最新ニュース・チャート速報

【イーサリアム価格ニュース】前日比+4.48%。目指すは2万3000円超えか?

5月22日 2万1000円台を中心の値動きとなった


出典:Trading Viewイーサリアム日本円チャート

まずは、イーサリアムを取り巻く金融市場や内外の経済動向がどうなっているか、主な話題を拾ってみた。

東京株式市場
5月22日の東京株式市場は、日経永金株価は、対前日比164円15銭安の2万388円16銭で取引を引けた。米中対立への警戒感が膨らんだこともあって、株価は続落した。

東証1部の売買高概算は12億2919万株。売買代金概算は1兆9334億3000万円と薄商いだった。値上がりした銘柄数は631銘柄と全体の29%、値下がりした銘柄数は1463銘柄で、横ばいだった銘柄数は77銘柄であった。

個人のFX取引活況
5月22日、個人投資家の外国為替証拠金取引(FX)が活況を呈している。新型コロナウイルス懸念による大きな相場変動が収益期待を高めていることに加え、在宅勤務の広がりも顧客のすそ野拡大につながっているという。最近人気の投資先はメキシコペソだ。

金融先物取引業協会によると、会員54社を通じた4月の取引金額は513兆円と、2008年の統計開始以来4番目の規模となった。過去最大となった3月の1015兆円からは減少したが、前年比では倍増。3カ月連続の取引増は2017年秋以来。

3月の取引高は、これまで最大だったスイスフラン・ショックの2015年1月に記録した660兆円の倍近い規模だった。

この数年ほとんど動きのなかった「米ドル/円」が突然動意を見せ、1月~3月の値幅が上下11円と、米トランプ政権が発足した2016年10月~12月以来の大きさに達したことが主因だった。

原油先物下落
5月22日、アジア時間の原油先物は下落。中国政府が2020年の国内総生産(GDP)目標の発表を見送ったことを受けて、同国の燃料需要低迷が続くとの懸念が浮上している。

北海ブレント原油先物LCOc1、米WTI原油先物CLc1とも2ドル以上下落している。

中国の李克強首相は、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で行った政治活動報告で、2020年のGDP目標に言及せず、経済を支援するため、支出と資金調達を拡大する方針を表明した。特別国債を1兆元発行することも明らかにした。

アクシコープのグローバルマーケット担当チーフストラテジスト、スティーブン・イネス氏は「(GDP目標の発表見送りは)中国政府がインフラ投資をこれまでよりも重視しないと解釈され、原油の弱材料になる可能性がある」と指摘。

ドイツ税収、コロナの影響で4月は前年比23.5%減
5月22日、ドイツ財務省が公表した月報によると、4月の連邦政府と16連邦州の税収は前年比23.5%減の約390億ユーロ(430億米ドル)となった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)が影響した。

東京都、3段階で休業解除
5月22日、東京都の小池百合子知事は、政府の緊急事態宣言解除に備えた休業要請の解除方針について、詳細を公表した。

7つの指標を目安とし、解除後に新規感染者数の増加などが見られた場合は警戒宣言「東京アラート」を発令し、東京湾のレインボーブリッジの照明を赤く点灯し告知する。

休業要請は現在を「ステップ0」とし、「ステップ3」まで段階的に解除する。 政府が25日にも可否を判断する緊急事態宣言の解除を受けて「ステップ1」に移行する。

ひとつのステップは2週間程度を目安とするが、「感染者が少ない状況が続けば、次のステップへの移行を早めることも検討する」(小池知事)

このような状況がイーサリアムの塗動きにどんな影響を及ぼしているのだろうか。以下は、5月22日のイーサリアムの値動きを時系列に沿って説明したものである。

イーサリアムの前日の値動き

4月26日イーサリアム価格
始値21,560円
高値21,969円
安値20,667円
終値21,817円

では、前日5月22日(金)のイーサリアムの値動きを時系列で追って見てみよう。

始値21,560円で寄りついたあと下落し、3時台には最安値20,667円まで下落した。4時台には始値20,687円をつけたあと上昇し、7時台には21,633円まで上昇した。

8時台には始値21,606円をつけたあと下落し、12時台には21,200円まで下落した。13時台には始値21,221円をつけたあと上昇していき、21時台には最高値21,969円まで上昇した。

22時台には21,688円まで下落したが、23時59分59秒には終値21,817円をつけ、5月22日の取引を引けた。

この日一日のイーサリアムの値動きは最安値最高値ベースで、1,302円であった。

5月23の価格予想及び、注目のイベント

イーサリアム価格予想:23,800円~22.100円

イベント名時価
とくになし

5月23日のイーサリアムは、始値21,828円で寄りついたあと上昇し、3時台には22,529円まで上昇したが、4時台には始値22,479円をつけたあと下落している。

今日のポイント
 22日のイーサリアムは対前日比でマイナス3.91%(17時30分現在)と値を下げた展開となっていた。上昇トレンドに乗り切れず、このところ下落傾向にあるが、それも一服するはずである。

イーサリアムの価格が下落したからといって落ちこむ必要はなく、トレードとしてはショートポジションからエントリーもできる。

日々の値動きに一喜一憂するのではなく、長い目でトレードに取り組んでみてはどうさろうか。

▼イーサリアムの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら

イーサリアム(ETH)とは?特徴とビットコインとの違い・スマートコントラクトの仕組み解説

最新ニュース・チャート速報
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

最新記事