仮想通貨の仕組み

暗号資産とは何か?暗号資産の行方を予測

暗号資産
この記事を読んでほしい人
✔ 暗号資産とは何か知りたい方
✔ 暗号資産の行方が気になる方
✔ 暗号資産の取引を行っている方

この記事では暗号資産とは何なのかを紹介し、仮想通貨が暗号資産と呼ばれるようになることでの影響を考察していきます。

この記事の要約
  • 2018年12月金融庁が「仮想通貨」を「暗号資産」へと呼称を変更した
  • 暗号資産と呼ばれることによる価格への影響はないといえる
  • 安倍総理も暗号資産のこれからの可能性に期待ができる
  • 暗号資産の取引を行う人はデメリットはほとんどないと考えられる

暗号資産は仮想通貨と同義

暗号資産暗号資産は仮想通貨と呼ばれるものと同じものをさし、国際会議G20などで主流だという理由で2018年12月金融庁が「仮想通貨」を「暗号資産」へと呼称を変更しました。

すでに「仮想通貨」という言葉は広く浸透しているため、暗号資産に呼称を変更すると混乱が仮想通貨業界で起きると予測されています。

なぜ暗号資産は呼び名を変えたのか

2018年3月19,20日のG20で初めて仮想通貨の話題に触れ、その時に暗号資産と呼ばれていたことにより、日本も外国諸国の動きに合わせて暗号資産と呼ぶように2018年12月に金融庁が決定しました。

通貨として安定性を欠いていることから法定通貨と区別して、仮想通貨から暗号資産へ呼び方を変更しました。

仮想通貨は現在、通貨として使われるというより、投機対象として見られている現状からも暗号資産という呼び方はふさわしいという意見があります。

暗号資産に呼び名が変わろうとしていることによる影響

暗号資産 ビットコイン仮想通貨という名前を用いている団体や企業が多くあり、暗号資産に呼び方が変わったことにより、仮想通貨という言葉をすべて暗号資産という言葉に変更する作業は大変です。

ビットコインへの影響

G20が行われた時期にあたる3月19日から1週間の間での価格下落は見られませんでした。
暗号資産と名称が変更されることによるネガティブな影響はビットコインに見られませんでした。

暗号資産と名前が変わってもビットコイン自体の価値が変わるわけではないので、暗号資産と呼ばれることによる暗号資産全体においても価格への影響はないといえます。

暗号資産という言葉に対する発言

世間の反応暗号資産へと呼び方が変わることによる世間の反応はどのなのか見ていきましょう。

暗号資産は通貨として使われなくなってしまうのか

ブロックチェーン推進協会代表理事平野 洋一郎さんは「通貨というところに意味合いを感じている。資産という単語には反対だ。

この発言に対してツイッターでは、「通貨」から「資産」に変わったことにより通貨から単なる投機対象に代わってしまうのではないかという、平野氏に賛同する懸念の声が出ています。

暗号資産への名称変更による仮想通貨の選定

仮想通貨から暗号資産に名称が変更される際に信用があるものだけを暗号資産と呼び、それ以外の怪しいコインは一掃され、現在より詐欺にあわないような安心した暗号資産市場になるのではないか、との考えも上がっています。

今後、暗号資産という言葉は浸透するのか?

ブロックチェーン2018年12月に金融庁が決定したことなので、徐々に「仮想通貨」から「暗号資産」へと呼び方が変わっていくでしょう。

暗号資産に安倍首相も注目

安倍首相は仮想通貨を国際的な動向を踏まえ、今後は暗号資産と呼びたいと明言しています。

ブロックチェーン技術に関しては暗号資産のような金融分野だけでなく、多様なITビジネスを可能にし、様々な分野で安全性、利便性の向上で大きな可能性を秘めていると発言しました。

安倍総理も暗号資産、ブロックチェーンに注目していることからも、暗号資産のこれからの可能性に期待ができます。

暗号資産という呼び方も浸透していくと考えて良いでしょう。

暗号通貨と仮想通貨はほとんど同義

この記事のまとめ
  • 2018年12月金融庁が「仮想通貨」を「暗号資産」へと呼称を変更した
  • 暗号資産と呼ばれることによる価格への影響はないといえる
  • 安倍総理も暗号資産のこれからの可能性に期待ができる
  • 暗号資産の取引を行う人はデメリットはほとんどないと考えられる

金融庁が仮想通貨から暗号資産へと呼び方を変更することを決定したので、仮想通貨のことを暗号資産と考えていて問題ないでしょう。

名称が変更される際に詐欺まがいの怪しいコインなどが淘汰される可能性もあるので、仮想通貨市場がより快適な市場に変化していく可能性もあり、暗号資産と名称が変更されることによる恩恵もあります。

デメリットとして企業や団体が名称を変更するのが大変なことなどがあげられますが、業界で働く人たちにデメリットがあるだけで、暗号資産の取引を行う人たち(この記事の読者の方など)はデメリットはほとんどないと考えられます。

初心者におすすめの取引所はBITPoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、BITPoint以外の取引所に登録してしまった人は、BITPointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のBITPointを見てみる

仮想通貨の仕組み