仮想通貨の仕組み

ビットコインの利息とは?レンディングについて解説

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインの利息が気になる方
✔ ビットコイン投資を始めようとしている方
✔ ビットコインの利息で儲けようとしている方

「ビットコイン取引ができるということは、利息もつくのかな?」とビットコイン取引を行っていると、FXのように利息がつくのか疑問に感じるでしょう。

今回はビットコインと利息の関係と利率の計算方法や、ビットコインに利息がつくサービスについて解説していきます。

ビットコインの利息について興味があるけど、難しくて分からないという方も今回の記事を参考にして、利息収入を考えてみてください。

この記事の要約

  • ビットコイン取引だけでは利息がつかない
  • 仮想通貨レンディングなら利息がつく
  • ビットバンクやGMOコインで行っている
  • レンディングには長期間取引しないビットコインが必要

ビットコインに利息はつくのか?

ビットコインというと、ビットコイン投資やマイニング作業が代表的ですが、利息についてはピックアップされる機会が少ないです。

なぜなら、ビットコイン取引を行っただけでは、利息がつかないからです。法定通貨のFXでは、利息がつきますがビットコインの場合は配当や利息がつかないのが基本です。

しかし最近では、一部の仮想通貨取引所で利息がつくサービスも始まり、仮想通貨レンディングとも呼ばれています。

  • ビットコイン投資はマイニングが中心
  • 利息がつくサービスは「仮想通貨レンディング」

利率はどれくらい

ビットコインに利息がつくには、他ユーザーにビットコインを貸し出す必要があります。そして、ビットコインを貸し出して利息を得るのですが、利率については仮想通貨取引所によって違いがあります。

ビットコインのレンディングサービスとして、有名なビットバンクの場合は変動利率で設定されています。

具体的には、1BTC以上5BTC未満で利率3%、5BTC以上10BTC未満で利率4%、10BTC以上で利率5%です。

ビットコイン数 利率
1BTC以上5BTC未満 3%
5BTC以上10BTC未満 4%
10BTC以上 5%

計算事例

ここではビットコインの利息計算を具体例でご紹介しましょう。ビットコインレンディングサービスは、ビットコインが欲しい人に対して自身のビットコインを貸し出して、利息を得る仕組みです。利息計算は年利が基本です。

1BTC=100万円で利率2%の場合は、1年間で利息が2万円。ただ、実際は1.02BTCで返却され、返却時点のレートによって円換算の利息収入は変わる計算となります

ビットコインに利息がつくサービスとは?”

ビットコインの利息がつくサービスは、ビットコインレンディングサービスです。

レンディングサービスは、ビットコイン取引をしたいが、手元にビットコインが無い人に対してビットコインを貸し出して、返却時には利息を上乗せして返してもらうという仕組みになっています。

ビットコインレンディングサービスは、全ての取引所で行っている訳ではなく、国内ではビットバンクやGMOコインで提供しています。

ビットコインで利息収入が欲しい時はレンディングサービスを利用すること

この記事のまとめ

  • ビットコイン取引だけでは利息がつかない
  • 仮想通貨レンディングなら利息がつく
  • ビットバンクやGMOコインで行っている
  • レンディングには長期間取引しないビットコインが必要

ビットコイン取引の場合は、ポジションを保有しているだけで利息は発生しないため、FXのように利息収入を得ることはできません。

しかし、ビットコインレンディングサービスを利用することで、利息を得ることができます。そのためには、長期間取引に使用しないビットコインが必要で、貸し出しても問題ないことを確認しましょう。

仮想通貨の仕組み
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト