最新ニュース・チャート速報

【イーサリアム価格ニュース】前日比-1.07%。2万5000円は超えられない壁ではない?

7月3日 ただの一度も2万5000円を突破せず


出典:Trading Viewイーサリアム日本円チャート

まずは、イーサリアムを取り巻く内外の社会情勢や経済動向がどうなっているか、主な話題を拾ってみた。

6月の英サービスPMIは47.1
7月3日、IHSマークイット/CIPSは、英国の6月のサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値を発表したが、それによると47.1となり、5月の29.0から上昇し、速報値の47.0からも上方修正された。

IHSマークイットのエコノミクス・ディレクター、ティム・ムーア氏は、サービス業の4社のうち1社以上が6月に新規事業が拡大したと回答した。これは、経済活動の段階的な再開と、蓄積されていた需要が原因だと述べた。

6月のユーロ圏の総合PMI改定値は48.5
7月3日、IHSマークイットは、6月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)改定値を発表したが、それによると、45.5となり、5月の31.9から上昇した。速報値は47.5であった。

IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は、ユーロ圏経済が目覚ましいスピードで回復しつつあることを示している、と述べた。

6月のドイツのサービスPMI改定値は47.3
7月3日、IHSマークイットは、6月のドイツのドイツサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値を発表したが、それによると、47.3となり、5月の32.6から上昇し、速報値の45.8からも上方修正された。

サービス部門と製造業を合わせた総合PMI改定値は47.0であり、5月の32.3や、速報値の45.8を上回る結果となった。

IHSマークイットのプリンシパル・エコノミスト、フィル・スミス氏は、経済の再開で状況が上向きになっているが、需要は依然として弱く、なかでも輸出が伸びていない。輸出が回復すると、数値も高くなるはずだと指摘した。

5月の豪小売売上高はプラス16.9%
7月3日、オーストラリア統計局は、5月の小売売上高(季節調整済み)を発表したが、それによると、4月と比べると、16.9%増となっており、過去最大の伸び率を記録していることがわかった。

2019年5月と比べると、5%強増え、289億7000万豪ドル(200億6000万米ドル)となった。衣料品・靴・アクセサリーが4月比129.2%の増となり、カフェ・レストラン・テイクアウトサービスは30.3%の増であった。

東京株式市場
7月3日の東京株式市場は、日経平均株価は買いが優勢となり、前日比160円52銭高で取引を引けた。

東証1部の売買高概算は9億8246万株。売買代金概算は1兆6954億5600万円。値上がりした銘柄数は1333銘柄(61.42%)、値下がりした銘柄数は759銘柄(34.97%)、株価が変わらなかった銘柄数は78銘柄(3.59%)であった。

このような状況がイーサリアムの塗動きにどんな影響を及ぼしているのだろうか。以下は、7月3日のイーサリアムの値動きを時系列に沿って説明したものである。

イーサリアムの前日の値動き

4月26日イーサリアム価格
始値24,634円
高値24,658円
安値24,046円
終値24,385円

では、前日7月3日(金)のイーサリアムの値動きを時系列で追って見てみよう。

始値24,634円で寄りついたあと、最高値24,658円まで上昇したが、押し戻されて急落し、1時台には最安値24,046円まで下落したが、24,371円まで買い戻された。2時台から5時台までは、24,210円と24,428円の間をレンジで推移した。

6時台には24,598円まで上昇したが、24,510円まで押し戻されて下落し、9時台には24,300円まで下落したが、24,381円まで買い戻されて上昇し、10時台には24,595円まで上昇したが、24,523円まで押し戻された。

11時台から16時台までは、24,313円と24,530円の間をレンジで推移した。17時台には24,553円まで上昇したが、24,447円まで押し戻されて下落し、19時台には24,260円まで下落した。

その後、24,337円まで買い戻されて上昇し、21時台には24,509円まで上昇したが、24,433円まで押し戻された。

22時台には24,526円まで上昇したが、24,431円まで押し戻されて下落し、23時台には24,321円まで下落したが、買い戻されて、23時59分59秒には終値24,385円をつけ、7月3日の取引を引けた。

この日一日のイーサリアムの値動きは最安値最高値ベースで、612円であった。

7月4の価格予想及び、注目のイベント

イーサリアム価格予想:26,500円~24,200円

イベント名 時間 
EU・欧州中央銀行総裁クリスティナ・ラガルド氏講演19:40

7月4日のイーサリアムは、始値24,395円で寄りついたあと下落し、4時台には24,168円まで下落したが、24,280円まで買い戻された。

5時台には始値24,299円をつけたあと、下落している。

今日のポイント
3日のイーサリアムは、対前日比でマイナスの値動きとなった。2日は2万500円をつけたこともあったが、この日は2万4000円台の取引で終始した。

6月24日から29日までは対前日比で連続してマイナの値動きとなり、7月にはいってからは、マイナスの値動きになったり、プラスの値動きになったりと、価格が不安定に推移している。

トレードの的を絞りにくい相場となっているが、トレーダーとしては、あくまでもローソク足の値動きをしっかりとらえておいて、失敗のないトレードを心がけていきたい。

▼イーサリアムの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら

イーサリアム(ETH)とは?特徴とビットコインとの違い・スマートコントラクトの仕組み解説

最新ニュース・チャート速報
今、仮想通貨(暗号資産)投資を始めるならコインチェック

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

coincheck

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト

最新記事