アルトコイン

アイオータ(IOTA/MIOTA)を購入。取引所選びから、買い方、特徴まで解説

この記事を読んでほしい人
✔ IOTAをこれから購入しようと思っている方
✔ IOTAの購入方法がわからない方
✔ IOTAのおすすめの買い方が知りたい方

IOTAという仮想通貨をご存知でしょうか。

IOTAは、モノのインターネットであるIoTに最も適した仮想通貨として利用されることを目的に開発されました。次世代の技術であるIoTの技術の発展によって、様々な場面での利用シーンが増えることが期待されています。

今回は、IOTAの購入できる取引所や購入方法、iotaの特徴や将来性について解説していきます。

この記事の要約
  • IOTAはデバイス間の決済を円滑に行うことを目的として開発された仮想通貨
  • IOTAは、国内の仮想通貨取引所では取り扱っていない
  • IOTAの購入方法は、仮想通貨取引所かChangellyで購入する
  • IOTAは、フォルクスワーゲンや台北市、富士通など、様々な一流企業と提携している

アイオータ(IOTA)が購入できる取引所

取引所名 日本人利用の可否
Binance
Huobi ×
HitBTC ×
OKEx
Fcoin
Bitfinex

CoinMarketCapのiotaのページで確認することもできます。

アイオータ(IOTA)の購入方法

IOTAの購入方法は次の2種類です。

  1. 仮想通貨取引所で購入する
  2. Changellyで購入する

以下に、この2種類の方法について詳しく解説していきます。

アイオータ(IOTA)を取引所で購入する方法を解説

まずは、IOTAを仮想通貨取引所で購入する方法について解説していきます。

IOTAは現在、国内の仮想通貨取引所では取り扱っておらず、海外の仮想通貨取引所で購入することになります。

まだ仮想通貨を保有していない人は、

  1. 国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入
  2. 海外の仮想通貨取引所に送金をしてiotaを購入する

という流れになります。

アイオータ(IOTA)購入ステップ1

まずは、国内の仮想通貨取引所でビットコインを日本円で購入します。

ビットコインは仮想通貨の中で最もメジャーなもので、国内の仮想通貨取引所から海外の仮想通貨取引所に送金するための仮想通貨としても非常に優れています。

また、ビットコインを購入する際には、iotaを購入する分のビットコインだけではなく、送金手数料分も考慮した上で、購入していきましょう。これから購入する方はコインチェックがオススメです。

アイオータ(IOTA)購入ステップ2

IOTA購入分のビットコインが用意できた後は、iotaを取り扱っている海外の仮想通貨取引所に送金することで、実際にiotaを購入することができるようになります。

仮想通貨取引所の取引ページからiotaを選択して、購入することができます。

また、海外の仮想通貨取引所では、イーサリアム(ETH)やモネロ(XMR)等で取引をすることができる所も多いです。好みの仮想通貨でiotaの取引を始めても良いでしょう。

アイオータ(IOTA)をChangellyで購入する方法を解説

IOTAを購入するもう一つの方法である、Changellyという仮想通貨交換サービスについても紹介しておきます。

Changellyの仮想通貨交換サービスは海外のサービスですが、海外仮想通貨取引所を経由する必要がないため、やり方次第では国内の仮想通貨取引所とiotaに対応しているウォレットだけで、交換することができるようになります

アイオータ(IOTA)のおすすめの買い方

先程、IOTAには主に2種類の買い方があるということを説明していきました。

IOTAをどの買い方で買っていけばいいのでしょうか。
iotaのおすすめの買い方について目的別に紹介していきます。

リアルタイムのレートで購入したい人は取引所で

Changellyでは、独自の最安値レートを低い手数料で提供していますが、即時決済等には対応しておらず、リアルタイムのレートでの購入をすることができません。

そのため、Changellyが提示するレートが、必ずしも最安値レートになるとは限らず、取引中にレートが変動すると損をしてしまうようなこともあります。

IOTAを購入する際に、リアルタイムのレートで購入していきたいという人は海外の仮想通貨取引所を利用することをおすすめします。

海外仮想通貨取引所の利用に不安がある人はChangellyで

海外仮想通貨取引所を利用してiotaを購入することに不安がある人は、Changellyを利用していきましょう

Changellyでは、取り扱っている仮想通貨の種類も豊富でアルトコイン同士での交換にも最適です。

交換が完了した後は、自分が指定したウォレットに送金されるため、セキュリティ面でも安心です。

日本国内でアイオータ(IOTA)を取り扱っている仮想通貨取引所はある?

日本国内の仮想通貨取引所では、残念ながら現時点ではiotaが上場している取引所はありません

しかし、今後利用シーンが増えたり、注目度が上がるようなことがあると、取り扱いを始める国内仮想通貨取引業者も出てくるかもしれません。

国内の仮想通貨取引業者や金融庁等の動向に注目しておきましょう。

アイオータ(IOTA)の特徴、将来性

仮想通貨IOTAの特徴や将来性はどのようなものが挙げられるでしょうか。
以下に、IOTAの特徴や将来性について解説していきます。

特徴1:IoT社会での決済手段を担う通貨

IOTAの最も大きな特徴として、IoT社会における決済手段として開発された仮想通貨であるという点が挙げられます。

IoT社会とは、自動車や家電、建造物等、身の回りのありとあらゆるモノがインターネットに繋がる社会のことを指しています。あらゆるモノがデバイスとしてインターネットに繋がり通信を始めることで、私たちの生活をより豊かにしてくれます。

IOTAは、IoTデバイス間の通信の際に決済機能を与える役割を果たすことを目標としています。

IoT社会が実現するに連れて、iotaの経済圏も広がるため、IoT技術の広がりと共に将来的な価値の向上が期待できるでしょう。

特徴2:独自技術Tangleにより実用化に期待

IOTAは、Tangleと呼ばれる独自の技術により、手数料無料で送金やデータの送受信ができるという特徴があります。

Tangleとは、IOTAの分散台帳システムに採用されている独自のコア技術であり、利用者同士によって取引を成立させるため、マイニングの必要がなくコストのかからない送金が可能となります。

Tangleは、ブロックチェーンを応用した技術の一つであり、次世代の技術としても注目されています。

特徴3:とにかく処理速度が早い

IOTAは、トランザクション処理速度が早いという特徴もあります。

IOTAのコア技術であるTangleでは、取引主体がノードとなり、取引主体が増える度に承認も増えるため、トランザクション処理の遅延が解消されます。

決済速度を早めることで、IoTデバイス上での円滑な利用を可能としています。

特徴4:日本も含む大企業との連携

IOTAは、様々な一流企業と提携しています。

具体的な提携先を挙げると、フォルクスワーゲンや台北市、富士通等があります。
自動車運転の効率化やスマートシティの構築、製造現場での活用等について、企業とのプロジェクトが進行しています。

IoT社会の実現に向けて、IOTAの実用性は各業界から注目されており、早期の実用化の目途も立ってきています。

特徴5:値動きが激しい

IOTAは、比較的時価総額の大きな仮想通貨ですが、値動きが激しいという特徴もあります。

IOTAを購入するタイミングによっては、大幅な下落等により含み損となってしまう可能性もあります。

IOTAを購入する場合は、将来的な価値の向上を期待して、中長期的な視点で投資をしていくことをおすすめします。

次世代の技術であるIoTに最適な仮想通貨であるアイオータ(IOTA)

この記事のまとめ
  • iotaはデバイス間の決済を円滑に行うことを目的として開発された仮想通貨
  • iotaは、国内の仮想通貨取引所では取り扱っていない
  • iotaの購入方法は、仮想通貨取引所かChangellyで購入する
  • iotaは、フォルクスワーゲンや台北市、富士通など、様々な一流企業と提携している

IOTAは、次世代の技術であるIoTデバイス間の決済を円滑に行うことを目的として開発された仮想通貨です。

IoT社会の実現により、利用シーンが増えることによって経済圏を拡大させていくことが期待されています。

将来的な価値を期待して、今からIOTAを購入して投資をすることは検討に値するということができるでしょう。IOTAの今後の動きにも注目です。

アルトコイン
初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト