ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングのやり方【口座開設から確定申告まで】

この記事を読んでほしい人
✔ ソーシャルレンディングのやり方を知りたいと思っている方
✔ ソーシャルレンディングの注意点を知りたいという方
✔ ソーシャルレンディングは確定申告が必要なのか知りたいという方

お金を借りたい企業と、お金を貸したい個人をマッチングさせる「ソーシャルレンディング」という新しい投資方法が流行しているのをご存知ですか?

少額からでも始められ、利回りも大きいため、多くの方がソーシャルレンディングに注目しています。

そこで今回は、ソーシャルレンディングの始め方や、ソーシャルレンディングにかかる税金、確定申告の方法についてお伝えしていきましょう。

この記事の要約

  • ソーシャルレンディングを始めるには、まず事業者に口座開設する必要がある
  • ソーシャルレンディングの口座開設には審査があり「現住所」「年齢」「投資経験・年収・資産」「犯罪歴の有無や反社会勢力かどうか」をチェックされる
  • ソーシャルレンディングではリスクを避けるため「事業者」「ファンド」「テーマ」「融資先」を分散させよう
  • ソーシャルレンディングは、その他雑所得との合計が20万円以下であれば確定申告の必要はない

口座開設のやり方

ソーシャルレンディングのやり方

ソーシャルレンディングをしたいと思ったら、まず最初にすることは「口座開設」です。

事前に必要な書類を準備しておくと、手続きが楽になりますよ。

本人確認書類(いずれかを準備)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 写真付き住基カード
  • 外国人登録証

登録口座確認に必要なもの(すべて必要)

  • 金融機関名
  • 支店名(支店コード)
  • 預金種類
  • 口座番号
  • 口座名義

必要な書類をすべて準備できたら、さっそく口座開設の手続きをしましょう。

①登録

各事業者のWebサイトから、登録フォームを表示してください。その後、流れに沿って必要事項を入力します。金融商品の取引であるため、

  • 投資経験
  • 年収
  • 資産状況

についても問われますが、「資産300万円以下」「専業主婦」「年収100万円以下」という方でも審査に落ちることはなかったそうなので、安心してくださいね。

法人として登録を行うことも可能ですが、その場合は電話やメールなどで直接事業者に問い合わせてください。

②本人確認書類の提出

個人で口座を開設する場合も、本人確認書類を提出する必要があります。

本人確認書類(いずれかを準備)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 写真付き住基カード
  • 外国人登録証

提出方法は、Web上で画像をアップロードする場合がほとんどです。

郵送やFAXでも本人確認書類の提出を受けつけている事業者もあるので、画像アップロードを避けたいという方は、事業者の本人確認方法をチェックしておきましょう。

法人の場合

法人として登録する場合は、個人用とは異なり、以下の本人確認書類が必要になります。

  • 登記簿謄本のコピー
  • 取引責任者の本人確認書類

※上記以外にも「実質的支配者」に関する書類の提出を求められる場合があります。
実質的支配者とは議決権保有比率が25%を超える株主のことです。

ファンズ(funds)
総合評価 ⭐⭐⭐⭐⭐
信頼度 ⭐⭐⭐⭐☆
利回り ⭐⭐⭐⭐☆
(1.5-6%)
投資対象 国内事業性資金上場企業や注目のベンチャー企業に投資可能
最低投資金額 ⭐⭐⭐⭐⭐
1円から投資可能!
累計の成約実績 ⭐⭐⭐⭐⭐
(約1億円ですが、今後増えていく予定)

ここがオススメ!

  1. なんと、1円から上場企業の収益事業に投資できる
  2. 自分の資金を優良企業に貸付をするソーシャルレンディング
  3. 毎日相場を見る必要がなく、”ほったらかし投資”が可能!

口座開設の主な審査

ソーシャルレンディングの審査項目

ソーシャルレンディングの口座開設でも審査が行われます。

口座開設のために必要な審査には、事業者ごとに基準が設けられています。
各事業者が主にチェックしている項目をまとめていきましょう。

①現住所

確認されるのは、日本に住んでいるかどうかです。
国籍が外国にある方でも、日本に住んでいれば口座開設ができます。

逆に、日本国籍の方でも、現在海外にお住まいの方は口座を開設することができません。

②年齢

事業者ごとに口座を開設できる年齢に制限が設けられています。

主な事業者の口座開設の年齢基準は

  • maneo:20歳以上、75歳未満
  • SBIソーシャルレンディング :20歳以上
  • クラウドクレジット :20歳以上、75歳未満(75歳以上は要問合せ)
  • OwnersBook:20歳以上、75歳未満(75歳以上は要問合せ)
  • クラウドバンク:80歳未満(未成年の場合は親権者・未成年後見人の確認が必要)

となっています。もちろん、あてはまらない場合は口座を開設することができません。

③投資経験・年収・資産

口座開設にあたって投資経験・年収・資産も審査されます。
しかし、投資経験が無いからといって審査に落ちることはありません。

年収・資産については、明確な基準こそありませんが、

  • 投資経験なし
  • 年収200万円以下
  • 資産50万円以下

の場合、審査に落とされたというケースもあるようです。

④反社会的勢力

口座登録者が過去に犯罪歴が無いか・反社会勢力に属していないかを調べられます。

多くの事業者は、反社会勢力との取引をすべて遮断することを明確に宣言しています。

口座開設完了

審査が完了すると?

審査を通過して口座開設が認められると、登録した住所にハガキまたは封書が届きます。

これは住所確認にも用いられるので、引越しを控えている方や、住居が複数ある方は注意しておきましょう。

ファンズ(funds)
総合評価 ⭐⭐⭐⭐⭐
信頼度 ⭐⭐⭐⭐☆
利回り ⭐⭐⭐⭐☆
(1.5-6%)
投資対象 国内事業性資金上場企業や注目のベンチャー企業に投資可能
最低投資金額 ⭐⭐⭐⭐⭐
1円から投資可能!
累計の成約実績 ⭐⭐⭐⭐⭐
(約1億円ですが、今後増えていく予定)

開設した口座へ入金

審査が終わると入金できるようになる

口座開設完了後に口座への入金が可能となりますが、募集開始後すぐに目標金額を達成してしまう人気のファンドもあります。

また事業者によって異なりますが、入金から反映までに日数がかかる場合もあります。

機会を逃さないためにも、入金は早めに済ませておくとよいでしょう。

ファンドを選んで投資を開始しましょう

いよいよ投資スタート!

入金が完了したら、自分の口座のある事業者のサイトからファンドを選択して投資を開始しましょう。

ファンドは事業者ごとに差はありますが、たいてい複数同時に募集しています。

ファンドを選ぶポイントとしては

  • 利回りが高いこと
  • 運用期間が短すぎず、長すぎないこと

といった点が重要です。もっとも最適なのは6ヶ月〜12ヶ月の運用期間のファンドでしょう。

ファンズ(funds)
総合評価 ⭐⭐⭐⭐⭐
信頼度 ⭐⭐⭐⭐☆
利回り ⭐⭐⭐⭐☆
(1.5-6%)
投資対象 国内事業性資金上場企業や注目のベンチャー企業に投資可能
最低投資金額 ⭐⭐⭐⭐⭐
1円から投資可能!
累計の成約実績 ⭐⭐⭐⭐⭐
(約1億円ですが、今後増えていく予定)

ここがオススメ!

  1. なんと、1円から上場企業の収益事業に投資できる
  2. 自分の資金を優良企業に貸付をするソーシャルレンディング
  3. 毎日相場を見る必要がなく、”ほったらかし投資”が可能!

オススメのソーシャルレンディング投資方法

おすすめのソーシャルレンディング投資方法

ソーシャルレンディングで投資をするときに気をつけることは、「偏った投資をしない」ことです。

1つのファンドに偏って投資をしてしまうと、リスクが大きくなります。

何年もコツコツと投資を積み重ねても、事業者の倒産やファンドの貸倒れが発生すると、これまでの投資は水の泡。そのため、投資先は分散させる必要があるのです。

次の4つを分散させることで、リスクを極力抑えたうえで、着実に利益をあげられる投資ができるでしょう。

その①:投資するソーシャルレンディング事業者を分散

ソーシャルレンディングは「新しい投資方法」であり、始まってまだ日が浅いのというのが現実です。

そのため、まだ経営基盤がしっかりとしていない事業者もあります。

上場企業であるロードキャピタルが運営するOwnersBookは経営が比較的安定していますが、その他の新しい事業者は小さなトラブルでも経営危機に陥ってしまうこともあるでしょう。

投資する事業者を分散させて、なるべくリスクを小さくしてください。

その②:投資するファンドを分散

ファンドは、時々「貸倒れ」が発生します。
過去3年間でも、1.47%という割合で貸倒れが発生しました。

そのため同じ金額を投資するなら、1つのファンドに集中して投資をするのではなく、いくつかのファンドに分けて投資を行いましょう。

いくつかのファンドに分けて投資をするのは少し面倒ですが、ソーシャルレンディングは運用の手間がないのが特徴なので、最初だけ丁寧に投資を行えば十分でしょう。

その③:投資するテーマを分散させる

ソーシャルレンディングといえば不動産投資が安全というイメージがありますが、これはかなり危険な考えといえます。

なぜなら、リーマンショックのような不動産市場全体に影響を与える大暴落が起こった場合、あなたの資産が一気に減ることにつながるからです。

不動産のファンド以外にも、

  • 海外のファンド:為替の影響を受けやすい
  • 再生可能エネルギーのファンド:政府の方針に影響を受けやすい

といったように、テーマによってさまざまな特徴があります。

テーマはある程度分散させ、トラブルが発生した時に影響を少なくする工夫をしましょう。

その④:投資する融資先を分散させる

異なるファンドに投資をしたつもりでも、まったく同じ企業(融資先)に投資をしていることもあります。

これでは、その企業が倒産した場合、すべての投資金額がなくなってしまいます。
融資先に個別のアルファベットを与え、識別できるようになっている事業者もあります。

そういったサービスを導入している事業者では、なるべく融資先が被らないように確認してから投資をしましょう。

運用期間終了後の分配・償還

ソーシャルレンディングで得られる利益とは?

ソーシャルレンディングでは分配金と償還金というものが発生するのですが、この2つはどう違うのでしょうか。

  • 分配金:ソーシャルレンディングによって得られる利益
  • 償還金:返済される投資元本

どちらも一括返済ならどれくらい利益が出ているのか一目瞭然なのですが、分割返済型の場合、償還金と分配金がいくらなのか把握する必要があるでしょう。

ファンドの募集時に提示された予想利回りと分配金の間に、どれくらい差があるのかを把握しておくことで、そのファンドの実態が見えてきますよ。

ファンズ(funds)
総合評価 ⭐⭐⭐⭐⭐
信頼度 ⭐⭐⭐⭐☆
利回り ⭐⭐⭐⭐☆
(1.5-6%)
投資対象 国内事業性資金上場企業や注目のベンチャー企業に投資可能
最低投資金額 ⭐⭐⭐⭐⭐
1円から投資可能!
累計の成約実績 ⭐⭐⭐⭐⭐
(約1億円ですが、今後増えていく予定)

ソーシャルレンディングの確定申告

ソーシャルレンディングで確定申告は必要?

ソーシャルレンディングで得た所得の確定申告ですが、以下の4つのケースにあてはまれば確定申告をする必要はありません。

  1. 給与の支払いを1ヶ所のみから受けており、年間給与収入が2000万円以下、かつソーシャルレンディング、その他の所得の合計が20万円以下の場合
  2. 給与の支払いを2ヶ所以上から受けており、年間給与収入が2000万円以下、かつ年末調整をされていない給与の収入金額と、ソーシャルレンディング、その他の所得の合計が20万円以下の場合
  3. 公的年金の収入金額が400万円以下、かつ公的年金以外の給与及びソーシャルレンディング、その他の所得の合計が20万円以下の場合
  4. 給与、及び公的年金、ソーシャルレンディングなどその他収入の額が、基礎控除(38万円)や社会保険料控除(健康保険料や年金保険料の支払い額)などの控除額合計以下の場合

ソーシャルレンディングは雑所得に分類されるので、「ソーシャルレンディングの所得(源泉徴収前)と、その他雑所得の合計が20万円を上回らなければよい」というわけです。

条件にあてはまらなかった場合

これらの条件にあてはまらない方は、確定申告をする必要があります。

また、源泉徴収は20%の割合で徴収されているので、所得が195万円〜330万円の人は確定申告をすることで還付を受けられることもあります。

ソーシャルレンディングでの所得や、課税される所得金額の税率をよくチェックしておきましょう。

ソーシャルレンディングを始める主な流れと注意するポイント

この記事のまとめ

  • ソーシャルレンディングを始めるには、まず事業者に口座開設する必要がある
  • ソーシャルレンディングの口座開設には審査があり「現住所」「年齢」「投資経験・年収・資産」「犯罪歴の有無や反社会勢力かどうか」をチェックされる
  • ソーシャルレンディングではリスクを避けるため「事業者」「ファンド」「テーマ」「融資先」を分散させよう
  • ソーシャルレンディングは、その他雑所得との合計が20万円以下であれば確定申告の必要はない

さて、ソーシャルレンディングを始める方法や、投資のやり方などについてお伝えしてきました。

ソーシャルレンディングを始めるには、まず口座開設を行いましょう。
また投資を行う際は、事業者・ファンド・テーマ・融資先の4つの観点から資金を分散させるのがコツです。

口座開設は手軽に行うことができますから、この機会にソーシャルレンディングに投資をしてみてはいかがでしょうか。

ソーシャルレンディング
初心者にも経験者にもおすすめのfunds

ソーシャルレンディングを始めるなら、funds(ファンズ)がおすすめ

funds

上場企業から成長企業まで手軽に貸付投資できます

funds公式サイト