仮想通貨取引所比較

北朝鮮が仮想通貨ハッキングで600億円を荒稼ぎ!経緯や背景を解説

この記事を読んでほしい人
✔ 北朝鮮の仮想通貨被害について調べている方
✔ 仮想通貨取引所のハッキング被害が気になる方
✔ 仮想通貨ハッキング事件について知りたい方

仮想通貨のニュースを見ていると、残念ながら定期的に見かけるのが仮想通貨取引所のハッキング被害です。

日本ではコインチェック事件が有名で、ニュースでも大きく報道されていましたよね。

実は、取引所のハッキング事件に北朝鮮が関わっている疑いがあるという報告が国連でありました。どのような経緯、背景があるのか解説します。

この記事の要約
  • 北朝鮮のサイバー攻撃による仮想通貨被害総額は2年で635億円
  • 北朝鮮がハッカー組織を使って仮想通貨を不正入手する目的は外貨獲得のため
  • 仮想通貨取引所からのメールなどを開くときはフィッシング詐欺に十分に注意
  • 北朝鮮のミサイル発射が仮想通貨の値動きに影響している

【国連報告】北朝鮮のサイバー攻撃による仮想通貨被害総額は2年で635億円

国連で行われた専門家の報告によると、北朝鮮のハッカー組織によってわずか2年間で635億円の仮想通貨や外貨が被害にあったとされています。

報告されているのは2017年の1月から2018年9月までのアジアの仮想通貨取引所のハッキング被害で、その中には日本のコインチェックも含まれています。

北朝鮮のハッカー組織は世界中の仮想通貨取引所を標的としており、日本以外では主に韓国の仮想通貨取引所がサイバー攻撃の被害にあっています。

北朝鮮が仮想通貨を不正入手する理由とは?

北朝鮮がハッカー組織を使って仮想通貨を不正入手するのは、どのような目的があるのでしょうか?

その理由について解説します。

(1)国際的経済制裁に対抗して外貨を獲得するため

北朝鮮は核開発やミサイル開発で国際的に孤立していますので、国際経済制裁にさらされています

外国と貿易が活発に行われていないことから、外貨を稼ぐことができていません。

そこで、ハッキングにより仮想通貨不正入手して、外貨を獲得しようとしている可能性があります。

(2)偽装アカウントを使ったフィッシング詐欺に注意

北朝鮮のハッカー組織は、偽装アカウントを使ってフィッシング詐欺にも関係しているのではないかという報告もあります。

韓国の仮想通貨取引所でユーザーの登録情報を不正に取得するためのマルウェアが仕込まれた偽装メールが送信されたとされています。

仮想通貨取引所からのメールなどを開くときは、フィッシング詐欺に十分に注意する必要があります。

北朝鮮の関与が疑われる5つの仮想通貨ハッキング事件まとめ

上記で紹介した国連の報告によると、2017年から2018年にかけて発生した5つの仮想通貨取引所のハッキング事件に北朝鮮が関わっていると考えられています

発生年月 被害を受けた取引所 推定被害額
2017年4月 YAPIZON(韓国) 約5.8億円
2017年9月 Coins(韓国) 調査中
2017年12月 YouBit(韓国) 資産の17%
2018年1月 コインチェック(日本) 約580億円
2018年6月 Bithumb(韓国) 調査中

このように2017年から2018年にかけて数ヶ月おきに被害が発生しており、多くの韓国の取引所が被害にあっています

北朝鮮のミサイル発射が仮想通貨の値動きに影響している!?

北朝鮮と仮想通貨の関係についてもうひとつ興味深いのが、北朝鮮のミサイル発射が仮想通貨の値動きに影響しているという事実です。

ミサイル実験後にビットコインとイーサリアムの価格が高騰

過去に北朝鮮がミサイルを発射したというニュースが頻繁に流れたことがあります。

日本人としては重大な問題のため大きく報道されましたが、そのときにミサイル発射と連動して仮想通貨、特にイーサリアムの価格が高騰しています。

その他に、アメリカ政府と北朝鮮の緊張が高まっているという報道があるとやはり仮想通貨の価格が上昇しています。

隣国韓国の投資家がウォンへの影響を恐れて仮想通貨を購入?

ミサイル発射があると仮想通貨の価格が高騰する理由は、韓国の投資家が自国の通貨ウォンへの影響を恐れて仮想通貨を購入するからと考えられます

北朝鮮との緊張が高まると、ウォンの価格が下落するという不安から、国家に統制されない通貨という特徴を持つ仮想通貨が買われやすくなるということです。

国際社会の時事問題が仮想通貨の価格の影響を与えるよい例と言えるでしょう。

北朝鮮と仮想通貨まとめ

 

この記事のまとめ
  • 北朝鮮のサイバー攻撃による仮想通貨被害総額は2年で635億円
  • 北朝鮮がハッカー組織を使って仮想通貨を不正入手する目的は外貨獲得のため
  • 仮想通貨取引所からのメールなどを開くときはフィッシング詐欺に十分に注意
  • 北朝鮮のミサイル発射が仮想通貨の値動きに影響している

国連で行われた報告によると、過去数年で少なくとも5つのハッキング事件に北朝鮮が関わっている疑いがあるとされています。

取引所選びはセキュリティを重視して、フィッシング詐欺にも注意しておくようにしましょう。

また、北朝鮮のミサイル発射がイーサリアムの価格に影響するのも興味深いですね。

コインの特徴や将来性だけでなく、各国の動きが仮想通貨の値動きに影響するという視点を持つようにしましょう。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト