランキングに載っているチャートです。

ビットコインがいくらまで?チャート

ビットコインの価格変動は激しいことで有名です。

1週間で120万円から60万円の半値まで下落したこともあります。しかしビットコインでは高騰や暴落はよくあることで、株式のように価格が安定しないのでは、まだ株式ほどユーザーが多くないのが原因です。

また価格の変動が激しい理由には、仮想通貨取引所には株式市場のようにストップ高、ストップ安というものがありません、その日の価格に上限下限はありません。

さらに価格が上がると「もっと上がるかもしれない」と考えたユーザーが購入をすることで、価格が押し上げられたり、逆に価格が下がると「売ったほうがいいかもしれない」と考えたユーザーによって売りが進んで暴落を誘発させたりします。

つまり人の心理によっても、ビットコインの価格が大きく動く原因にもなっています。

変動の激しさはメリットもあればデメリットもあるので、大きく投資をする際にもリスクがあることを忘れないようにしましょう。

ビットコインはいくらまで上がる?強気派の意見!

「ビットコインの価格はいくらまで上がるのか」多くのユーザーが気になるところです。

2017年2月は1BTC=200万円を超えましたが、1〜2月はか価格が暴落し100万円を割りました。半値まで落ちたので200万円あたりで購入した人にとっては絶望的な暴落です。

それでも多くのアナリストたちは暴落したとしても、そこまで絶望的になっているのではなく、将来的には価格は上がると予想しています。

アナリストによってその価格はそれぞれですが、多くのアナリストは「200万円以上には届くのでは」と予想しています。

いくつかアナリストのコメントを見ていきましょう。

トム・リー氏の予想:「250万円まであがる」

ファンドストラットの共同設立者であり、研究責任者でもあるトム・リー氏。CNBCの2018年4月に行われたインタビューで「ビットコインの価格は年末までに25,000ドルまで上がる」と答えました。

インタビュー当時のビットコインの価格は8,000ドルで推移しており(6月2日現在823,079円)、年末までに約225%の上昇が必要になります。

マックス・カイザー氏の予想:「280万円まではいく」

経済ジャーナリストで「Pussia Today」の名高い司会者でもあるのマックス・カイザー氏。

ビットコインの価格は2017年12月の8,000ドルよりも高い28,000ドルのまでいくだろうという予想を、Twitterにもあげています。

アンソニー氏の予想:「500万円には到達する」

仮想通貨の有名投資家で通称Pompと呼ばれているAnthony Pompliano氏。年末までにビットコインの価格は50,000ドルまで回復するだろうと予想しています。

ちなみにイーサリアムは3,100ドルになっていると予想しています。仮想通貨が世の中に知れ渡る前から投資を行なっている方で、毎回、彼の予想に注目が集まっています。

ビットコインはいくらまで下がる?弱気派の意見!

多くのアナリストたちが上がると予想していますが、下がる可能性もあります。

そこでビットコインはどこまで下がるのかアナリストたちの予想を見てみましょう。

ジェームス・リッカーズ氏の予想:「2万円くらいになる」

金融分析会社メラグリムの戦略ディレクター、ジェームス・リッカーズ氏は、ビットコインの価格は現在も高すぎるとみており、高騰、暴落のどちらが起こってもおかしくないと話しています。

ビットコインの価格は200ドルになるとも発言しています。

ジェームス・リッカーズ氏の予想:「28万円まで下落するだろう」

Market Securities Dubai Ltd.(市場証券)のアナリストが3月に行なった予想。

ビットコインが50日間の移動平均線が200日の移動平均線に近づいておりこれがクロスした場合「デス・クロス」という大きな下落が起きる可能性があると示唆。

2013年の価格と比較し、最終的に価格は2,800ドル(約28万円)まで下落するだろうと主張しています。

ウィリー・リー氏の予想:「60万円を下回るのでは?」

5月6日、ビットコインのテクニカルアナリスト、ウィリー・ウー氏。短期的にビットコインは6,000ドル(約60万円)を下回ると予想。

価格変動がまだ高い状態であり、次のステップである積立期間への移行に進むための継続的な低下がみられ、しばらくは下落が続くとツイッターで発表しています。

他の投資家のビットコイン予想は?

アナリストたちの2018年のビットコイン価格予想は以外にも、上がると言っている人が多い傾向でした。

では他の投資家のビットコンの今後の価格についてどう考えているのでしょうか。

YoutuberのNicholas Merten氏は500万円の強気予想

30万人以上の登録者がいるユーチューバーのNicholas Merten氏。5月27日ツイッターで年末のビットコイン価格は5万ドルまで上がると予想しています。

その理由は金利が上がることと、ドイツ銀行の経営が傾くこと、不動産価格が上がる、米証券取引委員会がビットコインETFを開始するなどの点を挙げています。

億り人トレーダーのひろぴー氏は1000万円の超強気予想

専業トレーダーの通称ひろぴーさん、彼は2018年のお正月に地上波で「億り人」だと告白しています。

現在、世界的にインフレ傾向であり、法定通貨とは別に資産を守る手段として仮想通貨選ばれる時代になってきています。今後、ビットコインにマネーが流れ込んでくると考えており、ビットコイン価格は1,000万円に達する可能性を話しています。

Twitterで見かけた強気予想!

ツイッターの中にも2018年のビットコインの価格は上がると予想しているユーザーもいるようです。

こちらもチェック  「ビットコインは6月に150万円に」仮想通貨重要人物マカフィーの短期予測

ビットコインの価格が「上がる」要因

一時は半値まで暴落したビットコインですが、仮想通貨はまだ若い市場でもあります。

価格の乱高下が激しいのもまだ株式のように多くの参加者がいない証拠です。価格が下がったことでこれから資金流入する可能性はあります。

またビットコインの送金時間と手数料の問題ですが、ビットコインコア0.16.0のリリースで少なからず解消されつつあり、さらに「ライトニングネトワーク」というスケーラビリティ問題を解消するシステムの開発が進んでいます。

そういった技術的な改善が今後、行われていけば離れていったユーザーが戻ってきたり、新たなユーザーが増え価格が上昇すると予想されています。

ビットコインの価格が「下がる」要因

ビットコインの技術的な問題はスケーラビリティ問題だけではなくマイニングにもあります。現在のマイニングは電力を莫大に消費します。

一方で電力を消費しないエコなマイニングを行うアルトコインも存在します。

そういったビットコインの弱点を克服しているアルトコインなどが、ビットコインに取って代わった存在になれば、ビットコインの需要が減り価格が下がる可能性があります。

ICOでも最近はイーサリアムやネムが使われることが多く、仮想通貨2.0がますます注目される時代でもあります。

ビットコインは上がるのか、下がるのか?

アナリストたちによってビットコインの上向きな予想があることでユーザーは安心してビットコインに投資・投機を行いたくなります。

それでも多くのユーザーが価格上昇を期待して購入が進むことで、価格が上がる可能性もあるので、楽しみながら価格動向を確認していきたいですね。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

情報収集・分析