最新ニュース・チャート速報

【イーサリアム価格ニュース】前日(終値)比+3.54%。次のターゲットは4万5000円超えか?

8月2日 13時台には4万4000円台まで上昇


出典:Trading Viewイーサリアム日本円チャート

まずは、イーサリアムを取り巻く内外の社会情勢や経済動向がどうなっているか、主な話題を拾ってみた。

7月の分散型取引高は174%増加
暗号資産の分散型取引所の総取引量は、6月の15億2000万米ドルから、7月には4兆322億米ドルに達した。7月の取引量の41%はUniswapからのものであった。CoinDeskが以前に報告した取引量は、7月の途中で6月の記録を上回った。

「分散型金融は、過去数カ月にわたって爆発しました。 最大のユースケースは取引、借り入れ、貸し出しと見られています」とThree Arrows Capitalの共同創設者であるKyle Davies氏は述べている。「私はこの傾向が続くことを期待しています」とも。

※Uniswapは、Ethereum上でEther(ETH)やERC20トークンを交換するためのプロトコル。
出典:Decentralized Exchange Volumes Rose 174% in July, Topping $4.3B and Setting Second Straight Record

日本銀行がデジタル通貨の開発責任者にトップエコノミストに任命
日本銀行は、最も上級のエコノミストを、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)への研究開発を担当する部門の責任者に異動させた。ロイター通信の報道では、元日銀の調査統計局の局長であった神山一成氏は、決済機構局長に異動した。

同部門は、2020年の初め以来、他の5つの中央銀行とともにデジタル通貨のワーキンググループに深く関わってきた。デジタル通貨のタスクフォースも運営しており、日本でCBDCを立ち上げることの影響を検討している。

元学者であった神山氏は、日銀に6年以上在籍し、中央銀行のニューヨークオフィスで2年間過ごした経験を持つ。調査部門の責任者として、彼は銀行が「ビッグデータ」を使用してリアルタイムで経済動向をよりよく監視および把握することを提唱した。

地政学的なライバルの中国がCBDCの開発を主導しているため、日銀は独自のデジタル通貨を発表するという考えを再検討した。今週、日銀の高官はメディアに、デジタル通貨の研究は現在中央銀行にとって「最優先事項」であると語った。
出典:Bank of Japan Puts Top Economist in Charge of Digital Yen Initiative

フィアットのオンランプを世界中のユーザーに提供
世界中には多くの暗号通貨交換所があり、ユーザーにさまざまな革新をもたらしているが、ユーザーへの付加価値を優先することはほとんどない。

STEXは数少ない市場の中で高い評価を得ており、フィアットオンランプを有名なフィアットインフラストラクチャ決済サービスプロバイダーであるシンプレックスと提携し、世界中のユーザーに提供している。

この新しいパートナーシップにより、STEXユーザーは、STEXプラットフォームでデビットカードとクレジットカードを使用して、多数の暗号通貨を購入できるようになり、取引所のサービス地域が拡大している。
出典:Crypto Exchange STEX Partners with Simplex to Bring Fiat Onramp to Users Globally

暗号通貨のハッキングの脆弱性が5倍
Microsoftが最近発表した調査結果によると、インドとスリランカの人々は、暗号資産関連のハッキングに直面する可能性が、他の国の人たちよりも5倍も高くなっているという。。

マイクロソフトは、世界の最新のサイバーセキュリティの脅威について年次セキュリティレポートを公開している。その調査結果によると、マイクロソフトは、インドとスリランカが暗号通貨のマイニング・ハックを経験する可能性が5倍高いと指摘している。

暗号通貨のマイニングへの攻撃では、攻撃者は悪意のあるソフトウェアをユーザーまたは組織のマシンに挿入し、マシンの計算能力を使用して暗号通貨をマイニングする。この暗号通貨のハックは、パフォーマンスの低下とユーティリティコストの増加を引き起こす。

悪意のあるソフトウェアは検出が難しいため、攻撃者はさらに多くの被害を与える可能性がある。
出典:India, Sri Lanka Five-Time More Vulnerable to Crypto Hacks

このような状況がイーサリアムの塗動きにどんな影響を及ぼしているのだろうか。以下は、8月2のイーサリアムの値動きを時系列に沿って説明したものである。

イーサリアムの前日の値動き

イーサリアム価格
始値37,846円
高値44,168円
安値36,000円
終値39,176円

では、前日8月2日(日)のイーサリアムの値動きを時系列で追って見てみよう。

始値37,846円で寄りついたあと上昇していき、13時台には最高値44,168まで上昇したが、最安値36,000まで急落し、その後、39,459円まで買い戻された。

14時台には始値39,497円をつけたあと、40,813円まで上昇したが、39,274円まで押し戻されて下落し、15時台には38,395円まで下落したが、39,591円まで買い戻されて上昇した。

16時台には40.606円まで上昇したが、40,425円まで押し戻されて下落し、20時台には37,401円まで下落したが、38,254円まで買い戻された。

21時台には始値38,185円をつけたあと、37,795円まで下落したが、37,982円まで買い戻されて上昇し、23時台には39,461円まで上昇したが、押し戻されて、23時59分59秒には終値39,176円をつけ、8月2日の取引を引けた。

この日一日のイーサリアムの値動きは最安値最高値ベースで、8,168円であった。

8月3の価格予想及び、注目のイベント

イーサリアム価格予想:43,500円~39,500円

イベント名時間
米・7月供給管理協会(ISM)製造業購買担当者景況指数23:00

8月3日のイーサリアムは、始値39,176円で寄りついたあと、38,997円まで下落したが、39,110円まで買い戻されて上昇した。

2時台には41,199円まで上昇したが、40,850円まで押し戻されて下落し、4時台には39,601円まで下落したが、40,251円まで買い戻された。

5時台には始値40,247円をつけたあと、下落している。

今日のポイント
2日のイーサリアムは、終値の対前日比では3日間連続でプラスの値動きとなった。価格も13時台には4万4000円台まで上昇した。このまま上昇が続くかと思われたが、急落してしまった。何があったのかわからない。

しかし、前日の終値を下回ることはなかった。それだけイーサリアムは現在、上昇トレンドにのっているということだろう。

これだけイーサリアムの価格が急に伸びてくると、市場への参加者も増えていることだろう。これまで口座は持っているが取引をしてこなかったトレーダーがイーサリアムの取引に参加してきているようだ。

市場が活況を呈することはいいことで、トレーダーにとってはボラティリティが高まって来ることから、トレードがいちだんとやりやすくなってくる。このチャンスを見逃さずに、タイミングよくエントリーや決済をおこなっていきたい。

▼イーサリアムの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら

イーサリアム(ETH)とは?特徴とビットコインとの違い・スマートコントラクトの仕組み解説

最新ニュース・チャート速報
今、仮想通貨(暗号資産)投資を始めるならコインチェック

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

coincheck

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト

最新記事