最新ニュース・チャート速報

【リップル価格ニュース】前日(終値)比-1.52%。今日にも再び0.3000米ドル台へ回復か?

8月11日 11時台には0.3080米ドルまで上昇


出典:Trading Viewリップル米ドルチャート

まずは、リップルを取り巻く内外の社会情勢や経済動向がどうなっているか、主な話題を拾ってみた。

暗号資産現物取引サービスの提供を開始
オーケーコイン・ジャパン株式会社は、2020年8月20日(木)から、暗号資産交換業者として、暗号資産現物取引サービスの提供を開始する。同社は、暗号資産現物取引のサービス開始に先立ち、2020年3月30日(月)から、個人利用者からの口座開設の事前受付を実施。同年8月11日(火)16時から、法人利用者からの口座開設の受付を開始した。

また、同社は、2020年8月11日(火)16時から、日本円の入金と暗号資産の入庫の受付を開始した。
サービスの詳細はこちらまで。

ChainTalkがオンラインイベント「Crypto Asia Summit」を開催
ブロックチェーン業界ハブのChainTalkは9月28日~29日の間で、オンラインの大型ブロックチェーンサミット「Crypto Asia Summit」を開催する。

「Crypto Asia Summit」は、投資家や意思決定者が集まり、主要なトレンド、ビジネス機会、トップのブロックチェーンプロジェクトを発見するための場。第1回目は、50名以上のスピーカーと2万名以上の視聴者が参加し、大変注目度が高いイベントとなった。

今回は、分散型金融のDeFiや分散型ストレージのIPFSを中心に、トレンド変化が激しいブロックチェーン業界において、近い将来に来るであろう破壊的なイノベーションの最前線を、自宅や会社に居ながら知ることができるようになっている。
詳細はこちらまで。

売上高予想の下方修正額が10兆円超す
8月11日、東京商工リサーチは、業績予想を下方修正した企業を公表したが、それによると、1000社を超えていることがわかった。修正額は売上高で計10兆1646億円、純利益では4兆9656億円にのぼった。

業種別では、製造業が最多で、外出の自粛などが響いたサービス業や小売業が続いた。売上高の下方修正幅が最も大きかったのはキヤノンの6200億円だった。

「未活用」労働者が533万人
8月11日、総務省は、働きたくても働けない「未活用労働」状態について調査結果を公表したが、それによると、4月から6月の未活用労働者が533万人にのぼっていることがわかった。

2018年の調査開始以来過去最多で、前年同期に比べても123万人増えている。コロナ禍による経済活動の停滞で、完全失業者(194万人)を大きく上回る労働力が十分活用できない状況だ。

未活用労働者は(1)就業時間が週35時間未満で、さらに働きたい就業者(2)1カ月以内に求職活動をしている失業者(3)求職活動をしていないが就業を希望している人などの潜在労働力人口――を合算した指標。

最も多いのは(1)のさらに働きたい就業者で、前年同期比87万人増の267万人で過去最多だった。このうち50万人が期間中に少しも働かなかった休業者だった。

出勤制限や休業などで本人の希望よりも就業時間が制約された人が多い。(2)の失業者も24万人増の214万人で最多だった。

8月の独のZEW景気期待指数は71.5
8月11日、ドイツ欧州経済センター(ZEW)は、8月の独ZEW景気期待指数を発表したが、それによると、71.5となり、7月の59.3から上昇した。景気回復は産業によってまちまちで、回復速度は鈍いと分析している。

現況指数はマイナス81.3。前月(マイナス80.9)から予想(マイナス68.8)に反して悪化した。

7月の米の卸売物価は0.6%上昇
8月11日、米労働省は、7月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)を発表したが、それによると、前月比0.6%上昇した。ただ新型コロナウイルス禍からの景気回復の足取りは鈍い。

前年同月比では0.4%下落。市食品・エネルギー・貿易サービスを除いたコア指数は、前月比0.3%上昇した。FRBが物価の目安としているコア個人消費支出(PCE)価格指数は、6月に前年比で0.9%上昇した。FRBは物価目標を2%としている。

ニューヨーク株式市場
8月11日のニューヨーク株式市場は、ダウ工業株30種平均株価は308米ドル20セント高、S&P00種は9.33ポイント高、ナスダックは49.00ポイント安で取引が始まった。

終値は、ダウ工業株30種平均株価は104米ドル53セント安の2万7686米ドル91セント、S&P500種は0.8%安の3333.69ポイント、ナスダックは1.7%安の1万0782.82ポイントで、それぞれの取引を引けた。

このような状況はリップルの値動きにどんな影響を及ぼすのだろうか。以下は、8月11日のリップルの値動きを時系列に沿って説明したものである。

リップルの前日の値動き

リップル価格
始値0.2948米ドル(31.22円)
高値0.3080米ドル(32.67円)
安値0.2863米ドル(30.37円)
終値0.2903米ドル(30.79円)

では、前日8月11日(火)のリップルの値動きを時系列で追って見てみよう。

始値0.2948米ドル(31.22円)で寄りついたあと、0.2927米ドル(30.99円)まで下落したが、0.2959米ドル(31.33円)まで買い戻されて上昇した。

1時台には0.2963米ドル(31.38円)まで上昇したが、0.2949米ドル(31.23円)まで押し戻されて下落し、2時台には0.2931米ドル(31.04円)まで下落したが、0.2949米ドル(31.23円)まで買い戻されて上昇した。

3時台には0.2962米ドル(31.37円)まで上昇したが、0.2950米ドル(31.24円)まで押し戻されて下落し、4時台には0.2941米ドル(31.14円)まで下落したが、0.2948米ドル(31.22円)まで買い戻されて上昇した。

5時台には0.2979米ドル(31.55円)まで上昇したが、0.2950米ドル(31.24円)まで押し戻されて下落し、6時台には0.2918米ドル(30.95円)まで下落したが、0.2932米ドル(31.10円)まで買い戻されて上昇した。

10時台には最高値0.3080米ドル(32.67円)まで上昇したが、0.3046米ドル(32.31円)まで押し戻されて下落した。

19時台には0.2922米ドル(30.99円)まで下落したが、0.2979米ドル(31.60円)まで買い戻されて上昇し、20時台には0.2993米ドル(31.75円)まで上昇した。

21時台には始値0.2992米ドル(31.74円)をつけたあと下落し、22時台には最安値0.2863米ドル(30.37円)まで下落したが、0.2931米ドル(31.09円)まで買い戻されて上昇した。

23時台には0.2934米ドル(31.12円)まで上昇したが、0.2887米ドル(30.62円)まで押し戻された。その後、買い戻されて、23時59分59秒には終値0.2903米ドル(30.79円)をつけ、8月11日の取引を引けた。

この日一日のリップルの値動きは最安値最高値ベースで、0.0217米ドル(23.02円)であった。

8月12日の価格予想及び、注目のイベント

リップル価格予想:0.3100米ドル(33.03円)~0.2730米ドル(29.09円)

イベント名 時間
NZ・ニュージーランド準備銀行政策金利発表11:00
NZ・ニュージーランド準備銀行金融政策声明11:00
NZ・ニュージーランド準備銀行記者会見12:00
英・4月~6月GDP15:00
英・6月GDP15:00
米・7月コア消費者物価指数21:30
米・7月消費者物価指数21:30
米・8月2日~8日原油在庫23:30

8月12日のリップルは、始値0.2903米ドル(30.93円)で寄りついたあと、0.2836米ドル(30.47円)まで下落したが、0.2875米ドル(30.63円)まで買い戻されて上昇し、1時台には0.2909米ドル(30.99円)まで上昇した。

2時台には始値0.2906米ドル(30.96円)をつけたあと、0.2910米ドル(31.00円)まで上昇した。3時台には始値0.2904米ドル(30.94円)をつけたあと下落した。

5時台には0.2672米ドル(28.47円)まで下落したが、0.2752米ドル(29.32円)まで買い戻された。6時台には始値0.2752米ドル(29.32円)をつけたあと、下落している。

※1米ドルは、106.09円(8月11日)、106.56円(8月12日)で計算

今日のポイント
11日のリップルは、終値で対前日比マイナスの値動きとなった。価格は11時台に0.3080米ドルまで上昇したが、それ以降は伸びず、押し戻されて、終値は0.2900米ドル台で取引を引けた。

11時台をピークに価格が下落し続けて、0.3000米ドルを割ってしまった。8月4日に0.3200米ドル台を付けてからは、そこが上値抵抗線となっているようで、それ以降は0.3100米ドル台から0.3000米ドル台をいったりきたりしている。

価格が上昇するのを拒んでいるのは何が原因かわからないが、トレーダーとしては価格がどう動こうが、ローソク足の値動きをしっかりチェックしながら、的確なポイントでトレードをしていきたい。

▼リップルの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら

リップル(XRP/Ripple)とは?特徴と仕組み、ビットコインとの違いを解説|MAStand

最新ニュース・チャート速報
今、仮想通貨(暗号資産)投資を始めるならコインチェック

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

coincheck

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト

最新記事