仮想通貨の体験談

暗号資産(仮想通貨)億万長者ランキング!今からでも仮想通貨で億万長者になれるのか?

ビットコイン長者
この記事を読んでほしい人
✔ 世界と日本のビットコイン長者について知りたい方
✔ 億り人が1億以上を稼いだ手法や考え方が知りたい方
✔ 暗号資産(仮想通貨)を今から始めるのは遅いと思っている方

2017年末から2018年上半期にかけて暗号資産(仮想通貨)界隈では、「億り人(おくりびと)」という言葉が大きな注目を集めていました。億り人とは、主に暗号資産(仮想通貨)で1億円以上の利益を上げた人達を指しています。

暗号資産(仮想通貨)は2017年12月頃に軒並み価値が急騰し、特にビットコインは10万円から200万円に急上昇するなど、「数十倍の上昇は当たり前」という様相を見せる事になりました。

しかし2019年執筆現在、既に2017年の暗号資産(仮想通貨)バブルは過去のものとなっています。

現在の暗号資産(仮想通貨)市場の状況を見て、「今から始めるのは遅いかな?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

確かに暗号資産(仮想通貨)市場の状況もバブル期と比べて大きく変わっているため、簡単に稼ぐ事は難しくなってきていると言えるでしょう。しかし、暗号資産(仮想通貨)はビットコインだけでなく、世界中に2,000を超える種類があり、「ポストビットコイン」と呼ばれる成長期待銘柄もたくさんあります。

今回は、世界と日本の暗号資産(仮想通貨)長者を紹介していきます。
彼らはどうやって1億円以上もの大金を稼いだのか、その手法や考え方を参考にしてみましょう。

この記事の要約
  • 暗号資産(仮想通貨)億万長者は暗号資産(仮想通貨)に関係があるビジネスを展開している人物が目立っている
  • 暗号資産(仮想通貨)によってもっとも成功した人物はリップルの共同創業者クリス・ラーセン氏
  • 暗号資産(仮想通貨)長者の共通点は早い段階から暗号資産(仮想通貨)に熱い想いと信念を持ち投資をしていた
  • まずは暗号資産(仮想通貨)や投資に関する基礎から勉強を始めよう

暗号資産(仮想通貨)長者とは?

2017年末から2018年上半期にかけて暗号資産(仮想通貨)で1億円以上の利益をあげた人の造語「億り人(おくりびと)」という言葉が大きな注目を集めました。
関連ページ:暗号資産(仮想通貨)で億り人になった人はどれくらい?億を稼いだあとの生活は?

暗号資産(仮想通貨)長者とは、主に2017年頃の暗号資産(仮想通貨)バブル期に、暗号資産(仮想通貨)の売買で1億円以上の資産を築き上げた人達のことを指しています。

2017年には暗号資産(仮想通貨)が軒並み上昇し、様々な暗号資産(仮想通貨)で億万長者が誕生しました。
ビットコイン(BTC)で億万長者になった人はビットコイン長者、リップル(XRP)で億万長者になった人はリップル長者などとも呼ばれています。

もし、ビットコイン(BTC)を2009年に1枚でも購入していれば、今頃は1億円程の資産になっていたでしょう。

2018年の暗号資産(仮想通貨)長者に選ばれた人達は、「暗号資産(仮想通貨)、何それ?」と危ぶまれていた当初から「勇気をもって決断した人」なのです。

彼らは、市場の不安な声には耳も傾けず、ひたすらに「価値が上がることを信じて」投資を続けていました。

ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)などで暗号資産(仮想通貨)長者になるには、知識だけでなく決断力や行動力も必要となってくるのです。

ビットコイン(BTC)で億万長者になったビットコイン長者

暗号資産(仮想通貨)の王様とも呼ばれているビットコイン(BTC)で億万長者になったビットコイン長者を紹介していきます。

ビットコイン(BTC)は最も有名な暗号資産(仮想通貨)であり、暗号資産(仮想通貨)市場の基軸通貨としても利用されています。

ロジャー・バー

ロジャー・バー氏は、アメリカ出身のエンジェル投資家で現在は日本に在住しています。

自身が経営する会社の支払い方法をいち早くビットコイン決済にする等、ビットコイン(BTC)の普及にも力を入れています。

ビットコイン黎明期から100万ドル以上の投資を行っており、ビットコインの神とも呼ばれています。

ロジャー・バー氏は、リバタリアン(無政府主義者)としても有名で、このような思想がビットコインへ(BTC)の投資を決定付けたと言っても過言ではないでしょう。

クリストファー・コッホ

クリストファー・コッホ氏は、大学生だった2009年に興味本位で27ドル(約3000円)で5000BTCを購入しました。

当時、暗号化の論文を書いてる最中で、それがきっかけでビットコイン(BTC)の事を知ったのです。

その後、4年間放置していましたが、気が付いたら1億円以上の価値になっていました。
一部を換金し、オスロの一等地にアパートを買っています。

リップル(XRP)で億万長者になったリップル長者

リップル(XRP)で億万長者になったリップル長者について紹介していきます。

リップルは、国際送金に特化した実用的な暗号資産(仮想通貨)です。

クリス・ラーセン

リップル(XRP)で億万長者になったリップル長者と言えば、クリス・ラーセン氏です。

クリス・ラーセン氏は、リップルの創業者でピーク時には約1兆5000億円分のリップル(XRP)を保有していました。

また、リップル社の株式の17%を保有しており、合わせた総資産額は6兆円とも言われています。

ブラッド・ガーリングハウス

ブラッド・ガーリングハウス氏は、リップル社のCEOを務めている人物です。

リップル社の株式の6.3%と共にリップル(XRP)も保有しており、総資産は約1兆円と言われています。

元々は、ヤフーやAOLで上級執行役員等を務めていましたが、暗号資産(仮想通貨)業界に転身し成功を収めた人物であると言えるでしょう。

イーサリアム(ETH)で億万長者になったイーサリアム長者

イーサリアム(ETH)で億万長者になったイーサリアム長者を紹介します。

イーサリアム(ETH)は、スマートコントラクトと呼ばれる独自の技術で注目されている暗号資産(仮想通貨)です。

ヴィタリック・ブテリン

ヴィタリック・ブテリン氏は、ロシア生まれの起業家・プログラマーで、イーサリアムの創設者です。

なんと19歳にしてイーサリアムのプラットフォームを考案しており、天才と呼ばれています。

ヴィタリック・ブテリン氏の総資産は、少なくとも100億円以上あると言われており、若くして暗号資産(仮想通貨)業界で大成功した代表的な人物です。

世界のビットコイン長者番付TOP10を発表!

ここからは、暗号資産(仮想通貨)で億り人となった人たちをランキング形式で紹介していきます。

ランキングはアメリカ合衆国の経済誌「Forbes」が発表した「暗号資産(仮想通貨)長者番付」に基づいています。

10位 マイケル・ノボグラッツ(7億〜10億ドル)

マイケル・ノボグラッツ氏は暗号資産(仮想通貨)投資会社であるギャラクシーデジタルのCEOを務めている人物です。

暗号資産(仮想通貨)投資会社とは、文字通り暗号資産(仮想通貨)の投資事業として行うことで、投資家から資金を預かり運用しています。

マイケル・ノボグラッツ氏は2013年に暗号資産(仮想通貨)への投資をスタートしました。
2015年にはフォートレス・インベストメント・グループを退社し、暗号資産(仮想通貨)への投資に専念します。その後は、暗号資産(仮想通貨)トレーダーとして莫大な利益をあげました。

暗号資産(仮想通貨)で得た利益は自身の会社であるギャラクシーデジタルで運用されています。
マイケル・ノボグラッツ氏は、暗号資産(仮想通貨)長者の中でもシンプルに投資で利益を得た人物の1人となります。

9位 ブロック・ピアス(7億〜10億ドル)

ブロック・ピアス氏はビットコイン財団の会長やブロックワンのアドバイザーを務めている人物です。

数々の暗号資産(仮想通貨)関連企業の支援に携わっており、出資した企業にはマスターコイン、ブロックチェーンキャピタル、コインベース、イーサリアム、テザー、ビットフューリー、ブロックワン等の有名企業が数多く存在しています。

ブロック・ピアス氏は、暗号資産(仮想通貨)への投資ではなく、主に暗号資産(仮想通貨)関連ビジネスで利益を得たケースと言えるでしょう。

8位 アンソニー・ディ・イオリオ(7億5000万〜10億ドル)

アンソニー・ディ・イオリオ氏はイーサリアムの共同創業者で、イーサリアムを含む暗号資産(仮想通貨)ウォレットであるジャックスの創業者でもある人物です。

Qtum(クアンタム)やVechain(ヴェチェーン)、ZCash(ジーキャッシュ)などの暗号資産(仮想通貨)にも投資しており、黎明期の暗号資産(仮想通貨)にも積極的に投資をすることで大きな利益を得る事ができました。また、暗号資産(仮想通貨)業界の技術者・経営者としても成功した人物であるといえるでしょう。

7位 マシュー・ロスザック(9億〜10億ドル)

マシュー・ロスザック氏は、ブロックチェーンのスタートアップベンチャーであるBloqの共同創業者であり、暗号資産(仮想通貨)投資会社のタリーキャピタルの創業者でもある人物です。

ロスザック氏の自己資本によって設立されたタリーキャピタルは、コインベースやクラーケン、BTCCなどの大手有名暗号資産(仮想通貨)取引所に出資しています。

ブロックチェーンの熱烈なファンでもあり、米国の元大統領であるビル・クリントン氏に初めてビットコインをプレゼントしたのがロスザック氏であったという逸話もあります。

暗号資産(仮想通貨)ビジネスで莫大な資産を築いたタイプの人物であり、これから暗号資産(仮想通貨)関連ビジネスを立ち上げる予定の人であれば、参考になる人物と言えるでしょう。

6位 ブライアン・アームストロング(9億〜10億ドル)

ブライアン・アームストロング氏は、世界的にも有名な大手暗号資産(仮想通貨)取引所であるコインベースのCEOを務めている人物です。

コインベースは、先ほど紹介した暗号資産(仮想通貨)長者番付第7位のロスザック氏が出資した取引所の1つでもあります。

アメリカのテキサス州にあるライス大学で経済学とコンピューターサイエンスの2つの学士号を取得した後、デロイトトーマツのコンサルタントやAirbnbのソフトエンジニアとして活躍していました。

高度な知識や技術力を活かして、暗号資産(仮想通貨)関連ビジネスを成功させた人物であるといえるでしょう。

5位 マシュー・メロン(9億〜10億ドル)

マシュー・メロン氏はアメリカの金融財閥であるメロン財閥の御曹司で、ニューヨーク共和党財政委員会の会長を務めたこともある人物です。

メロン財閥はモルガン財閥やロックフェラー財閥と並ぶ名門として知られており、資産総額は115億ドル(約1.2兆円)に及ぶとも言われています。

元々莫大な資産を持っており、初期段階で多くの資金を使った投資をする事ができました。そのため、一般の個人投資家には参考にはなりにくいケースです。

4位 タイラー&キャメロン・ウィンクルボス兄弟(9億〜11億ドル)

タイラー&キャメロン・ウィンクルボス兄弟は、フェイスブックの創業者であるマークザッカーバーグ氏のハーバード時代の同級生であり、彼に対し訴訟を起こし賠償金65000万ドルを得た兄弟として有名です。

二人は手にした賠償金を元手に暗号資産(仮想通貨)投資を行い、莫大な資産を築く事に成功しました。
2015年には暗号資産(仮想通貨)取引所である「ジェミニ」を立ち上げています。

他の暗号資産(仮想通貨)長者とは違い、投資資金を賠償金でまかなうという変わった方法となっています。そのため、こちらもあまり参考にはなりません。

他の暗号資産(仮想通貨)長者のケースを調べてみる事がおすすめです。

3位 ジャオ・チャンポン(11億〜20億ドル)

ジャオ・チャンポン氏は世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所であるバイナンスの創業者として知られている人物です。

バイナンスは設立からわずか7ヶ月で1秒あたり140万件の取引を処理に成功し、600万人のユーザーを抱える世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所に急成長しました。
ジャオ氏はモントリオールのマギル大学でコンピューターサイエンスを学び、東京証券取引所やニューヨークのブルームバーグなどで取引システムの構築を担当していた経験があります。

豊富な金融・IT技術に関する知識や経験を活かした、暗号資産(仮想通貨)ビジネスで成功を収めたケースとなります。

2位 ジョセフ・ルービン(10億〜50億ドル)

ジョセフ・ルービン氏は暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの共同創業者で、世界最大手のブロックチェーン企業であるコンセンシスの創業者である人物です。

コンセンシスは、企業を相手にセキュリティ監査や暗号資産(仮想通貨)の新規発行等のサービスを行っている世界最大手のブロックチェーン企業です。ルービン氏はロボット工学の分野からキャリアを始め、その後金融業界に転向しました。

アメリカの大手投資銀行であるゴールドマン・サックス証券の元幹部で、金融取引システムの開発やヘッジファンドの運用、富裕層の資産管理などに携わっていました。

ルービン氏は、イーサリアムの最大の保有者であると言われています。

1位 クリス・ラーセン(75億〜80億ドル)

クリス・ラーセン氏はリップルの共同創業者で、75億〜80億ドル相当の暗号資産(仮想通貨)リップルを保有していると言われています。

リップル(XRP)は2018年1月に高騰し、過去最高値1XRP=約400円を記録しました。
その当時の相場で換算すると、なんと約2兆円の資産を一時保有していたということになります。

また、リップル社の株式の17%保有していたこともあり、ピーク時には総資産額6兆円を超えていたとも言われています。世界の長者番付5位に選ばれるなど、暗号資産(仮想通貨)によって最も大きく成功した人物であると言えるでしょう。

【国内編 暗号資産(仮想通貨)で億万長者になった人】日本のビットコイン長者、リップル長者を紹介

世界だけでなく、日本にも多くの暗号資産(仮想通貨)長者が存在しています。

また、実は世界の暗号資産(仮想通貨)取引量の約7割を占めるのが日本人の暗号資産(仮想通貨)投資家なのです。そのため、暗号資産(仮想通貨)によって莫大な財産を築いた有名人が多いのも特徴です。

世界の暗号資産(仮想通貨)長者と同じく、日本の暗号資産(仮想通貨)長者にもある共通点があります。
それは、新しいテクノロジーや仕組みが流通し始めた時にしっかりと勉強し、誰よりも早く真の価値を見いだそうとしたことです。

難しい言葉ですが、これは「先行者利益」と呼ばれています。つまり、参加者が少ない早い段階で市場に参入し、先行して利益を得ようとすることです。

では、実際にどんな方々が暗号資産(仮想通貨)投資で成功したのでしょうか。ここれら、3人の暗号資産(仮想通貨)長者に迫っていきます。

サトシ・ナカモト

サトシ・ナカモトはビットコインの創始者ですが、その実態は謎に包まれています。
2009年にビットコインの仕組みであるプラットフォームやマイニングシステムを完成させました。

保有しているビットコインは100万BTCを超えるとも言われており、日本円に換算すると約1兆円に上ります。

サトシ・ナカモトは、ビットコインをまったく売却していないとされており、今後もビットコイン市場に大きな影響力を持ち続けることが予想されます。

堀江貴文氏

実業家で「ホリエモン」の愛称で親しまれている堀江貴文氏は、暗号資産(仮想通貨)投資で多額の財を成したことでも有名です。

正確な保有資産額までは分かっていませんが、まだ価格が上がる前の段階である数年前から暗号資産(仮想通貨)に注目しており、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を保有していました。

仮に3年前にビットコインを買っていたとすると、当時の相場は1BTC=約2万円です。
そこから最高値200万円を突破しましたので、2018年近辺まで保有していた場合、資産が約100倍になっていたことになります。
現在では暗号資産(仮想通貨)以外のビジネスに注力していますが、今後も暗号資産(仮想通貨)に関する動きや情報発信があるかもしれません。

与沢翼

与沢翼氏は、日本の実業家で暗号資産(仮想通貨)投資を積極的に行っている事でも知られています。

特に、リップル(XRP)への投資で成功しており、12億円以上の利益を得ています。

与沢氏は、2019年9月6日のツイッターでリップル(XRP)を購入したことをツイートし、その後わずか3ヶ月半でリップル(XRP)の価値は10倍になりました。これは、与沢氏の先見性や影響力の大きさを物語るエピソードとも言えるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)への情熱は今でも衰えておらず、現在でも積極的に情報発信をしています。

日本のビットコイン長者の実態は?意外に多いって本当?

一般社団法人日本暗号資産(仮想通貨)交換業協会が発表した「暗号資産(仮想通貨)取引についての現状報告」によると、調査した投資家のうち、約95%の人が100万円未満の預かり金、約77%の人が10万円未満の預かり金となっています。

「億り人」という言葉まで生んだ暗号資産(仮想通貨)投資ですが、内情としては裾野が広く、このような言葉をきっかけに少額で投資を始めた人が多いという印象です。

ただし、暗号資産(仮想通貨)投資家の間では預かり資産額の差が大きいことも特徴で、全体の0.34%の人が1,000万円以上の資産を保有しています。さらに0.02%の限られた人は、なんと1億円を超える資産を保有しているのです。

非常に大きな格差を生んでいます。さらに、ハードウェアウォレット等で保管している通貨保有量などを加えると、金額が倍増すると言われています。

また、暗号資産(仮想通貨)の種類は2,000種類を超えていますので、分散投資をしていく事がおすすめです。個別の暗号資産(仮想通貨)が爆発的な上昇をしたときに、その波に乗ることができます。リスクも分散する事になりますので、損失のカバーもしやすくなるというメリットもあります。

参考:一般社団法人日本暗号資産(仮想通貨)交換業協会の「暗号資産(仮想通貨)取引についての現状報告(2018年4月10日)」

今からでも暗号資産(仮想通貨)で億万長者になれるのか

ここまで、たくさんの暗号資産(仮想通貨)長者を紹介してきましたが、彼等は暗号資産(仮想通貨)黎明期において多額の資金と情熱を注いだ人物ばかりでした。

では、今から暗号資産(仮想通貨)投資を始めて億万長者になれるのでしょうか。

今からでも暗号資産(仮想通貨)で億万長者になれる方法について考えていきます。

暗号資産(仮想通貨)トレードで億万長者を目指す

暗号資産(仮想通貨)は認知度が上がってきており、暗号資産(仮想通貨)市場の流動性も向上してきています。

流動性の高い市場では、暗号資産(仮想通貨)トレードで小刻みに利益を重ねていく事も可能とします。

また、株やFXと比べてもボラティリティが出ていますので、短期トレードでも十分な利益を狙う事ができるのです。暗号資産(仮想通貨)トレードで億万長者を目指す方法もあります。

まだ誰も注目していない有望な暗号資産(仮想通貨)に投資をする

暗号資産(仮想通貨)の種類は2000種類を超えていると言われており、今後も新規で有望な暗号資産(仮想通貨)はどんどん発行される事になるでしょう。

まだ誰も注目していない、価値がそこまで高くない有望な暗号資産(仮想通貨)に投資すると、後で化ける可能性もあります。黎明期の暗号資産(仮想通貨)に思い切って投資をしていく事で、大きな利益を狙う事ができるようになるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)の概要や発行元、運営主体等をしっかりと調べていきながら、有望な暗号資産(仮想通貨)に投資をしていく事で次の億り人を目指す事ができます。

暗号資産(仮想通貨)で億万長者になった場合の税金は?

暗号資産(仮想通貨)で億万長者になった場合でも、所得税や住民税等の税金が発生します。

暗号資産(仮想通貨)で得た利益は、原則として雑所得扱いとなり、他の事業所得や収入と合算して課税される事になります。

日本では、所得が4000万円を超えると最高税率となります。
所得税45%と住民税10%を合わせた55%が最高税率です。

仮に1億円の利益を得た場合には、5500万円の納税義務が発生します。

また確定申告の際には、繁雑な計算が必要になったり、認められる経費等もありますので、税理士に相談してみる事をおすすめします。

ビットコイン長者は億単位で資産を保有している

この記事のまとめ
  • 暗号資産(仮想通貨)億万長者は暗号資産(仮想通貨)に関係があるビジネスを展開している人物が目立っている
  • 暗号資産(仮想通貨)によってもっとも成功した人物はリップルの共同創業者クリス・ラーセン氏
  • 暗号資産(仮想通貨)長者の共通点は早い段階から暗号資産(仮想通貨)に熱い想いと信念を持ち投資をしていた
  • まずは暗号資産(仮想通貨)や投資に関する基礎から勉強を始めよう

今回は、Forbesの「世界の暗号資産(仮想通貨)長者ランキング」を元に、国内や海外の暗号資産(仮想通貨)長者を紹介してきました。

暗号資産(仮想通貨)長者ランキングのトップ3に選ばれた人達は、暗号資産(仮想通貨)の創始者や暗号資産(仮想通貨)取引所のCEOなど、暗号資産(仮想通貨)に深い関係があるビジネスを展開している人物が目立っていました。

早い段階から暗号資産(仮想通貨)に熱い想いと信念を持ち、投資をしていたということです。

また、投資だけはなく、暗号資産(仮想通貨)の新規発行や取引所の設立など技術的な部分でも積極的に力を入れています。

暗号資産(仮想通貨)長者を見ると、今すぐ投資をしたいと感じる人もいるかと思います。しかし、暗号資産(仮想通貨)は値動きが激しくリスクの高い金融商品なので、何の勉強もせずに突拍子もなく始めると大きな損失を被る可能性があります。

ラーセン氏やルービン氏のように勉強する事は難しいですが、基礎的な投資についての知識を増やしていくことは必須となります。

そしてチャンスだと思ったら、自身の感覚を信じて投資をしてみましょう。知識と勇気の2つだけで、今後暗号資産(仮想通貨)で「億り人」になるチャンスが巡ってくるかもしれません。

まずは暗号資産(仮想通貨)や投資に関する基礎の部分から、勉強を始めていきましょう。

 

仮想通貨の体験談
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事