仮想通貨のリスク

ビットコインの信頼性を多方面からチェック

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインの信頼性が気になる方
✔ ビットコイン投資を始めようとしている方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

ビットコインは、仮想通貨です。
1万円札や100ドル札のように、目の前に実際に存在している通貨ではありません。

あくまでもインターネット上の数字でしか存在していません。しかも、日本円や米ドルのように国家による価値の保証もありません。

しかし、実物が存在していないにもかかわらず、ビットコインには通貨としての信頼性が伴っています。

今回は、ビットコインの信頼性について解説します。

この記事の要約
  • ビットコインは存在自体が独立性が高く、技術によって信頼性を確保している
  • ビットコインを使った詐欺事件も発生している
  • 仮想通貨取引所は顧客からの信頼性の向上に努めている
  • ビットコインの信頼性は今後評価が高まる

ビットコインはなぜ普及したのか

ビットコインは社会現象とも言えるほど、急速に拡大しました。

ビットコインはどうしてこれほどまでに急速に世界中に広がっていったのでしょうか?

そこには、投資をするうえでのリスクの分散、送金時の手数料の安さ、国際環境の影響を受けにくい点などいろいろな理由が考えられます。

ビットコインの信頼を得た技術

その中でも、普及に大きく影響したと思われるのが、ブロックチェーン技術とPSPネットワークシステムの信頼性でしょう。

ブロックチェーン技術とは、過去のビットコイン取引の全てを記録する技術のことです。P2Pネットワークシステムとは、ネットワークに繋げた世界中のコンピューターに記録を分散させる技術です。

つまり、ビットコインの過去の取引記録全てを、世界中のコンピューターでバックアップしているような技術と思ってください。

この信頼性が、ビットコインの普及の鍵となっているのです。

ビットコインの信頼性と取引所の信頼性は違う

ビットコインは、仮想通貨ですから実物がありません。数字の上で存在している通貨です。

ビットコインを取り扱うためには、仮想通貨取引所の存在が必要不可欠です。

仮想通貨取引所は、一民間企業です。経営がうまくいかなければ倒産するかもしれませんし、盗難事件を起こしてしまうかもしれません。

信頼性が揺らぐ取引所

実際、2014年にマウントゴックス社という当時世界最大だった仮想通貨取引所が内部犯行による窃盗によって顧客から預かっていたビットコインを失ってしまいました。

その後、我が国ではコインチェック事件も起こりました。

現在では、仮想通貨取引所各社は、セキュリティをより厳しくし顧客からの信頼性の向上に努めています。

ビットコインの信頼性と仮想通貨取引所の信頼性は同じ?

たとえば、顧客からたくさんの現金を預かっていた銀行が破綻したとします。

このとき、日本円の通貨としての信頼性が危なくなったという方はいないでしょう。あくまでも銀行経営の信頼性が損なわれただけの話です。

ビットコインの取引所になんらかの問題が発生し信頼性が失われたとしても、それはビットコインの取引所の信頼性の問題であって、ビットコインそのものの信頼性には何らの影響はありません。

ビットコインの信頼性と法定通貨の信頼性

法定通貨

法定通貨とは、日本円や米ドル、欧ユーロなどの既存の通貨のことです。これらは、政府のもとで中央銀行が厳格に管理し、通貨を発行しています。

かつては政府が保有する金を担保として通貨を発行していましたが、現在では政府の信頼性を担保にして通貨を発行するシステムに変更されています。

ですから、法定通貨の信頼性は、発行元の国家への信頼性でもあるのです。数年前、韓国の国債が債務不履行に陥り、韓国が破産しましたが、この時韓国のウォン相場が下落しました。

このことからも、法定通貨の信頼性が国家の信頼性と表裏一体であることがわかります。

ビットコインの信頼性と法定通貨の信頼性の違い

ビットコインと法定通貨の信頼性を比べた時、最も大きな違いは、国家による価値の保証の有無です。法定通貨は、主権国家がその価値を保証しています。

ビットコインにはそのような保証はありません。
ビットコインは、そのシステムに信頼性を全面的に依存しています。

信頼性を担保する大元の部分に違いがあるといえます。

ビットコインの信頼性と金融機関の信頼性

日本円や米ドルといった法定通貨は、銀行や証券会社といった金融機関に預け、預金金利をもらったり、株式投資をして配当金をもらったりして、運用します。

このときに大切になってくるのが、金融機関の信頼性です。

いかに預金金利が高くても、取引手数料が安くても、信頼性の低い金融機関にはお金を預けたくないですよね。

お金を実際に運用する際には、金融機関の信頼性がとても大切になるのです。

ビットコインと既存金融商品の違い

今のところ、ビットコインを預けられる銀行や証券会社はありません。ですので、金融機関の信頼性がビットコインの信頼性に影響することはありません。

ですが、ビットコインの取引所は、金融機関からの融資を受けているわけですから、取引所には金融機関からの影響は及んでいます。

金融機関の信頼性は、ビットコインの取引所の信頼性には関係しているといえるでしょう。

ビットコインの詐欺が信頼をおびやかす

2018年にロシアのインターネットセキュリティ会社カスペルスキーが発表したところによると、2018年の4〜6月だけに限っても、仮想通貨関連の詐欺による被害総額はなんと230万ドルに及んだそうです。

そこで、ビットコインの詐欺事例について、いくつか紹介します。

  1. とろサーモンの久保田かずのぶ ビットコイン詐欺の被害受けていた
  2. なぜインドで3000億円のビットコイン詐欺が発生したのか?
  3. 広がるビットコイン詐欺 新手法を用いてポルノサイトの領域へ

詐欺事例:『とろサーモンの久保田かずのぶ ビットコイン詐欺の被害受けていた』

お笑い芸人のとろサーモン久保田かずのぶ氏がビットコイン詐欺に合った事例です。

ビットコインは仮想通貨なので、数字の上でしか存在しません。

しかし、目の前にビットコインと刻印されたコインを並べられて、1枚200万円のところを1枚2万円で販売するといわれて、まんまと騙されてしまったそうです。

http://news.livedoor.com/article/detail/14156831/

詐欺事例2:『なぜインドで3000億円のビットコイン詐欺が発生したのか?』

2例目はインドで起こったビットコイン詐欺事例です。

こちらは、インドの実業家シャイレッシュ・バット氏の身代金誘拐事件に端を発した詐欺事件です。なんとバット氏は警察に誘拐されたとのことで、身代金として200ビットコインが要求されたそうです。

これを契機に、政権与党が絡んだマネーロンダリング事件が疑われ、インド全土でビットコインを使った詐欺事件が起こっていた可能性が疑われています。

身代金として要求されたビットコインは、2億円に相当する金額だったそうですが、最終的に明るみに出た詐欺事件総額はなんと3000億円にもなったそうですから、驚きですね。

https://gigazine.net/news/20180813-bitcoin-scam-in-india/

詐欺事例3:『広がるビットコイン詐欺 新手法を用いてポルノサイトの領域へ』

3例目は、ポルノサイトの領域に広がってきたビットコイン詐欺の事例です。

こちらは、ポルノサイトの閲覧者に、ブラックメールが届き1900ドルが要求されたという事件です。

被害金額がビットコインで支払われたこの事件、メールの中にはパスワードが入っており、パスワードを入力すると、コンピューターがハッキングされる仕組みになっていたということですから恐ろしいですね。

https://kasobu.com/bitcoin-porn-scam/

ビットコインの信頼性が回復してきている

ビットコインは、法定通貨と異なり、国家から価値の保証を受けない代わりに、国家からのコントロールも受けません。つまり、その存在自体がかなり独立性の高いものなのです。

そのために、政治状況や国際環境の変化による影響を受けにくいという特徴を持っています。しかも、ブロックチェーン技術やP2Pネットワークシステムによって信頼性を高めています。

確かに、ビットコインは値動き幅が大きく、安定しているとは言いがたい側面もありますが、政情や財政状況に影響されない、発行量に上限がある、取引記録がはっきりしているという法定通貨にはない安定感から、信頼性が高まりつつあります。

リスクを理解したビットコインとの向き合い方

ひとつのカゴに卵を盛るな

ビットコインは、信頼性だけでなく将来性も高い仮想通貨です。

その一方、値動きの幅がとても広く、大きく利益を出せそうな反面、失敗すれば損も大きくなりリスクがあります。

そこで、おすすめのビットコインとの向き合い方を紹介します。

ビットコインの分散投資

投資には、「ひとつのカゴに卵を盛るな」という格言があります。

資産運用を図るときに、一種類にだけ資産をつぎ込むのはリスクが高いので、いろいろな銘柄を組み合わせてリスクを分散させるという意味です。

いかに将来有望とはいえ、ビットコインだけに資産をつぎ込むのはやめましょう。

余裕資金

ビットコイン投資に使う資金は、あくまで当面使う予定のないお金、つまり余裕資金の範囲に留めるようにしましょう。

ビットコインは良くも悪くも価格の変動が大きい投資資産です。大きく儲かることもあれば、大きく損をすることもあります。

余裕資金からはじめて徐々に投資額を増やしていく方法をおすすめしています。

長期投資で付き合うビットコイン

ビットコインは短期間で激しい値動きを示しますが、基本的には長期投資をおすすめします。

値が下がったときにはたくさん購入し、値が上がったときには少し購入する、というようにしてビットコインを増やし、最終的に資産を大きく増やすという考え方です。

長期投資のスタンスでいれば、短期的な値動きに一喜一憂する必要はないのです。

信頼を得るには理由があるビットコイン

この記事のまとめ
  • ビットコインは存在自体が独立性が高く、技術によって信頼性を確保している
  • ビットコインを使った詐欺事件も発生している
  • 仮想通貨取引所は顧客からの信頼性の向上に努めている
  • ビットコインの信頼性は今後評価が高まる

ビットコインは、実物が存在しない数字上の存在です。

しかし、ビットコインを支えるブロックチェーン技術やP2Pネットワークシステムなどによって信頼性を確保しています。

ビットコインを使った詐欺事件も発生していますが、ビットコインに盲点がありその点をついた事件ではありません。ビットコインではなく、法定通貨でも起こりうる事件です。

ビットコインの信頼性は多方面から評価されており、今後評価が高まることがあっても低くなることはないでしょう。

仮想通貨のリスク
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト