アルトコイン

アーク(Ark/ARK)を購入。取引所選びから、買い方、特徴まで解説

この記事を読んでほしい人
✔ アーク(Ark/ARK)を購入しようと思っている方
✔ アークの購入方法がわからない方
✔ アークの特徴を調べている方

アーク(Ark/ARK)はLISKのハードフォークから誕生した仮想通貨で、決済などでも使用することができるため利便性が高いです

LISKをより利用しやすく機能性をあげたような作りになっているため、今後浸透していくのではないかと期待を寄せられています。

今回はそんなArk(Ark/ARK)の購入方法から特徴までを解説していきます。

この記事の要約
  • Ark(Ark/ARK)は、トランザクションの承認時間8秒と速い
  • 買い方は、国内取引所でBTC購入し、海外取引所で購入
  • 日本人におすすめの取引所は「Binance」「Bittrex」「Cryptopia」

ark の基本情報

まずは、Ark(Ark/ARK)の基本情報から確認していきましょう。

通貨名 Ark
略号 ARK
開発者/創設者
取引開始日 2017年3月​
発行枚数上限 133,121,624 ARK​
時価総額
(2019年06月23日時点)
56.8億円
コンセンサスアルゴリズム DPoS
公式サイト https://ark.io​
ホワイトペーパー https://ark.io/Whitepaper.pdf
フォーラム https://forum.ark.io

実用性の高さを売りにするため、トランザクションの承認時間は8秒とかなりスピードが早いです。

決済において支払ってから着金までのスピード感はとても重要です。つまりトランザクション承認時間はとても重要になります。

また、カード端末での決済を可能としているため誰でも気軽に支払いに利用することができます。

ark の購入方法・買い方

では、実際にArk(Ark/ARK)の購入方法を確認していきましょう。

ステップ1:国内取引所でBTC購入

Ark(Ark/ARK)を購入するなら、まずビットコインを購入する必要があります。

ビットコインであれば日本円で取引できる国内取引所が多いので、誰でも簡単に購入することが可能です。

購入したいと思っているArk(Ark/ARK)分のビットコインだけでなく、海外の取引所に送金する際のビットコインも忘れずに購入しておきましょう。

もし忘れてしまっても購入分の中から手数料を支払うだけなので問題はありませんが、購入したいと思っていた量の購入ができないなどの不具合が生じてしまいます。

ステップ2:送金して海外取引所で購入

無事にビットコイン購入後に送金できたら、日本からでも使用することができる海外取引所でArk(Ark/ARK)との取引を開始しましょう。

日本人におすすめの取引所はBinanceで、ビットコインとArk(Ark/ARK)で直接取引を行うことができます。

また、イーサリアムやバイナンスコインでも取引することができユーザビリティが高いのもポイントです。

ark が購入できる取引所一覧とおすすめ3選

今すぐにでもArk(Ark/ARK)を購入したい人もいるでしょう。

そこでおすすめの取引所を3つほど紹介するので参考にしてください。

Binance
  • 認知度No.1
  • たくさんの仮想通貨を取り扱っている
Bittrex
  • 世界的に有名な仮想通貨取引所
  • 取扱通貨200通貨以上
Cryptopia
  • 草コインの取引に特化した取引所
  • 取扱通貨580通貨以上

①Binance(バイナンス)

仮想通過の取引所として広く認知されているものの1つです。

Ark(Ark/ARK)が市場で取引されるようになると、いち早く取引できるようにしました。

また、様々な仮想通貨取引を行うこともできるのでArk(Ark/ARK)以外にも取引したいと思っているのであればおすすめです。

②Bittrex(ビットレックス)

日本だけでなく世界的に有名な仮想通貨取引所の1つで、取引も登録さえ済ませれば当日から可能というスピード取引が可能です。

また、取扱通貨は驚きの200通貨なのでArk(Ark/ARK)以外にもマイナーなコインの取引も行ってみたいという人におすすめとなっています。

③Cryptopia

草コインの宝庫として有名な取引所といえば、Cryptopiaです。取扱通貨は業界内でも多い580通貨以上と多くあります。

面白い機能も搭載されています。チャットにコメントしている人に対して投げ銭する(持っている仮想通貨をあげる)ことができます

馴染みやすく使いやすいのでおすすめです。

ark から日本円への換金方法

Ark(Ark/ARK)で取引して儲けたとしても換金しないことには手元に資産として残りません。

ちなみに資産として残すのはとても簡単で、購入するときとは逆の手順を行うだけです。つまり、ビットコインなど国内取引所でも取引できるものに変更して、送金後日本円に換金します。

とても簡単に行えるので手が空いたときにやっておきましょう。

ark の特徴(メリット・デメリット)

利便性が高く今後の展開にも期待が寄せられているArk(Ark/ARK)のメリットとデメリットを紹介します。

特徴1:ブロックチェーンを橋渡し

Ark(Ark/ARK)にはスマートブリッジという機能が搭載されています。これにより、ブロックチェーンを橋渡しすることが可能です。

ですがこの機能を搭載している他の通貨は圧倒的に少なく、数種類しかありません。

つまり、現在のところ全ての仮想通貨をブロックチェーン通しを橋渡しすることができないのです。

特徴2:カード端末の作成

Ark(Ark/ARK)はオフ・チェーン・トランザクションを管理することができるカードの発行を行っています。

それにより誰でも簡単に取引をすることができるようになりました。

銀行口座をもたない人でも簡単に参入できるのはメリットといえるでしょう。

特徴3:高速取引の可能

決済において、スピードは超重要事項です。つまり、トランザクションの時間が短ければ短いほどユーザビリティが高いということになります。

Ark(Ark/ARK)は8秒です。これがどれほど早いか感覚的にわかりにくいですよね。例えば有名仮想通貨のビットコインでさえ10秒かかってしまいます。

そういった点からもそのすごさがわかるのではないでしょうか。

ark の価格推移・チャート・最新価格

ark の価格推移・チャート

(参照:Bitcasino

Ark(Ark/ARK)は2018年の8月頃からあまり値動きがありません。上がったり下がったりすることなくほぼ平行に移動しています。

まだまだ取り扱っている取引所がすくないため、値動きに変化がないのかもしれません。今後もっと利便性が高まれば値が一気に上がることもあるでしょう。

ark の今後の展望・将来性

Ark(Ark/ARK)はまだまだ新しくその利便性の高さなどから注目を集めていますが、未だたくさんの取引所で取引が行えないのも現状です。

今後注目が集まれば、たくさんの取引所で取り扱われるようになること間違いありません。

そうなればたくさんの人が取引に参加する可能性が増えますので値動きの幅も大きくなることが期待できます。

ark の購入方法まとめ

 

この記事のまとめ
  • Ark(Ark/ARK)は、トランザクションの承認時間8秒と速い
  • 買い方は、国内取引所でBTC購入し、海外取引所で購入
  • 日本人におすすめの取引所は「Binance」「Bittrex」「Cryptopia」

Ark(Ark/ARK)は比較的新しい仮想通貨のため、まだまだ取り扱っている取引所が少ないのが現状です。

ですが、ブロックチェーンを橋渡しできるのでこの技術が進歩すればその価値も跳ね上がること間違いなしと言えるでしょう。

今後も目を離せない仮想通貨といっても過言ではありません。

 

アルトコイン
初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト