仮想通貨のリスク

ビットコインのリスク知ってますか?投資を始めるまえにおさえておく点を解説

話題のビットコイン。コインといっても形はなく、ネット上で取引される「仮想通貨」の一種です。その値動きとリスクの大きさがニュースなどで話題になっています。

仮想通貨は紆余曲折を経ながらも、最近ではかなり一般化してきています。

この低金利の時代、投資対象だけでなく、国を超えた支払が簡単にできる決済手段としても非常に便利なものです。

きちんとリスクを認識すれば、きっとうまく付き合えるものになるでしょう。

ビットコイン取引におけるリスク

ビットコインは今もっとも話題で魅力的な投資の1つです。

ビットコインの投資、取引をはじめるうえでしっかりとリスクを理解したうえで始めることで色々な問題を回避することができます。

リスク1:「価格の変動リスク」

ビットコインで一番話題になるリスクですね。価格が変動するものに、株、あるいはドルやユーロなどの外貨があります。

株は企業の業績で値段が変わりますよね。外貨もその国の産業力や貿易額、景気の流れによって相場は変動します。

つまり、なにか値段が動く裏付けがあるのです。しかしビットコインは明確な裏付けがありません。

値段は世界中のビットコインを売りたい人・買いたい個人間の力関係で決まります。よって価格の乱高下が激しく、予想がつきません。

ビットコインが世界中で同時に売られるとどうなるか

仮に世界中の人が同時に「ビットコインである程度儲かったので、換金しよう」と考えたらビットコインの値段はどうなるでしょうか。

世界中のビットコインが売られて、一気に値下がりします。

今までの貨幣は、それぞれの国の中央銀行がついていて、急激な価格変動が起こった場合に調整をして下支えしています。

しかし、ビットコインには中央銀行がありません。このように一度相場が動き出すと大きく価格が変動することになりやすいのです。

リスク2:「ビットコイン消滅のリスク」

ビットコインはネット上の通貨データです。何らかの原因でデータが使えなくなるのは価格が変動するよりも怖いですね。

今ビットコインは小さな国の通貨以上の取引量となっており、一定の地位があります。

ただ、ビットコイン自体に欠陥がなくても、過去、不正や詐欺による被害がおこってしまうと一気にその信頼や地位が失われてしまうことも。

投資をしている利用者のパソコンが乗っ取られた、パソコンが壊れたなど何らかの原因でネットにアクセスできなくなればコインは使えなくなってしまい、事実上消滅してしまうのです。

リスク3:「ビットコインの取引所のシステムリスク」

仮想通貨では、実際の現金を仮想通貨に代えて取引所(交換所)でやりとりします。

取引所といっても、どこかに市場や建物があるわけではなく、ネット上に存在するものです。ビットコインは形がありません。専用設備とブロックチェーンと言われる技術でコインの名義を書換えする考えるとイメージしやすいでしょう。

またウォレットといって、取引所は銀行口座のようにビットコインを預かってくれる機能をもっています。取引所は、その銀行口座をサイバー攻撃やハッカーから守れるよう高いセキュリテイが求められています。

仮想通貨のウォレットとは仮想通貨を保管・貯金しておく場所。ビットコインはネット上のものです。したがって貯金も、ウォレットという電子財布で保管します。

ウォレットは大きく分けて2種類

  • 取引所などインターネットの上で保管する「ホットウォレット」
  • ネットと切り離して保管する「コールドウォレット」

リスク4:「ウォレット管理のリスク」

仮想通貨の取引所にビットコインを保管するホットウォレットは常にサイバー攻撃等の危険があります。

2018年1月のコインチェックNEM流出とはコインチェックのシステムがハッキングをされて、ネット上のホットウォレットから仮想通貨が盗難された事件です。

このようなネット上のリスク避けUSBや暗号を紙に印刷するなどオフラインでビットコインを保管するのがコールドウォレットです。

こちらもハッキングやサイバー攻撃などネット上でのリスクは減っても、USBの故障や、暗号の紙の紛失など、普通のお金で起こりうるような危うさはあります。

リスク5:「ビットコイン取引所の倒産リスク」

過去、取引所の不正やサイバー攻撃で仮想通貨が失われた事件が話題になりました。2014年当時、世界で最も利用者が多い取引所と言われていたマウントゴックスが破綻したのは、まだ記憶に新しいですね。

マウントゴックスで取引をしていた利用者の資産の殆どが盗まれ、資金繰りがつかなくなったことが原因でした。取引所が倒産してしまうと、ビットコインを回収することができません。

まだまだ投資家が守られているわけではないので、自分で信頼できる取引所を選ぶ必要があります。

どの取引所を選べばいいのか

世界中には数多くの取引所が存在し、海外には怪しげな詐欺まがいの取引所もあるようです。どの取引所を使えば悩ましいところです。

日本国内では法律の整備も進んできていています。日本国内であれば、一定の基準を満たした取引所が金融庁から認可を受けています。上場会社グループであるGMOコインや大手企業と資本提携をしているビットフライヤーなど様々。

信頼できる取引所で売買しましょう。また、いくつか取引所に資産をわけておいて、いざと言う時ビットコインを安全な場所に移すことも有効です。

リスク6:「ビットコインのリーガルリスク(国の法律・規制)」

海外での仮想通貨の取引をする場合は、国内と同じように法律の保護があるとは限りません。日本の銀行預金は、仮に銀行が破綻したときに一定額まで預金保険機構の保護を受けられます。

ビットコインなどの仮想通貨は取引所が倒産した時に、投資家を守ってくれる法律の保護がまだ十分進んでいないません。

現在は、金融庁の登録により日本の政府の監視下にあります。ただ、海外の取引所で何か問題があった際、日本国内で投資をしていたとしても日本の法律や保護を受けられるのかは甚だ疑問です。

リスク7:「ビットコインの流動性リスク」

現在、ビットコインは少しは落ち着いたものの世界全体で非常に多くの投資家によって売り買いがされています。

流動性リスクとは「自分が思っていた値段で換金できない」リスクを指します。もし仮に、ビットコインを買いたい人や売りたい人が少なくなってしまうと自分の売りたい値段で売れなくなってしまいます。

リスク8:「手数料リスク」

ビットコインの投資は取引所を通して行います。

口座の開設は一般的に無料ですが、入出金にかかる手数料や売買をするとおきにかかる取引手数料があります。

つまり、手数料や取引にかかる費用は取引所によってしまうため、様々な要因や事情によって変更があった場合に利益を出しにくいという状況に陥ってしまう可能性があります。

ビットコイン投資でよくある勘違い

ビットコインは具体的な形がないため、電子マネーと混同しがちです。電子マネーとは現金をチャージして買い物をするものです。投資ではありませんし、流通範囲も決まっています。またビットコインの知名度が上がってきたため、仮想通貨=ビットコインと誤解されている方もおられます。仮想通貨は世界中で何百種類あり、ビットコインとはその中でもブロックチェーンという技術等をつかった、安全な決済システムを主としたものです。

勘違い1:「ビットコインで大損をして借金を背負ってしまう」

ビットコインは一番初めに登場してから、100万倍以上も値上がりしています。

逆にいうとそれだけ値下がりの可能性もあるということ。短期的に騰落するものですから、中には借金をしてビットコインにつぎ込む人もいます。

ビットコインは他の投資と同じように、自分の手持ちの資金から始めればどれだけ損をしてもその金額を失うだけで、自分が持っている資金以上にマイナスになることはありません。

つまり、借金をすることはないのです。(レバレッジ取引を行うと借金につながるが恐れがあります。)

勘違い2:「ビットコイン投資をすると犯罪に巻き込まれる」

仮想通貨は、詐欺事件や取引所の内部不正など犯罪の温床になっています。

仮想通貨が登場してから日も浅く、また大半が個人取引です。取引所のセキュリティがいくら高くとも、個人のネット環境が脆弱であれば犯罪に巻き込まれてしまいます。

最近では身代金を要求するランサムウェアが話題になりました。

ビットコイン自体に投資をすることは犯罪にはつながりませんが、ビットコインの周りで悪事を働いている人が増えているのは事実です。

勘違い3:「世の中の人に怪しいと思われる」

値動きが激しいのがビットコイン投資の特徴です。そうすると、1日中スマホの画面を凝視しながら、値動きを監視したくなってしまいます。

また価格があがって利益が出たときや、大きく値下がりを損をしてしまったときに友達や同僚に話をしたくなってしまいますよね。

まだまだ世の中にはビットコイン投資を怪しいと感じている人も少なくありません。

投資をしないこともリスクでは?

現在、日本ではインフレターゲットといって物価引上げの政策をとっています。

食料品などスーパーなど値上げが続いています。100円で買えたものが100円で買えなくなるのです。

一方、ゼロ金利で銀行預金利息はありません。投資の世界では値上がり値下がり両方をリスクといいます。つまり、銀行預金やタンス預金でお金を眠らせると、貨幣価値が下がるので投資の世界では失敗なのです。

そのためリスクを理解した運用が有効になるのです。

リスクと上手につきあおう

仮想通貨の中でもビットコインは安全な決済を目的としたものでした。

ここしばらくは暗いイメージもありましたが、法律の整備が進み、ネットセキリュティ技術も向上しています。

今銀行から海外に送金するのに数千円もの手数料がかかりますが、ビットコインは世界中で資金のやり取りが可能です。

今後も利用が増えて、ビットコインの価値も上がってくるでしょう。リスクを理解したうえで一歩を踏み出されてはいかがでしょうか。

仮想通貨のリスク
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト