仮想通貨の仕組み

仮想通貨の協会とは?気になる仕事内容まで解説!

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨交換業協会について知りたいという方
✔ 仮想通貨交換業協会に関与している人物を知りたいという方
✔ 仮想通貨業界の健全化に向けての取り組みを知りたいという方

仮想通貨交換業協会」という組織を、聞いたことはありますでしょうか?

仮想通貨に関する組織であることはイメージできますが、それ以上の具体的な内容については分かりにくいですよね。

そこで今回は、仮想通貨交換業協会の特徴や活動内容、組織概要をはじめ、日本ブロックチェーン協会などとの違いについてもお伝えしていきましょう。

この記事の要約

  • 仮想通貨協会には「仮想通貨交換業協会」「日本仮想通貨ビジネス協会」「日本ブロックチェーン協会」などがある
  • 仮想通貨交換業協会は、仮想通貨業界健全化を目的として2018年3月に設立された
  • 仮想通貨交換業協会は、セキュリティの監査や自主ルールの作成などを行い、業界の健全な発展と利用者保護に寄与している
  • 仮想通貨交換業協会ハ2018年10月、金融庁から認定資金決済事業者協会として認定を受けた

仮想通貨の協会にはどんな組織がある?

仮想通貨協会にはどんな組織がある?

仮想通貨に関する組織には、○○協会と呼ばれる社団法人が存在します。

  • 仮想通貨交換業協会
  • 日本仮想通貨ビジネス協会
  • 日本ブロックチェーン協会

といったものが代表的なもので、中でも「仮想通貨交換業協会」は金融庁から認定を受けた組織となっています。

BITPoint(ビットポイント)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(少しあり)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 最高水準のセキュリティ対策
  2. ビットコインの送金手数料が無料
  3. ビットコインの現物取引手数料も無料

仮想通貨交換業協会はどのような組織?

日本で最も代表的な仮想通貨協会である「仮想通貨交換業協会」とは、どのような組織なのでしょうか。

仮想通貨交換業協会はいつ作られたか

  • 2018年3月29日:一般社団法人として設立
  • 2018年4月23日:初めて総会が開かれる
  • 2018年10月24日:金融庁から認定資金決済事業者協会として認定を受ける

仮想通貨交換業協会は、設立されてまだ1年も経っていない新しい組織なのです。

仮想通貨交換業協会の設立理由

2018年1月に起きたコインチェック事件以降、仮想通貨取引所の管理体制に数多くの問題点が存在することが発覚し、大きな信頼低下につながりました。

そこで仮想通貨関連企業の会長など16社が、自主規制団体として設立したのが仮想通貨交換業協会。

仮想通貨関連企業のセキュリティなどに関する監査や自主ルールを制定し、仮想通貨取引をはじめとする関連業界の健全な発展と、仮想通貨利用者の保護に乗り出したのです。

仮想通貨交換業協会の会長は?

仮想通貨交換業協会は、金融機関や仮想通貨関連企業の社長や会長などが立ち上げた組織。

そして仮想通貨交換業協会の会長は、外国為替やCFDなどを取り扱っている株式会社マネーパートナーズの代表取締役・奥山泰全氏が就任しました。また

  • 株式会社bitFlyer
  • ビットバンク株式会社
  • SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
  • GMOコイン株式会社

の各代表取締役が、理事として就任しています。

日本ブロックチェーン協会と日本仮想通貨ビジネス協会の関係は?

仮想通貨協会は仮想通貨交換業協会の他にも、日本ブロックチェーン協会と日本仮想通貨ビジネス協会というものがあります。

  • 日本ブロックチェーン協会:仮想通貨やブロックチェーン技術を活用したビジネスに関する自主規制・ルールを制定している
  • 日本仮想通貨ビジネス協会:仮想通貨を活用したビジネスの調査や分析、意見交換を行い、業界の発展に繋がる活動を行う

どの仮想通貨協会も、それぞれ異なる役割があるわけですね。

bitbank(ビットバンク)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料が安い
  2. 国内一リップルが安く買える
  3. セキュリティ性が高い

仮想通貨交換業協会の記者会見

仮想通貨交換業協会の記者会見

仮想通貨交換業協会は2018年10月24日に記者会見を行いました。

その内容は、金融庁から資金決済法第87条に基づいた、認定資金決済事業者協会として認定を受けたというもの。

仮想通貨協会の中では、早い段階で金融庁から認定を受けた自主規制団体及び認定資金決済事業者協会といえるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

まとめ

この記事のまとめ

  • 仮想通貨協会には「仮想通貨交換業協会」「日本仮想通貨ビジネス協会」「日本ブロックチェーン協会」などがある
  • 仮想通貨交換業協会は、仮想通貨業界健全化を目的として2018年3月に設立された
  • 仮想通貨交換業協会は、セキュリティの監査や自主ルールの作成などを行い、業界の健全な発展と利用者保護に寄与している
  • 仮想通貨交換業協会ハ2018年10月、金融庁から認定資金決済事業者協会として認定を受けた

さて、仮想通貨交換業協会の特徴や活動内容、組織概要などについてお伝えしてきました。

日本は世界から見ても仮想通貨容認派に区分される国ですが、一方で健全な業界を目指しており、そのための組織のひとつが仮想通貨交換業協会というわけです。

仮想通貨交換業協会は自主規制だけでなく、仮想通貨利用者にとって重要な情報を発信していますので、定期的に関連情報を確認してみてはいかがでしょうか。

初心者におすすめの取引所はBITPoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、BITPoint以外の取引所に登録してしまった人は、BITPointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のBITPointを見てみる

仮想通貨の仕組み