アルトコイン

イオス(EOS/EOS)を購入。取引所選びから、買い方、特徴まで解説

この記事を読んでほしい人
✔ イオス(EOS/EOS)の購入方法を知りたいという方
✔ イオス(EOS/EOS)を購入できる仮想通貨取引所を知りたいという方
✔ イオス(EOS/EOS)について知りたいという方

2017年の誕生から瞬く間に時価総額でトップ10入りするなど、注目の高い仮想通貨がイオス(EOS/EOS)。

企業の業務サポートを目的とした分散型プラットフォームであり、将来性が高く期待されています。

イオス(EOS/EOS)の最終目的は、「分散型プラットフォームEOS」の構築です。これは「スマートコントラクト」を利用した企業間取引の簡素化と、透明性の確保を最終的なゴールにしています。

そこで今回は、これから価格上昇が期待されるイオス(EOS/EOS)の購入方法や、購入できる取引所などを紹介していきましょう。

この記事の要約
  • イオス(EOS/EOS)は「Binance」「Bitmex」「Bitmart」といった海外取引所で購入可能
  • イオス(EOS/EOS)の購入方法は「国内取引所でビットコインなどを購入し、海外取引所に送金してから購入する」という流れ
  • イオス(EOS/EOS)は「Changelly」で両替することもできる
  • イオス(EOS/EOS)は「処理速度が速い」「取引手数料が無料」「DPosを採用」といった点から将来性に期待されている

イオス(EOS/EOS)が購入できる取引所

イオス(EOS/EOS)の購入方法ですが、残念ながら今のところ日本では購入できる取引所がありません。海外取引所を利用する必要があります。

海外取引所では日本円でそのままイオス(EOS/EOS)を購入することはできません。まず国内取引所でビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入し、その仮想通貨でイオス(EOS/EOS)を購入するという流れです。

  • Binance
  • Bitmex
  • Bitmart

現在、イオス(EOS/EOS)を購入できる取引所は上記のとおり。いずれも海外取引所ですので、日本円で直接購入することはできません。

イオス(EOS/EOS)の購入方法

イオス(EOS/EOS)の購入方法ですが、わかりやすいのは国内で購入した仮想通貨を使って海外取引所で購入する方法です。

  • 国内取引所の口座でビットコインやイーサリアムを購入
  • イオス(EOS/EOS)を取り扱っている海外取引所の口座を開設し、その口座に送金
    送金後、その仮想通貨でイオス(EOS/EOS)を購入

イオス(EOS/EOS)を取引所で購入する方法を解説

イオス(EOS/EOS)を取引所で購入する方法を、もう少し詳しく解説していきましょう。

国内取引所・海外取引所の両方で口座を開設するのは面倒かもしれませんが、値上がりが大いに期待できるイオス(EOS/EOS)ですから、購入しておいて損はありません。

さきほど紹介した海外取引所は大手で日本人の利用も多いので、安心して利用することができますよ。

ステップ1:国内取引所で仮想通貨取得

まずは国内取引所で口座を開設します。

国内取引所は多数ありますが、大手取引所で金融庁の認可を受けている取引所をチョイスするといいでしょう。

  • コインチェック
  • ビットフライヤー
  • ビットバンク
  • ビットポイント
  • DMMビットコイン

セキュリティや補償などを考慮すると、金融庁の認可を受けている上記の取引所から仮想通貨を購入するのがおすすめです。

ステップ2:海外取引所で仮想通貨取得

国内取引所でビットコインなどを購入したら、その仮想通貨を海外取引所に送金します。

送金が完了したら、ビットコインなどでイオス(EOS/EOS)を購入しましょう。難しそうにみえるかもしれませんが、実際にやってみると意外に簡単です。

日本語に対応している海外取引所もありますし、Googleの翻訳機能を使用すればサイトが英文であっても対応できます。

 

イオス(EOS/EOS)をChangellyで購入する方法を解説

海外取引所を利用せず、Changellyという仮想通貨両替所を利用してイオス(EOS/EOS)を購入する方法もあります。

Changellyを利用すれば、アルトコイン同士での両替可能です。。

海外取引所に送金する手間が省けるぶん、簡単にイオス(EOS/EOS)を購入できるでしょう。

Changellyの登録方法

Changellyの登録方法は簡単。スマホからでも登録できます。

  • Changellyのサイトを開き、登録画面を表示
  • 登録画面でメールアドレスを入力
  • 入力したメールアドレス宛にパスワードが送られてくる
  • パスワードを入力して、ログイン

これだけで登録完了。

Changellyでは100種類以上のアルトコインと両替ができますので、ぜひ登録しておきたいですよね。

 

EOSのおすすめの買い方

国内取引所から海外取引所に送金を行い、イオス(EOS/EOS)を購入するという方法が一番スタンダードでおすすめといえます。

自分が操作しやすい、一番扱いやすいと思う取引所でも構いませんが、セキュリティや保障を考えると、やはり金融庁の認可を受けた取引所のほうがいいでしょう。

 

イオス(EOS/EOS)の特徴、将来性

将来性が高いといわれるイオス(EOS/EOS)ですが、どのような特徴を持っているのでしょうか?

イオス(EOS/EOS)は中国の仮想通貨格付けランキングで1位を獲得するなど注目度が高く、購入者も増えています。

イオス(EOS/EOS)の将来性と特徴を紹介しますので、参考にしてみてください。

処理能力が早い

イオス(EOS/EOS)の特徴の一つは、圧倒的な「トランザクションのスピード」です。トランザクションのスピードとは「処理能力の速さ」。

イオス(EOS/EOS)は企業支援型の仮想通貨の筆頭であるイーサリアムをも凌駕する、トランザクションのスピードを誇っています。

間違いなく全仮想通貨の中でも最上位に位置しますので、実用化が進めばイオス(EOS/EOS)の価格の高騰が期待できるでしょう。

取引手数料が発生しない

イオス(EOS/EOS)は、取引手数料がかからないという特徴があります。

仮想通貨取引ではたいてい手数料が発生しますから、頻繁に取引を行う企業などにとっては、とてもありがたい仮想通貨といえるでしょう。

マイニングコストが安い承認アルゴリズム

イオス(EOS/EOS)は、承認アルゴリズムにDPosを採用しています。

DPosとは、スマートコントラクトで選出された承認者がブロックを生成できる仕組み。

そのためグループでブロックチェーンを利用した場合、グループ内で承認者を決定することで余計なマイ二ング電力を使用せず、低コストでの運用を行うことができます

EOSは将来有望!

この記事のまとめ
  • イオス(EOS/EOS)は「Binance」「Bitmex」「Bitmart」といった海外取引所で購入可能
  • イオス(EOS/EOS)の購入方法は「国内取引所でビットコインなどを購入し、海外取引所に送金してから購入する」という流れ
  • イオス(EOS/EOS)は「Changelly」で両替することもできる
  • イオス(EOS/EOS)は「処理速度が速い」「取引手数料が無料」「DPosを採用」といった点から将来性に期待されている

さて、イオス(EOS/EOS)の購入方法や、購入できる取引所などについてお伝えしてきました。

日本の取引所で購入できないため知名度はイマイチですが、世界的には有名な仮想通貨。

時価総額が10位以内にランクインしているなど、購入者やホルダーが多くいます。

実用化されて企業間での使用が始まれば、価格の高騰が大いに期待できます。今回の解説を参考にして、ぜひイオス(EOS/EOS)の購入にチャレンジしてみてください。

アルトコイン
初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト