最新ニュース・チャート速報

【リップル価格ニュース】0.20米ドル台回復は時間の問題か?

3月20日 次の目標は0.18米ドルの突破だ!


出典:Trading Viewリップル米ドルチャート

各国の行政機関から新型コロナウィルス対策が次々と発表されているが、毎日のように感染者がメディアで取り上げられている世界の経済大国アメリカでは、上院共和党が弟3弾となる新型コロナウィルス救済対策を提案した。

また、ニューヨーク州ではクオモ知事が週内の全事業者に対して、従業員の在宅勤務を命じた。ただし、日常生活に関係の深い食料品や医療、銀行などは例外とした。さらに、カリフォルニア州では知事が全土に外出禁止令を発動した。

一方、金融市場では、NYダウ工業株30種平均が2万円割れ、東京株式市場の日経平均も1万7000円割れと、株価回復は今一つだが、金融市場に対する投資家のファンやリスクはかなり和らいできている。

投資家の心理状態をはかるVIX指数(恐怖指数)も前日より約10ポイント改善して、62.07である。

暗号資産市場では、売りよりも買いが優勢になってきており、ビットコインやイーサリアム、リップルともども値動きが活発になり、それにつられて価格も徐々にだが戻ってきつつあるようだ。

では、前日3月20日(金)のリップルは、始値0.1551米ドル(17.11円)で寄りついたあと、最安値0.1548米ドル(17.08円)まで下落したが、すぐに上昇に転じた。

7時台には高値0.1734米ドル(19.13円)まで上昇したが、0.1695米ドル(18.70円)まで押し戻された。

8時台には始値0.1693米ドル(18.68円)をつけたあと下落し、12時台には0.1596米ドル(17.61円)まで下落した。

ところが、13時台にはいると始値0.1595米ドル(17.59円)をつけたあと上昇に転じ、19時台には最高値0.1760米ドル(19.41円)まで上昇した。

20時台には始値0.1744米ドル(19.24円)をつけたあと下落し、22時台には0.1665米ドル(18.37円)まで下落したが、23時台にはいると上昇し、23時59分59秒には終値0.1692米ドル(18.66円)をつけて、3月20日の取引を引けた。

この日一日のリップルの値動きは最安値最高値ベースで、0.0212米ドル(2.33円)であった。

3月21日の価格予想及び、注目のイベント

リップル価格予想:0.1850米ドル(20.51円)~0.1350米ドル(14.96円)

イベント名時間
Mallorca Blockchain Days(スペイン・マヨルカ島)17:00
Asian Decetralized Summit 4.0(インド・ベンがルール)

2020年3月21日(土)5時35分現在、リップルは始値0.1472米ドル(16.32円)、高値0.1482米ドル(16.43円)、安値0.1468米ドル(16.27円)、終値0.1475米ドル(16.35円)。

3月21日のリップルは、始値0.1692米ドル(18.76円)で寄りついたあと下落し、1時台にはいってからも下落を続け、5時台には始値0.1581米ドル(17.53円)をつけたあともなお下落が続いている。

気になるニュース
「米リップル、タイの国際送金会社と提携」
「リップル社CEO、コロナが会社に与えた影響を説明」

※1米ドル110.34円(3月20日)、110.88円(3月21日)で計算

▼リップルの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら

リップル(XRP/Ripple)とは?特徴と仕組み、ビットコインとの違いを解説|MAStand

最新ニュース・チャート速報
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事