仮想通貨の今後

ビットコイン投資なら住信SBI口座が絶対的におすすめの理由

仮想通貨取引で意外と見落としがちなのが銀行の振り込み手数料です。

入金の回数が増えるほど負担が増してしまうため、少しでも手数料が安い銀行の口座を作ることが大切になります。

また、仮想通貨の相場はかわりやすいため、24時間の振込みに対応しているかどうかも重要なポイントになっています。

取引所の振込先は住信SBIネット銀行が多い

仮想通貨取引所の振込先は住信SBIネット銀行が指定されることが多いです。

住信SBIネット銀行は24時間振込みに対応している他、振込みの手数料が格安というメリットがあるためです。

業務で頻繁に手数料がかかる取引所にとっては振込み料金の負担は死活問題に繋がります。

そのため、少しでも負担を減らすために住信SBIの口座を指定することが多くなっているのです。

本来かかる入金手数料がお得に

仮想通貨取引所の口座に入金する場合は、振込み料金の実費のみを負担するというケースが多いのがポイントです。

ネット銀行は振込みの手数料が格安であるケースや、回数制で手数料が無料になることが多いのが特徴です。

中でも住信SBI銀行は手数料の無料回数が多く、ほとんどのコンビニで利用ができることから人気になっています。

住信SBIネット銀行を仮想通貨取引所で使うメリット

住信SBIネット銀行は仮想通貨取引と相性が良く、様々なメリットがあります。

振り込み手数料以外のメリットに注目して利用する人も珍しくなく、選ばれるポイントにもなっています。

メリット1:24時間の入金と振込みに対応

住信SBI銀行は24時間の入金と振込みに対応しています。

取引所によって反映までの時間は若干異なるものの、仮想通貨の暴騰や暴落に対応しやすいのが魅力になります。

価格の変動が激しい仮想通貨は売買のタイミングが重要になるため、素早く資金を移動させられることは大きなメリットです。

メリット2:取引所間の資金移動が簡単になる

仮想通貨取引所でトラブルが起こった場合や、取り扱う仮想通貨の種類がかわった場合は資金の移動が必要になるケースがあります。

ほとんどどこの取引所でも住信SBIネット銀行の取扱いがあります。

住信SBIネット銀行の場合はお金を引き出して別の取引所に入金することが簡単で、資金移動が簡単なのが魅力です。

仮想通貨自体を移動させる方法もありますが、金額によっては手数料負担が重くなるため、選択肢が増えるのは大きなプラスです。

メリット3:土日祝日も振込みが可能

住信SBI銀行は土日祝日も振込みが可能になっています。

仮想通貨は土日祝日も取引が行われるのが一般的になっているため、休日に対応していない銀行から振込みができないと買い時を逃す確立が高まります。

コンビニからの24時間のクイック入金に対応している取引所もありますが、手数料がかかるため注意が必要です。

住信SBIネット銀行自体のメリット

住信SBIネット銀行は仮想通貨の購入以外のメリットも多く、利用者が多いのがポイントになります。

仮想通貨以外の金融商品の購入にも使いやすいため、分散投資をする人も珍しくないのが特徴になっています。

メリット1:購入できる金融商品が豊富

住信SBIネット銀行経由で購入できる金融商品は多く、投資対象を広げられるのは大きなメリットです。

投資信託や株の購入なども行いやすく、仮想通貨以外の金融資産を購入して分散投資にチャレンジする人も多いのです。

小額の投資であれば非課税で利用できるNISA口座の開設なども可能です。

メリット2:PCやスマホで操作することも可能

住信SBIネット銀行は、PCやスマホで入出金の手続きをとることができます。

ネット経由で様々な手続きを完結させることができるため、手続きを行うために銀行に赴くという手間自体を省くことができます。

そのため、給料の振込みなどをSBIネット銀行に指定し、手数料や時間の節約に利用する人も多いのです。

メリット3:ATMからの出金手数料の無料回数が多い

住信SBIネット銀行はほとんどのコンビニATMを利用してお金を引き出し、振り込むことが可能です。

また、出金手数料は最低でも2回無料で、会員ランクによって最大15回まで無料で利用できます。

24時間引き出せて出金手数料が無料であることは大きなメリットといえます。

SBIバーチャルカレンシーズ(取引所)の開始

SBIバーチャルカレンシーズはSBIホールディングスの子会社の仮想通貨取引所になります。

仮想通貨の交換業者として登録済みで、2018年7月に正式にオープンする予定になっています。現在は、限定された利用者のみに公開をしていて、今後正式にリリースされることが決まっています。

金融大手のグループ会社が仮想通貨取引所運営に乗り出すことから注目を浴びていて、さらに取引所間の競争が激化する可能性が高くなっています。

まとめ

取引所の口座に入金を行うためには銀行口座を経由するのが一般的ですが、口座によって手数料などがかわわります。

住信SBIネット銀行は振り込み手数料が安いだけでなく、24時間の振込みに対応するなどメリットが非常に多いのが魅力です。

国内の仮想通貨取引所のほとんどが住信SBIネット銀行の口座を利用していて、取引所の切り替えにも柔軟に対応できるのも特徴になっています。

仮想通貨の今後
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト