最新ニュース・チャート速報

【ビットコイン価格ニュース】前日比(終値)-0.48%。220万円台を中心に相場は展開するのではないだろうか。

11月22日 23時台には最高値229万円台まで上昇


出典:Trading Viewビットコイン日本円チャート 1時間足

まずは、ビットコインを取り巻く内外の社会情勢や経済向がどうなっているか、主な話題を拾ってみた。

各国の経済指標を見る

アジア地域

11月の韓国の消費者マインド総合指数は86.5

韓国の11月の消費者マインド総合指数(CCSI)は、86.5となり、10月(88.8)から2.3ポイント低くなった。現在の生活水準に関する消費者マインドは83で横ばい、将来の見通しに関する消費者マインドは82で前月より2ポイント低くなった。

将来の家計収入に関する消費者マインドは10月より1ポイント低い93、将来の家計支出に関する消費者マインドは前月より3ポイント低い107となった。

現在の国内経済状況に関する消費者心理は10月より1ポイント低い46、将来の国内経済状況に関する消費者心理は前月より2ポイント低い54であった。今後1年間の予想インフレ率は4.2%であった。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

第3四半期末の韓国の家計債務残高は1870兆6000億ウォン

韓国銀行(中央銀行)は、9月末時点の家計債務残高を発表したが、それによると、1870兆6000億ウォン(1兆3800億米ドル)となり、前期比0.1%増であった。

しかし、インフレ抑制のために急激に利上げを実施したことで、第3四半期の前年比伸び幅は、2002年第4四半期の統計開始以来最小であった。また、債務残高は前年同期比1.4%増となり、第2四半期(同3.23%増)%から鈍化した。

韓国銀行(中央銀行)は政策金利を0.50%から、合計で250bpsの利上げを実施し、11月24日にさらなる利上げを実施する(25bps引き上げ)と見込まれている。もし、利上げが行われると、政策金利は2021年以来、最高水準に達することになる。

オセアニア地域

10月のニュージーランドの貿易収支は21億2900万NZドルの赤字

ニュージーランド(NZ)統計局は、10月の貿易統計を発表したが、それによると、21億2900万NZドルの赤字であった。

10月までの1年間の貿易収支は、128億8000万NZドルの赤字となった。10月の輸入は82億7000万NZドル、輸出は61億4000万NZドル。

中東地域

11月のトルコの消費者信頼感指数は76.6

トルコの11月の消費者信頼感指数は、10月(76.2)から上昇して76.6となり、6月の過去最低値(63.4)から6カ月間連続で上昇した。

家計の現在の金融状況(58.3対57.5)や、一般的な経済状況に関する今後12カ月間の期待(80.5対10月の77.9)に改善がみられた。

一方、12ヵ月後の家計の財政状況に対する期待(75.8対76.2)、耐久財への支出(91.9対93.1)については、センチメントが悪化した。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

ヨーロッパ地域

11月のイギリスの公的部門純借入額は135億ポンド

イギリスの10月の公的部門銀行を除く公的部門純借入額は、135億ポンドで、前年同月比44億ポンド増となり、1993年の月次記録開始以来10月の借入額としては4番目の高水準となった。しかし、市場コンセンサス(220億ポンドの借入額)を下回った。

支出総額は912億ポンドで、そのうち768億ポンドは日常的な支出である。また、今月は、イングランド銀行資産購入基金に対する財務省からの初の補償金支払いと、政府のエネルギー支援制度に基づく家庭および国内エネルギー供給業者への初の支払いが記録された。

受取総額は776億ポンドで、このうち中央政府の税収は517億ポンドで、2021年10月より25億ポンド増加した。

4月~10月の公的部門純借入額は844億ポンドで、前年同期より217億ポンド減少したが、1993年に月次記録が始まって以来、10月までの借入れ額としては5番目に高い水準となった。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

9月のユーロ圏の経常収支は38億1000万ユーロの黒字

ユーロ圏の9月の経常収支は、38億1000万ユーロの黒字となり、前年同月(331億ユーロの黒字)から大幅に減少した。物品収支が昨年の223億ユーロの黒字から93億ユーロの赤字に転じ、エネルギー価格の上昇を背景に輸入が過去最高の2755億ユーロとなった。

一方、サービス収支の黒字は158億ユーロから147億ユーロに縮小し、第一次所得収支の黒字は82億ユーロから100億ユーロに拡大した。副収入の赤字は、132億ユーロから117億ユーロに縮小した。

1月から9月までの累計では、前年同期の2465億ユーロの黒字に対し、824億ユーロの黒字となった。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

9月のイタリアの経常収支は20億1800万ユーロの赤字

イタリアの9月の経常収支は、20億1800万ユーロの赤字となり、世界経済の減速でイタリアの輸出需要が落ち込む一方、エネルギー価格の高騰で輸入が膨らみ、前年同期の49億6700万ユーロの黒字から一転した。

商品収支は31億6800万ユーロの黒字から35億4800万ユーロの赤字、基礎的財政収支は30億4500万ユーロの黒字から26億1800万ユーロの黒字に縮小した。

一方、サービス収支は2021年の274万ユーロの黒字から2700万ユーロの赤字となり、第二次収支の赤字は、15億2100万ユーロから4億6100万ユーロに縮小した。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

11月のユーロ圏の消費者信頼感指数は-23.9

ユーロ圏の11月の消費者信頼感指数は、市場コンセンサス(-26)を上回る3.6ポイント上昇の-23.9となった。10月の消費者信頼感指数は、前回発表の-27.6から-27.5へと上方修正された。

それでも、消費者信頼感指数は長期平均を大きく下回る非常に低い水準にとどまっている。欧州連合全体では、消費者マインドは2.8ポイント上昇し、-25.8となった。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

アフリカ地域

9月の南アフリカの総合景気先行指数は前月比1.4%増

南アフリカの9月の総合景気先行指標は、前月比1.4%増となり、8月(同2.3%言)から回復した。これは、9つの構成要素の時系列のうち5つが上昇し、残りの4つが低下したためで、景気先行指数は3カ月ぶりに上昇し、2021年5月以来高水準となった。

最大のプラス要因は、求人広告枠の6カ月平滑化成長率の加速と、住宅建築計画認可件数の増加であった。最大のマイナス要因は、新車販売台数の6カ月平滑化成長率の減速と、南アフリカの主要貿易相手国の複合景気先行指標における前年比成長率の鈍化であった。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

北米地域

10月のカナダの小売売上高は前月比0.5%減

カナダの10月の小売売上高は、前月比0.5%減となり、市場コンセンサス(同-0.5%)と一致し、8月(同0.4%増)から鈍化した。

ガソリン価格が前月比7.4%下落したため販売量は増加したものの、ガソリンスタンド(2.4%減)を筆頭に11業種中7業種が減少した。また、飲食料品店(1.3%減)も、スーパーマーケット(1.6%減)、コンビニエンスストア(1.3%減)を中心に減少した。

一方、家具・インテリアショップ(1.4%)、衣料品店(1.5%)では、売上高の増加がみられた。前年同月比では、6.9%増で、8月(同7%増)から若干鈍化した。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

10月のカナダの新築住宅価格は前月比0.2%減

カナダの10月の新築住宅価格は、9月(前月比0.1%減)から鈍化し、同0.2%減となった。金利上昇が買い手の意欲を減退させた。価格はバンクーバーで最も下落し(0.8%減)、同地域では2021年6月以来の低下となった。

また、エドモントンでは大幅な下落が報告され(-0.6%)、2019年7月以来の急激な落ち込みとなった。一方、モントリオールおよびケベックは、調査対象となった27のCMAの中で最も大幅な新築住宅の価格上昇(ともに0.4%)を記録した。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

中米地域

9月のメキシコの小売売上高は前年同月比3.3%増

メキシコの9月の小売売上高は、前年同月比3.3%増となり、市場コンセンサス(同4.2%増)を下回った。生活費の高騰により実質所得の伸び悩みに直面し、消費者は消費を控える傾向にある。

前月比(季節調整済み)では、8月(同0.1%減)から鈍化し、市場コンセンサス(同0.1%増)をも下回り、、同0.2%減となった。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

要人発言

(国連事務総長)COP27は「損失と損害」に関する合意で閉幕し正義への一歩」

エジプトのシャルムエルシェイクで日曜の早朝まで続いた激しい交渉の末、国連気候変動会議(COP27)の参加国は、気候変動による災害の「損失と損害」を補償するための資金メカニズムを確立する成果で合意に達した。

「今回のCOPは、正義に向けた重要な一歩を踏み出しました。私は、損失と損害の基金を設立し、次期に運用を開始するという決定を歓迎する」と、国連事務総長のアントニオ・グテーレスは、エジプトの会議場からビデオメッセージを発信した。

気候危機の最前線にいる人々の声を聞く必要があることを強調した。国連事務総長は、今回のCOP(国連気候変動枠組条約締約国会議)で最も厄介な問題になったことに言及した。

途上国は、気候災害に対して最も脆弱でありながら、気候危機にほとんど貢献していない国々に補償するため、損失損害基金を設立するよう、繰り返し強く訴えた。
出典:allAfrica(20221120)

アントニオ・グテーレス氏
捨身出典:国債連合広報センター

(クリーブランド地区連邦準備銀行総裁)12月の利上げ幅縮小も可能

アメリカのクリーブランド地区連邦準備銀行総裁のロレッタ・メスター氏は、連邦準備理事会(FRB)が経済の活性化とインフレ抑制に向けた政策を微調整しながら進めているが、12月の会合から利上げ幅を縮小することも可能だと指摘した。

ロレッタ・メスター氏は、次回会合では利上げ幅を75bpsから縮小可能であり、適切な措置だと強調した。と同時に、今後の利上げは経済状況に左右されることになると述べた。

また、FRBの政策は、さらに慎重であり、賢明な取り組み段階に入っており、最近の消費者物価指数の鈍化が目標値の2%に向かう始まりになるかどうかを見極めながら、次の措置を検討している。

しかし、消費者物価上昇率が弱まって来ない場合には、次の行動を迅速に起こす用意をしていると述べた。

ロレッタ・メスター氏
写真出典:ロイター

(サンフランシスコ地区連邦準備銀行総裁)インフレ抑制なければ5%超まで利上げも

アメリカのサンフランシスコ地区連邦準備銀行総裁のメアリー・デイリー氏は、もし、インフレ抑制が実現できなければ、政策金利を5%を超える水準まで上昇させる可能性がないわけではないとの見解を示した。しかし、本人はそうした事態を想定していない。

メアリー・デイリー氏はタカ派的に陥りやすいが、現在の政策金利(3.75%~4.00%)が2023年に5%を越える水準まで達した段階で利上げを一時停止する可能性が高いが、インフレ率が下がらなければ、それ以上の高い金利の設定もあり得ると述べた。

その上で、インフレ抑制の兆候が現れているが、それを消費者物価が転換点と考えるのは時期尚早であるとの見方を示した。

また、12月のFOMCでは、75bpsの利上げに踏み切るのかどうかは不明だが、どんな選択しも除外するのは時期尚早と考えていると述べた。

メアリー・デイリー氏
捨身出典:連邦準備制度理事会

(フランス銀行総裁)欧州と降らぬののインフレ率は2023年前半までにはピークに

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーで、フランス銀行総裁のフランシス・ビルロワドガロー氏は、フランスと欧州の消費者物価指数は、2023年前半までにはピークに達する可能性があるとの見解を示した。

また、インフレ定着は問題外で、インフレは経済の病気であると指摘した。インフレ率は10月(前年同月比10.6%)から、2年から3年後にはECBの目標値である2%程度に落ち着くだろうと述べた。

フランシス・ビルロワドガロー氏
写真出典:ロイター

(ポルトガル銀行総裁)12月の利上げは減速を示唆

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーで、ポルトガル銀行総裁のマリオ・センテノ氏は、12月の理事会での利上げ幅は、75bpsから縮小する可能性があるとの見解を示した。

マリオ・センテノ氏は、ECBはインフレを抑制しなければならず、インフレ定着は阻止心蹴ればならないと強調した。また、75bps未満の利上げにするかとの質問に、理事会前に利上げ発言は好ましくないとしたが、75bps以下の可能性も考えていると述べた。

また「欧州中央銀行の金利はFRBの約は分程度だが、その金利には欧米の経済状況の違いが十分に反映されていると述べた。

マリオ・センテノ氏
写真出典:ロイター

(オーストリア国立銀行総裁)12月の理事会で75bpsの利上げを支持

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーで、オーストリア国立銀行総裁のロバート・ホルツマン氏は、12月の理事会でbpsの利上げを支持すると述べた。

総裁は、ユーロ圏ではコアインフレ率低下の兆候は現れていないと述べ、穏やかなリセッション(景気後退)入りを予想していると述べた。

ロバート・ホルツマン氏
捨身出典:ロイター

(ドイツ連邦銀行総裁)50bps乗り上げでも強力

ドイツ連邦銀行(中央銀行)総裁のヨナヒム・ナーゲル氏は、欧州中央銀行の政策金利を50bpsあげるだけでも強力で、2会合連続で75bps利上げした利上げ幅を縮小する可能性を示唆した。

しかし、欧州中央銀行の政策金利水準は、いまだ経済を刺激するには低水準であるとの見解を示した。また、インフレ率は2023年も高止まりすると述べ、2024年になったもECBの目標値である2%近辺まで戻ることはないだろうと述べた。

ヨナヒム・ナーゲル氏
捨身出典:ブルームバーグ

中央銀行・国際金融機関

イスラエル銀行は6会合連続で利上げを実施

イスラエル銀行は、11月21日の金融政策委員会で、政策金利を50bps引き上げて3.25%に設定した。6会合連続の利上げで、利上げ幅は8月と10月の利上げ幅(75bps)から縮小した。

イスラエル銀行は、インフレ目標値を1.0%~3.0%としている。しかし、10月の消費者物価指数は5.1%増であった。また、第3四半期の経済成長率は、前期比2.1%増となり、前四半期の第2四半期(同7.3%増)から鈍化した。

イスラエル銀行の経済成長率見通しは、2022年が6.0%、2023年が3.0%を見込んでいる。

IMFは2023年以降のフランスの財政引き締めを指摘

国際通貨基金(IMF)は、フランス経済の年次審査を終えたあとに声明を発表したが、それによると、フランスは2023年以降は財政の引き締めに着手する必要があり、債務が増加しないようにしなければならないと指摘した。

政治動向

ユーロ圏各国はECBとの政策相反の回避に向け調整を

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は、ユーロ圏各国は、欧州中央銀行のインフレ対策と反目しないように、2023面の財政政策を調整する必要があるのではないかと使役した。

これは、欧州委員会が毎年行っている最適な政策ミックスを策定するための手続きで、。欧州委員会委員(経済担当)のパオロ・ジェンティローニ氏は、次のように述べている。

「欧州経済は試練の年に直面する。しかし、われわれが団結し、協調的な政策対応を追い求めれば、それらに立ち向かう態勢は整っている」

アメリカのインフレ抑制法に欧州レベルでの対応が必要

フランスのルメール経済財務相とドイツのハベック経済相は会談を行い、アメリカのインフレ抑制法(IRA)に対して、、欧州連合としても強い対応策で対抗する必要があるのではないかとの見解を示した。

経済・金融動向

OPEC+はロシアの石油禁止を前に増産するかもしれない

サウジアラビアと他のOPEC産油国は、日量50万バレルまでの増産を議論しているという。この動きは、EUがロシアの石油を禁輸し、G7の富裕国がロシアの原油販売に価格上限を設けることを計画している前日に行われることになる。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙や他の報道機関が月曜日の協議について報じた後、サウジのアブドゥルアジーズ・ビン・サルマンエネルギー相は報道を否定し、代わりに減産が可能であると述べた。米国の原油価格は1バレル80ドルを割り込んだ。
出典:The Wall Street Journal(20221121)

財政抑制がインフレにどう効くか

政府の支援は、国民や企業がパンデミックによる閉塞感を乗り越え、経済回復を支援するために不可欠であった。

しかし、インフレが高止まりしている場合、全面的な財政支援は必要ない。10月の財政モニターで述べたように、ほとんどの政府はすでにパンデミック支援を縮小している。

多くの人々が依然として困難な状況にある中、政府は最も脆弱な人々が高騰する食料品やエネルギー料金に対処し、その他のコストをカバーするための支援を引き続き優先すべきだが、政府はインフレを加速させるリスクのある総需要を増やすことも避けるべきである。

多くの先進国や新興国において、財政抑制は債務を減らしながらインフレを抑制することができる。出典:IMF BLOG(20221121)

2023年の世界経済は景気後退を回避

経済協力開発機構(OECD)は、2023年の世界経済についての見解を発表したが、それによると、2023年はリセッション入りを回避できる見込みだが、円ルギーの高騰でとくに欧州が打撃を受ける可能性が高く、インフレ対応を最優先課題にすべきと提言した。

OECDは、世界経済の成長率が2022年が3.1%、2023年が2.25,2024年が2.7%と見込んでおり、2023年の世界経済は大幅に低迷するだろうが、インフレは鈍化すると思うが、それでも高水準にとどまるのではないかと指摘した。

事務総長のマティアス・コーマン氏は、リセッションは想定していないが、経済はかなり落ち込むと予測していると述べた。

社会・環境問題

各国は気候変動に関する大きな合意に達する

約200カ国の政府関係者が、気候変動による損害を貧しい国々に支払うための新しい基金を設立することに合意した。この合意は、エジプトで開催されたCOP27で行われた。

各国はまた、世界の気温上昇を産業革命以前の水準から1.5度という閾値に抑えるという目標を堅持することに合意した。この合意はまた、いくつかの批判を呼んだ。「COP27は1.5℃の目標を維持した。

しかし、残念ながら、世界の主要排出国が化石燃料を段階的に削減するという約束も、気候緩和に関する新たな約束も実現しなかったと、欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は声明で述べた。出典:CNBC MORNING SQUAWK(20221121)

暗号資産の新しい動き

シンガポールで認可されていない暗号通貨取引所が海外で運営されていたため、シンガポールに拠点を置くFTXの投資家は保護されなかった

シンガポール金融管理局(MAS)は11月21日(月)、今月初めにクラッシュした暗号通貨取引所FTXについて、プラットフォームがシンガポールでライセンスされておらず、オフショアで運営されていたため、地元の投資家を損失から保護できないと発表した。

MASは、このことは、資産のリングフェンス化や、プラットフォームが資産を準備金で裏付けていることを確認するなどの措置によって、投資家を経済的損失から保護することができないことを意味する、と述べた。

規制当局はまた、最近繰り返し行ってきたように、暗号通貨に投資することの危険性について投資家に再び警告を発した。

MASは声明の中で、FTXとライバルのBinanceを投資家警告リストに掲載し、FTXを別扱いした理由についても誤解を招かないよう対処している。

これは、Binanceがライセンスなしで積極的にユーザーを勧誘していたのに対し、FTXはそうしていなかったからだと、MASは述べている。出典:today(20221121)

FTX、他取引所に対し、失われた資金の確保と返還に協力するよう要請

FTXは日曜日に仲間の暗号取引所に助けを求め、陥落した取引所から吸い上げられた資金が中間ウォレットを通じて他のエンティティに転送されていることを指摘した。

新しいFTXグループCEOのジョン・J・レイIIIが率いる現在破産した会社は、FTXの破産を監督する財産に戻すことができるように、資金を確保するために必要な「すべての措置を取る」よう仲間に求めた。

FTXは、資金が盗まれたとは明言せず、FTX Globalから “無断で “送金されたことを明らかにした。同社はまた、資金がどのウォレットアドレスにリンクされているか、資金が送金された取引所も明示していない。出典:Decrypt(20221121)

FTXから一晩で数億米ドルの「不正」送金が行われた

FTXのものとされる複数のウォレットから、金曜日の深夜に数億ドルのコインが流出し、その資金の多くはTether (USDT) から安定コインDAIへ、そしてステイクド・イーサリアム (stETH) からイーサリアム (ETH) へ転送された。

FTXが連邦破産法第11条の適用を申請したのと同じ日であり、清算人に起因する行動としては、あまりにも早く、あまりにも夜遅く、あまりにも洗練されているように見えた。

ブロックチェーントラッカーEtherscanですべて確認できるこの流出は、DeFiコミュニティで広く信頼されている偽名ブロックチェーンスルースZachXBTによると、総額約6億5000万米ドルにのぼる。出典:Decrypt(20221112)

東京株式市場

株価が上昇した銘柄数は79%超

11月22日、東京株式市場の日経平均株価は、対前日(21日)比170円95銭高の2万8115円74銭で取引を引けた。

プライム市場の売買高概算は12億428万株、売買代金概算は2兆9231億円。値上がりした銘柄数は1467銘柄(79.90%)、値下がりした銘柄数は325銘柄(17.70%)、株価が変わらなかった銘柄数は44銘柄(2.39%)であった。

ニューヨーク株式市場

11月22日、ニューヨーク株式市場は、ダウ工業株30種平均株価は33,810米ドル05セント、S&P500総合は3,965.51ポイント、ナスダック総合は11,058.56ポイントで、それぞれの取引が始まった。

終値は、ダウ工業株30種平均株価は34,098米ドル10セント、S&P500総合は4,003.58ポイント、ナスダック総合11,174.41ポイントで、それぞれの取引を引けた。

このような状況がビットコインの値動きにどんな影響を及ぼしたのだろうか。以下は、11月22日のビットコインの値動きを時系列に沿って説明したものである。

ビットコインの11月22日の値動き

ビットコイン価格
始値2,289,874円
高値2,294,000円
安値2,200,317円
終値
2,278,840円

始値2,289,874円で寄りついたあと、2,292,219円まで上昇したが、2,290,102円まで押し戻されて下落し、1時台には2,256,511円まで下落したが、2,276,254円まで買い戻されて上昇した。

2時台には2,283,213円まで上昇したが、2,275,780円まで押し戻されて下落し、4時台には2,217,000円まで下落したが、2,235,608円まで買い戻されて上昇した。

5時台には2,256,500円まで上昇したが、2,243,008円まで押し戻されて下落し、6時台には最安値2,200,317円まで下落したが、2,224,609円まで買い戻されて上昇し、9時台には2,267,335円まで上昇したが、2,、252,637円まで押し戻されて下落した。

11時台には2,234,299円まで下落したが、2,250,458円まで買い戻されて上昇し、12時台には2,254,007円まで上昇したが、2,244,055円まで押し戻されて下落し、13時台には2,238,349円まで下落したが、2,239,549円まで買い戻されて上昇した。

14時台には2,253,112円まで上昇したが、2,241,707円まで押し戻されて下落し、16時台には2,217,762円まで下落したが、2,235,610円まで買い戻されて上昇し、18時台には2,239,144円まで上昇したが、2,222,034円まで下落した。

その後、2,222,034円まで買い戻されて上昇し、19時台には2,238,778円まで上昇したが、2,236,753円まで押し戻されて下落し、21時台には2,218,167円まで下落したが、2,240,997円まで買い戻されて上昇した。

23時台には最高値2,294,000円まで上昇したが、押し戻されて、23時59分59秒には終値2,278,840円をつけ、11月22日の取引を引けた。

この日一日のビットコインの値動きは最安値最高値ベースで、86,683円であった。

11月23日の価格予想及び、注目のイベント

ビットコイン価格予想:2,300,000円~2,150,000円

経済指標時間
NZ・ニュージーランド準備銀行政策金利決定(4.25%)10:00
NZ・ニュージーランド準備銀行記者会見11:00
米・耐久消費財受注(10月)(前月比0.3%増)22:30
米・新築住宅販売権巣(10月)(58万戸)(前月比-3.8%)11月24日00:00
米・連邦市場公開委員会(FOMC)議事録11月24日04:00
政治・経済イベント(日本) 時間
第4回 設計製造・AI・IoT・DX バーチャルオンライン展示会 2022 秋(~25日)(オンライン)
韓国次世代モビリティ技術展2022(愛知県刈谷市)
政治・経済イベント(海外)時間
英・Finance Magnates London Summit 2022(ロンドン)
アラブ首長国連邦・AIM Summit(ドバイ)
INATBA Digital Blockchain Week(~25日)(オンライン)
トルコ・Istanbul Blockchain Week(~25日)(イスタンブール)
カタール・2022FIFAワールドカップ(~12月18日)
英・Finance Magnates London Summit 2022(ロンドン)
豪・NFT FEST AUS(~25日)(メルボルン)
独・Next Block Expo – The Blockchain Festival of Europe(~24日)(ベルリン)
ベトナム・VietnamPlas 2022 – Int’l Plastics & Rubber Industry Exhibition(~26日)(ホーチミン)
ベトナム・VIETBUILD HA NOI 2022 – INTERNATIONAL EXHIBITION (PHASE 3)(~27日)(ハノイ)
アルメニア・集団安全保障条約(CSTO)サミット(エレバン)
要人発言時間
EU・欧州中央銀行副総裁ルイス・デ・ギンドス氏発言17:30
EU・欧州中央銀行監査役会委員エドワード・フェルナンデス・ボロ氏発言18:30
英・イングランド銀行チーフエコノミスト、ヒュー・ピル氏発言11月24日00:30

11月23日のビットコインは、始値2,278,747円で寄りついたあと、2,305,000円まで上昇したが、2,295,553円まで押し戻された。1時台には2,302,872円まで上昇したが、2,285,420円まで押し戻されて下落した。

3時台には2,268,166円まで下落したが、2,278,333円まで買い戻されて上昇し、4時台には2,291,460円まで上昇したが、2,281,415円まで押し戻されて下落した。

5時台には2,276,330円まで下落したが、2,277,243円まで買い戻された。6時台には始値2,277,243円で寄りついた後、下落している。

今日のポイント
11月22日のビットコインは、対前日比(終値)で3日間連続マイナスの値動きとなった。6時台に最安値220万円台をつけた後は上昇し、23時台には最高値229万円台まで上昇した。

ビットコインの下落が止まらない。22日も1時間軸で230万円台をつけたのは一度だけで、あとは220万円台をうろうろした相場展開となった。これではトレードのうまみはあまりないといっていいだろう。

しかし、下落しているときこそ買いを入れるチャンスなのだが、下落するとわかっていては二の足を踏んでしまう。下落トレンドのときは当然、ショートポジションでエントリーするほうが利益を生みやすくなるからだ。

しかし、ビットコインの下落はどこまで続くのだろうか。ひょっとしたら200万円を割る事態も引き起こしかねないと危惧しているが、相場はどう展開するか判断がつかない。

したがって、ビットコインの価格は220万円台を中心に推移すると見ている。

▼ビットコインの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら
ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴と今後の将来性・価格予想

最新ニュース・チャート速報
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事