仮想通貨のリスク

ビットコインの安全性を確認!安全性とそれを脅かすリスクも調査

ビットコインって、いまいろいろ言われていて、投資目的で購入しようと思っていたものの、いささか躊躇している人たちもいるでしょう。

仮想通貨とは何かということも、当然理解しなければならないですし、デメリットがあれば、それも知り、正しい仮想通貨の認識をしなければなりません。

投資に対して、リスクは存在するものです。投資で成功している人たちは、しっかりリスクを知り、リスクを遠回しにしています。そのようなノウハウをここで見つけてみましょう。

ビットコインとは

もう既にビットコインがなにかよくわかっている人には当たり前の内容です。

ビットコインは、インターネットが世界に普及したことによって誕生した、新時代の通貨であり、ビットコインの誕生によって通貨に革命が起きたと言われています。

ビットコインの普及が進み多くの国の人が利用しはじめると、ビットコインの貨幣価値が上昇する事態となり、それが、大きな値上がりの可能性がある魅力的な資産運用方法として多くの人たちに認識されるようになって来ました。

ビットコイン自体の安全性とは

まず、ビットコインで投資を考えるのなら、安全性について考える必要があります。

私達が普段使用している通貨とは違い、ビットコインは目に見えないので、より不安と感じてしまう人が多い。

ビットコインの安全性を支えているのがP2Pやブロックチェーン、プルーフオブワーク、採掘、公開鍵と暗号鍵、電子署名などです。

ビットコイン自体の安全性を支える要素

ビットコインはブロックチェーンという技術によって生み出された通貨です。

ブロックチェーンとは統合された台帳に取引の記録するというのではなくて、分散された台帳に仮想通貨取引を記帳していく仕組み、技術のことです。

安全性要素その1:「P2P」

P2P(peer to peer)とは端末から端末への意味を持ち、複数の端末が相互に信頼し合いお互いに協力して作り出すネットワークのことです。

P2P(peer to peer)仕組みはブロックチェーンを構成する要素の1つです。ビットコイン取引の特徴は、国家、中央銀行といった中央集権的な管理する人を経由せず、利用者が相互関係で取引を管理していきます。

P2Pネットワークがビットコインの安全性に寄与しています。ネットワークの参加者すべてが、リアルタイムで取引確認できる仕組みだからです。誰もがその記録を見れるので、コピーや改ざんの不正行為をしてもすぐにバレてしまうことになります。

安全性要素その2:「プルーフオブワーク」

プルーフオブワーク(proof of work)はコンセンサスアルゴリズムのひとつで、仕事量の証明という意味です。

取引の整合性をチェックする人を仕事量(CPUの計算量)に応じ、決定する仕組みがここにあります。

コンセンサスアルゴリズムとは、誰がチェックするかを決める方式・アルゴリズムのことであり、仮想通貨のもとにある技術ブロックチェーンは管理者がいない「非中央集権的なシステム」です。

不正に送金を行おうとするのなら、最新の取引ブロックから過去のブロックまでを全部改ざんして、全ノードに同期させる必要があります。

それはもはやスーパーコンピューターのレベルです。過去の取引に遡れば遡るほど、プルーフオブワーク(proof of work)というコンセンサスアルゴリズムを採用している以上、改ざんはできないと考えていいでしょう。

安全性要素その3:「マイニング」

「採掘(マイニング)」というキーワードもビットコインをきっかけに聞くようになったのではないでしょうか。

仮想通貨業界における「採掘」とは、この仮想通貨取引が正しいことを証明して承認する作業をいい、マイニングは多大な労力がかかる作業なので、その対価として新たに発行される仮想通貨を得ることができます。

採掘(マイニング)によって発行される量が調整されています。

  • 仮想通貨っていくらでも発行出来るんじゃないの?
  • それって価値がないのと一緒じゃないの?

マイニングという仕組みによって、プログラムで発行量が調整されています。

そのため瞬間にして発行量が増えてしまいインフレが起こったり、混乱が生じてしまうリスクを避けた設計をもたらすことができます。

ビットコインの安全性がよく疑問視されるのは?

最近では、ビットコインを不安視する声も聞こえて来ます。

ビットコインがよく危険なものだと、勘違いされています。正しくはビットコイン自体が危険ではないことを理解しておきましょう。

取引所の危険性

ビットコインを取引するとき、取引所に口座を開設します。取引所によっては、ハッキング被害を受けてしまい、預けていたビットコインが奪われてしまうリスクがあります。

ハッキング被害を受けてしまった場合、ほとんど戻ってくることは期待できないで、泣き寝入りでしょう。コインチェック社ではNEMが流出したという事件も記憶に新しいです。

取引所自体に危険性があるということです。

価格変動の危険性

ビットコインは株・為替とも違うものであり、大きな値動きするのが特徴です。

1日で10%近く変動することがあります。

もちろんその値動きにのって大きく稼ぐこともできますが、同時に大きく損してしまう可能性もあります。

購入したらその1週間後に価格が半分になってしまったということも現実的に起こりうるのです。

ハイリスク・ハイリターンということを理解しておけば問題ありませんし、投資のやり方次第で一定のリスクの中で投資することもできます。

秘密鍵紛失の危険性

ビットコインを安全に管理、取引するためには秘密鍵と公開鍵をしっかりと管理しなくてはいけません。そこでポイントになってくるのはウォレットサービスの存在です。

ウェブウォレットの場合、基本秘密鍵を自分で管理しないで、サイト管理をする主体に預けることができます。

自分で管理していたつもりで秘密鍵が分からなくなってしまったりする危険性や、秘密鍵を管理する手間を省くことができます。

ビットコイン自体の安全性はあり。リスクを理解しよう

ビットコイン自体の仕組みや利用されている技術は、実はよく考えられていて安全です。

ビットコイン自体の安全性とは別に、投資を行うときには様々なリスクもあります。リスク管理をしっかり行い、ビットコイン投資にチャレンジしてみましょう。

仮想通貨のリスク
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト