仮想通貨取引所比較

GMOコインのセキュリティを解剖!技術面、運営面の切り口で確認

GMOコイン

この記事を読んでほしい人
✔ GMOコインで仮想通貨取引を始めたいと思っている方
✔ GMOコインのセキュリティ対策について知りたいという方
✔ 仮想通貨取引所のセキュリティは何をチェックすればよいのか知りたいという方

仮想通貨取引所のハッキング事件が相次ぐ中、仮想通貨取引所のセキュリティ対策は絶対に外せないポイントですよね。

そこで今回は、GMOコインのセキュリティ対策についてお伝えしていきましょう。

GMOコインだけでなく、他社の取引所のセキュリティ対策をチェックする時にも役に立つ知識となっていますよ!

この記事の要約

  • GMOコインは東証一部上場企業であるGMOグループによって運営されている
  • GMOコインはマルチシグやコールドウォレットの採用など、技術的なセキュリティが高い
  • GMOコインは経営的な基盤がしっかりしており、信頼できる仮想通貨取引所
  • セキュリティの高さで仮想通貨取引所を選ぶなら、GMOコインがおすすめ

安心安全なセキュリティであるGMOコインがオススメ

GMOコインとは?

GMOコインとは、インターネットサービスで有名なGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。GMOグループは東証一部上場の大企業であるため、セキュリティ対策も万全と言われています。

GMOグループはインターネットサービスやサーバー貸出事業などを行っているため、取引所のサーバー運営という面で、安心できるのではないでしょうか。

▼GMOコインの取扱い通貨はこちらをチェック▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインの取扱通貨とは?取り扱いのある仮想通貨の特徴も解説! 仮想通貨は、とてもたくさんの種類があります。 すべての仮想通貨の取引が仮想通貨取引所でできるわけではなく、取り扱っている仮...

▼GMOコインの手数料について詳しくチェック▼

あわせて読みたい
GMOコイン
GMOコインの取扱通貨とは?取り扱いのある仮想通貨の特徴も解説! 仮想通貨は、とてもたくさんの種類があります。 すべての仮想通貨の取引が仮想通貨取引所でできるわけではなく、取り扱っている仮...

なぜセキュリティが重要なのか

仮想通貨取引所を選ぶ時のポイントして、ほとんどのサイトでセキュリティが大事だと説明していると思いますが、なぜセキュリティがこんなにも重要視されているのか、しっていますか?

知っている人も、知らなかった人もこの記事でおさらいしておきましょう。

セキュリティの重要性を理解しておくことが、仮想通貨投資をする上での儲けにつながります。

 

ハッキングによる仮想通貨流出事件

2014年から、取引所がハッキングされて多くの仮想通貨が流出する事件が相次いで起きましたね。

事件が起きた順にまとめてみました

事件 被害総額
2014:マウントゴックス事件 約115億円
2016:TheDAO事件 約55億円
2016:Bitfinex事件 約70億円
2018:コインチェック事件 約580億円
2018:ザイフ事件 約70億円

もし、自分の預けている仮想通貨がハッキングや詐欺で流出してしまったら…と考えると恐ろしいです。

預ける額が大きければ大きいほど、取引所のセキュリティ選びに真剣になりますよね。

自分の資産を安全に管理するためにも、取引所のセキュリティがどんな仕組みで本当に安全なのかを知っておく必要があります。

GMOコインセキュリティの仕組み

GMOコイン

GMOコインは、東証一部上場企業であるGMOグループが運営している取引所です。会社の信頼感は文句なしですね。またGMOコインでは

  • 顧客資産の分別管理
  • マルチシグ
  • コールドウォレット
  • サイバー攻撃対策

といったセキュリティ対策に取り組んでいます。下記のサイトで詳細な取り組みについて確認することができますよ。

出典:https://coin.z.com/jp/corp/about/security/

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

技術面でのセキュリティのチェック項目

ビットコイン法律改正

技術的な面で取引所のセキュリティをチェックしたい場合は、

  • マルチシグ
  • ウォレット(コールド・ホット)

といった点に着目してみましょう。

GMOコインのマルチシグ

マルチシグとは?

仮想通貨は公開鍵でアドレスを生成し、秘密鍵で署名をすることで、仮想通貨を送付できる仕組みとなっています。

秘密鍵は、それぞれ送付する人のみが知る鍵。もし秘密鍵を第三者に知られてしまったら、他人に自分の仮想通貨を勝手に送付されてしまうかもしれません。

そこで秘密鍵を複数用意したのがマルチシグ。たとえ1つの秘密鍵が盗まれたとしても、2つめの秘密鍵がなければ仮想通貨を送付することはできないのです。

GMOコインのマルチシグ

GMOコインでは、全ての仮想通貨にマルチシグを適用しています。

マルチシグだけでもセキュリティを数十倍に高めることができると言われていますから、とても安心ですよね。

GMOコインのウォレット

仮想通貨のウォレットは

  • ホットウォレット:オンライン上で管理するウォレット
  • コールドウォレット:オフラインで管理するウォレット

の2種類があります。

ホットウォレット

ホットウォレットは、オンライン上で資金を管理する方法。

手軽で管理がしやすいというメリットもありますが、常時オンラインで資金を管理している状態だと、ハッキングされやすいというデメリットがあります。

コールドウォレット

コールドウォレットは、オフラインで資金を管理する方法。

インターネットに接続されていないオフラインで資金を管理すれば、ハッキングされる危険性はほとんどなくなります。

GMOコインのウォレット

GMOコインでは、顧客資産の大部分をコールドウォレットで管理。

そのため、ハッキングによる被害を最小限に食い止めることができるのです。

GMOコインのセキュリティのその他の特徴

GMOコインでは他にも、

  • 顧客資産の分別管理:GMOの資産と顧客資産を分けて管理
  • 2段階認証:不正ログイン防止
  • 不正ログインがあった場合、メールで通知

といったセキュリティ対策が行われています。

2段階認証はユーザー側で行う設定ですから、自分の資産を守る意味でも必ずやっておきましょう。

▼GMOコインの人気のレバレッジ取引のセキュリティについてはこちら▼

あわせて読みたい
GMOコインのレバレッジ取引の始め方・特徴・手数料他者比較! GMOコインのレバレッジ取引についてわからない…、レバレッジ取引の手数料ってどれぐらい?このような疑問をお持ちではないでしょうか...

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 入出金・取引手数料が無料
  2. セキュリティ性が高い
  3. 決まった価格で希望の数量を買える

経営面でのセキュリティのチェック項目

審査に通る

技術的な面で取引所のセキュリティをチェックしたい場合は、

  • 金融庁の認可
  • 経営基盤(運営母体と金融ノウハウ)
  • 運営年数
  • 株主構成
  • 資本金(財務状況)
  • 経営者の資質(誠実な対応)

といった点に着目してみましょう。

▼GMOコインの評判は?こちらでチェック▼

あわせて読みたい
GMOコイン評判
GMOコインの評判、メリットとデメリット【良い、悪い口コミも!】 本記事は、仮想通貨取引所のGMOコインの「メリット」と「意外と知られていないデメリット」について説明します。 GMOコイン...

チェックすべきポイント

金融庁の認可

金融庁の認可が下りている取引所は、金融庁の条件をクリアしている取引所なので、信頼性が高いといえます。

金融庁の認可を受けていない、いわゆる「みなし業者」は、何かしらの不備があるとみて間違いないので注意しましょう。

経営基盤(運営母体と金融ノウハウ)

運営する企業がどのような業務を行っているのか、という点ですね。

  • まったく新規参入の企業
  • 過去に金融事業を行っていた実績があり、ノウハウを十分に持っている企業

といった点に着目しましょう。

運営年数

長い期間運営しており、確実に口座開設数を増やしている取引所は、きちんとした経営状況だと判断できます。

株主構成

出資している企業に大企業や大手銀行の名前があれば、それだけ信頼性の高い企業といえます。

資本金(財務状況)

資本金の金額も、経営状況を図る材料です。

あまりに少ない資本金だと、融資を受ける際に不利となりますよね。

つまり資本金の金額が多いほど経営は健全であり、いざという時の対応も安心というわけです。

経営者の資質(誠実な対応)

経営者が仮想通貨取引所をどのようなビジョンで運営しているのか、知っておきましょう。

過去に、著しく不祥事を起こしていたりしませんか?

GMOコインの経営面での状況は?

項目 評価 備考
金融庁の認可 2017年9月に認可
経営基盤 東証一部上場企業のGMOグループが運営
運営年数 2016年10月
資本金(財務状況) 17.58億円
株主構成 GMOインターネット株式会社
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
GMOグローバルサイン株式会社
Fitech Source,Inc.
高島 秀行
経営者の資質(誠実な対応) 高島 秀行が代表取締役。GMOインターネット証券などの経歴を持つ。

〇~×の評価とし、最も良い評価は〇としています。GMOコインは、経営面では信頼できるといっていいでしょう。

▼GMOコインの安全性についてもあわせて確認しましょう▼

あわせて読みたい
GMOコイン
仮想通貨取引所は安全?知っておきたい危険性と、GMOコインの安全性について 仮想通貨を始めようと思ったときに欠かせないのが仮想通貨取引所ですが、たくさんあるとかえって選びにくいものですよね。 それな...

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 入出金・取引手数料が無料
  2. セキュリティ性が高い
  3. 決まった価格で希望の数量を買える

まとめ

この記事のまとめ

  • GMOコインは東証一部上場企業であるGMOグループによって運営されている
  • GMOコインはマルチシグやコールドウォレットの採用など、技術的なセキュリティが高い
  • GMOコインは経営的な基盤がしっかりしており、信頼できる仮想通貨取引所
  • セキュリティの高さで仮想通貨取引所を選ぶなら、GMOコインがおすすめ

安心安全なセキュリティであるGMOコインがオススメ

さて、GMOコインのセキュリティについて、技術面と経営面の2つの側面から迫ってみました。

GMOコインはマルチシグやコールドウォレットなど技術面のセキュリティが高く、会社の信頼性といった経営面においても申し分ありません。

セキュリティの高さを求めるのであれば、GMOコインはまさにおすすめの仮想通貨取引所といえるでしょう。

初心者におすすめの取引所はBITPoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、BITPoint以外の取引所に登録してしまった人は、BITPointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のBITPointを見てみる

仮想通貨取引所比較