仮想通貨の体験談

ビットコイン長者が意外に多い。有名人と一般人を調査(海外・日本編)

ビットコイン長者

2017年末から2018年上半期にかけて「億り人(おくりびと)」という言葉が大きな注目を集めています。億り人は、主に仮想通貨で1億円以上もの利益を上げた方々を指します。

仮想通貨は2017年12月頃より軒並み価値が急騰し、特にビットコインなどは10万円から200万円に上昇するなど、「数十倍は当たり前」という様相を見せています。

あまりにも価格が上昇したために、「今から始めるのは遅いかな?」とお考えの方も多いでしょう。

しかし、仮想通貨はビットコインだけでなく、世界中に2,000を超える種類があり、「ポストビットコイン」と呼ばれる有望株も多数登場しています。

今回は、世界と日本のビットコイン長者を紹介しますが、彼らの性質や投資手法を知ることで、これからでも「億り人」を目指すことが可能です。彼らはどうやって1億以上もの大金を稼いだのか、ここから詳しく解説していきましょう。

ビットコイン長者とは

ビットコイン長者は、文字通り、ビットコインや仮想通貨投資を通じて多額の資産を獲得した方を指します。

現在の仮想通貨は投機的な側面が強く、短期売買のイメージが先行していますが、まだ通貨の価値が低い時に購入し、長期保有した方が長者に選ばれる傾向にあります。

例えば、ビットコイン。2009年に登場し、少しずつ市場に浸透していきましたが、2013年には1BTC=2,000円程度。2014年に日本のメディアに取り上げられて、ようやく10万円ほどの価値になりました。

それが今では100万円近い価値を持ちます(2018年5月14日時点)。2017年12月には過去最高額の200万円を突破するなど破竹の勢いを見せました。

※ビットコイン価格の推移

年次 概算の価格
2013年 2000円
2014年 10万円
2015年 4−5万円
2016年 11万円
2017年 200万円
2018年 100万円

 

ビットコイン長者になれたのは?

もし、ビットコインを2009年に1枚でも購入していれば、今頃は価値が1,000倍になっていたでしょう。

2018年の長者に選ばれた方々は、そんな「ビットコイン、何それ?」と危ぶまれていた当初に「勇気をもって決断した人」のことです。

彼らは、市場の声には耳も傾けず、ひたすらに「価値が上がることを信じて」投資を行いました。それが成功の秘訣です。

ここからは、ビットコイン長者について、「誰が、どのように資産を増やしたのか?」を詳しく紹介していきます。

仮想通貨市場はまだ環境が整いつつあり成長期にあります。今から始めても決して遅くはありません。ぜひとも、今回のビットコインを長者を参考に、大きな夢を掴んでみましょう。

Forbesが発表したビットコイン長者番付

Forbesはアメリカの経済紙として定期的に「長者番付」を発表しています。

そして、2018年2月には「世界の仮想通貨長者ランキング」を発表。「世界にはそんなに稼いでいる人がいるの!?」ということで話題になりました。

残念ながら、トップ10には日本人の名前はありませんでしたが、海外では仮想通貨を使って桁外れに稼ぐ人がいるのも事実。

ぜひとも、その先見の明を見習って、今後の投資判断に活かしたいですね。

【海外編】世界のビットコイン長者

世界のビットコイン長者について、Forbesの長者番付を参考に、トップ3の資産保有者を紹介していきます。

彼らがどんな投資法を実践したのかを知ることで、これから仮想通貨投資を始める方にも大いに「億り人」のチャンスが巡ってくるでしょう。

クリス・ラーセン氏(Ripple共同創業者)

Forbesが発表した仮想通貨長者番付で見事1位に輝いたのは、仮想通貨Ripple(リップル)創業者であるクリス・ラーセン氏です。

もちろん保有している通貨はリップル(XRP)で、最大約52億XRPを保有していました。リップルは2018年1月に過去最高値1XRP=約400円を記録。その当時の相場で言えば、約2兆円の資産を保有していたことになります。

Forbesが発表したラーセン氏の総資産は約8,500億円。それだけでも物凄いお金ですね。

また、リップル社の株式を17%保有していたこともあり、ピーク時には総資産額6兆円を超えていたとか。世界の長者番付5位に選ばれるなど、今ノリに乗っている人物でもあります。

ジョセフ・ルービン氏(Ethereum共同創始者)

ジョセフ・ルービン氏は、仮想通貨Ethereum(イーサリアム)の共同創始者です。

Forbesが発表した仮想通貨長者番付で1位・2位を獲得したのは、どちらも人気仮想通貨の創業者となります。イーサリアムは時価総額でビットコインに次ぐ2位、リップルは3位を記録しています。

ルービン氏も自社の通貨イーサリアム(ETH)を保有しており、2018年12月頃より価格が急上昇したため、資産総額が跳ね上がりました。Forbes調査では、ルービン氏の仮想通貨資産は約5,300億円にも昇ります。

趙長鵬 ジャオ・チャンポン氏(BinanceCEO)

チャンポン氏は、世界最大の取引所Binance(バイナンス)のCEOを勤めます。

やはり、仮想通貨に深い関わりがある人は保有資産も飛びぬけています。Forbes長者番付では、チャンポン氏は第3位の資産額を誇ります。

バイナンスは、取り扱い通貨120種類以上、そして0.05~0.1%というリーズナブルな手数料設定で、2017年12月に世界一の取引所Bittrex(ビットレックス)を抜いて首位に。

現在も24時間辺りの取引量は2,000億円を超え、衰えない活躍ぶりが目立ちます。

チャンポン氏の総資産額は調査時で約2,100億円とされ、見事トップ3に選ばれました。

【国内編】日本のビットコイン長者

世界だけでなく、日本にはビットコイン長者は存在します。

実は、世界の仮想通貨取引の内約7割を占めるのが日本人の投資家です。そのため、仮想通貨によって莫大な財産を築いた日本の有名人も多いのです。

世界のビットコイン長者と同じく、日本のビットコイン長者もある共通点があります。

それは、新しい仕組みが流通し始めた時にしっかりと勉強し、誰よりも早く価値を見いだそうとしたこと。難しい言葉では、これを「先行者利益」とも言います。

では、実際にどんな方々が仮想通貨投資で成功したのでしょうか。ここから、3人のビットコイン長者に迫っていきます。

堀江貴文氏

実業家で、「ホリエモン」こと堀江貴文氏は、仮想通貨投資で多額の財を成したことで有名です。正確な保有資産額までは分かりませんが、まだ価格が上がる前の数年前から仮想通貨に注目し、ビットコインやイーサリアムを保有していました。

仮に3年前にビットコインを買っていたとしたら、当時の相場は1BTC=約2万円。そこから最高値200万円を突破したので、もし2018年近辺まで保有していたとしたら資産が100倍になっていたことになります。

吉村崇氏(平成ノブシコブシ)

人気お笑い芸人、平成ノブシコブシの吉村氏もビットコインにいち早く注目した有名人です。

1BTC=5万円ほどの時に購入したということから、2016年半ば頃でしょうか。保有額は100万円分、約20BTCとなります。

2017年12月には1BTC=200万円、2018年5月14日現在の価格でも100万円近くを記録しているため、今まで保有していたとしたら2,000~4,000万円の資産を保有していたことに。

田村淳氏(ロンドンブーツ)

こちらも人気お笑い芸人の田村淳氏、2014年に約10万円分のビットコインを購入しました。

ただ、田村氏の場合は、不幸にもマウントゴックスの破たん事件に衝突し、保有資産が消失してしまうという災難も。もし、ご自身のウォレットでしっかりと管理していれば、今頃は50倍もの価値を付けていたんですが……。

日本のビットコイン長者の実態は?

「仮想通貨取引についての現状報告」によると、調査した投資家のうち、約95%の人が100万円未満の預かり金、約77%の人が10万円未満の預かり金となっています。

「億り人」なる言葉まで生んだ仮想通貨投資ですが、内情は意外と裾野広く、これをきっかけに少額で取引を始めた人が多いようです。

ただ、仮想通貨は預かり資産額の差が凄いことも特徴。全体の0.34%の人が1,000万円以上の資産を保有し、さらに0.02%の限られた人は、なんと1億円を超える資産を抱えています。もの凄い格差ですね。

参考:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の「仮想通貨取引についての現状報告(2018年4月10日)」

2017年12月頃から始まった仮想通貨ブームで、1日のビットコイン取引量は3兆円にも迫る勢いと言われます。

これは東京証券取引所の1日の平均の売買代金に匹敵します。(2017年度で3.2兆円程度と言われています。)

調査結果にハードウォレット所有者を合わせるとかなりの数に

この中に、ハードウェアウォレットで保管している通貨保有量などを加えると、さらに金額が倍増するでしょう。特に、大きな利益を得た人ほど資産管理には慎重になり、より安全なハードウェアウォレットにお金を移す流れも見られます。

仮想通貨は、マイナーな銘柄であっても、ふとした拍子にグンと価値が上昇するため、現在預かり資産の少ない人でも、将来的には数十倍に膨れ上がる可能性があります。それが仮想通貨投資の良いところです。

2000種類を越える仮想通貨

ビットコインを含めた仮想通貨の種類は2,000を超えると言われています。どれか1つを釣り上げるのは難しいので、分散投資がおすすめ。

複数の銘柄に資金を少額でも振り分けておくことで爆発的な上昇があるときに、その波に乗ることができます。

また、仮想通貨市場全体が大きな伸びを示すと、保有資産全体の価値が上昇し大きな利益も期待できます。

大きな資産はハードウォレットで管理をしましょう。インターネット上の取引所でウォレットに資産を預けておくのはリスクがあります。

一部の資産がネットに繋がった状態で管理をされていて、マウントゴックスの破たんや、コインチェックの盗難事故など、田村淳氏をはじめとする芸能人も被害に遭っています。

取引をしない時は、しっかりとオンラインから切り離してソフトウェアウォレットやハードウェアウォレットを利用して大切な資産を守りましょう。

まとめ

今回は、Forbesの「世界の仮想通貨長者ランキング」を元に、国内・海外の「億り人」を紹介してきました。

長者ランキングのトップ3に選ばれたのは、通貨の創始者や取引所CEOなど、いずれも仮想通貨に深い関係がある方ばかり。

早いうちから仮想通貨にアツい思いを持ち、ベットしていたということです。

仮想通貨は値動きの激しい金融商品なので、何の予習もせずに突拍子もなく始めると大きな痛手を被る可能性があります。

さすがにラーセン氏やルービン氏ばりに勉強しなさいとは言いませんが、やはりある程度の資産を生み出すには投資についての知識を増やしていくことが欠かせないでしょう。

そして、チャンスだと思ったらご自身の感覚を信じて投資してみる。この知識と勇気の2つだけで、今後「億り人」になるチャンスが巡ってきます。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨の体験談