最新ニュース・チャート速報

【ビットコイン価格ニュース】前日比(終値)-0.40%。320万円から330万円の間でレンジ相場を形成か

8月7日 2時台には最高値314万円台まで上昇


出典:Trading Viewビットコイン日本円チャート 1時間足

まずは、ビットコインを取り巻く内外の社会情勢や経済向がどうなっているか、主な話題を拾ってみた。

政治・経済動向

ナンシー・ペロシの台湾ギャンビットでアジアの政治リスクは一変する

アメリカの下院議長のナンシー・ペロシが台湾を訪問し、去っていった。ペロシ氏の後を追って、ミサイルが飛び交い、中国のTwitterのようなマイクロブログサービスであるWeiboが一時的にクラッシュするほどの議論が交わされた。

台湾海峡付近では過去数十年で最大の中国軍の演習が行われ、台湾の人々にとっては、ほとんど生活が続いているような超現実感が漂っている。市場は強く反応したが、破滅的なものではなかった。

ペロシ夫人の到着を前に、投資家は安全を求めて逃げ出し、米国の10年物国債利回りは4カ月ぶりの低水準に低下した。台湾の主要株価指数は、火曜日に急落した後、その後、すべての下げを取り戻した。

中国のチップ製造企業であるセミコンダクター・マニュファクチャリング・インターナショナル(981)の株価は、訪問前に下落したが、彼女の飛行機が着陸し、中国が軍事演習を発表して以来15%上昇している。

S&P防衛・航空宇宙セレクト指数は、ペロシ夫人の訪問計画が最初に報じられた7月18日以来9%上昇し、S&P500の8%上昇を上回った。
出典:THE WALL STREET JOURNAL(20220806)

今週の市場動向

今週は、消費者物価指数と生産者物価の両方が発表されるため、インフレが市場の主要テーマとなる可能性がある。

6月の消費者物価指数は9.1%の大幅上昇となったが、エコノミストは水曜日に発表される7月のヘッドラインの数値は前年比数十分の一に落ち込むと予想している。しかし、エネルギーと食品を除いたコアインフレは、先月のペースをわずかに上回る可能性がある。

「労働市場が堅調に推移するなか、インフレがピークを迎えて転がり落ちるのかどうか、投資家にとって重要なポイントになる。もしインフレがピークアウトせず、加速し続けるなら、多少の変動が予想される」とあるストラテジストは述べている。

先週、債券利回りは乱高下し、高値圏で週を終えた。ストラテジストは、利回りが上昇してもハイテク・ラリーが続くかどうかを見極めている。

決算シーズンは落ち着きを取り戻しつつあるが、まだいくつかの大きな発表がある。ウォルト・ディズニーの決算は水曜日に行われる。
出典:CNBC WEEKEND BRIEF(20220806)

イスラエルとUAEは、中国とロシアの封じ込めに貢献できるか?

西側の新しい世界戦略が生まれつつある。バイデン大統領の中東歴訪、とりわけ7月14日の四極I2U2グループとのオンライン・サミットで、その展開が明らかになった。

I2U2は2021年10月に発足し、経済・技術面での協力を推進する。7月の仮想首脳会議の直前に発表された共同宣言では、「我々の社会と起業家精神の活力を活用する。特に共同研究に重点を置く」と約束した。.

特に水、エネルギー、輸送、宇宙、健康、食糧安全保障における共同投資と新しい取り組みに重点を置く “と約束した。出典:Middle East Forum(20220729)

ドナルド・トランプ氏、大統領選出馬には「破壊的すぎる」とCPAC参加者の一部で話題に

ドナルド・トランプ前大統領は、2024年に再びホワイトハウスに立候補するには荷物が多すぎるかもしれないと、今週テキサス州で開催された保守政治行動会議(CPAC)に参加した一部の人たちがコメントしている。

前大統領は土曜日にダラスで開催されるイベントの最後を飾る予定だが、NPRのアシュレイ・ロペス記者は、トランプ氏が2年後の共和党候補となるには「破壊的すぎる」かもしれないとする一部の出席者に話を聞いた。

彼は繰り返し3回目の大統領選への出馬をほのめかしており、最近の世論調査では、共和党の予備選挙投票者の間ではトランプが依然として好ましい選択肢であることが示されている。続きはこちらから(英文)出典:Newsweek(20220806)

アメリカの緊急通報システムには危険な欠陥がある

今週、私たちは、15ヶ月間刑務所にいたローマン・スターリングフ氏の弁護団が提出した新たな法廷資料について報告した。

ダークウェブ暗号ミキサーBitcoin Fogのオーナー兼オペレーターとして3億3600万米ドルの暗号通貨を洗浄したとされ、15ヶ月間刑務所にいたRoman Sterlingov氏を弁護する弁護団からの新しい法廷書類を報告した。

Sterlingov氏は無実を主張するだけでなく、彼の弁護人は、Sterlingov氏がBitcoin Fogをセットアップした証拠となったブロックチェーン分析に欠陥があると主張している。

その他にも、マイクロソフトが新たに強化したモース・バグハンチームを取り上げ、同社のソフトウェアの欠陥が10億人のユーザーに問題を引き起こす前に発見することを目的としていることを紹介した。

また、ポスト量子暗号化アルゴリズムの壮大な失敗談についても取り上げた。また、7月以降に行われる主要なセキュリティ・アップデートの一覧を掲載し、AmazonのRingカメラが収集するすべてのデータについて詳しく説明する。

サイバーセキュリティ企業 Mandiant の新しいレポートによると、アルバニア政府に対する攻撃は、国家が支援するイラン・ハッキングの特徴を備えていることが判明。また、Slackのエラーにより5年分のハッシュ化されたパスワードが流出した問題にも触れた。
出典WIRED(20200806)

心理学は、気候変動や気候不安とどのように戦うことができるのか?

科学者や活動家は、気候変動と戦うために多くの戦術を展開してきました。風力や太陽光発電などの技術を拡大し、再生可能エネルギーを貯蔵するためのより良い電池を作り、森林を保護し、温室効果ガスの排出を減らす努力をしている。

8月4日、ミネアポリスで開催されたアメリカ心理学会の大会では、10人近くの専門家が、もうひとつの驚くべき手段である心理学にスポットライトを当てた。

「以前は、気温のデータや熱を奪うガスの話からプレゼンテーションを始めていましたが、今ではほとんどの場合、同じ方法でプレゼンテーションを始めています。不安、心配、不満、懸念、荒廃、圧倒、怒り、絶望、恐怖、怯え、悲嘆、恐れなどです」

「そのようなネガティブな感情を煮詰めているだけでは、大した成果は得られません。”我々は彼らと何をすべきかわからない場合、それは私たちが行動を起こすのではなく、あきらめるために、凍結するために、撤回することができます」とHayhoe氏は言う。
出典:TIME(20220805)

暗号資産の新しい動き

フォビジャパン、ジャスミー(JMY) の貸暗号資産(年率200%*)特別募集を開始

フォビジャパン株式会社は、ジャスミー(JMY)の貸暗号資産特別募集型年率200%*の募集を開始した。続きはこちらから。

ビットバンクが信用取引サービス「ティザーサイト」を公開

ビットバンク株式会社は、「信用取引サービス」のティザーサイトを公開した。続きはこちらから。

長崎県西海市、Web3.0とメタバースを活用して新しい働き方を学ぶための学校を開校

長崎県西海市は、9月にメタバースアカデミーを開講します。2ヶ月間の講座で全8講座。Web3.0やメタバースを地域で活かし、新しい働き方を実現する人材の育成を目指す。続きはこちらから。

このような状況がビットコインの値動きにどんな影響を及ぼしたのだろうか。以下は、8月7日のビットコインの値動きを時系列に沿って説明したものである。

ビットコインの8月7日の値動き

3ビットコイン価格
始値3,135,932円
高値3,140,772円
安値3,087,645円
終値
3,123,213円

始値3,135,932円で寄りついたあと下落し、2時台には3,104,225円まで下落したが、最高値3,140,772円まで上昇した。その後、3,124,522円まで押し戻されて下落した。

3時台には3,117,782円まで下落したが、3,134,097円まで上昇した。その後、3,132,144円まで押し戻されて下落し、5時台には3,120,467円まで下落したが、3,128,864円まで買い戻さて上昇した。

6時台には3,137,609円まで上昇したが、3,130,509円まで押し戻されて下落し、9時台には最安値3,087,645円まで下落したが、3,092,492円まで買い戻されて上昇した。

12時台には3,112,270円まで上昇したが、3,105,000円まで押しも度差sれて下落し、13時台には3,097,923円まで下落したが、3,099,682円まで買い戻されて上昇し、17時台には3,111,562円まで上昇したが、3,098,403円まで押し戻されて下落した。

18時台には3,093,952円まで下落したが、3,104,805円まで買い戻されて上昇し、22時台には3,133,676円まで上昇したが、3,128,000円まで押し戻されて下落した。

23時台には3,114,510円まで下落したが、買い戻されて、23時59分59秒には終値3,123,213円をつけ、8月7日の取引を引けた。

この日一日にビットコインの値動きは最安値最高値ベースで、53,127円であった。

8月8日の価格予想及び、注目のイベント

ビットコイン価格予想:3,250,000円~3,120,000円

経済指標時間
特筆すべきものはなし
政治・経済イベント時間
Zorathon(~10日)(オンライン)
韓国・Korean Blockchain Week(~12日)(ソウル)
Web3 Tools for Business(オンライン)
加・SIGGRAPH 2022(~11日)(ブリティッシュコロンビア州バンクーバー)
韓国・ETH Seoul(~13日)(ソウル)
加・SIGGRAPH 2022(バンクーバ)(~11日)(バンクーバ)
要人発言時間
特筆すべきものはなし

8月8日のビットコインは、始値3,123,213円で寄りついたあと下落し、1時台には3,106,859円まで下落したが、3,118,843円まで買い戻されて上昇し、3時台には3,145,697円まで上昇したが、3,136,032円まで押し戻されて下落した。

4時台には3,126,785円まで下落したが、3,129,539円まで買い戻されて上昇し、5時台には3,144,144円まで上昇したが、3,141,619円まで押し戻された。6時台には始値3,143,143円でより浮いた後、上昇しえいる。

今日のポイント
8月7日のビットコインは、対前日比(終値)で2日間連続マイナスの値動きとなった。2時台には最高値314万円台まで上昇したが、その後は伸びを欠いて押し戻され、終値は312万円台をつけ、取引を引けた。

ローソク足の動きを一目均衡表でみると、ローソク足は雲の上にあり、基準線、転換線とも上昇している。また、雲を形成している先行スパンは、先行スパン1が雲の上部を形成している。

これは明らかに価格が上昇することを示しているサインである。したがって、ビットコインの価格は上昇する可能性が高いといえる。ただ、上昇するといっても大きく上昇するとは思えず、小幅上昇だと思える。

よって、ビットコインの価格は320万円から330万円の間でレンジ相場を形成するのでhないだろうか。

▼ビットコインの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら
ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴と今後の将来性・価格予想

最新ニュース・チャート速報
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事