最新ニュース・チャート速報

【ビットコイン価格ニュース】前日比(終値)+5.92%。270万円台から260万円台の間でレンジ相場を形成か

9月27日 21時台には294万円台まで上昇


出典:Trading Viewビットコイン日本円チャート 1時間足

まずは、ビットコインを取り巻く内外の社会情勢や経済向がどうなっているか、主な話題を拾ってみた。

各国の経済指標を見る

アジア地域

9月の韓国の消費者信頼感指数は91.4

韓国の9月の消費者信頼感指数は、前月比2.6ポイント上昇の91.4となり、前月比2.9%増となったが、前年同月比では11.9の減少となった。現在の生活水準(85:7月の83)、世帯収入(96:94)、国内経済状況(50:47)についてのセンチメントが高まった。

インフレ期待も4.3%から4.2%に低下した。それでも、家計貯蓄の見込みが90から92に、賃金の見込みが117から115に減少するなど、期待縮小の兆候が見られる。

1月~7月の中国の鉱工業の利益は48兆9300億元に減少

中国の工業企業が得た利益は、経済が新型コロナウイルスの混乱と熱波によるエネルギー不足に引き続き悩まされ、前年同期の1.0%増から反転して、今年最初の7ヶ月間で48兆9300億元に減少した。

国家統計局によると、7月の単体数値は報告されていない。中国経済の減速は先月さらに深まり、小売売上高と工業生産高はともに市場予測を下回った。

政策立案者は、この弱いデータの後、1年物および7日物の貸出金利の引き下げや、主にインフラ支出を中心とした1兆人民元の追加資金供給などの措置をとり、成長を復活させようと動いた。6月の企業収益は前年同月比0.8%増となり、3ヵ月ぶりに増加した。中

9月の台湾の消費者死因来館指数は62.59

台湾の9月の消費者信頼感指数は、8月(63.08)から低下して62.59となり、約13年ぶりの低水準となった。

耐久財の購入時期(前月比1.05ポイント減の108.35)、国内経済の見通し(0.8ポイント減の78.9)、家庭経済の見通し(0.75ポイント減の73.60)、雇用機会(0.4ポイント減の63.3)、株式市場への投資時期(0.3ポイント減の24.5)など家庭のセンチメントは弱くなった。

一方、今後6カ月間の物価に対する期待は高くなった(0.4ポイント増の26.9)。

ヨーロッパ地域

9月のフィンランドの消費者信頼感指数は-18.9

フィンランドの9月の消費者信頼感指数は、8月(-14.9)から低下して-18.9となり、どん底まで落ち込んだ。家計の自国経済に対するセンチメントは悪化した(8月の-1.7に対して-2)。

特に1年前(-8.7に対して-1.7)から、現在の経済(-58.0に対して-49.6)も、特に前年(-33.5に対して-33.1)よりも悪化している。一方、耐久消費財への支出意向は過去最低(-28.8 対-24.0)となり、貯蓄の可能性は高水準(40.5 対 41.1)を保った。

さらに、調査時のインフレ期待(7.9対7.5)および12カ月後のインフレ期待(6.7対6.4)は測定史上最高値となった。

一方、消費者は引き続き自身の財政状況を良好と見ており(26.3対25.8)、雇用の状況は一般(-13.2対-15.1)、個人(-5.3対-5.5)ともに中立レベルまで改善した。

8月のスウェーデンの貿易収支は184億クローネの赤字

スウェーデンの8月の貿易収支は、前年同月(111億クローネの赤字)から拡大して184億クローネの赤字となった。輸入は前年同月比32.0%増の1669億クローナ、輸出は29.0%増の1485億クローナに急増した。

2022年1月~8月の貿易収支は256億クローネの赤字となり、2021年同期の233億クローネの大幅な黒字から反転した。

ドイツの輸出産業の業況は悪化

ドイツのIFO経済研究所あは、国内輸出産業の業況を発表したが、それによると、2020年5月以来の水準に落ち込んだことが明らかになった。世界経済が減速したことが景況感の悪化につながっていると見られている。

9月の輸出見通し指数は-6.0と、8月(-2.8)から低下した。IFOのクレメンス・フュースト所長は、「輸出見通しはほとんどの製造業でマイナスだ」と述べた。ただ飲料メーカーに改善の兆しが見られ、自動車産業も第4四半期の輸出増加が見込まれている。

ドイツの7月の輸出は前月比2.1%減。アメリカと中国の需要が減ったことが影響をしている。

北米地域

8月のアメリカの製造業耐久消費財新規受注は前月比0.2%減

アメリカの8月の製造耐久消費財の新規受注は、7月(前月比0.1%減)から低下し、市場コンセンサス(同0.4%減)は上回ったが、同0.2%減となった。輸送機器が減少(1.1%減)、すなわち非国防航空機・部品(18.5%減)の減少が影響した。

また、金属加工品(-0.7%)、非国防資本財(-2.7%)なども減少している。一方、防衛航空機・同部品(31.2%)、防衛資本財(10.1%)、電気機器・家電(1%)、コンピュータ・電子機器(0.8%)、第一次金属(0.4%)は増加した。

設備投資の指標となる航空機を除く非国防資本財の受注は、7月の0.7%を大きく上回る1.3%増となり、予想の0.2%増を上回った。

7月のアメリカのケースシラー住宅価格指数は前年同月比16.1%増

アメリカの7月のS&Pコアロジック・ケースシラー20都市住宅価格指数は、前年同月比16.1%増となり、3カ月連続で減速し、市場コンセンサス(同17%増)を下回る結果となった。

また、FRBが金利を引き上げる動きを続けているため、住宅ローン融資が割高になっており、20都市すべてが減速を示し、昨年4月以降で最も小さな住宅コストの上昇となった。

タンパ(31.8%)、マイアミ(31.7%)、ダラス(24.7%)の価格が最も上昇し、ミネアポリス(9%)、ワシントン(9.4%)、サンフランシスコ(10.8%)が最も小さい上昇率を記録した。

一方、全米総合指数は6月の18.1%上昇に続き、7月も15.8%上昇した。この2つの月次上昇率の差-2.3%は、同指数の歴史上最大の減速幅となる。

S&P DJIのマネージングディレクターであるクレイグ・J・ラザラ氏は、「マクロ経済環境がより厳しくなるとの見通しのもと、住宅価格は減速を続ける可能性が十分にある」と述べている。

8月のアメリカの新築住宅販売件数は68万5000戸

アメリカの8月の新築住宅販売件数は、前月比28.8%増の685K件と5カ月ぶりに急増し、市場コンセンサス(50万戸)を上回った。北東部(66.7%)、中西部(16.7%)、南部(29.4%)、西部(27.5%)で販売が増加し、2020年6月以降最大の増加幅となった。

新築住宅の販売価格の中央値は43万6800米ドルで、1年前より8%上昇したが、2020年11月以来の最小の上昇で、平均販売価格は52万1800米ドルであった。売り出し中の住宅は46万1000戸で、在庫の供給期間は8.1カ月に相当する。

9月のアメリカのリッチモンド地区連邦準備銀行製造業指数は0

アメリカの9月のリッチモンド地区連邦準備銀行製造業総合指数は、8月(-8)から浄書して0となった。改善は出荷で行われ、8月(-8)から14へと上昇し、新規受注量の減少を相殺した。

一方、雇用指数は前月の11から停滞した。一方、賃金指数は27から40に上昇したが、製造業が求める技能水準は-3から-6にさらに低下し、地域別業況判断指数のマイナス幅も-14から-5となった。

価格面では、支払価格、受取価格ともに前月の値から減少した。先行きについては、出荷や新規受注量など、今後6カ月間の状況に対する期待値が改善された。

9月のアメリカのテキサス州のサービス業活動指数は-5.4

アメリカの9月のダラス地区連邦準備銀行のテキサス州サービス業の一般事業活動指数は、8月(-5.7)からわずかに上昇して-5.4となり、テキサス州のサービス業全体の景況感がやや悲観的になっていることを示唆している。

中米地域

8月のメキシコの貿易収支は54億9800万米ドルの赤字

メキシコの8月の貿易収支は、前年同月(37億4400万米ドルの赤字)から拡大して54億9800万米ドルの赤字となり、アナリストの予想では44億6000万米ドルの赤字だが、それを上回った。

輸出は前年同月比25.2%増の506億700万米ドルで、うち非石油は26.6%増の474億5500万米ドル、石油は19.7%増の32億1500万米ドルに急増している。非石油輸出は、アメリカ向けが27.6%増、その他の地域向けが17.0%増となった。

一方、輸入は、石油以外の購入(24.1%増の485億8400万米ドル)と石油の輸入急増(49.5%増の75億8500万米ドル)により27.2%増の561億6800万米ドルと急速に増加した。

8月のメキシコの失業率は3.5%

メキシコの8月の失業率は、失業者数が40万7000人減の210万人、就業者数が200万人増の5760万人となり、市場の予想通り前年同月(4.3%)から低下して3.5%となった。

経済活動人口は150万人増の5,970万人となり、参加率は60%となった。季節調整済の失業率は0.1ポイント上昇し、3.3%となった。

南米地域

7月のアルゼンチンの経済活動推計値は前年同月比5.6%増

アルゼンチンの7月の経済活動推計値は、前年同月比5.6%増となり、8月(6.9%)から鈍化したが、市場コンセンサス(4.7%増)を上回った。

増加幅が大きかったのは、ホテル・レストラン(45.7%)と鉱山・四半期(13.6%)だが、いずれも前月比では減少した(それぞれ56.0%と14.3%)。漁業(同3.1%減、9.4%減)、電気・ガス・水道業(同2.1%減、5.1%減)はともに縮小に転じた。

製造業(5.6%対6.5%)は、前月より改善したものの、農業、牧場、狩猟、林業(2.7%対5.0%)が最も抑制的で、増加に最も影響を与えた。

8月のブラジルの連邦税収は1723億1400万レアル

ブラジルの8月の連邦税収は、前年同月比8.2%増の1723億1400万レアルとなった。最も大きく貢献したのはやはり法人税で、絶対値で27.2%増加したと政府は述べ、商品部門に関連する企業による50億レアルの単発徴収を強調した。

要人発言

(スペイン中央銀行総裁)経済は高インフレで今後数カ月は成長が鈍化

スペイン中央銀行総裁のパブロ・ヘルナンデス・デコス氏は、国内経済が高インフレにより、今後数カ月間は成長が鈍化するとの見解を明らかにした。

(ニュージーランド準備銀行総裁)ニュージーランドの金融引き締めは成熟段階

ニュージーランド準備銀行(中央銀行)総裁のエイドリアン・オア氏は、ニュージーランド準備銀行にはまだやるべきことはあるが、引き締めサイクルは非常に成熟した段階に入っているとの認識を示した。

(スイス国立銀行)インフレ押し下げへ全力尽くす

スイス国立銀行の理事のアンドレア・メクラー氏は、スイス国立銀行はインフレ押し下げに向けて全力を尽くすことを強調し、先週実施した利上げは国内の物価上昇を抑制するスイス国立銀行の決意を示すものだと主張した。

(クリーブランド地区連邦準備銀行総裁)政策運営で世界的要因を考慮

アメリカのクリーブランド地区準備銀行総裁のロレッタ・メスター氏は、アメリカの連邦準備制度理事会(FRB)は、政策金利設定に際して、米ドル高など世界的な要因を考慮するが、最終的には国内の目標に基づき政策決定を行うべきであるとの見解を示した。

(イングランド銀行元副総裁)市場の混乱を受けた緊急会合は理にかなう

イングランド銀行(英中央銀行)の元副総裁であるチャールズ・ビーン氏は、現職の副総裁の地位にあれば、今週の市場の混乱を受けて緊急会合を開催するよう総裁に助言した可能性が高いとの見解を明らかにした。

(中国の商務次官)輸出入安定化に対する圧力増大に直面

中国商務省次官の王受文氏は、輸出入安定化に対する圧力が高まっており、外需の伸び鈍化が主要な課題だと述べた。

(台湾金融監督管理委員会委員長)市場安定化策は「もろ刃の剣」

台湾の金融監督管理委員会委員長である黄天牧氏は、市場安定化措置は「もろ刃の剣」であり、慎重に検討する必要があるとの見解を明らかにした。

(フィラデルフィア地区連邦準備銀行総裁)住宅不足がインフレの主因

アメリカのフィラデルフィア地区連邦準備銀行総裁のパトリック・ハーカー氏は、アメリカでの住宅の不足が、高止まりしている消費者物価の主因であるとの見解を示した。

グレートリセッション(大不況)以来、アメリカでは物価上昇を緩やかに保つためには、住宅の十分な供給が欠かせないが、現状は十分な住宅が建設されていないと指摘。したがって、住宅不足が高水準なインフレの主因になっていると述べた。

(ミネアポリス地区連邦準備銀行総裁)FRBのインフレ対応は適切で積極的

アメリカのミネアポリス地区連邦準備銀行総裁のニール・カシュカリ氏は、連邦準備制度理事会(FRB)当局者は、消費者物価を抑制するためで一致団結して臨んでおり、必要な措置を行うことで意思統一しており、金融市場は当局者のことを理解していると述べた。

利上げが効果を発揮するのは時間がかかることを考慮すると、前倒しでやりすぎるリスクもあることも認識しているとし、その上で適切で積極的なペースでインフレに対応していると述べた。

(イングランド銀行チーフエコノミスト)市場が「機能不全」に陥るときのみ国債売却停止

イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミストであるヒュー・ピル氏は、イングランド銀行が機能不全の市場で国債を売却はしないが、ファンダメンタルズの変化を反映した急激な価格変動は、国債の売却を一時的に停止する理由にはならないと述べた。

(セントルイス連邦準備銀行総裁)景気後退リスクの高まり、外部の衝撃が要因

アメリカのセントルイス地区連銀総裁のジェームズ・ブラード氏は、連邦準備制度理事会(FRB)の利上げによってリセッション入りのリスクが高まっているが、それによってアメリカ経済は崩壊するのではなく、外部の衝撃が要因となる公算が大であると述べた。

また、雇用の伸びは力強く、家計のバランスシートも堅調であり、リセッションについては、アメリカ単体で議論するよりも、世界全体で議論をすべきであると述べた。

(ポルトガル銀行総裁)インフレ期待なお固定、物価上昇長期化でも

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーで、ポルトガル銀行総裁のマリオ・センテノ氏は、消費者物価の上昇は予想以上に上昇し、いかも長期化する恐れがあり、インフレ期待はECBの中期目標に固定されていると述べた。

(欧州中央銀行副総裁)金利上昇で一部企業が苦境に、銀行に打撃

欧州中央銀行(ECB)副総裁のルイス・デ・ギンドス氏は、景気減速や金利上昇により一部の企業が苦境に直面し、ユーロ圏の銀行には悪影響が及ぶ恐れがあるとと述べた。

(シカゴ地区連邦準備銀行総裁)政策金利4.50%~4.75%に引き上げるべき

アメリカのシカゴ地区連邦準備銀行総裁のチャールズ・エバンズ氏は、連邦準備制度理事会(FRB)は、政策金利を4.50%~4.75%に引き上げるべきであるとの見解を示した。

利上げによって、経済成長率が低下し、労働市場が多少悪化しても、リセッション(景気後退)時のような失業率にはならないと指摘。次回の会合で、政策金利を年末までに4.25%~4.50%に引き上げ、2023年には4.50%~4.75%にすべきとの見解を示した。

(連婦準備制度理事会議長)デジタル金融資産に適切な規制必要

アメリカの連邦準備制度理事会議長のジェローム・パウエル氏は、デジタル金融資産について、公平な競争環境を確保し、消費者を保護するために適切な規制が必要との見解を示した。

分散的な金融エコシステムには透明性が欠如しており、暗号通貨のような分散型金融の拡大しているため、デジタル通貨には適切な規制が必要であると述べた。

中央銀行・国際金融機関

ナイジェリア中央銀行は政策金利を150bps引き上げ

ナイジェリア中央銀行は、9月の会合で金融政策金利を150bps引き上げ、7月の100bps引き上げに続き、市場予想の14.5%を上回る15.5%に設定した。

持続的なインフレ圧力が同国の脆弱な回復に与える影響への懸念が高まる中、今年に入ってからこれまで3回連続の利上げとなり、借入コストは2006年以来の高水準となった。

ナイジェリアの年間インフレ率は、食料品価格の高騰、ディーゼル燃料価格の上昇、慢性的なドル不足による通貨安の継続を背景に、8月には7ヶ月連続で上昇し、17年ぶりの高水準となる20.5%となった。

一方、ナイジェリアの第2四半期の経済成長率は、非石油部門の牽引のみで、前年同期比3.54%と予想を上回る強さで上昇した。

同行は、今年の成長率予測を3.3%から3.5%に修正した。今後、エメフィレ総裁は、インフレ率が上昇傾向を続ける場合、さらなる利上げの可能性について警告した。

為替・投資・市場動向

人民元が世界4位の決済通貨に

中国人民銀行(中央銀行)は、「2022年人民元国際化報告」を発表したが、それによると、2021年以降、人民元の越境決済の金額が前年の高い基数をベースに増加し続けていることが明らかになった。

2021年に銀行が顧客の代わりに行なった人民元建て越境受払の金額は、前年同期比29.0%増の36兆6000億元(1元は約20.1円)となり、過去最高額を更新した。人民元の越境収支は、通年累計4044億7000万元の純流入となった。

国際銀行間通信協会(SWIFT)の調べでは、人民元建て国際決済のシェアが2.7%(2021年12月)となり、日本円を抜いて世界4位の決済通貨になった。さらに、2022年1月はシェアが3.2%に上昇し、過去最高となった。

経済動向

イスラム経済の台頭(その3):イスラム経済の急進化

現代のイスラム経済運動が始まった当初から、欧米の提唱者や起業家の多くは、少なくとも部分的には政治的熱意によって動かされてきた。

この運動の応援団は「若いムスリムたち……特に9.11事件以降、ハラール経済(イスラム経済)を牽引してきた」のであり、彼らは「ムスリムの消費者」に対して「受け入れられると考える宗教的あるいは倫理的視点」に「応える」ことを目指している。

それは「悲劇とそれに続く差別」であり、「若いイスラム教徒が『非常にあからさまで明確なイスラム教徒のアイデンティティによって自分たちを定義する』動機となった」と称されているのである。続きはこちらから(英文)出典:Middole East Forum(20220920)

金融市場は危険な新局面を迎えている

世界的に金融市場の混乱が深刻化している。英国では国債利回りが急上昇し(グラフ参照)、ポンドが下落したため、財務省やイングランド銀行は市場を落ち着かせるための声明を発表した。日本では1998年以来の為替介入を実施し、円安を食い止めようとしている。

中国では、中央銀行が通貨流出を抑制するため、外国為替取引に必要な準備金を増額した。この混乱の中心は、アメリカのドル高と世界的な金利の上昇である。このような状況下でも、日本では、「グローバルな金融危機の鎮静化」が求められている。

各市場にはそれぞれ特徴がある。英国の新政権は過去半世紀で最大の減税を計画している。日本は世界の潮流に逆らい、金利を最低水準に抑えようとしている。中国政府は「ゼロ金利」政策の結果、世界から孤立し、苦境に立たされている。
出典:Economist(20220926)

インフレと失業率

失業率は金利に関するFRBの立場に大きな影響を与える。結局、ホワイトハウスは最近、米国の雇用市場の好調さを指摘し、米国経済の後退の主張を否定している。

アメリカの失業率は先月3.7%に上昇し、2月以来の高水準を記録した。また、市場予想の3.5%を上回った。直近のFRB会合では、来年の失業率は4.4%に上昇するとの見通しが示された。ちなみに、2008年の金融危機の際には、米国の雇用率は10%に達した。

その一方で、失業者数は34万4千人増えて601万4千人になった。労働力率は7月の62.1%から8月には62.4%と5ヵ月ぶりの高水準に上昇した。

以上のことを考慮すると、雇用市場は依然としてポジティブなイメージを描いている。したがって、FRBは失業率が劇的に上昇するまで利上げペダルを踏み続けるだろうと推測される。

理論的には、それはアメリカの金利がさらに上昇に向かうことを意味するはずである。現在のビットコインとリスク資産の正の相関を考えると、ビットコインの短中期的なイメージは厳しいと思われる。

唯一の希望は、価格変動が株式市場とのデカップリングの兆候を示すことである。
出典:Crypro Market Roundup(20220927)

GDPウォッチ

今週の経済カレンダーは、アメリカが中心。金曜日にアメリカの第2四半期国内総生産の最終結果が下がる。7月、第2四半期の前年同期比成長率が0.6%のマイナスとなり、景気後退の懸念が浮上した。

しかし、政府は労働市場や消費者心理が好調であることを理由に、景気後退の噂に反論した。FRBのタカ派的なスタンスからGDPが改善すれば、株価にとって最も抵抗の少ない道は下降線になるように思われる。

一方、この数字が急降下するのを見た場合、市場がどちらに崩れるかはわからない。景気後退懸念がビットコインや株式などのリスクオン資産を沈める可能性がある。あるいは、FRBが利上げにブレーキをかけるという期待から、市場がポンピングする可能性もある。

米ドル対他通貨指数DXYは、当初の強気目標である115ポイントに迫っている。日欧の中央銀行総裁の講演が今週のDXYのマイナス材料となりそうであるため、短期的に調整する可能性がある。

DXYの長期目標は120のままであり、115が頂点となる可能性もわずかにあります。暗号市場は米ドルとは逆方向に反応することが予想される。
出典:Crypro Market Roundup(20220927)

2022年の東アジア・太平洋地域の成長率は3.2%に引き下げ

世界銀行は、2022年の東アジア・太平洋地域の成長率見通しを発表したが、それによると、4月時点(5.0%)から3.2%に引き下げたことが明らかになった。前年の成長率は7.2%であった。

成長率見通しが下がったのは、中国の経済が減速していることが主因である。ただし、2023年の成長率は現状よりも上向くと見込んでいる。

23カ国の経済生産の86%を占める中国は、2022年の成長率が2.8%と見込まれており、前回(5.0%)から大幅に下方修正となった。2021年の成長率は8.1%。2023年は4.5%成長が見込まれている。

環境問題

エネルギーの進化を支える天然ガスコンプレッション

天然ガスは、さまざまな産業の原料として、また社会の発展の基盤となるエネルギー源として、私たちの社会で重要な役割を担っている。

エネルギーと人類の発展は切っても切り離せない関係にある。現在から2050年にかけて、世界のエネルギー消費量は50%近く増加すると予測されており、天然ガスと、その生産、加工、輸送、貯蔵に必要な圧縮は増加すると思われる。

天然ガスの圧縮とインフラの進化的な適性は、市場、社会、環境の変化に効果的に対応する能力である。脱炭素エネルギーシステムのコンセプトと天然ガス消費量の予測を一致させることは、気の遠くなるようなことである。

しかし、それでも先進的なリーダーたちは、ネット・ゼロ・エネルギーで世界を動かすという共通の目標に向かって団結することを妨げない。
続きはこちらから(英文)出典:Pipeline & Gas Journal(20220927)

国際紛争関連

ロシアはウクライナで負け続けている

ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領によると、ウクライナの劇的な反攻により、約2000平方マイルの領土が奪還され、ロシア軍は動揺している。

プーチン大統領は、多くの権威主義者と同様に、個人的な無敵のイメージに依存しているため、軍事的敗北による政治的リスクを当然ながら恐れている。

国内では、プーチン氏の最も忠実なおべっか使いでさえ、ウクライナでの損失を食い止めるために何かするよう要求している。

プーチン氏はこの声に応え、2つの愚かな行動をとった。一つは、ウクライナでの作戦決定に個人的に関与すること、もう一つは、ロシア軍にさらに30万人を動員するはずの徴兵制を始めたことである。

この二つの決定は、制裁、社会不安、軍事的崩壊など、彼の政権にとって増大する多くの脅威の時計を早めることになる。出典:The Atlantic DAILY(20220926)

国家間の協調・連携・対立

エルドアン大統領、NATO加盟国トルコをロシアの軌道に乗せる

「ヨーロッパはエルドアンに感謝すべき」。これは、ロシアの独裁者ウラジーミル・プーチン氏が、トルコのイスラム教強硬派レジェップ・タイップ・エルドアン氏に対して贈った賞賛の言葉である。

現実の政治に置き換えると、プーチン氏が言っているのは、「ロシアはエルドアンの反欧米イデオロギーに感謝している」ということである。彼は正しい。エルドアン氏はNATO加盟国のトルコをますますロシアの軌道に乗せようとしている。
続きはこちらから(英文)出典:Middle East Forum(20220923)

暗号資産の新しい動き

ウォルマートがメタバースに進出、Robloxと共同で2つの没入型体験を開始

Walmartは最近、ゲームプラットフォームRobloxと提携し、Web3の領域を開拓することを決定しました。このショッピングの巨人は、この領域で買い物客を誘惑するために、2つの新しい没入型体験を開始した。

Walmartは、ユニークなインタラクティブ・エンターテイメント・コンテンツを提供するスペースとして、Walmart LandとWalmart Universe of Playを立ち上げ、買い物客や消費者に影響を与える2つの新しい没入型エクスペリエンスを発表した。
続きはこちらから(英文)出典:EWN(20220926)

Ethereum ERC20とERC721のリバーシブルトークンをスタンフォード大学の研究者が提案

スタンフォード大学の研究者は最近、分散型金融における資産盗難やハッキングに対抗するために、2つの新しいEthereumトークン規格を構築する計画を発表した。

提案によると、これらのトークンは、特定の条件が満たされたときに可逆的なトランザクション機能を備えている。

暗号通貨では、トークンスタンダードとは、スマートコントラクトにハードコードされた一連のルールを指す。

これらのルールは、コインにアイデンティティと特定の特性を与え、デジタル資産のエコシステム全体にわたってスマートコントラクトの互換性を強化する。
続きはこちらから(英文)出典:EWN(20220926)

バイナンス、撤退から4年、日本での暗号ライセンス取得を目指す

大手暗号通貨取引所バイナンスは、日本の新しいリーダーシップが、地域経済を強化し、イノベーションを奨励するために、暗号包括的な政策を模索する方向に向かう中、日本での暗号ライセンスを目指していると伝えられている。

Bloombergは月曜日に、この問題に詳しい人々の話として、バイナンスは日本でデジタル資産サービスを運営するための規制当局の認可を確保することを望んでいると報じた。報道時点では、同取引所がこの目標に向けてどの程度進んでいるかは不明である。
続きはこちらから(英文)出典:EWN(20220926)

東京株式市場

株価が上昇した銘柄数は59%超

9月27日、東京株式市場の日経平均株価は、対前日(26日)比140円32銭高の2万6571円87銭で取引を引けた。

プライム市場の売買高概算は11億4557万株、売買代金概算は2兆6736億円。値上がりした銘柄数は1093銘柄(59.49%)、値下がりした銘柄数は636銘柄(34.62%)、株価が変わらなかった銘柄数は108銘柄(5.87%)であった。

ニューヨーク株式市場

9月27日、ニューヨーク株式市場は、ダウ工業株30種平均株価は29,419米ドル88セント、S&P500総合は3,686.44ポイント、ナスダック総合10,950.01ポイントで、それぞれの取引が始まった。

終値は、ダウ工業株30種平均株価は29,143米ドル64セント、S&P500総合は3,647.89ポイント、ナスダック総合は10,830.47ポイントで、それぞれの取引を引けた。

このような状況がビットコインの値動きにどんな影響を及ぼしたのだろうか。以下は、9月27日のビットコインの値動きを時系列に沿って説明したものである。

ビットコインの9月27日の値動き

ビットコイン価格
始値2,760,890円
高値2,943,000円
安値2,738,548円
終値
2,924,385円

始値2,760,890円で寄りついたあと、最安値2,738,548円まで下落したが、2,759,386円まで買い戻された。1時台には2,743,742円まで下落したが、2,757,254円まで買い戻された。

2時台には、2,749,211円まで下落したが、2,765,403円まで買い戻されて上昇し、4時台には2,783,042円まで上昇したが、2,775,988円まで押し戻されて下落した。

7時台には2,759,2333円まで下落したが、2,766,477円まで買い戻されて上昇し、12時台には2,929,000円まで上昇したが、2,900,066円まで押し戻されて下落し、14時台には2,881,862円まで下落したが、2,915,232円まで買い戻されて上昇した。

15時台には2,935,000円まで上昇したが、2,915,601円まで押し戻された。16時台には2,925,947円まで上昇したが、2,913,092円まで押し戻されて下落した。

18時台には2,902,093円まで下落したが、2,914,815円まで買い戻されて上昇し、21時台には最高値2,943,000円まで上昇したが、2,934,330円まで押しも度押されて下落し、22時台には2,905,000円まで下落したが、2,919,280円まで買い戻されて上昇した。

23時台には2,928,468円まで上昇したが、押し戻されて、23時59分59秒には終値2,924,385円をつけ、9月27日の取引を引けた。

この日一日のビットコインの値動きは最安値最高値ベースで、204,452円であった。

9月28日の価格予想及び、注目のイベント

ビットコイン価格予想:2,750,000円~2,550,000円

経済指標 時間
独・GfK消費者信頼感指数(10月)(-37.8)15:00
政治・経済イベント(日本)時間
日・第8回アンチエイジング ジャパン2022(東京都)10:00~17:00
日・第13回スパ&ウエルネスジャパン 2022(東京都)10:00~17:00
日・第21回ダイエット&ビューティーフェア 2022(東京都)10:00~17:00
日・フォームネクストフォーラム 東京 2022(東京都)10:00~17:00
日・FOOD STYLE Japan 2022(~29日)(東京都)10:00~17:00
日・都市開発・建設総合展2022(~29日)(福岡県福岡市)10:00~16:00
日・第4回 九州猛暑対策展(~29日)(福岡県福岡市)10::~16:00
日・九州ホーム&ビルディングショー 2022(~29日)(福岡県福岡市)10:00~16:00
日・【九州】 都市開発・建設総合展 2022(~29日)(福岡県福岡市)10:00~16:00
日・第3回 Japan マーケティング Week【関西】(~30日)(大阪府大阪市)
日・[関西]ジャパンビルド-建築の先端技術展(~30日)(大阪府大阪市)
日・ラーメン産業展 in Japan(~29日)(東京都)
日・九州 エネルギー技術革新EXPO(~29日)(福岡県福岡市)10:00~16:00
日・ニューノーマル ワークスタイルEXPO 秋(~30日)(東京都)
日・N-PLUS ものづくりとモビリティに新たな価値をプラスする(~30日)(東京都)
政治・経済イベント(海外)時間
コロンビア・Cosmoverse(メデジン)
ETHOnline(オンライン)
オランダ・Tradetech FX(~29日)(アムステルダム)09:25
英・労働党大会(リバプール)
米・Converge22(~30日)(カリフォルニア州サンフランシスコ)
スイス・WTOパブリックフォーラム(~30日)(ジュネーブ)
シンガポール・TOKEN2049 Singapore(~29日)(シンガポール)
トルコ・Traffic Summit & World Traffic Awards(~29日)(イスタンブール)
米・The Trading Show(~29日)(イリノイ州シカゴ)
米・SmartCon 2022(~30日)(ニューヨーク州ニューヨーク)
コートジボワール・第3回「アフリカのエネルギー効率化・再生可能エネルギー」フォーラム開催(~29日)(アビジャン)
コートジボワール・アビジャン国際綿花・繊維・衣服サロン開催(~10月2日)(アビジャン)
要人発言時間
米・サンフランシスコ地区連邦準備銀行総裁メアリー・デイリー氏発言09:35
EU・欧州中央銀行総裁クリスティーヌ・ラガルド氏発言16:15
英・イングランド銀行金融政策委員会委員ジョン・コンリフ氏発言17:15
米・アトランタ地区連邦準備銀行総裁ラファエル・ボスティック氏発言21:35
米・セントルイス地区連邦準備銀行総裁ジェームズ・ブラード氏発言23:10
米・連邦準備制度理事会議長ジェローム・パウエル氏発言23:15
EU・欧州中央銀行執行委員会委員フランク・エルデルソン氏発言9月29日00:00
米・連邦準備制度理事会理事ミシェル・ボウマン氏発言9月29日00:00
英・イングランド銀行金融政策委員会委員スワティ・ディングラ氏発言9月29日03:00

9月28日のビットコインは、始値2,924,385円で寄りついたあと、2,929,997円まで上昇したが、2,877,254円まで押し戻されて下落し、3時台には2,730,000円まで下落したが、2,772,177円まで買い戻されて上昇した。

4時台には2,778,256円まで上昇したが、2,766,000円まで押し戻されて下落し、5時台には2,748,064円まで下落したが、2,763,687円まで買い戻された。6時台には始値2,762,734円で寄りついた後、下落している。

今日のポイント
9月27日のビットコインは、対前日比(終値)で2日間連続プラスの値動きとなった。21時台には最高値294万円台まで上昇したが、その後は伸びを欠いて押し戻され、終値は292万円台をつけ、取引を引けた。

ローソク足の動きを一目均衡表で見ると、ローソク足は雲の上にあるが、基準線、転換線とも下落している。また、雲を形成している先行スパンは、価格の目安となる先行スパン1が、雲の下部を形成している。

このことからいえることは、ビットコインの価格は下落傾向が強いということである。27日の夜遅くには急上昇して300万円近辺まで上昇したが、300万円をとらえきれずに急落した。

その傾向がいまでに尾を引いていて、下落傾向に拍車がかかり、上昇してもすぐに下落してしまという相場になっている。

したがって、ビットコインの価格はひょっとしたら250万円近くまで下落する可能性も考えられるが、270万円台から260万円台の間で推移をするのではないだろうか。

▼ビットコインの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら
ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴と今後の将来性・価格予想

最新ニュース・チャート速報
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事