最新ニュース・チャート速報

【ビットコイン価格ニュース】前日比(終値)+0.76%。230万円台を中心にレンジ相場を展開か

11月29日 19時台には最高値229万円台まで上昇


出典:Trading Viewビットコイン日本円チャート 1時間足

まずは、ビットコインを取り巻く内外の社会情勢や経済向がどうなっているか、主な話題を拾ってみた。

各国の経済指標を見る

アジア地域

10月の日本の失業率は2.6%

日本の10月の完全失業率は2.6%と、9月(2.6%)比横ばいで、8月(2.5%)の水準以下と見込まれていたが、及ばなかった。10月の失業者数は季節調整済みで前月比2.7%減の170万人、雇用者数は0.1%減の6736万人となった。

労働力率は62.8%(季節調整値なし)。一方、求人倍率は10月に9月(1.34倍)から上昇して1.35倍となり、10カ月連続で改善、2020年3月以来の高い水準となった。

10月の日本の小売売上高は前年同月比4.3%増

日本の10月の小売売上高は、前年同月比4.3%増となり、市場コンセンサス(同5.0%増)を下回り、2021年5月以来の高い伸びとなった9月(同4.8%増)から鈍化した。それでも、新型コロナウイルスの影響でも消費は持続し、小売業は8カ月連続のプラスとなった。

自動車(10.6%増、9月は10.2%増)、生地・アパレル・アクセサリー(4.8%増、9月は2.3%増)、その他(9.4%増、9月8.4%増)が上昇となった。

一方、一般雑貨(6.6%増、9月は8.8%増)、燃料(1.9%増、9月は7.5%増)、薬品・トイレタリー(10.5%増、9月は12.4%増)、食料・飲料(1.3%増、9月は0.1%増)、機械・設備(1.20%減、9月は3.0%増)は減少した。

前月比では、9月(1.5%増)から鈍化して同0.2%増となり、4ヵ月ぶりの低水準となった。

10月のシンガポールの生産者物価指数は前年同月比8.5%増

シンガポールの10月の生産者物価指数は、前年同月比8.5%増となり、9月(同12.8%増)から鈍化した。

鉱物性燃料(18.6%に対し4.3%)と燃料を除く粗原料(14.8%に対し12.6%)の両価格の上昇が軟調で、国内供給価格の上昇は22ヵ月連続となったが、2020年1月以降の最低値であった。

また、飲料・タバコ(12.0% 対 11.3%)、機械・輸送(13.8% 対 12.9%)、食品・生きた動物(9.9% 対 10.3%)、製造品(3.7% 対 4.1%)、雑製造(4.6% 対 4.5%)、化学(5.7% 対 7.4%)などが上昇圧力となった。動植物油の価格は下落(0.3%減 vs. 7.4%)した。

中東地域

10月のトルコの貿易収支は79億米ドルの赤字

トルコの10月の貿易収支は、前年同期(15億米ドルの赤字)から拡大し、79億米ドルの赤字となった。輸出は、鉱業・採石販売(18.7%)が牽引し、前年同期比3%増の213億米ドルとなった。輸出相手国のトップはドイツ(17億米ドル)。

一方、輸入は消費財の購入(39.3%)により、31.4%増の292億ドルに急増した。トルコの輸入のトップはロシア(50億米ドル)であった。今年1月~10月の貿易収支は、前年同期の340億米ドルの赤字から拡大し、910億ドルの赤字となった。

11月のトルコの景況感は96.9

トルコの11月の景況感は、主にサービス業(10月の119.3に対して118.1)、製造業(102に対して101.3)で悪化した。

一方、小売業(119.4に対して121.9)、建設業(90.5に対して91.6)、消費者(76.2)において改善し、10月(97.1)から縮小して96.9となった。

10月のトルコの輸出は213億米ドル、輸入は293億米ドル

トルコからの10月の輸出は、前年同月比2.8%増の213億米ドルとなったことが、貿易省の速報値で明らかになった。2022年1月~10月を考慮すると、出荷額は15.4%増の2095億米ドルとなる。

トルコへの10月の輸入は、前年同月比31.9%増の293億ドルに急増し、主にエネルギー料金の高騰が後押ししたことが、貿易省の予備予測で明らかになった。2022年1月~10月で考えると、34.5%増の3006億米ドルとなった。

ヨーロッパ地域

11月のスペインの消費者物価上昇率は前年同月比6.8%増

スペインの11月の消費者物価上昇率は、前年同月比6.8%増となり、38年ぶりの高水準となった7月(10.8%増)から縮小し、市場コンセンサス(同7.4%増)を下回った。

インフレ率の鈍化は、燃料費や電気代の減少、衣料品や履物の価格の上昇幅が縮小したことによる。一方、未加工食品やエネルギーなどの変動項目を除いたコアインフレ率は、10月の6.2%から11月には6.3%に上昇した。前月比では0.1%減であった。

11月のユーロ圏の景気判断指数は93.7

ユーロ圏の11月の景気判断指標は、1ポイント上昇の93.7となり、8ヵ月連続の低下から脱し、市場コンセンサス(93.5)をわずかに上回った。

それでも、借入コストの上昇、頑強な高インフレ、来年の景気後退の見通し、さらに冬場のエネルギー危機の深刻化がセンチメントに重くのしかかり、過去2年間で最低に近い水準にとどまりまった。

サービス業(2.3対2.1、10月)と消費者(23.9対27.5)のモラルはわずかに改善したが、産業(2.0対1.2)および建設業(2.3対2.6)では悪化した。

価格面では、インフレ期待指数が前月の37.3から30.1に低下し、製造業の販売価格期待指数は44.8から40.4に低下した。EA諸国のうち、イタリア(4.1増)、オランダ(1.2増)、ドイツ(1.1増)で上昇し、スペイン(1.7減)、フランス(1.6減)で低下した。

11月のスペインの景況感は-7.7

スペインの11月の景況感は、インフレの高騰と借入コストの上昇が引き続き、スペイン企業を圧迫していることから、-7.7となり、2020年12月以来最低水準で、10月(-4.2)から後退した。

新規受注水準については、センチメントが大幅に悪化し(10月の-6.6に対して-10)、主に外国からの新規受注(-20.5に対して-12.9)が、在庫水準の上昇(11.8に対して5.9)を相殺する形となった。

先行きについては、生産に対する期待も悪化した(-1.3 対 -0.2)。

11月のドイツの消費者物価上昇率は前年同月比10.0%増

ドイツの11月の消費者物価上昇率は、前年同月比10.0%増となり、過去最高だった10月(同10.4%増)から低下し、市場コンセンサス(同10.4%増)を下回った。

それでも、欧州中央銀行の目標値である約2%を大きく上回っており、高インフレに対抗するために金融引き締めを継続する必要性があることが示唆された。

物品インフレ率は、エネルギーコストの上昇が小さかった(38.4%対43.0%)ことから、10月の17.8%から17.2%に鈍化した。

一方、食料品価格はさらに上昇した可能性が高い(20.3%に対して21.0%)。サービス・インフレ率も、家賃価格率が1.8%から1.9%に加速したとはいえ、4.0%から3.7%に鈍化している。前月比では、0.5%減となった。

アフリカ地域

第3四半期の南アフリカの失業率は32.9%

南アフリカの第3四半期の失業率は、32.9%となり、第2四半期(33.9%)から改善し、市場コンセンサス(33.4%)からも改善した。

失業者数が26万9000人減の772万5000人、雇用者数が20万4000人増の1576万5000人となり、2021年第1四半期以来の低い失業率であった。一方、労働力人口は6万6000人減の2349万1000人となった。

業種別では、製造業(+12万3000人)、貿易(+8万2000人)、建設(+4万人)、運輸(+3万3000人)が最も多く、金融(-8万人)、民生(-3万6000人)、鉱工業・農業(-1000人)がそれぞれ減少した。

求職活動をやめた人を含む拡大失業率は、第2四半期の44.1%から第3四半期は43.1%に低下した。

北米地域

第3四半期のカナダの国内総生産成虫率は前期比0.7%増

カナダの第3四半期の国内総生産成長率は、前期比0.7%増となり、第2四半期(同0.8%増)から若干鈍化したが、5四半期連続のプラス成長となった。輸出、非住宅構造物、企業の在庫投資の伸びが、住宅投資と家計支出の減少によって緩やかになった。

輸出は、原油・ビチューメンや農水産物が牽引し、2.1%増加した。輸入は、原油、天然ガス、核燃料などエネルギー製品の減少が大きく、0.4%減となった。

また、非農業部門在庫の積み増しは、製造業、卸売業、小売業の在庫を中心に468億カナダドルとなり、過去最高となった。一方、住宅投資は金利上昇と同時に4.1%減となり、2年連続で減少した。

家計消費は0.3%減と2021年第2四半期以来の減少を示し、主にトラック、バン、スポーツ用多目的車の新車、家具・調度品、医薬品への支出に起因する。また、サービスの伸びも鈍化した。

9月のアメリカのケースシラー住宅価格指数は前年同月比10.4%増

アメリカの9月のS&Pコアロジック・ケースシラー20都市住宅価格指数は、前年同月比10.4%上昇し、2020年12月以降で最も低く、市場コンセンサス(同10.8%上昇)を下回る結果となった。

借入コストの上昇、住宅在庫の少なさ、インフレ率の頑強さなどが住宅需要を直撃し、5年連続で伸びが鈍化している。20都市すべてが価格上昇率を下げた。

それでもマイアミが最も高い上昇率(24.6%)を記録し、タンパ(23.8%)、シャーロット(17.8%)がそれに続く。

一方、サンフランシスコとシアトルは最も低い上昇率だった。前月比では、1.5%下落し、3ヵ月連続の下落となり、全都市で価格が下落した。

中米地域

10月のメキシコの失業率は3.35

メキシコの10月の失業率は、市場コンセンサス(3.2%)を上回り、前年同月(3.9%)からは低下して3.3%となった。

就業人口は200万人増の5840万人、失業者は32万4000人減の200万人となった。同時に、経済活動人口も170万人増の6040万人となり、労働分配率は60.7%となった。季節調整済の失業率は3.2%であった。

要人発言

(ドイツ連邦銀行総裁)ユーロ圏のインフレ率達成はいつかは不明

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーで、ドイツ連邦銀行総裁のヨナヒム・ナーゲル氏は、2023年のドイツの消費者物価指数は7%を超えると見込まれており、ユーロ圏全体の消費者物価浄書率がいつ目標値の2%に低下するかは定かではないと述べた。

また、総裁は、ドイツの高止まりしている消費者物価指数を可能な限り、早急に解決する筆世があると強調した。

(ニューヨーク地区連邦準備銀行総裁)FRBのバランスシート縮小に問題なし

アメリカのニューヨーク地区連邦準備銀行総裁のジョン・ウィリアムズ氏は、連邦準備制度理事会(FRB)が取り組んでいるバランスシートの縮小に関しては、何ら問題は存在しないと述べた。

また、連邦準備制度理事会(FRB)は、消費者物価を抑制するために、政策金利を制約的な水準までで利上げを行っているが、2023年はその金利の水準を維持しなければならないと述べた。

さらに、FRBがインフレ率抑制のためにまだ実施することがあり、政策金利の利上げもその一環だが、利上げをすることが失業率の上昇につながる可能性があると指摘した。

総裁は、アメリカの現在のインフレ率はあまりにも高く、インフレ率の高止まりは、経済の潜在能力を完全に発揮できる能力喪失につながっているとと指摘。

ただ、消費者物価は低下する兆しはみられるものの、FRBの目標に低下させるためには、一段の措置が必要であるとの見解を示した。

その上で、一段の金融引き締めで需給バランスは正常に回復し、今後、数年間でインフレ率を2%抑制につながるとし、金融引き締めによって需要が低下し、消費者物価は下がりつつある。時間は必要だが、持続的な物価安定を達成できると信じていると述べた。

(セントルイス地区連邦準備銀行総裁)金利の制約的な水準達成への道のりまだ長い

アメリカのセントルイス地区連邦準備銀行総裁のジェームズ・ブラード氏は、連邦準備制度理事会(FRB)は、消費者物価を目標値の2%に抑制するために、さらなる利上げ御を行い、2023年から2024年にかけてその水準で維持しなければならないと述べた。

また、政策金利が消費者物価抑制に向けて、制約的な金利になるあめの道のりはまだまだ長く、十分に制約的水準に金利がなるためには、現在の3.75%~4.00%から、5.00%から5.25%のレンジへ引き上げなければならないとの官界を示した。

さらに、過去のインフレ動向を考慮し、金利が制約的な水準に達してからは、2023年と2024にはその制約的な金利水準をそのまあ維持しなければならないと述べた。

その上で、連邦準備制度理事会としては、1970年代のインフレ抑制よりも速いペースで、消費者物価を低下させたいとし、2023年中に物価上昇を緩和するための条件を整えなければならず、そのためには政策金利を短期間で引き上げることが好ましいと述べた。

(欧州中央銀行総裁)一段の追加利上げを示唆

欧州中央銀行(ECB)総裁のクリスティーヌ・ラガルド氏は、ユーロ圏の消費者物価はまだピークには至っておらず、今後もさらに上昇する可能性があることから、追加利上げを示唆した。

総裁は、ユーロ圏の消費者物価亜がピークとなり、その直後に消費者物価が低下することが指摘できる要素や方向性がまだ見えていないとし、ECBのエコノミストは、さらなる消費者物価が上昇する明確なリスクがあり、そのリスクを確認していると述べた。

また、引き締めすぎに対して懸念をいだいていると発言は、ジョークであると、これを一蹴した。

政治動向

中国に再び訪れた政治的リスクとその継続性

中国の習近平国家主席は、中国政治権力の頂点に立つことを再確認した直後、在任期間中最大の試練に直面
その結果は、外国多国籍企業の中国での事業展開、グローバルな製造業投資の流れ、そして中国と先進民主主義国との関係を大きく変える可能性がある。さらに、この瞬間を迎えるに至ったいくつかの基本的な要因は、当分の間、色あせることはないだろう。
出典:The Wall Street Journal(20221128)

経済・金融動向

世界のインフレはピークに達した可能性がある

インフレ予想と、工場出荷価格、出荷レート、商品価格などの他の重要なデータは、世界のインフレがピークに達した可能性を示唆している、とアナリストは主張する。

今年、積極的に金利を引き上げてきた世界中の中央銀行にとって、これは歓迎すべきニュースである。これらのデータは、いずれも過去最高値から低下しており、サプライチェーンに対する価格圧力が弱まり始めていることを示唆している。

ムーディーズ・アナリティックスのチーフエコノミスト、マーク・ザンディ氏は、「インフレは頂点に達していると思われる」と述べている。サプライチェーンのボトルネックが緩和されれば、「消費者物価」の上昇も緩やかになる、とザンディ氏は言う。

新興国ではすでに消費者物価が下がり始めており、Capital Economics社は、インフレはすでにピークに達していると述べている。インフレのもう一つの指標である生産者物価は、ヨーロッパのいくつかの国でさえも下落している。

今月初め、国際通貨基金(IMF)は、インフレはピークに達しているかもしれないが、例えばCOVIDの制限に従い続けている中国など、一部の国ではサプライチェーンの懸念から、消費者は生活費の高騰に直面する可能性があると警告している。

エネルギーコストの上昇は、地政学的な緊張や需給の影響を受けやすいため、今後数カ月の間にインフレ率の低下速度を鈍化させる可能性がある。

主要な中央銀行は、インフレ率を引き下げるために利上げを継続すると予想される。アメリカでは、連邦準備制度理事会(FRB)が、インフレ率が目標の2%に近づくまで、ペースは遅いものの、利上げを継続するとの見方が強い。
出典:The Bulletin by Newsweek(20221128)

社会・環境問題

雇用統計の週

今週は11月のアメリカ雇用統計が発表される。雇用者数は10月の26万1000人から20万人へと緩やかに減少し、失業率は3.7%にとどまると予想される。FRBは、政策が機能していることを確信するために、雇用市場の冷え込みをすぐに確認したい。

今週、ジェローム・パウエル議長は、FRBが利上げペースを緩め始めるという予想を確認する見込みである。

一方、債券市場は来年の景気後退を織り込み始めており、長期債利回りはすでにFRBのオーバーナイト基準レンジ(現在3.75%から4%)を下回り、イールドカーブは反転を続けている。出典:Bloomberg 5 Things To Start Your Day(20221128)

労働、労働、労働

Twitter、Amazon、HP、Goldman Sachsなどが、雇用を削減して話題になっている。しかし、このような有名企業によるレイオフは、多くの労働者にとっての朗報を覆い隠してしまうかもしれない。

Big Take によれば、たとえ不況に見舞われたとしても、人々は通常よりも良い条件で仕事を続けることができるそうだ、というのも。Covid-19の発生から3年近く経った今でも、世界中の企業が必要な人材を確保できないと嘆いている。

労働力不足は、パンデミックだけでなく、次の景気後退期も続くだろうと心配している。人口や移民の変化など、より深い要因によって、雇用できる労働者のプールが縮小しているのである。

その結果 その結果、商品やサービスに対する需要が弱まっているにもかかわらず、多くの企業は従業員を解雇するよりも、むしろ雇用を維持したり、増やしたりしようとしているのである。

ブルームバーグ・エコノミクスは、ほとんどの国が景気後退に見舞われる2024年までに、先進国全体で約330万人の失業者が増加すると予想している。

これは多くの雇用を失うことになるが、2001年に始まった比較的穏やかな不況で失われた510万人に比べれば少ないし、過去2回の世界的な不況の規模に比べれば遥かに小さいものである。

さらに、雇用のスタート地点は歴史的に見ても強い。主要先進国の失業率は4.4%で、1980年代初頭までのデータで最も低い水準にある。

グローバルな人材派遣会社マンパワーグループのジョナス・プライジング最高経営責任者は、「企業は製品やサービスに対する需要の落ち込みを吸収しつつ、労働力を維持するだろう」と言う。

「雇用を増やすことはないだろう。しかし、給与水準は健全に保たれると思います」。しかし、中央銀行がインフレをコントロールできなければ、万事休すだ。つまり、そのために経済と労働市場をクラッシュさせなければならない。

今のところ、ニュージーランドは打撃を感じている国の一つである。中央銀行総裁のエイドリアン・オアーは、労働者不足は “労働労働労働 “に尽きる、と語った。
出典:Bloomberg New Economy Daily(20221129)

暗号資産の新しい動き

暗号通貨に門戸を開いてきたアラブ首長国連邦

この1年、アラブ首長国連邦は暗号業界の大物プレイヤーに門戸を開き、世界の他の地域では敬遠されていた企業を受け入れてきた。

暗号ヘッジファンドのThree Arrows Capitalと取引所のFTXは、ドバイの仮想資産規制局から初期ライセンスを受けていたが、大きな打撃を受け、このアプローチは現在、より厳しく監視されている。

ここ数週間、UAE当局は内々にいくつかの承認のペースに懸念を表明している。彼らはあまりにも早く進み、それらのメルトダウンを特定することができなかったかもしれないと、問題に詳しい人々は述べている。

FTXの終焉は、CryptoCompareのデータによると、世界の暗号取引量のシェアがほぼ50%に増加したライバルのBinanceに今より注意を喚起している。

同社の最高経営責任者(CEO)Changpeng “CZ” Zhao氏は昨年、ドバイを自宅とし、首長国のことをBinanceの本社の1つと称している。

しかし、UAEの暗号プレイヤーは現在、規制当局からのアップデートを警戒しているが、他のいくつかの金融センターと同様に、この国は業界のハブになるという信念を貫いている。出典:Bloomberg MIddle East(20221128)

lockFiは破産を申請し、財政的なつながりのあるFTX以来、失敗した最新のデジタルアセット企業

暗号通貨貸し手は、破産した暗号取引所などから回収できるものは、連邦破産法11条を利用して回収すると述べた。法廷提出書類によると、BlockFiの上位10人の債権者だけでも12億米ドル近くを負っている。

同社は今月初め、出金を停止し、プラットフォームでの活動を制限した。
出典:The Wall Street Journal(20221128)

FTX破綻の余波

FTX破綻の伝染は衰えることなく続いている。今日、数週間の噂の後、暗号貸し手BlockFiは連邦破産法第11条の保護を申請し、情報筋は同社が同様に大規模なレイオフを行っているとDecryptに伝えた。

BlockFiは今月初め、暗号取引所FTXの崩壊に伴い、顧客の引き出しを停止した。FTX USはこの夏、貸し手の苦戦の中、2億5000万米ドルの信用枠を獲得していた。長い休日の週末に続いて、打撃を受けた暗号業界には休息がない。出典:Decrypt(20221128)

FTX破綻の次に来るものは何か?

FTXの災害が展開するにつれ、毎日が新たな恐怖をもたらすようである。これまでのところ、世界第4位の暗号取引所であるFTXは、どうやら以下のようなことが分かっている。

「経理部門が存在しない」「顧客の資金を盗んだ」「100億ドル以上の損失」。その他、数え切れないほどの悪事を働いていた。

Sequoia Capital、Tiger Global、そしてシンガポールの4000億米ドルの政府系ファンドであるTemasekなど、地球上で最も成功しているスタートアップ投資家が支援する企業が行ったことなので、余計に衝撃的である。
出典:THE HIVE NEWSLETTER(20221129)

東京株式市場

株価が上昇した銘柄数は27%超

11月29日、東京株式市場の日経平均株価は、対前日(28日)比134円99銭安の2万8027円84銭で取引を引けた。

プライム市場の売買高概算は11億6665万株、売買代金概算は2兆7238億円。値上がり下銘柄数は509銘柄(27.73%)、値下がりした銘柄数は1246銘柄(67.90%)、株価が変わらなかった銘柄数は80銘柄(4.35%)であった。

ニューヨーク株式市場

11月29日、ニューヨーク株式市場は、ダウ工業株30種平均株価は33,847米ドル80セント、S&P500総合は3,904.19ポイント、ナスダック総合は11,060.02ポイントで、それぞれの取引が始まった。

終値は、ダウ工業株30種平均株価は33,850米ドル48セント、S&P500総合は3,957.43ポイント、ナスダック総合は10,983.78ポイントをつけ、それぞれの取引を引けた。

このような状況がビットコインの値動きにどんな影響を及ぼしたのだろうか。以下は、11月29日のビットコインの値動きを時系列に沿って説明したものである。

ビットコインの11月29日の値動き

ビットコイン価格
始値2,257,101円
高値2,299,500円
安値2,230,350円
終値
2,274,275円

始値2,257,101円で寄りついたあと下落し、1時台には最安値2,230,350円まで下落したが、2,279,397円まで上昇した。その後、2,272,184円まで押し戻された。

2時台には2,279,514円まで上昇したが、2,254,863円まで押し戻されて下落し、4時台には2,249,908円まで下落したが、2,257,924円まで買い戻されて上昇した。

5時台には2,264,546円まで上昇したが、2,264,498円まで押し戻されて下落し、9時台には2.233.914円まで下落したが、2,248,250円まで買い戻されて上昇し、15時台には2,298,578円まで上昇したが、2,290,617円まで押し戻されて下落した。

17時台には2,280,000円まで下落したが、2,289,381円まで買い戻されて上昇し、19時台には最高値2,299,500円まで上昇したが、2,288,741円まで押し戻されて下落した。

23時台には2,266,309円まで下落したが、買い戻されて、23時59分59秒には終値2,274,275円をつけ、11月29日の取引を引けた。

この日一日のビットコインの値動きは最安値最高値ベースで、69,150円であった。

11月30日の価格予想及び、注目のイベント

ビットコイン価格予想:2,400,000円~2,200,000円

経済指標時間
中・国家統計局製造業購買担当者景況指数(11月)(49)10:30
トルコ・国内総生産成長率(第3四半期)(前年同期比3.8%増)(前期比-1.6%)16:00
フランス・消費者物価上昇率(11月)(前年同月比6.3%増)(前月比0.4%増)16:45
EU・消費者物価上昇率(11月)(前年同月比10.3%増)(前月比0.2%増)19:00
イタリア・消費者物価上昇率(11月)(前年同月比11.5%増)(前月比0.2%増)19:00
インド・国内総生産成長率(第3四半期)(前年同期比6.1%増)21:00
米・ADP雇用統計(11月)(19万8000人増)22:15
米・国内総生産成長率(第3四半期)(同期比2.6%増)22:30
米・求人異動調査(10月)(1040万人)12月1日00:00
政治・経済イベント(日本) 時間
第51回 日本プロモーショナル・マーケティング協会展2022(~12月2日)(東京都)
IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots沖縄(沖縄県宜野湾市)
BAMBOO EXPO 18(東京都)
CareTEX大阪’22(~12月2日)(大阪府大阪市)
第2回健康施術産業展【大阪】-からだケアEXPO大阪’22(~12月2日)(大阪府大阪市)09:30~17:00
国際アパレル機器&繊維産業見本市(JIAM)(~12月3日)(大阪府大阪市)
FACTORY INNOVATION Week(~12月2日)( オンライン)
マイクロウェーブ展2022(~12月2日)(神奈川県横浜市)10:00~17:30(12月2日は17:00
政治・経済イベント(海外)時間
エジプト・カイロICT展示会「Cairo ICT 2022」開催(カイロ)
カタール・2022FIFAワールドカップ(~12月18日)
アラブ首長国連邦・Decipher 2022(~12月1日)(ドバイ)
米・DCENTRAL Miami(~12月1日)(フロリダ州マイアミ)
スペイン・MoneyLIVE Autumn Festival 2022(マドリード)
米・NFT2022 Miami(フロリダ州マイアミ)
英・FinTech Connect 2022(~12月1日)(ロンドン)
インドネシア・第31回インドネシアマニュファクチャリング(~12月3日)(ジャカルタ)
要人発言時間
豪・オーストラリア準備銀行金融安定化部門長ジャナサン・カーンズ氏発言09:00
英・イングランド銀行チーフエコノミスト、ヒュー・ピル氏発言17:30
米・連邦準備制度理事会理事リサ・クック氏発言12月1日02:35
米・連邦準備制度理事会議長ジェローム・パウエル氏発言12月1日03:3

11月30日のビットコインは、始値2,275,265円で寄りついたあと、2,281,690円まで上昇したが、2,277,073円まで押し戻されて下落し、1時ぢあに派2,267,181円まで下落したが、2,280.560円まで上昇した。

その後、2,279,105円まで押し戻されて下落し、2時台には2,273,812円まで下落したが、2,275,291円まで買い戻されて上昇し、5時台には2,295,848円まで上昇した。6時台には始値2,295,848円で寄りついた後、下落している。

今日のポイント
11月29日のビットコインは、対前日比(終値)でプラスの値動きとなった。19時台には最高値229万円台まで上昇したが、その後は伸びを欠いて押し戻され、終値は227万円台をつけ、取引を非ケア。

ビットコインの価格は220万円台から急上昇するでもなく、また、急落するまでもなく、220万円台を維持したままの相場展開となった。相場の傾向としては下落トレンドにあるといってもいいかもしれない。

今後、ビットコインの価格は上昇するだろうが、その上昇トレンドがやってくるのはいつになるかがまったく想像がつかない。

暗号資産業界はまた新たにアメリカの連邦裁判所に破産申請をする企業が出現し、FTX問題が尾を引いている。いったいこの騒動はそれほどの影響を業界に与えたらいいのだろうか。

ということで、価格は上昇に転じつつあるとも思えるが、価格自体は230万絵台を維持しながら、推移していくのではないだろうか。

▼ビットコインの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら
ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴と今後の将来性・価格予想

最新ニュース・チャート速報
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事