働いてお金を増やす

社会保険の概要とは?仕組みや種類についても解説

この記事を読んでほしい人
✔ 投資などでお金を増やしたい方
✔ お金に困らない生活を送りたい方
✔ 不労所得を得たい方

不労所得を得る方法では「仮想通貨投資」がおすすめ。「仮想通貨って何?」という方は、まずはこちらの「仮想通貨入門」を参考にしてみてください。
この記事を読んでほしい人
✔ 社会保険の基本的な仕組みが知りたい方
✔ 社会保険について疑問点をお持ちの方
✔ 老後の資産構築を検討している方

「給与明細とかに社会保険に関する記述があるけど、正直よく分からない・・」社会保険は国民1人1人に直接関わる非常に大切な仕組みです。しかし、分かりにくいと感じやすい部分もあるため、疑問点もあることでしょう。

そこで今回は、基本中の基本である社会保険とは何か、といった事柄から社会保険の基本的な仕組みについて、ご説明します。

投資信託は中長期的な投資が基本ですから、老後の資産構築を検討している方も注目の内容ですよ。

この記事の要約
  • 社会保険制度とは国が定めた公的な保障制度
  • 会社員と自営業では加入できる社会保険が異なる
  • 社会保険は「雇用保険」「労災保険」「年金」「医療保険」「介護保険」の5種類
  • 社会保険の仕組みの課題は必要な予算確保が難しい点

社会保険とは?

社会保険多くの方が1度は見たことがあり、会社員の場合は毎月の給与から自動的に差し引かれている社会保険料。

社会保険とは、国民1人1人が老後や怪我などの際に、安定した暮らしを維持するために設けられた公的な制度です。年金はもちろんですが、雇用保険や労災保険なども社会保険の1つになります。

そこでまずは、社会保険の仕組みと加入条件、会社員との関係性についてご説明していきます。

社会保険は公的な保障制度

前述でも軽く触れましたが、社会保険制度とは国が定めた公的な保障制度のことで、国民1人1人が受けられるものです。

社会保険制度は、戦前から存在していて1922年の健康保険法から始まり、現在の制度の元となる各法律が定められました。

しかし、戦後になると更に失業保険など、様々な社会保険・社会保障制度が充実し、現在の制度へと続きます。

また、社会保険は国民1人1人が毎月支払っている保険料と、多額の税金によって賄われていて、少子高齢化により年々負担額が増えている点に注目です。

社会保険に加入する仕組み

社会保険は、雇用されているかどうかで加入方法や支払い方法も異なります。

会社員の場合は企業に就職した段階で、企業側が準備・加入を行います。一方、自営業者など非会社員の場合は、自身で国民年金や国民保険料に加入することが必要です。

また、保険料の支払いに関しても、会社員は給料から天引きされるので自身で支払い手続きを行う必要はありませんが、自営業者などは自身で振込手段や支払い手続きを行います。

保険料負担は会社員と自営業で異なる

企業に雇用されている会社員は、社会保険料について企業と折半する形で支払っているため、全額負担ではありません。

一方企業に雇用されていない自営業者などは、社会保険料を全額自己負担になるため、支払い金額についても異なる仕組みになっています。

ただし、介護保険については会社員と自営業者で違いはなく、それぞれ40歳を迎えた段階で5400円前後の保険料を支払う点に注意です。

会社員と自営業では加入できる社会保険が異なる

社会保険は国民1人1人が公的なサービスを受けるための制度ですが、受けられる保障及び加入できる保険は立場によって異なっています。

会社員が加入できる社会保険

以下は会社員が加入できる社会保険です。

  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 医療保険
  • 国民、厚生年金
  • 介護保険

自営業者などが加入できる社会保険

そして自営業者などは以下になります。

  • 介護保険
  • 国民年金
  • 医療保険

加入できる社会保険が異なる理由

会社員と自営業者などで加入できる社会保険が異なる理由は、従業員であるかどうかという点を重視しているためです。

例えば雇用保険と労災保険は、会社から雇用されている際に起こる怪我など従業員に向けた保障のため自営業者は加入できません。

また、厚生年金は民間の事業所に勤務している方を対象とした、保障になります。

各社会保険の仕組みと広義と狭義の使い分け

各社会保険の仕組み社会保険と一言で表しても、実際は雇用保険や労災保険など様々な保険の総称です。また、社会保険を正しく知るためには、各社会保険の意味について把握する必要があります。

そして社会保険は、広い意味と狭い意味で解釈が異なります。狭い意味では、年金と医療保険・介護保険を指しますが、広い意味では雇用保険と労災保険を加えた5種類です。

社会保険について1から覚える場合は、全て把握しておくのがおすすめでしょう。

社会保険には様々な種類がある

社会保険は雇用保険と労災保険、年金・医療保険・介護保険の5種類に分かれています。

また、人によっては給料が差し引かれる社会保険に対して、不満を持っていることもありますが、メリットもあります。例えば会社員が怪我や病気などで働けなくなった場合は、傷病手当金として社会保険から賄われるのです。

個人で民間保険に加入している方も多いですが、公的な保障制度と合わせて更にリスクを抑えた生活が可能になります。

雇用保険

雇用保険は企業に従事している従業員、つまり会社員が加入できる保険です。転職などで失業期間中の収入を補填できる失業給付を、受取ることができるだけでなく、職業訓練校に通っている間は職業訓練給付金を受取ことができます。

失業期間中の収入不足を補うための保険が、雇用保険の役割になります。また、雇用保険の保険料負担は会社側と従業員の折半です。

労災保険

労災保険も会社員が加入できる保険で、仕事中や通勤中にケガや病気に掛かり、障害や死亡時に補償を受取ることができる制度になります。

健康保険と似ていますが、こちらの場合は仕事や通勤以外に起きた怪我や病気に関する保障ですので、勘違いしないよう注意が必要です。

また、加入義務のある保険のため、従業員の方全てが受けられる制度でもあります。保険料負担は、会社側が全額負担する点は大きなメリットといえるでしょう。

国民・厚生年金

年金は2種類あり、会社員はどちらも加入できます。一方、自営業者など従業員以外の方は、国民年金のみに加入できる制度となっています。

年金は、定年後の生活保障として機能していて、支給額毎月約64000円~約24万円と幅広く設定されています。なぜなら、保険料負担額と厚生年金の上乗せがあるかによって、金額が変動するためです。

会社員は保険料負担が会社と折半の一方、自営業者などは全額負担となります。

医療保険

医療保険とは健康保険とも呼ばれていて、仕事や通勤中以外の怪我や病気・死亡時に補償を受取ることができる制度です。また、国から支給される健康保険証を、医療機関の支払い時に提示すると3割負担に抑えることもできます。

また、中小企業従事者が加入できる全国健康保険協会と、大手企業従事者が加入できる健康保険組合があり、各種手当を受けるために必要です。

保険料負担は、会社と折半となります。

自営業者等は受けられる保障内容に違いがある

一方自営業者など、企業従事者以外の場合は傷病手当や出産一時金などの手当を受けることができないため、医療機関受診時の支払い3割負担が主な保障内容となります。

また、保険料負担は全額自己負担です。

介護保険

介護保険は他の社会保険と異なり、会社員と自営業者などで保険料負担の金額に違いがありません。また、40歳以上の全ての国民に支払い義務がある点も、大きな特徴です。

高齢者の中で日常生活を行うことが難しい場合に、介護サービス等を受けることができます。

具体的には要支援介護の認定を受けた場合、状況に応じて自宅で生活をしつつ介護を受けられるサービスであったり、介護施設を利用しながら補償を受けられたりします。

社会保険の仕組みには課題も存在している

社会保険の課題国民1人1人の生活や万が一の怪我や病気、そして定年後の生活を保障してもらえる社会保険ですが、2019年現在も課題を残しています。

その課題とは社会保険に必要な予算確保が難しい点です。少子高齢化社会になり、現役世代から徴収している保険料が減少傾向のため、不足分を税金等で賄っています。

改善策も実行されているが根本的な解決に繋がらない

また、年金支給年齢の引き上げや社会保険料の増額を行い、財源不足の改善を図っていますが現役世代の負担が重く、財源不足が続いています。

しかし少子高齢化社会は止まらないので、このままでは社会保険の仕組み自体が成り立たない恐れもあり、多くの課題を抱えているのが現状です。

社会保険とは国民の生活に関するリスクを保障する仕組みであり必要な制度

この記事のまとめ
  • 社会保険制度とは国が定めた公的な保障制度
  • 会社員と自営業では加入できる社会保険が異なる
  • 社会保険は「雇用保険」「労災保険」「年金」「医療保険」「介護保険」の5種類
  • 社会保険の仕組みの課題は必要な予算確保が難しい点

社会保険とは、国民の生活や突然の怪我や病気、失業中や定年後の収入を手当やサービスなどで補償する制度です。

そして会社員と自営業者などでは、加入できる社会保険に違いがあるので、自営業者は別途国民年金基金など自主的に準備する必要があります。

一方、社会保険には財源不足という課題があり、仕組みや支給額の変更など様々な対策が議論されているので、社会保険に関するニュースを確認することが大切です。

働いてお金を増やす
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト