最新ニュース・チャート速報

【ビットコイン価格ニュース】前日(終値)比-5.08%。450万円超えにはまだまだ時間がかかるのか?

2月7日 1時台には最高値429万円台まで上昇


出典:Trading Viewビットコイン日本円チャート

まずは、ビットコインを取り巻く内外の社会情勢や経済動向がどうなっているか、主な話題を拾ってみた。

IMM通貨先物は米ドル売り越し額が低水準
2月6日、アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)は、IMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(2月2日までの週)を発表した。

それによると、米ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する売り越し額は299億5000万米ドルであった。前週(338億1000万米ドル)から減少した。

対象通貨にニュージーランドドル、メキシコペソ、ブラジルレアル、ロシアルーブルを含めた米ドルの売り越し額は、305億7000万米ドルであった。前週(346億9000万米)から減少した。米ドル指数は週間で約0.5%上昇した。

米石油・ガス掘削リグ稼働数は11週連続で増加
2月5日、アメリカの石油サービス会社ベーカー・ヒューズは、5日までの週のアメリカ国内の石油・天然ガス掘削リグ稼働数を発表したが、それによると、前週比8基増の392基であった。

11週連続の増加であった。月間でも6カ月連続で増加した。しかし、前年同期を398基下回っている。昨年8月(過去最低の244基)からは増加した。

5日までの週の石油掘削リグ稼働数は前週比4基増の299基。天然ガス掘削リグ稼働数は前週比4基増の92基であった。

●暗号資産の期になるニュース
デジタルアート「Hashmask」、420イーサリアム(約6900万円)で取引される
PoSのステーキングへの課税は? 米議会図書館が世界の仮想通貨税制を調査
次週の注目ファンダ「米CME、イーサリアム先物取引の開始予定」|ビットコイン価格・採掘速度は大幅上昇
「金のパフォーマンスを凌ぐビットコイン、優位性の高まりか」bitbank寄稿の仮想通貨週次市況と各金融市場の騰落率
ユニークアドレス数の推移【フィスコ・ビットコインニュース】
週刊仮想通貨ニュース|パンプされたXRPやDOGEが乱高下、VISAがビットコイン関連の新事業

このような状況がビットコインの値動きにどんな影響を及ぼすのだろうか。以下は、2月7日のビットコインの値動きを時系列に沿って説明したものである。

ビットコインの前日の値動き

ビットコイン価格
始値4,240,824円
高値4,298,494円
安値4,007,870円
終値
4,023,000円

それでは2月7日(日)のビットコインの値動きを時系列で追ってみよう。

始値4,240,824円で寄りついたあと上昇し、1時台には最高値4,298,494円まで上昇したが、4,260,701円まで押し戻されて下落し、3時台には4,190,500円まで下落したが、4,230,692円まで買い戻されて上昇した。

4時台には4,241,739円まで上昇したが、4,218,859円まで押し戻されて下落し、5時台には4,160,000円まで下落したが、4,207,704円まで買い戻されて上昇し、7時台には4,250,100円まで上昇した。

その後、4,207,286円まで押し戻されて下落し、11時台には4,045,124円まで下落したが、4,087,350円まで買い戻されて上昇し、12時台には4,108,967円まで上昇したが、4,092,209円まで押し戻されて下落した。

13時台には最安値4,007,870円まで下落したが、4,042,396円まで買い戻されて上昇し、18時台には4,177,000円まで上昇したが、4,139,898円まで押し戻されて下落した。

23時台には4,018,215円まで下落したが、買い戻されて、23時59分59秒には終値4,023,000円をつけ、2月7日の取引を引けた。

この日1日のビットコインの値動きは最安値最高値ベースで、290,624円であった。

2月8日の価格予想及び、注目のイベント

ビットコイン価格予想:4,200,000円~4,040,000円

イベント名時間
とくになし

2月8日のビットコインは、始値4,023,652円で寄りついたあと、1時台には3,930,000円まで下落したが、4,018,802円まで買い戻されて上昇し、5時台には4,058,083円まで上昇したが、4,055,441円まで押し戻された。

6時台には始値4,055,562円で寄りついたあと、上昇している。

今日のポイント
2月7日のビットコインは、対前日比でマイナスの値動きとなった。価格は1時台に最高値429万円台まで浄書したが、その後は押し戻されて下落し、終値は402万円台をつけて取引を引けた。

ビットコインの価格が400万円台に到達してからは、いったんは400万円を割りそうなところまで下落することはあっても、もう400万円を割るのは当分、先のことだろう。価格を押し下げる材料はいまのところ見あたらない。

当面は450万円に向かって価格は上昇する気配が濃厚である。トレーダーとしては利益を得やすい相場になっているのではないだろうか。そうかといって、焦りは禁物で、常に平常心でトレードにのぞみたい。

▼ビットコインの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら
ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴と今後の将来性・価格予想

最新ニュース・チャート速報
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事