仮想通貨の仕組み

暗号資産(仮想通貨)は儲かる?仕組みと初めての取引におすすめの通貨を紹介!

この記事を読んでほしい人
暗号資産(仮想通貨)の仕組みを知りたい方
暗号資産(仮想通貨)で儲ける法帆を知りたい方
おすすめの暗号資産(仮想通貨)を知りたい方

暗号資産(仮想通貨)やビットコインという言葉が世間に認知され始めてきていますね。中には、暗号資産(仮想通貨)への投資に対して興味はあるけれど、不安な気持ちもある人も多いのではないでしょうか。

新しいものに投資をする際には、何となくハードルの高さを感じるものですよね。

今回は、暗号資産(仮想通貨)投資に興味はあるけれども、なかなか一歩が踏み出せない人に向けて、不安に感じやすいポイントを分かりやすくお伝えしていきます。

この記事の要約
  • 暗号資産(仮想通貨)は世界中のネットワークによって管理されるデジタル通貨で、価格変動があるのが特徴
  • 暗号資産(仮想通貨)が儲かる理由は「価格変動が大きい」「取引できる時間に制限がない」「今後の実用性に期待されている」
  • 暗号資産(仮想通貨)取引の注意点は「パスワードの保管」「価格変動をチェックしておく」「セキュリティと安全性」「ネットワーク・システムの問題」
  • 暗号資産(仮想通貨)の取引方法は「長期保有」「暗号資産(仮想通貨)FX」「暗号資産(仮想通貨)の貸出」「暗号資産(仮想通貨)の積立」
  • おすすめの仮想通貨は「ビットコイン」「リップル」「イーサリアム」

これから仮想通貨投資をするならCoincheckで!

暗号資産(仮想通貨)で利益が出る仕組み

暗号資産(仮想通貨)投資は、投資した通貨が値上がりして買った金額よりも高く売ることで利益を生み出しています。

将来的に有望な暗号資産(仮想通貨)に投資をして、値上がり益を狙うことができるのです。

そもそも暗号資産(仮想通貨)とは?

暗号資産(仮想通貨)とは、主にブロックチェーンと呼ばれる新しい技術によって産み出された通貨で、法定通貨と違い世界中に分散されたネットワークによって管理される非中央集権的なデジタル通貨です。

暗号資産(仮想通貨)は、日本円や米国ドルのような法定通貨と同様にモノやサービスの購入や送金、決済等に利用できます。

暗号資産(仮想通貨)で得られるのは利益だけではない

暗号資産(仮想通貨)は、価格変動が起こる金融商品です。そのため、価格は変動しつづけます。

バブルの高値を掴んでしまったり、将来性の無い暗号資産(仮想通貨)に投資をしてしまうと、損をしてしまうリスクがあるため注意が必要です。

暗号資産(仮想通貨)が儲かると言われる理由

新しい投資先としても注目されている暗号資産(仮想通貨)ですが、なぜ儲かると言われているのでしょうか。

その理由について紹介していきます。

価格変動が大きい

暗号資産(仮想通貨)は、他の金融商品と比べて価格変動が大きいです。投資の世界では、価格変動が大きな金融商品は利益を得やすいと言われています。

価格変動が大きな金融商品は、利益を確保する機会も多くなるので、儲けが出やすくなるのです。また、中長期的に投資をしていく場合でも十分な利益を狙えます。

暗号資産(仮想通貨)の中で、最も時価総額の大きなビットコインでさえも、数ヶ月で価格が倍以上になることも珍しくないのです。

取引できる時間に制限がない

暗号資産(仮想通貨)は、非中央集権的なネットワークにより運営されています。そのため、24時間365日いつでも取引が可能です。

取引できる時間に制限がないため、取引機会が他の金融商品よりも多くなります。また、日や週をまたぐことによって起こる急激な価格変動のリスクがないため、臨機応変な対応が可能です。

今後の実用性が期待されている

暗号資産(仮想通貨)は、まだまだ発展途上の金融商品です。今後の実用化が進むと、さらに価値が上がってくることになるでしょう。

通常のモノやサービスを購入する際の決済手段として以外にも、国際間送金や契約履行条件等を付けた機能的な決済、コミュニティの形成や新しい経済圏の構築等、普通のお金という概念を超えた新しい利用方法も研究されています。

現在でも、大手企業や各国の政府等と提携したり実証実験を行う等をして、実用化の道を着実に歩んできているのです。

暗号資産(仮想通貨)取引の注意点

では、実際に暗号資産(仮想通貨)取引を始める際には、どのようなことに注意をしていけばいいのでしょうか。

暗号資産(仮想通貨)取引の注意点について解説していきます。

パスワードの保管

暗号資産(仮想通貨)を取引するためには、暗号資産(仮想通貨)取引所の口座の開設が必要です。その際、口座のパスワードはしっかりと保管しておきましょう。

万が一、第三者にパスワードが盗まれると悪用されてしまう恐れがあります。パスワードは、第三者に予想されにくいような文字列で設定しておきましょう。

またパスワードを紛失したり忘れてしまった場合は再発行できますが、本人確認や郵便受け取り等の手間が掛かってしまいますので注意が必要です。

価格の変動をチェックしておく

暗号資産(仮想通貨)は、価格変動が激しい金融商品であることで知られています。収益機会が多いものの、保有資産の価値が安定していないのも事実です。

長期で暗号資産(仮想通貨)に投資をする場合は、目先の価格変動に惑わされることがないようにしておきましょう。

日々の価格変動をチェックしていきながら、暗号資産(仮想通貨)の価格変動に慣れておくことも重要です。

セキュリティと安全性

暗号資産(仮想通貨)取引を行う際には、取引所のセキュリティと安全性にも注意が必要です。

仮に取引所のセキュリティが突破されると、資産が流出してしまうことも。取引所を選ぶ際には、セキュリティや安全性に力を入れている取引所を選ぶことが重要です。

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所なら、日本の金融庁の厳しい規制をクリアしており、安全性が高いためおすすめですよ。

ネットワーク・システムの問題

暗号資産(仮想通貨)取引を行っていると、ネットワーク回線やシステムのトラブルにより取引が成立しない可能性も考えられます。

このようなリスクを軽減するためには、複数の取引所口座を開設しておきましょう。

一つの取引所がネットワークやシステムのトラブルにより止まってしまった場合、他の取引所で取引をすることで補完可能となるためです。

暗号資産(仮想通貨)の主な取引方法

暗号資産(仮想通貨)の取引方法には、実は様々な種類があります。ここでは、暗号資産(仮想通貨)の主な取引方法について紹介していきます。

価格変動を考慮した長期保存

長期で暗号資産(仮想通貨)を保有することで、値上がり益を狙う手法です。

暗号資産(仮想通貨)の短期的な価格変動に一喜一憂することなく、じっくりと投資をしていきたい人におすすめです。

暗号資産(仮想通貨)FX

暗号資産(仮想通貨)FXとは、取引所口座に証拠金を預け入れて差金決済を行う取引方法です。

買いだけではなく売りからでも取引を始めることができ、価格下落局面でも利益を狙えます。また、預け入れた証拠金額以上の取引を行うレバレッジ取引をすることも可能です。

レバレッジ取引をすることで、少ない資金からでも大きなリターンを狙えます。ただし、その分リスクも高くなってきますので注意が必要です。

暗号資産(仮想通貨)FXは、リスクを取っていきながら、積極的に暗号資産(仮想通貨)の取引を行いたい人におすすめです。

暗号資産(仮想通貨)の貸出(レンディング)

暗号資産(仮想通貨)取引所の中には、保有する通貨を貸し出すことで利益が出る貸出(レンディング)を行っているところがあります。

貸出利率は取引所によって異なりますが、大体年率5パーセント程度です。取引所が貸出の仲介を行うため、持ち逃げのリスクが低く安定した利回りを確保できます。

暗号資産(仮想通貨)を長期保有していきながら、貸出金利も得ていきたい人におすすめです。

暗号資産(仮想通貨)の積立

暗号資産(仮想通貨)の積立とは、一定の期間毎に一定の金額の暗号資産(仮想通貨)を買い付けて積み立てる手法です。

積立投資のメリットとして、ドルコスト平均法の効果が得られます。ドルコスト平均法では、暗号資産(仮想通貨)の価格が高い時には少量の投資、暗号資産(仮想通貨)の価格が低くなると多量の投資になることが特徴的です。

この暗号資産(仮想通貨)の積立によるドルコスト平均法の効果によって、買い付け価格が平準化されます。そのため、高値掴みの心配をすることなく、長期的な視点で暗号資産(仮想通貨)資産を着実に積み上げられるのです。

長期的にコツコツと投資をしていきたい人におすすめですよ。

暗号資産(仮想通貨)取引が初めての人におすすめの通貨

暗号資産(仮想通貨)初心者の方には、まずは時価総額が大きな暗号資産(仮想通貨)に投資することをおすすめします。

時価総額が高い銘柄は、すでに価値が認められており、経済規模の拡大に伴って長期的な上昇も期待できるからです。

以下に、暗号資産(仮想通貨)投資が初心者である方におすすめの通貨を紹介していきます。

ビットコイン(BTC)

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)の中で最も時価総額が高く、暗号資産(仮想通貨)市場で基軸通貨としての役割を担っています。

暗号資産(仮想通貨)の基本的な仕組みであるブロックチェーンの技術や、分散型ネットワークによって支えられている代表的な通貨です。

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)の中では最も知名度と流動性が高いため、既に様々な店舗やサービスで決済手段として導入されています。

ビットコインは現在、1BTC=120万円前後で推移していますよ。

ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴と今後の将来性・価格予想

リップル(XRP)

リップルは、リップル社によって開発された国際送金に特化した暗号資産(仮想通貨)です。送金処理速度手数料の安さが魅力で、国際送金の架け橋としての活躍が期待されています。

既に様々な銀行や金融機関の間で導入されており、本格的な実用化にも着実に歩を進めてきています。

リップルは現在、1XRP=30円前後で推移しています。

リップル(XRP/Ripple)とは?特徴と仕組み、ビットコインとの違いを解説

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、暗号資産(仮想通貨)市場でビットコインに次ぐ時価総額第2位の暗号資産(仮想通貨)です。

スマートコントラクトと呼ばれる機能が搭載されている点が最も特徴的で、ブロックチェーン上で契約を自動で履行できる仕組みになっています。

この機能は、様々な商品売買や不動産取引、保険契約等に応用でき、あらゆる分野で取引の効率化が進んでいくことが期待されています。

イーサリアムは現在、1ETH=4万円前後で推移しています。

イーサリアム(ETH)とは?【5つの特徴】スマートコントラクト・プラットフォームの意味

暗号資産(仮想通貨)で儲けるなら価格変動をチェックしてみよう

この記事のまとめ
  • 暗号資産(仮想通貨)は世界中のネットワークによって管理されるデジタル通貨で、価格変動があるのが特徴
  • 暗号資産(仮想通貨)が儲かる理由は「価格変動が大きい」「取引できる時間に制限がない」「今後の実用性に期待されている」
  • 暗号資産(仮想通貨)取引の注意点は「パスワードの保管」「価格変動をチェックしておく」「セキュリティと安全性」「ネットワーク・システムの問題」
  • 暗号資産(仮想通貨)の取引方法は「長期保有」「暗号資産(仮想通貨)FX」「暗号資産(仮想通貨)の貸出」「暗号資産(仮想通貨)の積立」
  • おすすめの仮想通貨は「ビットコイン」「リップル」「イーサリアム」

これから仮想通貨投資をするならCoincheckで!

今回は、暗号資産(仮想通貨)投資で儲かる仕組みや取引の方法等について解説していきました。

暗号資産(仮想通貨)は、他の金融商品と比べて価格変動が大きく儲けの機会も多いです。しかしながら、価格変動の大きさはリスクの高さを意味しており、安定性に欠けることも否めません。

取引を始める際には、これまでの価格変動についてもしっかりと目を通して、暗号資産(仮想通貨)全体の値動きについての理解も深めておきましょう。

コインチェック(Coincheck
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインステラルーメンクアンタムベーシックアテンショントークンアイオーエスティーエンジンコインオーエムジー
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

仮想通貨の仕組み
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事