仮想通貨のリスク

ビットコインなどを使ったマイニングウイルスとは?事例と対策を解説

ビットコインのウイルス

「最近仮想通貨とかビットコインのハッキングが怖いな」

「ビットコインにもウイルスがあると聞いたけどよく分からない・・」

というハッキング・ウイルスに関することで分からない事はありませんか?

そこで、マイニングウイルスの概要や事例、その他のウイルスについて紹介していきますよ。

この記事を読んだ後は、さっそくパソコンなどの端末にウイルスが感染していないか確認することや、ウイルス対策をしましょう。

ビットコイン ウイルス(マイニングウイルス)とは

まずはビットコインを中心として被害が報告されているウイルス、通称マイニングウイルスについて概要を紹介していきます。

感染するとどうなるのか

マイニングウイルスに感染すると、パソコンやスマホのCPU使用率を限界まで引き上げて、バックグラウンドでマイニングを行います。そして、マイニングによる報酬はハッカーが得ます。

従って多くは、個人情報を盗んだり資産を盗んだりといったタイプではありません。

しかし、CPU使用率が100%近くまで引き上げられると、熱暴走を引き起こす危険性が極めて高く、無許可でマイニング分の電気代が使われています。

どういう風に感染するのか

主にブラウザ経由で感染するので、閲覧したサイトから知らぬ間に感染します。

つまり、ウイルスを仕込んだサイトをハッカーが用意しておき、ユーザーがそのサイトを閲覧しただけで、マイニングウイルスソフトをインストール・起動させられます。

また、最近では大手サイトや仮想通貨に関するサイトに、ビットコインウイルスを仕込む事例が増えています。

従って、怪しいサイトを閲覧しなくともウイルス感染する危険性があります。

ウイルスに感染しているか感染する方法は

マイニングウイルスに感染しているか確認するには、タスクマネージャーを開いてCPU使用率と起動しているソフトを確認します。

ブラウザなどをOFFにしている状態でも、CPU使用率が100%に近い場合には、ウイルスに感染していると考えたほうがいいでしょう。

また、パソコンなどを日頃から使用している方なら気付くかもしれませんが、端末が異常に熱くなっていることや冷却用ファンが常に稼働している場合にも要注意です。

感染してしまったらどうするのか

ビットコインなどをマイニングするウイルスの場合は、直接的な被害を及ぼす事例は少ないですが、それでも危険なウイルスです。

また、感染した場合には、アンチウイルスソフトを起動して削除してもらうしかないでしょう。

ウイルスの事例

続いては、ビットコインなどをマイニングするウイルスの事例について3つ程紹介します。

クリプトジャックとも呼ばれるウイルスですが、最近では大手サイトなどでも被害報告があり、感染発覚まで時間が掛かる場合もあるので要注意です。

Youtubeでの被害報告

1つ目の事例は、あの大手動画サイトYouTubeで被害報告がありました。2018年1月26日の報道によると、動画閲覧で感染するということで、多くのユーザーが不安になる事となりました。

また感染元はYouTubeに広告を出している、企業がマイニングウイルスを仕込んでいました。従って、動画を見る度にほぼ必ず表れる広告が表示されただけで、ウイルス感染するということです。

イギリスの政府関連サイトにもウイルス

2つ目の事例は、イギリス政府が運営・関連しているサイト約5,000以上に、ウイルスが仕込まれていました。報道されたのは、こちらも最近で2018年2月となっています。

例えば、自治体や国民保健関係のサイトで、マイニングウイルスが仕込まれていたとのことで、一般ユーザーは対策しようがない状況といえます。

メールからの感染

3つ目の事例は特定のサイトではなく、匿名で送られてくるメールを開くことで感染するタイプです。こちらも非常に厄介ですが対策として、知らない件名やメールアドレスからは、絶対に開かないようにすることです。

1度でもメールや添付ファイルを開くと、バッググラウンドでウイルスがインストール・セットアップ・起動し、勝手にマイニングを行います。

マイニングウイルス以外のウイルス

ここまでマイニングウイルスについて、様々な解説をしましたがここで他のウイルスについても簡単に紹介していきます。

こちらは、直接的な被害が起きるウイルスの傾向ですので非常に危険です。

秘密鍵などの情報を盗み取るウイルス

代表的なウイルスとしては、ビットコインなどを保管している、ウォレットの秘密鍵など情報を盗むタイプです。

秘密鍵など機密情報を盗むことで、侵入先のウォレットのロックを解除し、資産を全て盗もうとします。

最近ではハードウェアウェアウォレットでも感染事例があり、きっかけはパソコンやスマートフォンが、既にウイルス感染していることで起きました。

対策や注意点

まず仮想通貨を取り扱う端末に、アンチウイルスソフトのインストール・ウイルスチェックをすることが当たり前です。

また、それだけでなく、怪しいサイトにもアクセスしないよう気を付けます。

他にも少々コストが掛かりますが、プライベートに使用する端末と仮想通貨取引専用端末を分けて使用する方法があります。

そして、専用端末では取引以外のサイトにアクセスしないよう決めることがウイルス対策になるでしょう。

ビットコインに限らず様々なマイニングウイルスなどが蔓延している

ハッカーのウォレットと不正マイニングの送信先を紐づけ、他人の端末でビットコインなどのマイニングウイルスを起動させる、マイニングウイルスは近年増加傾向です。

ビットコインなど仮想通貨取引を行う全てのユーザーは、端末の定期的なウイルスチェックは勿論、熱暴走など異常な状態になっていないか確認することが大切です。

1つ1つの対策で防ぐことができるウイルス感染もあります。

仮想通貨のリスク