最新ニュース・チャート速報

【ビットコイン価格ニュース】前日比(終値)-1.47%。相場は230万円台が中心だが、240万円を超えることも考えられる

11月21日 0時台には最高値233万円台まで上昇


出典:Trading Viewビットコイン日本円チャート 1時間足

まずは、ビットコインを取り巻く内外の社会情勢や経済向がどうなっているか、主な話題を拾ってみた。

各国の経済指標を見る

アジア地域

11月1日~20日の韓国の輸出額は前年同期比16.7%減

韓国税関当局は、11月1日~20日の輸出額を発表したが、それによると、前年同期比16.7%減少したことが明らかになった。原因は、中国の半導体需要低迷であった。輸入は5.5%減となり、貿易収支は44億2000万米ドルの赤字であった。

輸出先別では、中国向けが28.3%減、アメリカ向けが11.0%増、欧州連合(EU)向けは1.5%減。品目別では、半導体が29.4%減、無線通信機器が20.6%減。自動車は28.6%増、石油製品は16.1%増。1営業日当たりの輸出は平均11.3%減。

第3四半期のタイの国内総生産は前年同期比4.5%増

タイ国家経済社会開発評議会(NESDC)は、第3四半期の国内総生産(GDP)を発表したが、それによると、前年同期比4.5%増となり、市場予想と一致し、1年強ぶりの増加となった。

GDPが増加した要因は、観光産業復活と消費拡大であった。しかし、、世界的な景気減速リスクの影響で、タイのGDPの先行きは暗いムードが漂っている。第2四半期のGDPは2.5%増であった。季節調整済み前期比では1.2%増。

中東地域

10月のトルコのを訪れた外国人は480万人

トルコを10月に訪れた外国人の数は、前年比38.4%増の480万人で、サウジアラビア(6311%増)、マレーシア(1506.2%増)、南アフリカ共和国(939.8%増)、シンガポール(1154%増)、韓国(672.2%増)およびアルゼンチン(493%増)から増加した。

一方、ウクライナ(68.7%減)、ロシア(11.0%減)から入国は減少した。海路の入国者数は1143.3%、陸路は99.1%増、空路は21.8%増。2022年の10カ月では、観光客の到着は88.14%増の3960万人となった。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

ヨーロッパ地域

10月のドイツの生産者物価指数は前年同月比34.5%増

ドイツの10月の生産者物価指数は、9月(前年同月比45.8%増)から鈍化し、同34.5%増となり、市場コンセンサス(41.5%増)を下回り、6月以来の低水準となった。

エネルギー価格は引き続き最大の上昇要因(85.6%、9月は132.2%)、すなわち天然ガス(125.6%)と電力(90.3%)の配給であった。エネルギー価格を除く生産者物価は前年同期比13.7%上昇した。

その他、金属(21.0%)、基礎化学品・肥料・窒素化合物(32.8%)などの中間財(15.9%)、食料(25.1%)などの非耐久消費財(19.0%)、耐久消費財(11.3%)、機械(9.5%)や自動車(5.6%)などの資本財で大きな値上げがみられた。

前月比では4.2%の減となり、市場コンセンサス(同0.9%増)を下回り、9月(同2.3%増)から大きく鈍化した。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

2023年のドイツの財政赤字はGDP比3.5%に達する可能性

ドイツの財務省専門家は、2023年のドイツの財政赤字は国内総生産の3.5%になる可能性があると指摘した。ドイツのメディアであるシュピーゲルが報じた。公的債務はGDP比67%超に上昇し、今後、数年かはこの水準で推移すると見込まれている。

北米地域

10月のアメリカのシカゴ地区連邦準備銀行全米活動指数は-0.05

アメリカの10月のシカゴ連邦銀行全米活動指数は、9月(0.17)から鈍化して-0.05となり、4ヵ月ぶりの弱い値となり、全米経済の成長鈍化を示唆した。

生産関連指標の寄与度は9月の-0.02からやや低下して-0.05、販売・受注・在庫の寄与度も+0.07から低下して-0.01、雇用関連指標の寄与度は+0.10から低下して-0.02と、それぞれ低下している。

一方、個人消費・住宅関連の寄与度は+0.02から+0.03に上昇した。国の経済成長をより一貫して把握できる指数の3カ月移動平均であるCFNAI-MA3は、+0.19から+0.09に小幅に減少した。

同じく3カ月移動平均のCFNAI Diffusion Indexは、+0.25から+0.13に減少した。

図版出店:TRADINGECONOMICS.COM

要人発言

(IMF専務理事)イギリスの650億米ドルの財政再建策を評価

国際通貨基金(IMF)の専務理事であるクリスタリナ・ゲオルギエワ氏は、イギリスの財政再建策を評価したことを明らかにした。その再建策とは、年550億ポンド(650億米ドル)の収支改善策を盛り込んだ内容である。

クリスタリナ・ゲオルギエワ氏は、イギリス政府が打ち出した財政再建計画は、財政責任と経済成長、脆弱な世帯の保護との間で、バランスよくまとまっていると評価し、そのことをソーシャルメディアに掲載した。

クリスタリナ・ゲオルギエワ氏
写真出典:ロイター

(アトランタ地区連邦準備銀行総裁)12月のFOMCで大幅利上げから脱却

アメリカのアトランタ地区連邦準備銀行総裁のラファエル・ボスティック氏は、12月に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)で、75bpsの利上げから脱却しなければならず、今後100bpsの利上げを行う宇必要はないと指摘した。

アメリカの経済が予想通りに進展すれば、75bps~100bpsの利上げは正当化されるに違いないが、この水準でインフレを抑制するには十分であると述べた。総裁の言によると、FRBの政策金利は4.75%~5.00%に上昇する見込みだ。

また、利上げの効果は、12カ月~24カ月必要であり、ある時点で利上げの効果を見極めるために、利上げを停止して経済状況をチェックする必要があると述べた。そして、政策金利が制約的になるにつれて、慎重に対応することが賢明であると述べた。

ラファエル・ボスティック氏
写真出典:ロイター

(インドネシア銀行総裁)2023年のインドネシア経済成長率は4.37%に減速も

インドネシア銀行総裁のペリー・ワルジヨ氏は、2023年の経済成長率は4.3%に鈍化する見込みであることを明らかにした。減速の要因は、インドネシア銀行の金融引き締め栄作が影響している。

また、総合インフレ率は、2022年末に6.11%の成長率を達成し、2023年末には3.61%の成長率を見込んでいることも明らかにした。2022年のインフレ率予測は11月3日時点のもので、先週、2022年末時点の総合インフレ率の予想は5.6%としていた。

ペリー・ワルジヨ氏
捨身出典:VOI

中央銀行・国際金融機関

中国人民銀行は主要貸し出し金利を据え置く

中国人民銀行(PBoC)は、人民元の下落圧力が続き、新型コロナウイルス事件の増加やいくつかの都市での規制や閉鎖により経済活動が鈍化する中、11月確定値で主要貸出金利を3カ月連続で据え置いた。

企業や家計の融資に使われる1年物ローン・プライムレート(LPR)は3.65%、住宅ローンの基準となる5年物金利は4.3%に据え置かれた。

減速する経済を回復させるために金利を引き下げると、主要国、とくにアメリカに対して中国の金融政策がさらに拡大し、資本流出が引き起こされる可能性がある。中央銀行は先週、中期政策金利を2.75%に維持する一方、満期を迎えた融資を一部繰り延べた。

中国は前回、経済を支えるために8月に両方のLPRを引き下げた。

第3四半期のチリの国内総生産は前期比1.2%減

チリ中央銀行は、第3四半期国内総生産(GDP)を発表したが、それによると、第2四半期比1.2%減少し、2年以上ぶりの大幅な減少となった。チリでは、リセッション(景気後退)入りの懸念が大きくなっている。

GDPの減少幅は、2020年第2四半期の減少幅(13%)に続くものであった。チリは、新型コロナウイルスによる景気悪化から順調に回復したが、その後、消費者物価が大幅に上昇し、チリ中央銀行は利上げを実施。政策金利は11.25%である。

チリを取り巻く環境は、財政・金融政策の引き締め、政局不透明感の高まり、外部環境の悪化、高どまりする消費者物価指数、主要産業の問題など山積しており、経済は縮小しており、短期的見通しはネガティブのままであるとした。

また、チリの2023年の成長率は1.3%縮小すると予想するエコノミストもいる。GDPは、前年同期比0.3%増。内需は1.5%減。

為替・投資・市場動向

政府系ファンドが好む投資先は1位アメリカ、2位がインド

資産運用会社インベスコは、世界の政府系ファンド(SWF)と公的年金基金が投資したい国の調査結果(2022年)を発表したが、それによると、1位はアメリカで、2位はインドであることが明らかになった。

インドは、2014年には9位であったが、2022年は中国に取って代わった。中国は6位に落下した。ファンドは中国への投資を縮小しており、その代わりにインドが投資家にとっては魅力と移っているということである。

調査結果では、政府系ファンドは民間市場への投資を増やしているが、この動きは減速する可能性があるという。過去10年間、政府系の投資家の投資リターンは平均年率6.5%で、SWF限定では、10%(2021年)である。

政治動向

共和党は2024年を見据え、党のリーダーシップについて熟考

候補者候補の名簿は週末、共和党の2024年大統領候補指名のためのレースを事実上開始し、選挙テーマを試し、ドナルド・トランプ前大統領との差別化を図ろうとした。

その中で、誰か別の人への欲求が高まっていることを利用しようとしたのが、フロリダ州のロン・デサンティス知事とマイク・ペンス前副大統領であった。一方、バイデン大統領は本日80歳を迎えた。

再選を目指しているバイデン大統領だが、党内には、そろそろ新しい世代のリーダーを迎え入れるべきとの意見もある。出典:The Wall Street Journal(20221120)

ドナルド・トランプ氏はここ数年で最も弱い政治的立場にある

ドナルド・トランプ前大統領は、もう1度挑戦している。彼は先週、米大統領に連続当選した2人目(グローバー・クリーブランドに次ぐ)となることを目指すと発表した。

トランプ氏の動きは、2015年から2016年にかけての最初の大統領選の立候補以来、彼の政治的ブランドが最も弱くなっている時期に行われたものである。

しかし、共和党内では依然として無視できない存在であり、司法省が前大統領に関連する捜査を監督する特別顧問を任命したというニュースは、共和党員の間でトランプ氏への結集効果を引き出す可能性がある。

とはいえ、2022年の中間選挙を経て、党内における彼の力が弱まっていることは明らかだ。出典:CNN BUSINESS(20221120)

経済・金融動向

資本主義は、欠乏の問題を解決したが、不平等の危機を悪化させた

資本主義が存在しない世界を想像することさえ難しいほど、資本主義は長い間存在してきた。しかし、それは不変の物理法則とは程遠い。

実際、資本主義は今や「物質的にも時代遅れで、思想的にも廃れている」と、英国の作家スティーブ・パクストンは近刊『資本主義の終わり方』(Zero Books、2022年)で論じている。

「資本主義時代は、自由な人間社会に必要な物質的豊かさを提供してきたが、資本主義はその生産力が可能にする自由を提供することはできない」。続くインタビューでパクストン氏は、資本主義の輪郭、矛盾、黄昏について、Truthoutと考えを共有している。
出典:TRUTHOUT(20221120)

第3四半期のインドの成長率は6.1%~6.3%の予想

インド準備銀行(中央銀行)は、月報を公表したが、それによると、第2会計四半期(7─9月)の経済成長率を6.1%~6.3%と予想していることが明らかになった。高頻度指標と経済予測を基に予想数値を導き出した。

インド準備銀行は、予想通りの成長率が達成できれば、2022年~2023年は7%程度の成長が見込まれるとしている。7月~9月の成長率は11月末に発表となる。

インド準備銀行は、総合インフレ率が緩和の兆しを見せているが、国内のマクロ経済展望は堅調だが、逆風にはいまだ脆弱であると述べた。

また、世界経済破堤瞑する可能性があり、国際金融環境が市場流動性が逼迫し、環境は悪化し、金融の価格変動が増幅しているとし、市場は緩やかな政策金利を盛り込んでおり、リスク選好が復活しているが、インドの経済は力強さを増してきている。

フィッチはメキシコの格付けを「BBB-」に据え置き

格付け会社フィッチ・レーティングスは、メキシコの長期外貨・現地通貨建て発行体デフォルト格付け(IDR)を「BBBマイナス」に据え置き、見通しは安定的と評価した。また、メキシコの実質GDPは2.5%(2022年)、2023年は1.4%増と予想。

さらに、メキシコ中央銀行が利上げを継続し、政策金利は2022年末までに10.75%と見込んでいる。

社会・環境問題

アメリカの労働市場はほぼ無傷で新型コロナウイルス禍を乗り切る

アメリカのボストン地区連邦準備銀行が主催した研究会議で、アメリカの労働市場は、新型コロナウイルスの世界的大流行の混乱から無傷で回復し、大流行前の状態とほぼ変わらないとする論文が発表された。

デジタル化への動き

ニューヨーク地区連邦準備銀行は大手銀行と12週間のCBDCパイロットプログラムを開始

ニューヨーク地区連邦準備銀行のイノベーションセンター(NYIC)は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の12週間の概念実証パイロットを開始すると発表した。

11月15日の発表で、ニューヨーク地区連邦準備銀行は、次のように述べている。

「このプログラムは、規制された負債ネットワーク上で「中央銀行卸売デジタルマネーと商業銀行デジタルマネーの相互運用可能なネットワークが共有マルチエンティティ分散台帳上で動作する」実現可能性を調査するものである」

BNYメロン、シティ、HSBC、マスターカード、PNC銀行、TD銀行、Truist、U.S.銀行、ウェルズ・ファーゴなどの大手銀行が、トークンの発行と中央銀行準備金のシミュレーションによる取引決済で試験的に参加する予定である。

「NYICは、銀行業界のメンバーと協力し、資産のトークン化に関する研究や、貨幣と銀行の進化に伴う米国の金融市場インフラの将来について研究を進めることを楽しみにしています」と、NYIC所長のペール・フォン・ゼロウィッツ氏は述べている。
出典:OINTELEGRAPH(20221115)

暗号資産の新しい動き

Sam Bankman-Fried氏の破産した暗号塚帝国は、50人の最大の無担保債権者に合計31億米ドルの借りがある

そのうちの10人の顧客は、身元が伏せられているが、それぞれ1億米ドル以上の債権を持っている。30歳のBankman-Fried氏のFTX帝国の崩壊は、世界の暗号通貨取引所での流出の急増に拍車をかけた。

安定性について市場を安心させるための動きは、取引所から資金を引き揚げ続けるジリ貧のユーザーにはほとんど影響を及ぼしていない。

デジタル時代の銀行取引は、FTXだけでなく、BlockFiからGenesisまで、カラフルな名前を持つ企業のリストを機能不全に陥れている。
出典:Bloomberg Five Things to Staart Your Day(20221121)

暗号通貨はこれで終わりなのか?

凋落は激しく、速い。当時第3位の規模を誇っていた暗号通貨取引所FTXの評価額は320億米ドル、彼自身の資産も160億米ドルと推定されていた。

シリコンバレーのベンチャーキャピタル(VCS)にとって、彼はビデオゲームをしながら投資家を驚かせることができる金融の天才であり、おそらく世界初の兆万長者になる運命にある人物だった。

ワシントンでは、彼は暗号通貨の顔として受け入れられ、議員たちと交流し、暗号通貨の規制に影響を与えるための努力を資金援助していた。

しかし、現在では、100万人の激怒した債権者、数十の不安定な暗号会社、規制と犯罪捜査の急増以外には何も残っていない。

FTXの高速崩壊は、失敗とスキャンダルの歴史を持つ業界に壊滅的な打撃を与えた。暗号がこれほど犯罪的で、無駄で、役に立たないものに見えたことはなかった。
出典:Economist(20221117)

サム・バンクマン=フリード氏の失脚は、効果的な利他主義に何を意味するか

Sam bankman-fried氏は今年初めのインタビューで、不思議な信念を説明している。今は倒産した暗号通貨取引所であるFTXのボスは、経済学者のタイラー・コーウェン氏から「リスク中立」とはどういう意味か、と問われたのだ。

この概念は、良いサプライズにも悪いサプライズにも寛容でありたいと願う投資家が使うものだが、バンクマンフリード氏は、もっと広くこの概念を適用している。

2つの選択肢を与えられたら、どうするだろうか?一つは(51%の確率で)存在する世界の数を2倍にすること、もう一つは(49%の確率で)我々の世界と他の世界を消し去ることだ。

バンクマンフリード氏は、うーん、と相槌を打った。コーウェン氏は、同じ選択肢を繰り返し提示することで、ゲーム終了までに確実に世界を消滅させることができると指摘した。

そうすると、「サンクトペテルブルグのパラドックス」の一例として、利益を最大化すると無意味な結論に至るということにならないか?バンクマンフリード氏は、「非常に価値のある存在」になる可能性もある、と反論した。出典:Economist(20221117)

バイナンス、流動性に悩むプロジェクトを支援する業界回復基金を設立

FTX危機の影響が市場に悪影響を与え続ける中、暗号取引所Binanceは、流動性の問題を抱えている潜在的に強力なプロジェクトを支援するための基金を創設している。

ツイートで、Binance CEOのChangpeng Zhao氏は、Binance CEOが「強いけど流動性の危機にある “と表現したプロジェクトを支援することで、FTXの崩壊の連鎖的な悪影響を減らすことを目的としたファンドである」と述べた。

Zhao氏は、どのプロジェクトが対象となるのかについてのすべての情報を提供していないが、基準に適合すると思われるチームには、取引所のベンチャーキャピタル部門であるBinance Labsに連絡するように伝えた。

また、共同投資に関心のある他の業界関係者にも連絡を取るよう呼びかけた。「暗号通貨はなくならない。私たちはまだここにいる。再建しよう」とZhao氏は書き込んだ。
出典:COINTELEGRAPH(20221114)

FTX危機により「暗号通貨の冬」が2023年末に延長される可能性

FTXの危機は、投資家の信頼を抑止し、暗号市場に流動性危機をもたらし、新しいレポートによると、2023年の終わりまで「暗号通貨の冬」を延長する可能性が非常に高い。

FTXの崩壊をきっかけに暗号通貨エコシステムの放射性降下物を分析するCoinbaseの研究報告書は、世界第3位の暗号通貨取引所の崩壊が、「暗号通貨の冬」の延長に寄与する可能性のある流動性危機を引き起こしたと指摘した。

FTXの多くの機関投資家は、11月11日に破産を申請した後、その投資がプラットフォーム上で立ち往生していた。FTXの崩壊はまた、投資家や大規模なバイヤーを暗号通貨エコシステムから遠ざけた。

Coinbaseは、安定コインの支配率が18%の新高値に達したことを強調し、流動性危機が少なくとも年末まで延長する可能性があることを示した。
出典:COINTELEGRPH(20221116)

東京株式市場

株価が上昇した銘柄数は66%超

11月21日、東京株式市場の日経平均株価は、対前日(18日)比45円02銭高の2万7944円79銭で取引を引けた。

プライム市場の売買高概算は9億6530万株。売買代金概算は2兆4510億円。値上がりした銘柄数は1226銘柄(66.77%)、値下がりした銘柄数は534銘柄(29.08%)、株価が変わらなかった銘柄数は76銘柄(4.13%)であった。

ニューヨーク株式市場

11月21日、ニューヨーク株式市場は、ダウ工業株30種平均株価は33,760米ドル30セント、S&P500総合は3,956.23ポイント、ナスダック総合は11,091.01ポイントで、それぞれの取引が始まった。

終値は、ダウ工業株30種平均株価は33,700米ドル28セント、S&P500総合は3,949,94ポイント、ナスダック総合は11,024.51ポイントで、それぞれの取引を引けた。

このような状況がビットコインの値動きにどんな影響を及ぼしたのだろうか。以下は、11月21日のビットコインの値動きを時系列に沿って説明したものである。

ビットコインの11月21日の値動き

ビットコイン価格
始値2,323,351円
高値2,332,130円
安値2,231,239円
終値
2,289,877円

始値2,323,351円で寄りついたあと、最高値2,332,130円まで上昇したが、2,327,442円まで押し戻されて下落し、3時台には2,320,774円まで下落したが、2,327,000円まで買い戻されて上昇した。

4時台には2,328,807円まで上昇したが、2、327,098円まで押し戻されて下落し、11時台には最安値2,231,239円まで下落したが、2,247,662円まで買い戻された。

12時台には2,233,300円まで下落したが、2,257,630円まで買い戻されて上昇し、13時台には2,290,301円まで上昇したが、2,265,729円まで押し戻された。

14時台には2,283,729円まで上昇したが、2,281,858円まで押し戻された。15時台には2,285,954円まで上昇したが、2,267,008円まで押し戻されて下落した。

16時台には2,248,783円まで下落したが、2,258,366円まで買い戻されて上昇し、18時台には2,293,991円まで上昇したが、2,288,283円まで押し戻されて下落した。

21時台には2,277,000円まで下落したが、2,2,287,988円まで買い戻されて上昇し、22時台には2,309,031円まで上昇したが、2,291,893円まで押し戻されt。

23時台には2,、299,500円まで上昇したが、押し戻されて、23時59分59秒には終値2,289,877円をつけ、11月21日の取引を引けた。

この日一日の胃bっとコインの値動きは最安値最高値ベースで、100,891円であった。

11月22日の価格予想及び、注目のイベント

ビットコイン価格予想:2,400,000円~2,200,000円

経済指標時間
特筆すべきものはなし
政治・経済イベント(日本) 時間
保育博2022 - 保育・教育ビジネス&サービスフェア(東京都)
第4回 設計製造・AI・IoT・DX バーチャルオンライン展示会 2022 秋(~25日)(オンライン)
韓国次世代モビリティ技術展2022(~23日)(愛知県刈谷市)
政治・経済イベント(海外)時間
英・Finance Magnates London Summit 2022(~23日)(ロンドン)
アラブ首長国連邦・AIM Summit(~23日)(ドバイ)
INATBA Digital Blockchain Week(~25日)(オンライン)
トルコ・Istanbul Blockchain Week(~25日)(イスタンブール)
カタール・2022FIFAワールドカップ(~12月18日)
英・Finance Magnates London Summit 2022(~23日)(ロンドン)
要人発言時間
豪・オーストラリア準備銀行総裁フィリップ・ロウ氏発言16:00
米・クリーブランド地区連邦準備銀行総裁ロレッタ・メスター氏発言11月23日01:00
加・カナダ銀行上級副総裁キャロライン・ロジャーズ氏発言11月23日02:00
独・ドイツ連邦銀行総裁ヨナヒム・ナーゲル氏発言11月23日03:00
米・カンザスシティ地区連邦準備銀行総裁エスター・ジョージ氏発言11月23日04:15
米・セントルイス地区連邦準備銀行総裁ジェームズ・ブラード氏発言11月23日04:45

11月22日のビットコインは、始値2,289,874円で寄りついたあと、2,292,219円まで上昇したが、2,290,102円まで押し戻されて下落し、1時台には2,256,511円まで下落したが、2,276,254円まで買い戻されて上昇した。

2時台には2,283,213円まで上昇したが、2,275,780円まで押し戻されて下落し、4時台には2,217,000円まで下落したが、2,235,608円まで買い戻されて上昇した。

5時台には2,256,500円まで上昇したが、2,243,008円まで押し戻された。6時台には始値2,243,008円で寄りついた後、上昇している。

今日のポイント
11月21日のビットコインは、対前日比(終値)で2日間連続マイナスの値動きとなった。0時台には最高値233万円台まで上昇したが、その後は伸びを欠いて押し戻され、終値は228万円台をつけ、取引を引けた。

ビットコインの価格はまたもや230万円台から220万円台の間で推移する展開となった。あがる材料が見あたらないからそれもいたしかたないことなのだが、それにしても、値動きがあまりにも低調すぎると言わざるを得ない。

いくらFTXの破綻騒動の影響だからといえど、ビットコインはビットコインである。そろそろ相場付きがかわっても不思議ではないのだが、業界全体が何者かをおそれているような感じがしている。

それが何かは定かではないが、暗号資産業界に逆風が吹いていることだけは確かなようだ。と、前説はこのぐらいにしておいて、肝心の価格だが、やはり、急上昇するとは考えにくい。

したがって、22日もまた、230万円台を中心に相場が展開するのではないだろうか。

▼ビットコインの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら
ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴と今後の将来性・価格予想

最新ニュース・チャート速報
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事