仮想通貨の仕組み

ビットコインを取り扱う取引所の仕組みとは?基礎から解説

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコイン取引を始めたい
✔ ビットコインの取引所の仕組みを基礎から知りたい方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

「ビットコイン取引を始めたいけど、取引所について全然分からないよ」、このようにビットコイン取引を検討していても、取引所の使い方や意味について知らない為にためらっていませんか?

今回は、そんな方に向けてビットコイン取引ができる、仮想通貨取引所の仕組みを基礎から解説していきますよ。

ビットコイン取引をしてみたい方は、この記事を参考にして口座開設をしてみるといいでしょう。

この記事の要約
  • ビットコイン取引所は「販売所」と「取引所」に分かれている
  • 販売所形式は、ユーザーが運営元の販売所を相手に売買を行う
  • 取引所形式は、取引所が仲介役となってユーザー同士が取引する
  • 取引所や販売所はそれぞれ使い分けることが大切

取引所の存在意義

そもそもビットコイン取引は、取引所がなくともユーザー同士で直接取引が可能です。では、なぜ多くの仮想通貨投資家は、取引所を利用しているか疑問に感じるでしょう。

理由の1つは、取引しやすく一定規模の市場が形成されているからです。


もっと分かりやすく解説すると、誰でも簡単にビットコイン取引ができて、尚且つ出来高が常に一定量維持されているからです。

ビットコイン取引所の種類

取引所と販売所

ビットコイン取引を行う上で、取引所の種類とそれぞれの仕組みについて知っておく必要があります。

一見すると取引所は、全て同じ仕組みに感じますが、実際は販売所と取引所に分かれています。

販売所と取引所では、売買の仕組みや市場が違っているので目的に応じて使い分けが必要となります。

販売所形式

販売所の説明販売所形式とは、ユーザーが運営元の販売所を相手に売買を行う形式のことを指します。

価格設定は、販売所が全て決めており、注文方法も成り行き注文のみと限定されています。

販売所形式の事例としては、ビットフライヤーが代表的です。


ビットフライヤーでは、販売と所形式と取引所形式の2つを運営しており、ユーザーはどちらかを選んで売買手続きを行います。

売買の仕組み

ビットコイン販売所における売買の仕組みは、シンプルな構成となっています。

注文方法は成り行き注文で買い注文からのみとなっています。

販売所の場合、成り行き注文とは運営側が提示している価格で購入(売却)することを指します。

また、ユーザー同士の売買ではなく、販売所が保有しているビットコインを売買する仕組みとなっています。

メリット・デメリット

ビットコインを販売所形式で購入するメリットは、購入までスムーズに進むことです。
ユーザー同士の注文がマッチしたら、取引成立するのではなく販売所が提示した金額で購入するだけなので、注文した時点で即成立します。

今すぐビットコインが欲しい方におすすめです。

対してデメリットは、購入時は割高で売却時は割安傾向という点でしょう。
ですので、差益を狙って取引する場合には相性が良くないです。

販売所の収益の仕組み

販売所を運営している側の収益に関する仕組みですが、1つは手数料収益が代表的です。ユーザーが取引を行うごとに取引手数料を徴収します。

他には、スプレッドによる利益が挙げられます。
スプレッドとは買いと売りの差で、ユーザーが購入した時点ではマイナスの状態になっています。

例えば買い100円、売り80円となっていた場合、この差額から含み損のままですとユーザーは損失となり、販売所は差額分だけ収益が発生します。

取引所形式

取引所の説明

ビットコインなども取り扱っている取引所形式とは、取引所が仲介役となってユーザー同士が取引する場のことを指します。

価格はユーザー同士の取引によって変動し、注文方法は成り行き注文と指値注文の2種類から選ぶことができます。

代表的なビットコイン取引所は、ビットフライヤーです。


販売所でも紹介しましたが、ビットフライヤーはビットコイン取引所と販売所、ビットフライヤーライトニングなどいくつかあります。

売買の仕組み

ビットコインを売買する上で仕組みを覚えますが、販売所よりも選択肢が広がっています。

注文方法は、成り行き注文と指値注文の2種類から選ぶことができますし、指値注文の場合は現在価格よりも安い値段で注文を入れる事も可能です。

反対に売り注文のときは、現在価格よりも高い値段で注文が可能となっています。

また、取引所ではなく他のユーザーとの取引となっているので、各取引所でビットコイン市場が形成されています。

メリット・デメリット

取引所形式の仕組みによるメリットは、ビットコインを任意の価格で注文を入れやすく利益を狙いやすいという点です。

投資家にとっては、安く買って高く売るのが基本ですので、板を見ながら注文価格の調整が出来る点は大きなメリットといえます。

対してデメリットは、販売所と比較して注文が成立するまで時間が掛かる点です。

現在価格が自身の注文した価格まで変動しないと、成立しないという特徴があります。

取引所の収益の仕組み

取引所の収益の仕組みですが、基本的に取引手数料や入出金手数料などを得て運営資金に回しています。

取引に関する収益を得る仕組みをイメージしますが、実際は口座に入出金する際の手数料や、クレジットカードを使うことによる手数料など売買以外でも収益を得ています。

 

ビットコインも取り扱っている取引所や販売所はそれぞれ使い分けることが大切

仮想通貨の取引所

 

この記事のまとめ
  • ビットコイン取引所は「販売所」と「取引所」に分かれている
  • 販売所形式は、ユーザーが運営元の販売所を相手に売買を行う
  • 取引所形式は、取引所が仲介役となってユーザー同士が取引する
  • 取引所や販売所はそれぞれ使い分けることが大切

ビットコイン取引を始める上で、取引所と販売所の仕組みや売買の仕組みなど基本は理解しておく必要があります。

特に売買の仕組みは重要で、販売所は取引成立が早い代わりに割高な価格設定になっていますし、取引所は今すぐビットコインが欲しい時には少々面倒です。

それぞれに良さや特徴があるので、仕組みをよく理解した上でビットコイン取引を行う取引所や販売所の口座を開設しましょう。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨の仕組み