最新ニュース・チャート速報

【ビットコイン価格ニュース】前日比(終値)-0.42%。400万円近辺まで上昇するが、400万円を突破する勢いはない?

5月21日 16時台には最高値377万円台まで上昇


出典:Trading Viewビットコイン日本円チャート 1時間足

まずは、ビットコインを取り巻く内外の社会情勢や経済向がどうなっているか、主な話題を拾ってみた。

要人発言

(イギリス首相)フィンランド・スウェーデンのNATO加盟は有益

5月20日、イギリスの首相であるボリス・ジョンソン氏は、トルコのエルドアン大統領との電話会談を行い、フィンランドとスウェーデンが北大西洋条約機構(NATO)に加盟することは有益であるとの持論を伝えた。

ジョンソン首相は、エルドアン大統領に対して、参加を申請している2カ国やNATOと協力して、あらゆる懸念に対処するよう求め、イギリスはあらゆる支援の用意があることを伝えた。

中央銀行・金融機関の金融政策関連

新しいFRBの候補者 リサ・クック氏

先週、アメリカの上院は、リサ・クックを連邦準備制度理事会のメンバーとして承認し、同職に就く初の黒人女性となった。

クック氏は2020年にF&Dと対談し、彼女の人生、仕事、そして経済について語った。ミシガン州立大学教授は、幼少期から人種差別や性差別の影響を受けてきたこと、経済学者として偏見の社会的・経済的コストにいかに注目してきたかについて語った。

クック氏は、人種的虐待、自動車事故による負傷、同業者からの見下された態度など、人生を通して大きな障害を乗り越えてきたことを紹介した。

ノースカロライナ州ダーラムにあるデューク大学の経済学とアフリカ系アメリカ人研究の教授であるウィリアム・A・ダリティ・ジュニアは次のようにいう。

「リサは、まだ誰にも解明されていない分野の研究を追求することで、専門家として賞賛されるに値しないリスクを進んで取ってきた」出典:IMF WEEKEND READ(20220520)

政治・経済動向

ムーディーズがウクライナの格付けを「Caa3」に引き下げ

[5月20日、格付け会社ムーディーズは、ウクライナの外貨建てソブリン格付けを「Caa2」から「Caa3」に引き下げた。見通しは「ネガティブ」とした。

S&Pが南アフリカの格付け見通しを「ポジティブ」に引き上げ

5月20日、S&Pグローバル・レーティングスは、南アフリカの格付け見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げた。外貨建て格付けおよび自国通貨建て格付けはそれぞれ「BBマイナス」、「BB」とした。

大企業の賃上げ率は2.27%

5月20日、経団連は、2022年の春季労使交渉の1次集計結果を発表したが、それによると、大手企業の定期昇給とベースアップ(ベア)を合わせた賃上げ率は、2.27%であり、2021年より0.45ポイント上昇していることがわかった。

アメリカのインフレにとって、中国の景気減速は諸刃の剣

中国の製造業は、上海やその他の地域で閉鎖的な状況に追い込まれている。物価への影響は広がるだろう。

世界の投資家の関心は、FRBとアメリカのインフレに集まっているが、後者の動向を知るには、世界第2位の経済大国である中国にもっと目を向けるべきだろう。

中国がアメリカのインフレ率に与える影響は、多くの人が考えている以上に深刻であり、しかも2つの異なる経路で作用している。

最終的にどちらが優勢になるかは、今年後半のインフレを左右する重要な要素であり、FRBがインフレ抑制のために最終的にどの程度積極的に動かなければならないかを決定する。
出典:The Wall Street Journal(20220520)

ダボス会議が復活し、世界のリーダーにとって「歴史的な転換点」に

世界経済フォーラム(WEF)が、第52回年次総会をスイスの山岳リゾート地ダボスで開催する。テーマは「History at a Turning Point(転換期の歴史)」。テーマは「転換期の歴史:政府の政策と企業の戦略」である。

新型コロナウイルスの流行による2年間の中断を経て、初の対面式会議となる。日曜日に始まるこの会議には、ロシアを除く世界各国から2500人以上のビジネス・エリートや政治家が招待されている。

WEFの創設者であるクラウス・シュワブ氏は、「戦争の再来、疫病、気候危機、これらすべての破壊的な力が世界の回復を狂わせている」と述べ、今回のWEF会議をその52年の歴史で「最もタイムリーで重要な」ものだとした。

しかし、ニューヨークタイムズのピーター・グッドマン氏が「億万長者がいかに世界をむさぼったか」についてその名を冠した本を発表するなど、「ダボスマン」という考え方にまつわる決まり文句は依然として残っている。

グッドマン氏はDemocracy Nowで、「この人たちはシステムを不正操作して、他の人たちを直接犠牲にして自分たちのほうに富の大半を流した人たちです」と語っている。
出典:Newsweek(20220520)

世界は崩壊している?

紛争や自然災害により、昨年は6000万人近くが家を離れ、自国内に避難することを余儀なくされ、ウクライナで戦争が続く中、今年も過去最高を更新すると予想されている。2020年には5,500万人が避難民となった。

国内避難民監視センターとノルウェー難民協議会の報告書によると、2021年には新たに約3800万人の国内移動が報告された。中には、1年の間に何度も逃げざるを得なかった人もいた。

2021年の避難民の90%以上は、サイクロン、洪水、干ばつなどの天候に関連した災害であった。アフガニスタン、ミャンマー、エチオピア、コンゴ民主共和国は、地域の紛争により最も大きな影響を受けた国の一つである。

エチオピアだけで、500万人以上が避難民となり、1つの国としては過去最高となった。中東と北アフリカでは、地域の紛争がやや緩和されたため、この10年間で最も低い数字を記録した。出典:Newsweek(20220520)

アメリカ経済がリセッションの瀬戸際にあると警告する専門家が増えている

ワシントンポスト紙が木曜日に報じたところによると、アメリカの経済が来年には景気後退に向かう可能性があると警告する銀行やエコノミストの数が増えているとのことだ。

今週初めには、ゴールドマン・サックスの元最高経営責任者が「景気後退のリスクは非常に高い」と警告し、ウェルズ・ファーゴのチャーリー・シャーフCEOは景気後退が「間違いなく」訪れると述べた。

前FRB議長のベン・バーナンキは、景気後退と高インフレを組み合わせたスタグフレーションの可能性に警告を発した。ムーデイズ・アナリティックスのチーフエコノミスト、マーク・ザンディ氏は、ポスト紙にこう述べている。

「景気後退のリスクは高い、-不快なほど高い、そして上昇している」「景気後退に見舞われることなく、経済を乗り切るためには、FRBの巧みな政策決定と少しの運が必要だ」
出典:THE WEEK(Daily Business Briefing(20220520)

スリランカが債務不履行に陥る

新型コロナウイルスとロシアのウクライナ侵攻によって悪化した経済的・政治的問題に直面しているスリランカが、歴史上初めて債務不履行に陥ったと、ガーディアン紙が木曜日に報じた。

スリランカ中央銀行の総裁は、国際債権者への7800万ドル相当の支払いの期限が過ぎた後、「先制的な債務不履行」に陥った、と述べた。

デフォルトとは、政府が債務の一部または全部を返済できなくなったときに起こるもので、その国の評判、通貨、経済に損害を与える可能性がある。中央銀行のナンダル・ウィーラシンハ総裁は木曜日、「我々の立場は非常に明確だ」と述べた。

「債務再編が行われるまで、我々は返済することができない」と付け加えた。
出典:THE WEEK(Daily Business Briefing(20220520)

社会不安の高まり、世界経済へのリスク増大

パンデミックの最初の年に民衆の抗議行動が一時停止した後、人々は街頭に戻っている。今年、カナダやニュージーランドなど、不穏な動きが比較的少ない先進国でも、大規模かつ長期にわたる反政府デモが発生した。

また、いくつかの新興国や発展途上国では、クーデターや憲法上の危機が広範な抗議行動を引き起こした。IMFの最近の研究は、このような社会不安の経済的要因とコストを理解することを目的としている。

社会不安を一貫して測定することは困難である。IMFの社会不安報告指標は、130カ国にわたる社会不安と関連する単語のメディアによる言及をカウントすることで、これを行おうとしている。

この指数が大きく上昇した国の割合は、典型的には大規模な社会不安を反映しているが、2月には約3%に上昇した。今週のグラフが示すように、これはパンデミック発生以来の最高水準に近い。出典:IMF Blog(20220520)

暗号資産の新しい動き

オーストラリア・コモンウェルス銀行が暗号化技術を停止

オーストラリア最大の銀行が、顧客が銀行アプリを通じて暗号資産を売買できるようにする計画を発表した。

コモンウェルス銀行は、最初のパイロットプロジェクトに取り組んでおり、2022年にはより多くの顧客に対してより多くの機能を漸進的に立ち上げる計画であった。

情報筋によると、貸し手はパイロットプロジェクトを一時停止し、2回目のパイロットがいつ再開されるかのタイムラインは設定されていないとのことである。最初の試験運用に参加した個人は、アプリを通じて暗号通貨の取引を継続することができない状態である。

コモンウェルス銀行のマット・コミンCEOは、顧客から得たフィードバックに取り組んでいるとコメントしたが、次の段階に進む前にさらなる規制が必要であることを明らかにした。出典:Blockchain.News(20220520)

中国のハッシュレートデータが信用できない理由

ケンブリッジの代替金融センター(CCAF)の新しいデータによると、中国は2022年に主要なビットコインのマイニングハブとして「再浮上」し、ビットコインネットワークのハッシュレートの20%以上を占めている。

CCAFの2021年10月のデータ更新では、「中国本土での採掘作業は事実上ゼロになった」と指摘されている。

では、CCAFが報告した2019年9月の75%という最高値から0%に、そして現在は20%に戻ったという、マイニング活動のこの膨大なむち打ちの原因は何でしょうか?

2021年7月以降、ビットコインのハッシュレートは安定したペースで成長し、中国の当初の禁止による損失を平準化し、ここ数カ月は過去最高を更新し続けている。
出典:Bitcoin Magazine820220519

南アフリカ中央銀行、国境を越えた決済を効率化するためにデジタルランドを検討

南アフリカ準備銀行がデジタルランドの発行を検討していると、ロイターが5月18日、同中央銀行のクベン・ナイドゥ副総裁の話を引用して報じた。

ナイドゥ氏は、デジタルランドは銀行にとってクロスボーダー決済のコストを大幅に削減することができると述べた。しかし、同氏は、中央銀行がデジタルランドを導入するのはまだ数年先であると付け加えた。

現在、南アフリカからの国境を越えた送金は、取引額の13%のコストがかかっている。世界銀行の報告書によると、この価格は、世界経済上位20カ国グループ(G20)の平均送金コストの2倍以上です。一方、南アフリカへの送金コストは6.2%である。

このニュースは、南アフリカが2021年に中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)を卸売する小規模な実験を行ったことを受けて発表されたものである。SARBはまた、マレーシア、シンガポール、オーストラリアの中央銀行と提携し、国境を越えた試験運用を行った。
出典:CryptoSlate Newsletter(20220520)

このような状況がビットコインの値動きにどんな影響を及ぼしたのだろうか。以下は、5月21日のビットコインの値動きを時系列に沿って説明したものである。

ビットコインの5月21日の値動き

ビットコイン価格
始値3,770,568円
高値3,777,795円
安値3,666,666円
終値
3,755,715円

始値3,770,568円で寄りついたあと、3,773,076円まで上昇したが、3,725,860円まで押し戻されて下落し、2時台には最安値3,666,666円まで下落したが、3,700,407円まで買い戻されて上昇した。

5時台には3,751,116円まで上昇したが、3,725,390円まで押し戻されて下洛し、6時台には3,723,820円まで下落したが、3,730,570円まで買い戻されて上昇した。

8時台には3,755,635円まで上昇したが、3,732,754円まで押し戻された。9時台には3,749,022円まで上昇したが、3,742,915円まで押し戻されて下落した。

10時台には3,700,000円まで下落したが、3,726,975円まで買い戻されて上昇し、16時台には最高値3,777,795円まで上昇したが、3,760,057円まで押し戻された。

17時台には3,767,076円まで上昇したが、3,754,643円まで押し戻されて下落し、20時台には3,725,000円まで下洛したが、3,742,500円まで買い戻されて上昇した。

23時台には3,766,691円まで上昇したが、押し戻されて、23時59分59秒には終値3,755,715円をつけ、5月21日の取引を引けた。

この日1日のビットコインの値動きは最安値最高値ベースで、111,129円であった。

5月22日の価格予想及び、注目のイベント

ビットコイン価格予想:3,950,000円~3,700,000円

経済指標 時間
特筆すべきものはなし
政治・経済イベント時間
タイ・APEC貿易担当大臣会合(バンコク)
トルコ・Blockchain Economy(イスタンブール)
スイス・世界経済フォーラム年次総会(~26日)(ダボス)
要人発言 時間
特筆すべきものはなし

5月22日のビットコインは、始値3,757,637円で寄りついたあと、3,742,312円まで下落したが、3,775,227円まで買い戻されて上昇し、1時台には3,788,051円まで上昇したが、3,777,252円まで押し戻されて下落した。

2時台には3,754,608円まで下落したが、3,759,000円まで買い戻されて上昇し、4時台には3,772,469円まで上昇したが、3,764,994円まで押し戻されて下落した。

5時台には3,750,000円まで下落したが、3,759,506円まで買い戻された。6時台には始値3,759,234円で寄りついたあと、上昇している。

今日のポイント
5月21日のビットコインは、対前日比(終値)で2日間連続マイナスの値動きとなった。16時台には最高値377万円台まで上昇したが、その後は伸びを欠いて押し戻され、終値は375万円台をつけ、取引を引けた。

ローソク足の動きを一目均衡表で見ると、ローソク足は雲の下にあり、転換線は水兵だが、基準線は上昇している。また、雲を形成している先行スパンは、雲の下部を先行スパン1が形成している。

これだけでは価格がどう動くかは判断しづらい。そこで、単純移動平均線をみることにする。短期線の9日線が30日線を下から上へ突きぬけるゴールデンクロスを形成している。

これは価格が上昇するサインである。しかし、75日線は下降しており、ローソク足は75日線の下にある。ということは、ビットコインは一時的には上昇するが、やがてまた下洛する可能性が高いといえるかもしれない。

したがって、400万円近くまで価格は上昇するが、また押し戻されて、380万円台から370万円台をレンジで推移するのではないだろうか。

▼ビットコインの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら
ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴と今後の将来性・価格予想

最新ニュース・チャート速報
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事